2016年03月05日

3/5「おかずのクッキング」豚の角煮:柳原尚之

「豚の角煮」


  

豚肉を煮る前に蒸すことがポイントです。
豚肉を大根おろしで包んで蒸すことによって、
茹でるよりも柔らかくとろけるほどに仕上がります。


<材料 (作りやすい量)>

  ・豚バラ肉(塊):700g
  ・大根おろし:1/2本分  
  ・だし汁:2カップ
  ・砂糖:大さじ5
  ・酒:大さじ1
  ・醤油:大さじ4
  ・練り辛子:適量


 ~ 柳原尚之さんのレシピ本 ~
    


<作り方>

  1.バットにクッキングシートを敷いて豚バラ肉をのせ、
    大根おろしで豚肉全体を覆う。
    大根おろし汁がこぼれないようにクッキングシートで包む。


  2.1を蒸気の上がった蒸し器にバットごと入れ、中火で3時間蒸す。
    途中、蒸し器に水が足りなくなれば足す。
    (P! 煮る前にまず蒸します!)


  3.蒸した豚肉を流水にさらし、
    崩さないように大根おろしを洗い落とし、
    氷水で締め、しっかり冷ましてから、豚肉を3cm厚に切る。


  4.鍋にだし汁:2カップを入れて火にかけ、3を入れる。
    沸いたら砂糖:大さじ4と酒:大さじ1を加え、
    落とし蓋をして3分ほど煮てから
    醤油:大さじ4を加え、
    再び落とし蓋をして10分ほど中火で煮る。


  5.豚肉に味が入ったら、蓋をとり、
    最後に砂糖:大さじ1を加え、
    10秒ほど強火にしてさらにつやを出す。
   

  6.器に盛りつけ、練り辛子を添えて、豚の角煮の完成。





posted by ぽっぷらいと at 17:08| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/5「おかずのクッキング」明太いもサンド:土井善晴

「明太いもサンド」


水分を飛ばしたジャガイモに、
バターと辛子明太子を合わせてホクホク・プチプチの食感!
柔らかな食パンに挟み、サンドイッチに仕上げます。


<材料 (2人分)>

  ・辛子明太子:1/2腹(45g) 
  ・じゃがいも:2個(22g)
  ・バター:15g
  ・サンドイッチ用食パン
   (10枚切り)
:4枚
 
  ~ サンドイッチレシピ本 ~
        


<作り方>

  1.辛子明太子は、適当な大きさに切る。
    じゃがいもは、皮を剥いて4つ割りにする。

  2.鍋に湯を沸かし、じゃがいもは柔らかく茹でて湯をきり、
    そのまま火にかけて水分をとばす。

  3.火を止め、そこに辛子明太子、バターを加えて混ぜる。

  4.サンドイッチ用食パン2枚に辛子明太子ポテトをのせ、
    もう2枚の食パンでそれぞれ挟み、
    お好みで上下の耳を落として食べやすく切る。

  5.器に盛り、明太いもサンドの完成。


    ホットサンドもいいかも!

posted by ぽっぷらいと at 16:55| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/5「おかずのクッキング」明太そぼろ:土井善晴

「明太そぼろ」


ふりかけ風に、ごはんにかけると美味しい!ご飯のお供に、
また玉子焼きに混ぜるのもおすすめです。


<材料 (2人分)>

  ・辛子明太子:1/2腹(45g) 
  ・酒:大さじ1
 

<作り方>

  1.辛子明太子は、適当な大きさに切る。

  2.小鍋に辛子明太子、酒:大さじ1を入れて中火にかけ、
    炒りつけてそぼろ状にする。

  3.完成!ごはんにかけていただく。


posted by ぽっぷらいと at 16:49| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/5「おかずのクッキング」磯辺明太もち:土井善晴

「磯辺明太もち」


茹でた餅を湯切りして、辛子明太子とバターを絡めます。


<材料 (2人分)>

  ・辛子明太子:1/2腹(45g)
  ・切り餅:4個
  ・バター:15g
  ・海苔:4枚





<作り方>

  1.辛子明太子は、適当な大きさに切る。

  2.鍋に切り餅とかぶるくらいの水を入れて火にかける。
    (餅は水から茹でて下さい!)

  3.柔らかくなれば湯を捨て、
    辛子明太子、バターを加えて餅に絡める。

  4.海苔を巻いて、磯辺明太もちの完成。

posted by ぽっぷらいと at 16:43| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/5「おかずのクッキング」明太スパゲッティー:土井善晴

「明太スパゲッティー」

  


ほぐした辛子明太子とバターに、茹でたてのスパゲッティーを合わせるだけ!


<材料 (1人分)>

  ・スパゲッティー:100g
  ・辛子明太子:1/2腹(45g)
  ・バター:15g
  ・長ねぎ:5cm
  ・刻み海苔:適量


<作り方>  
  1.鍋にたっぷりの湯を沸かし、湯量の1%の塩(分量外)をして、
    スパゲッティーを袋の表示通りに茹でる。

  2.辛子明太子は適当な大きさに切る。
    (辛子明太子の皮は剥がさないこと!)
    長ねぎは小口切りにする。
   ボウルに辛子明太子、バター(15g)を入れる。

  3.2のボウルに1のスパゲッティーを加え、
    ねぎ、刻み海苔(適量)を加え混ぜる。

  4.器に盛り、明太スパゲッティーの完成。

   

posted by ぽっぷらいと at 16:37| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/4「解決スイッチ 博士のレシピ」ゴロゴロ野菜ソースのオムレツ:秋元さくら

「ゴロゴロ野菜ソースのオムレツ」


  

今回は、「栄養学の博士×一流シェフのレシピ」!
誰でも簡単に、とろとろフワフワ、キレイなオムレツを作るための
プロの技が紹介されました。

博士のリクエストに応える一流シェフはフレンチの秋元さくらシェフです。

 

 秋元さくらシェフの店

 目黒・フレンチビストロ『モルソー』 


  ・食べログ
  ・住所:東京都品川区上大崎2丁目18-25 1F
  ・電話:03-3491-1646

        




<材料 (2人分)>

  ・卵:6個
  ・アスパラ:2本
  ・ブロッコリー:1/4株
  ・パプリカ(赤・黄):各1/8個  
  ・ホールトマト:1/2缶
  ・バター:10g
  ・オリーブオイル:小さじ1
  ・顆粒コンソメ:適量
  ・塩:適量
  ・コショウ:適量
 

  

<作り方>

  1.フライパンに、
   オリーブオイル、カットしたパプリカ、アスパラ、塩を入れて炒めたら、
   ホールトマト、顆粒コンソメを入れて味を調え、
   塩茹でしたブロッコリーを加える。


  2.卵に塩、コショウを入れたら白身を切るように混ぜる。


  3.直径19cmのフライパンにバターを入れ、
   バターが茶色になるまで温め、
   2を入れ、ゴムベラで卵液が無くなるまで混ぜる。
 
<シェフテク!きれいなオムレツの作り方>

 1. 大きいフライパンではオムレツは作りづらいので、  
   直径19cmのフライパンを使用。
 2. 卵3個が適量


  4.卵液がなくなってきたら半分に折り、形を整えて皿に盛り1をかけて完成。


 

<まとめ> オムレツをトロトロふわふわに作る方法


  ① バターが茶色くなったら卵を入れる
  ② 卵液がなくなるまで絶えずかき混ぜる
  ④ 手首を叩いて継ぎ目を上にしてからひっくり返す
  ⑤ 継ぎ目に火が入ったら継ぎ目を再度上に戻して皿に盛って完成



posted by ぽっぷらいと at 09:28| テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/4「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」ちくわとじゃがいものリヨン風

「ちくわとじゃがいものリヨン風」


今週は「ちくわ」特集。

  

今日は「ちくわとじゃがいものリヨン風」。
「ちくわ」が何とフレンチに!

<材料 (2人分)>

  ・ちくわ:4本(120g)
  ・玉ねぎ:120g
  ・じゃがいも:120g
  ・にんにく(みじん切り):大さじ1/2
  ・パセリ(みじん切り):大さじ1
  ・カレー粉:小さじ1/4
  ・油:大さじ4
  ・塩:小さじ1/3
  ・バター:10g
  ・こしょう:適量
 



<作り方>

  1.ちくわは斜め1cm幅に切る。

  2.じゃがいもは4〜5mm厚さの半月切りにし、
    水で洗って水気をふき取り、
    玉ねぎは繊維に沿って薄切りにする。

  3.にんにくのみじん切りとパセリのみじん切り、
    カレー粉:小さじ1/4を混ぜる。

  4.フライパンに油:大さじ4を熱し、
    玉ねぎ、じゃがいも、塩を加えて中火で6分炒め、
    ザルに上げて余分な油を切る。
    (玉ねぎは甘みが出るまで炒める。)

  5.4のフライパンに、バター:10gを熱して、ちくわを中火で炒め、
    4の玉ねぎとじゃがいもを加える。

  6.フライパンの中央を空け、
    3を加えて軽く炒め、全体を混ぜ合わせ、こしょうをふる。

  7.器に盛り、「ちくわとじゃがいものリヨン風」の完成。

posted by ぽっぷらいと at 09:06| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/4「あさイチ」鶏むね肉のコルドンブルー風:関岡弘美

「鶏むね肉のコルドンブルー風」


塩や砂糖を合わせた「ブライン液」に
鶏むね肉を漬け込むところが
ジューシーにパサつかないポイントです!
チーズとハムをサンドして揚げ焼きしたボリュームある一品です。

コルドン・ブルー(Cordon bleu)

  肉を薄く叩き、ハムまたはプロシュートと
  スイスチーズ等のチーズを包み、
  油で揚げるか焼いた肉のカツのこと。

<材料 (2人分)>

  ・鶏むね肉:1枚  
  
  
  ・ハム:2枚
  ・スライスチーズ:2枚
  ・溶き卵:適量
  ・小麦粉:適量
  ・パン粉:適量
 
[ブライン液]
  ・水:100ml   
  ・塩:5g
  ・砂糖:5g
 
  ~ 関岡弘美さんのレシピ本 ~
     

<作り方>

  1.下ごしらえ。
    鶏むね肉1枚に竹串などで穴をあけ染みこみやすいようにする。

  2.ビニール袋に水:100ml、塩:5g、砂糖:5gを溶かし、
    1の鶏肉を入れて、4時間から一晩漬け置く。

  3.仕上げ。
    2の鶏むね肉を観音開きにし、
    サランラップを乗せ、
    更に上から麺棒でたたいて均等に薄く伸ばす。

  4.伸ばしたものを半分に切り、
    ハムとスライスチーズをはみ出ないように挟む。

  5.小麦粉を全体と縁にもつけて、はがれないようにし、
    溶き卵、パン粉をつける。

    フライパンに1cmほど油を入れ、
    5を中火で両面がこんがりきつね色になるまで、揚げ焼きする。
    (焼き時間の目安は片面につき2~3分ほどです

  6.器に盛り、鶏むね肉のコルドンブルー風の完成。




posted by ぽっぷらいと at 08:56| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。