2016年02月18日

2/18「キユーピー3分クッキング」酒粕汁:藤井 恵

「酒粕汁」


  

相性抜群の鶏肉と菜の花に爽やかな柚子の皮をトッピング!
生麩を合わせて、とろみのついた煮汁といただきます。

<材料 (4人分)>

  ・大根:200g
  ・にんじん:1/2本(70g)
  ・里芋:4個(300g)
  ・生椎茸:4枚(60g)
  ・せり:(小)1わ(50g)
  ・油揚げ:2枚(70g)
  ・こんにゃく:1枚(200g)
  ・だし汁:6カップ
  ・ 酒粕(板粕):80g
  ・ みそ:大さじ4
 
~ 藤井 恵さんのレシピ本 ~
   

<作り方>

  1.油揚げは熱湯でさっとゆでて油抜きし、縦に半分に切ってから2cm幅に切る。
    こんにゃくはスプーンで一口大にちぎり、水から入れてひとゆでし、
    ザルに上げて水気をきる。


  2.大根、にんじんは5~6mm厚さのいちょう切りにする。
    里芋は皮をむき、1cm厚さの輪切り、または半月切りにする。
    生椎茸は石づきを除き、薄切りにする。
    せりは3cm長さに切る。
    (具材はすべて食べやすい一口大に切り揃えます。)


  3.酒粕は小さくちぎり、みそとともにボウルに入れておく。
    


  4.鍋に、
    だし汁、大根、にんじん、里芋、油揚げ、こんにゃくを入れて火にかける。
    煮立ったらアクを除き、ふたをして中火で15~20分煮、
    生椎茸を加えてひと煮する。


  5.4を煮ている途中、煮汁1/2カップを3に加えてふやかしておき、
    ( 酒粕とみそを煮汁でふやかし、
     溶いてから鍋に加えて泡だて器で混ぜるとよい。
     練り粕を使う場合はふやかさなくてOK)。
    4が煮えたらよく混ぜて加え、ひと煮する。


  6.椀に盛ってせりをのせ、好みで七味唐辛子をふる。

   



posted by ぽっぷらいと at 17:55| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/18「あさイチ」長芋と鶏肉の甘辛煮:本田よう一

「長芋と鶏肉の甘辛煮」


  

乱切りした長イモに焼き目をつけてから、甘辛だれに煮込んだ一品。
ご飯がすすむ長イモを使った絶品レシピです。

<材料 (2人分)>

  ・長芋:300~350g

  ・鶏もも肉:1枚
  ・生しいたけ:3枚
  ・水菜:1/2株
  ・ごま油:大さじ1/2
 
[A]
  ・しょうゆ、酒:各小さじ1
  ・小麦粉:大さじ1
 
[B]
  ・水:カップ1と1/2
  ・みりん、しょうゆ:各大さじ1
  ・赤とうがらし:1本
  ・砂糖、
   オイスターソース 
:各小さじ1
  ・にんにく(つぶす):1かけ分
 



<作り方>

  1.長芋は皮をむき、大きめの乱切りにする。
    鶏もも肉は一口大に切り、
    [A]のしょうゆ、酒で下味をつけて、小麦粉をまぶす。
    生しいたけは石づきを取り、縦半分に切る。
    水菜は2~3mmの長さに切る。


  2.フライパンにごま油を熱し、長芋を中火で2分間炒める。


  3.フライパンの空いたところに、
    鶏肉を皮目を下にして焼き、
    焼き色が付いたら長芋と炒め合わせる。


  4.[B]の水、みりん、しょうゆ、赤とうがらし、砂糖、オイスターソース、
    にんにくと生しいたけを加えて、中火で10~15分間ほど煮る。


  5.器に盛りつけて、水菜を散らして、長芋と鶏肉の甘辛煮の完成。


posted by ぽっぷらいと at 17:42| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/18「あさイチ」フライド長芋:本田よう一

「フライド長芋」


  

フライドポテトならぬフライド長芋!斬新な一品です。
皮つきのまま揚げた長芋がサクッと美味!

<材料 (2人分)>

  ・長芋:200~300g
  ・揚げ油:適量
 
[A]
  ・赤じそふりかけ:大さじ1/2
  ・粉チーズ:大さじ1
 
~ 本田よう一さんのレシピ本 ~
  

<作り方>

  1.長芋は皮付きのまま、よく洗い、6cm長さの棒状に切る。

  2.フライパンに揚げ油を2~3cm深さに入れ、
    そこに1を入れてから、強火にかけ、
    泡が出始めたら、さらに3~4分間揚げる。

  3.油をきってボウルに入れ、
    [A]の赤じそふりかけ、粉チーズをまぶす。

  4.器に盛り、フライド長芋の完成。


posted by ぽっぷらいと at 17:25| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/17「きょうの料理」菜の花と鶏肉の治部煮:大原千鶴の野菜を味わう京ごはん

「菜の花と鶏肉の治部煮」


  

相性抜群の鶏肉と菜の花に爽やかな柚子の皮をトッピング!
生麩を合わせて、とろみのついた煮汁といただきます。

<材料 (2人分)>

  ・菜の花:1/2ワ(100g)
  ・鶏もも肉:1枚(300g)
  ・ごま麩:6cm(80g)
  ・だし:カップ3/4
  ・柚子の皮:(せん切り)少々
  ・塩・こしょう:各少々
  ・かたくり粉:適量
 
[A]
  ・みりん:大さじ4
  ・うす口しょうゆ:大さじ2+2/3
 
~ 大原千鶴さんのレシピ本 ~
   

<作り方>

  1.菜の花の下処理をする。
    菜の花は塩1つまみを入れた熱湯でサッと(約10秒間)ゆで、
    (サッとゆでて歯ごたえを残す)
    冷水にとって水けを絞る。
    (すぐ冷水につけて色鮮やかに、水気はしっかり絞る)
    茎の堅いところを除く。

 
 たっぷり茹でた場合は、
 保存容器に入れて2~3日間冷蔵保存可能です。
 ジッパー付きの保存袋に入れて冷凍庫に入れれば、1カ月保存可能。 


  2.菜の花は食べやすい長さに切る。
    鶏もも肉は一口大のそぎ切りにし、塩・こしょうをふり、
    かたくり粉を全体に薄くまぶす。
    ごま麩は1cm幅に切る。


  3.鍋にだしをカップ3/4を入れて中火にかけ、
    沸騰したら[A]のみりん、うす口しょうゆを加える。
    鶏肉、麩を並べ入れる。


  4.中火で3分間煮て、
    鶏肉に火が通ったら菜の花を加え、
    菜の花が温まったら火を止める。


  5.器に盛り、柚子の皮のせん切りををのせて、「菜の花と鶏肉の治部煮」の完成。


posted by ぽっぷらいと at 17:17| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。