2016年03月01日

3/1「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」ちくわとササミの香味和え

 

今週は「ちくわ」特集。
今日は中華で、「ちくわとササミの香味和え 」。

<材料 (2人分)>

  ・ちくわ:4本(120g)  

  ・ささみ:2本
  ・みつば:1束
  ・赤ピーマン:1個
  ・しょうが(細切り):5g
  ・おろしわさび:大さじ2/3
  ・水:小さじ1
  ・酢:小さじ4
  ・ごま油:小さじ1
  ・塩:適量
  ・こしょう:適量
  ・油:適量




<作り方>

  1.ちくわは縦半分に切り、斜めに5~6cm長さになるように切る。

  2.ささみは筋を取って厚みを揃え、
    塩、こしょうで下味をつけ、
    フライパンに油適量を熱して弱火で焼き、取り出して粗熱を取る。

  3.みつばは葉を摘み、軸は4cm長さに切り、
    大きい葉はちぎり、水につけて水分をきり、
    赤ピーマンは4cm長さ、2mm幅に切る。

  4.2のささみをちくわと同じくらいに切る。

  5.ボウルにおろしわさび、水、酢を合わせ、
    ちくわ、赤ピーマン、しょうがの細切り、みつばを加えて和え、
    ささみとごま油を加えて混ぜ、器に盛る。



 ~ 日本各地のいろいろな「ちくわ」 ~

   



posted by ぽっぷらいと at 16:06| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/1「ノンストップ!」ハマグリと菜の花のちらしずし:笠原将弘

「ハマグリと菜の花のちらしずし」


  

 3月3日のひなまつりに合わせて、
 「ハマグリと菜の花のちらしずし」を賛否両論・笠原将弘店主が
 紹介してくれました。

 

 笠原将弘さんの店

  賛否両論


  ・公式サイト:http://www.sanpi-ryoron.com/  
  ・住所:東京都渋谷区 恵比寿2丁目14−4
  ・電話:03-3440-5572




<材料 (4人分)>

  ・菜の花:1束



  ・塩:適量
  ・ゴマ油:小さじ1
 
  ・ハマグリ:12個
  ・水:3カップ
  ・酒:1/4カップ
  ・昆布:5g
  ・薄口しょうゆ:小さじ1
  ・塩:小さじ1/3
 
  ・ニンジン:1/3本(50g)
  ・塩、砂糖:各適量
  ・いりゴマ(白):大さじ1
 
[酢めし]
  ・温かいご飯:600g
  ・酢:大さじ5
  ・砂糖:大さじ2
  ・塩:小さじ2
 
[吸い物]
  ・長ネギ:1/2本
  ・みつば:3本
  ・ゆずの皮:適量
 


<作り方>

  1.ハマグリは砂抜きして洗い、水3カップ、酒1/4カップ、
    昆布、薄口しょうゆ、塩とともに鍋に入れる。
    強火にかけて煮立ったら弱火にし、
    すべての口が開いたら火からおろす。
    アクを除き、そのまま冷ます
    (煮汁はとっておき、お吸い物に使う)。


  2.菜の花は塩を入れた熱湯でかためにゆで、氷水に取る。
    しっかり水気を絞って3等分に切り、
    ゴマ油小さじ1と塩を絡める。


  3.ニンジンはすりおろして塩、砂糖を混ぜる。


  4.ボウルに温かいご飯を入れ、
    酢大さじ5、砂糖大さじ2、塩小さじ2を混ぜ合わせたすし酢を加え、
    しゃもじで切るように手早く混ぜ、人肌に冷ます。


  5.器に4の酢飯を盛り、
    1の殻を外したハマグリ、
    2の菜の花、
    3のすりおろしニンジンを彩りよくのせ、
    いりゴマをふり、
    「ハマグリと菜の花のちらしずし」の完成。

  6.1のハマグリを取り出した煮汁を温め、
    斜め薄切りした長ネギ、
    ざく切りしたみつばを入れた吸い物を添える
    (殻つきのハマグリを加えてよい)。


posted by ぽっぷらいと at 15:53| フジテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/1「あさイチ」明治時代のフワフワオムレツ

「明治時代のフワフワオムレツ」


 

<材料 >


  ・ 卵  :2個
  ・ 塩  :少々
  ・ 有塩バター:15g    




<作り方>

  1.卵を卵黄と卵白に分ける。
    卵白はつのが立つまで泡立てる。
    卵黄は塩を少々入れ、泡立て器でよく混ぜる。


  2.卵黄のボウルに泡立てた1の卵白を3回に分けて入れる。
    最初は泡立て器で混ぜ合わせ、
    残り2回は、ヘラで泡をつぶさないように切るように混ぜ合わせる。


  3.強火で熱したフライパンに有塩バターを15g入れて溶かし、
    一気に卵を流し入れる。
    強火のまま、なるべく卵の泡をつぶさないように混ぜ、全体に火を入れる。
    フライパンの端に少しずつ卵を寄せて形を整えたら、ひっくり返す。


  4.皿に盛りつけて、明治時代のフワフワオムレツの完成。

ラベル:あさイチ
posted by ぽっぷらいと at 15:32| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/29「きょうの料理ビギナーズ」基本の卵焼き弁当

「基本の卵焼き弁当」


 

お弁当の定番おかず「卵焼き」の作り方の紹介です。
だしと砂糖を加えたホッとする甘さの卵焼きです。

<材料>

(1人分(19×13.5cmの卵焼き器1コ分))

  ・卵:3コ
  ・だし:大さじ3  
  ・好みのおにぎり :適量
  ・好みの漬物
   (市販)
:適量
  ・ミニトマト:3コ
  ・レタス:適量
  ・砂糖:適量
  ・サラダ油:適量
 

 

<作り方>

  1.ボウルに卵を3コを割り入れ、
    菜箸を立てて卵白を切るように10~15回混ぜる。
    ボウルを90度回し、同様に10~15回混ぜる。


  2.だし大さじ3と砂糖大さじ2をよく混ぜて砂糖を溶かし、1に加える。
    1と同様に5回ほど混ぜ、ボウルを90度回し、更に5回ほど混ぜる。
    菜箸ですくって、スーッと落ちる状態になればOK。


  3.卵焼き器を強火で30秒間温める。
    ペーパータオルにサラダ油をたっぷり含ませて
    底面と側面にしっかり塗り、中火にする。


  4.2の卵液を玉じゃくし1杯分ほど流し入れ、全体に広げる。
    大きな気泡菜箸でつぶす。


  5.表面が半熟状になったら、菜箸で奥から手前に1回折りたたみ、
    さらにもう1回折りたたむ。


  6.卵焼きを奥に寄せ、ペーパータオルにサラダ油をたっぷり含ませて塗り、
    卵液を玉じゃくし2杯分流し入れる。
    卵焼きを浮かせ、下にも卵液を流し込む。


  7.表面が半熟状になったら、奥から手前に1回折りたたむ。
    奥に寄せて、空いたスペースにサラダ油を同様に塗り、
    残りの卵液を流し入れて同様に焼く。
    最後に卵焼き器の角を使い、形を整える。


  8.卵焼きの適量を食べやすい大きさに切り、
    好みのおにぎり、好みの漬物、ヘタを取ったミニトマト、
    ちぎったレタスとともに弁当箱に詰める。



posted by ぽっぷらいと at 15:17| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。