2016年03月21日

3/20「この差って何ですか?」プロが作る行楽弁当の差4:アスパラベーコン

プロが作る行楽弁当の差4

「アスパラベーコン」


  
  専門家:猪野悦史(BENT-BENT 社長)


<材料 >

  ・アスパラ
  ・ベーコン
  ・サラダ油
  ・片栗粉
  ・しようゆ:小さじ1    
 


<作り方>

  1.アスパラは手で折れるところで折る。
    2等分し、蒸す。

    ベーコンは長きを半分に切る。
    ベーコンで巻き、表面に片栗粉をまぶす。


  2.油を引いたフライパンで両面を焼いて、
    ベーコンに火が通ったら
    しょうゆを回しかけ、蓋をして少し蒸し焼きにする。



posted by ぽっぷらいと at 08:49| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/20「この差って何ですか?」プロが作る行楽弁当の差3:から揚げ

プロが作る行楽弁当の差3

「から揚げ」


  
  専門家:猪野悦史(BENT-BENT 社長)

 

 猪野悦史社長のお弁当店

  BENT-BENT


  ・公式サイト:http://bentoutakuhai.com/   
  ・住所:東京都港区麻布十番2-8-13
  ・電話:03-5765-5767




<材料 >

  ・パインホール 
  ・鶏肉
 
[C]
  ・おろし生美:2cm
  ・しようゆ:大さじ1
 
  ・片栗粉
 
  ・ア:バジルソース
  ・イ:スイートチリソース
  ・ウ:カレーパウダー
 

    

<作り方>

  1.パインは保存袋に入れ麺棒で潰す。
    鶏肉は一ロ大に切って耐熱皿にのせ、ラップ無しでレンジで1分半加熱する。

  2.パインの袋に鶏肉を入れ、手で操む。
    何となく柔らかくなったら、[C]を入れて更に 良く揉み込み冷蔵庫で20分おく。

  3.4等分したら、それぞれに[ア・イ・ウ]を入れて4種類の味付けにする。

  4.キッチンペーパーで水気をふき取り
    140度の油で6分半揚げ、一旦、取り出す。
    取り出したら、そのまま3分放置して、再び 2分ほど油で揚げる。


posted by ぽっぷらいと at 08:40| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/20「この差って何ですか?」プロが作る行楽弁当の差2:太巻き

プロが作る行楽弁当の差2

「太巻き」


  

専門家:杉原理嗣(日本料理 しも川)


<材料 >

  ・酢飯  
 
 
  ・海苔
  ・薄焼き卵
  ・桜でんぶ
  ・干しいたけ煮
  ・かんぴょう煮
  ・タコ
 
[B]
  ・高野豆腐
  ・たくあん
  ・厚焼きたまご
 
  ・三つ葉(茹)
  ・菜の花(茹)
 

   
レンジで薄焼き卵

レンジで薄焼き卵
価格:1,108円(税込、送料別)


<作り方>

  1.[B]は2cm×1cm×海苦の長さの棒状に切り揃えておく。

  2.巻きすの上に海苦を置き、その上に 薄焼き卵を乗せ、
    すし飯を海苔の奥側 を3cmあけて、薄く乗せ広げる。

  3.中央に具材を山状に載せて巻く。巻き直後の形は4角柱。

すしらんど 寿司飯しゃもじ

すしらんど 寿司飯しゃもじ
価格:842円(税込、送料別)

すしらんど 寿司ケーキ型

すしらんど 寿司ケーキ型
価格:594円(税込、送料別)

すしらんど 初めての飾り巻き寿司

すしらんど
初めての飾り巻き寿司

価格:1,058円
(税込、送料別)

posted by ぽっぷらいと at 08:28| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/20「この差って何ですか?」プロが作る行楽弁当の差1:いなり寿司

プロが作る行楽弁当の差1

「いなり寿司」


   
   専門家:杉原理嗣(日本料理 しも川)

 

 杉原理嗣

 日本料理 しも川


  ・公式サイト:http://www.wa-shimokawa.com/  
  ・住所:神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎233−1
  ・電話:0467-51-6378



<材料 >

  ・酢飯 
  ・昆布顆粒だし:小さじ1
 
 
[油揚げ]
  ・油揚げ:8枚
 
[A]
  ・水:200ml
  ・かつお顆粒だし:小さじ1
  ・砂糖:大さじ3
  ・しようゆ:大さじ2
  ・しお:2つまみ
  ・酒:30ml
  ・はちみつ:大さじ1
 
  ・黒酢:小さじ1
 

<作り方・酢飯>

  1.洗米したら1時間水に浸けて、
    ザルにあけ水気を切り、
    炊飯釜に戻して熱湯を入れ、
    昆布顆粒だしを加えて炊飯ボタンを押す。


  2.蓋を開けたら、すし酢を回し入れ、
    20~30秒そのまま待つ。
    底まで すし酢が落ちたら
    軽く混ぜ合わせ、
    塗らした晒しを敷いたバットにあけ、
    切るように軽く混ぜ合わせる。



<作り方・油揚げ>

  1.油揚げは熱湯に3~5秒くぐらせ
    更に水に浸して手で水気を絞り、
    中表をひっくり返す。


  2.片手鍋に[A]を入れて火にかけ、
    広げた1の油揚げを入れて
    2分程、落し蓋をして煮たら、
    黒酢を入れ取り出す。


  3.煮汁を手で絞って、
    軽く俵状に握ったすし飯を詰めて出来上がり。

鈴茂器工 いなり寿司ロボット FIW-SN【中古】

鈴茂器工 いなり寿司ロボット FIW-SN【中古】
価格:230,904円(税込、送料別)

posted by ぽっぷらいと at 08:08| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/20「噂の東京マガジン」麻婆春雨 玉子のせ:孫関義

「麻婆春雨 玉子のせ」


四五六菜館の孫関義さんが「麻婆春雨 玉子のせ」を紹介してくれました。
ザーサイを加えて塩気と食感をプラスしたふわふわ玉子をのせています!

 

 孫関義さんのお店

  四五六菜館


  ・公式ブログ:http://www.456saikan.com/  
  ・住所:神奈川県横浜市中区山下町190
  ・電話:045-681-3456



<材料 (2人分)>

  ・豚挽き肉:100g



  ・春雨
   (戻した状態)
:150g
  ・ねぎ:適量
 
(調味料)
  ・サラダ油:適量
  ・生姜:小さじ1
  ・にんにく:小さじ1
  ・豆板醤:小さじ1
  ・甜麺醤:小さじ2
  ・鶏がらスープ:100cc
  ・しょう油:大さじ1
  ・刺身しょう油:大さじ1.5
  ・砂糖:大さじ1
  ・山椒:適量
  ・ラー油:小さじ2
  ・ゴマ油:小さじ2
 
(ふわふわ玉子)
  ・卵(全卵):2個
  ・ザーサイ:20g
  ・塩:少々
 


<作り方>

  1.鍋にサラダ油を入れ、豚挽き肉とみじん切りにした生姜、にんにくを炒める。


  2.1の火が通ったら、
    豆板醤、甜麺醤、鶏がらスープ、しょう油、刺身しょう油、砂糖を入れる。
    P! 調味料は火を止めてから入れると焦げません!


  3.2に(戻した状態の)春雨を入れて、
    強火で混ぜながら煮詰めていく。
    P! スープが無くなるまでしっかり煮詰めること!


  4.3に山椒、ラー油、ゴマ油、ねぎを入れ、炒めたら「麻婆春雨」の完成。


  5.フライパンにサラダ油を入れ、
    卵と、塩抜きして切ったザーサイ、塩を混ぜたものをかき混ぜながら
    半熟になったら取り出す。


  6.5を4にのせれば、「麻婆春雨 玉子のせ」の完成!

posted by ぽっぷらいと at 07:56| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/20「男子ごはん」アボカドエッグチーズ

「アボカドエッグチーズ」


   
チーズと卵黄、マッシュルームでコクとうまみをプラスした一品。

<材料 (2人分)>

  ・アボカド:1個
  ・マッシュルーム:1個
  ・卵黄:2個
  ・にんにく(みじん切り):少々
  ・パルミジャーノ:適量
  ・めんつゆ(3倍濃縮):適量
  ・塩:少々
 

  

<作り方>

  1.アボカドは縦半分に切り込みを入れて半分に割り、種を取り除く。
    断面を上にして底になる部分を少し切り落とす。

    マッシュルームは薄切りにする。
    P! マッシュルームを薄切りにすることで、
      余分な水分を含まず香りを楽しむことができます!


  2.種のくぼみに卵黄を入れて、にんにくと塩を振る。


  3.アルミホイルにのせて、
    めんつゆ(3倍濃縮)、すりおろしたパルミジャーノをかけ、グリルで約3分焼く。


  4.3にマッシュルームを散らし、
    すりおろしたパルミジャーノをかけて、アボカドエッグチーズの完成。
    スプーンですくいながら食べる。

  
ラベル:男子ごはん
posted by ぽっぷらいと at 07:35| テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/20「男子ごはん」パクチーとじゃがいものエスニックきんぴら

パクチーとじゃがいもの

「エスニックきんぴら」


付け合わせやおつまみとしてピッタリ!
さっぱりとした風味でいくらでも食べられるエスニックきんぴらです。


<材料 (2人分)>

  ・じゃがいも:200g
  ・パクチー:1/2束
  ・ナンプラー:小さじ1
  ・塩:小さじ1/3    
  ・黒こしょう:適量
  ・オリーブ油:大さじ1






<作り方>

  1.じゃがいもは皮を剥く。
    じゃがいもは5㎝長さの千切りにして水にさらし、水気を切る。
    パクチーは根の部分を取り、茎は5㎜幅、葉は1㎝幅に刻む。
    P! じゃがいもは千切りにすることで、シャキシャキとした食感に!


  2.フライパンを熱してオリーブ油を引き、
    じゃがいもを加えて強火で透き通るまで炒める。


  3.塩、黒こしょう、ナンプラーを加えて調味し、
    パクチーを加えてザッと炒め合わせる。


  4.器に盛り、パクチーとじゃがいものエスニックきんぴらの完成。

ラベル:男子ごはん
posted by ぽっぷらいと at 07:26| テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/19「チューボーですよ!」チキン南蛮

「チキン南蛮」


  

  ふんわり衣でジューシーに揚げた鶏肉に
  甘酸っぱい南蛮酢をたっぷりと染み込ませ、
  まろやかなタルタルソースをかけていただく
  宮崎県のソウルフード「チキン南蛮」。

  タルタルソースの作り方は必見です!


<材料 (4人分)>

  ・鶏モモ肉:400g

  ・塩・白コショウ:各少々
 
[南蛮酢]
  ・砂糖:100g
  ・酢:240cc
  ・薄口醤油:120cc
 
[タルタルソース]
  ・玉ネギ:50g
  ・ゆで卵:2個
  ・マヨネーズ:150g
  ・塩・白コショウ:各少々
  ・砂糖:少々
  ・酢:少々
 
[揚げ]
  ・薄力粉:適量
  ・全卵:適量
  ・サラダ油:適量
 


<作り方>

  1.鶏モモ肉を一口大に切る
    (肉に厚みがある場合は、切れ目を入れて下さい!)。
    鶏肉全体に穴を開け、両面に塩・白コショウで下味をつける。


  2.南蛮酢を作る。
    薄口醤油、砂糖、酢を加え、混ぜ合わせる。
    砂糖が溶けたら火にかけ、
    強火でしっかり沸かし、しっかり沸いたら火を止める。


  3.タルタルソースを作る。
    玉ネギはみじん切りにし、水で洗い、水気をよく絞る。
    ゆで卵はおろし金で擦りおろす。

    ボウルに、
    玉ネギ・ゆで卵・マヨネーズを入れて混ぜ、
    塩・白コショウ・砂糖・酢を入れ、混ぜ合わせる。


  4.1の鶏肉全体に薄力粉を薄くまぶし、
    溶き卵をしっかりまとわせる。

    160℃の油にそっと入れ(強火)、
    衣が落ち着いたら、くっつかないよう、箸で離しつつ、
    揚げカスを取り除く。

    箸で回しながら、揚げ色を均一にし
    泡が落ち着き、香ばしい揚げ色になったら、油から引き上げる。

    2の南蛮酢にくぐらせる。



  5.皿に盛り付け、
    3のタルタルソースをかけて、「チキン南蛮」の完成。

posted by ぽっぷらいと at 07:20| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。