2016年02月22日

2/22「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」五目梅ひじき

「五目梅ひじき」


  

今週のテーマは「ヘルシークッキング~乾物を使って~」。

<材料 (2人分)>

  ・ひじき(乾):20g

  ・鶏もも肉:150g
  ・ししとう:8本
  ・ごぼう:40g
  ・にんじん:50g
  ・油:適量
 
[煮汁]
  ・だし:300ml
  ・砂糖:大さじ1
  ・みりん:大さじ2
  ・しょうゆ:大さじ2   
  ・梅干し:2個
 



<作り方>

  1.ひじきはサッと水洗いし、たっぷりの水に10分漬け、
    ザルに上げて水分をきる。


  2.鶏もも肉は筋を切って1cm角に切り、
    ししとうは1cm幅に切り、
    ごぼうは縦半分に切って5mm幅に切り、
    にんじんは小さめの乱切りにする。


  3.鍋に油を適量を熱し、
    ひじきと鶏肉を中火で炒め、
    ししとう、ごぼう、にんじんを加えて更に炒める。

  4.3に煮汁のだし、砂糖、みりん、しょうゆを加え、
    梅干しの種を取って入れ、
    煮立ってきたらアクを取り、落とし蓋をして中火で10分煮る。


  5.4を器に盛る。

    



posted by ぽっぷらいと at 15:34| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/22「あさイチ」ひなまつりにぴったり「春菜ずし」

ひなまつりにぴったり「春菜ずし」

  
  
  
「春菜ずし」は彩りの鮮やかな春のちらしずしです。
ひなまつりにピッタリです!
  

<材料 (4人分)>

  ・かぶ:1コ




  ・パプリカ(赤):1/2コ
  ・生しいたけ:4枚
  ・菜の花:1ワ
  ・卵:2コ
  ・ごはん
:660g
 (米2合分)
  ・甘酢しょうが:30g
  ・白ごま:10g
  ・青じそ:10枚
  ・焼きのり:1枚
  ・木の芽:8枚
 
  ・塩、サラダ油:各適量
 
[A]
  ・酢、水:各50ml
  ・砂糖:大さじ2
  ・塩:少々
  ・赤とうがらし:1本
 
[B]
  ・だし:300ml
  ・しょうゆ、みりん:各30ml
 
[C]
  ・酢:45ml
  ・砂糖:20g
  ・塩:5g
 

   

<作り方>

  1.かぶは厚めに皮をむき、横半分に切る。
    断面に2/3程度の深さまで縦横に細かく切り込みを入れる。
    3%濃度の塩水に、かぶを約15分間漬け、水けをしぼる。
    ボウルに[A]の酢、水、砂糖、塩、赤とうがらしを合わせ、
    かぶを入れて、約15分間漬ける。


  2.パプリカは表面が真っ黒になるまでじか火で焼き、
    水にとって焦げた皮をむく。
    水けをふきとり、一口大に切る。


  3.生しいたけは、軸を取りのぞき、表面に細く切り込みを入れる。
    180度の油に表面を下にして入れる。
    切り込みが広がり、カリッとしたら裏返し、サッと揚げ、4等分にする。


  4.鍋で[B]のだし、しょうゆ、みりんを沸かし、
    2のパプリカと3のしいたけを加えて約5分間煮たら、そのまま冷ます。


  5.菜の花は塩を加えた湯でサッとゆでる。
    食べやすい長さに切ってバットにならべ、4の煮汁をかけて少しおく。


  6.錦糸卵をつくる。
    卵に塩を加えてよく溶く。
    フライパンを熱してサラダ油を薄くひき、
    フライパンを回しながら溶き卵を少量流し入れる。
    縁が乾き始めたら端からそっとはがして裏返し、一呼吸おいたら取り出す。
    まな板に重ねておき、5cm程度の幅に切って重ね、細く切る。


  7.すし飯をつくる。
    [C]の酢、砂糖、塩を混ぜ合わせ、
    温かいごはんに合わせ、切るように混ぜる。
    冷めたら白ごま、みじん切りにした甘酢しょうがと青じそを混ぜ合わせる。


  8.器に、7のすし飯を盛り、ちぎった焼きのりをのせる。
    しいたけを等間隔におき、添わせるようにパプリカ、菜の花、かぶを盛りつける。
    隙間を錦糸卵で埋め、木の芽を散らして、「春菜ずし」の完成。


      

posted by ぽっぷらいと at 15:25| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。