2016年04月08日

4/8「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」絶品ビーフカレー

「絶品ビーフカレー」


    
                          ※ イメージ画像です。

今週のテーマ”定番料理”です!


<材料(4人分)>

  ・牛肩ロース肉(かたまり):400g
  ・玉ねぎ:400g
  ・にんじん:50g
  ・にんにく:1片
  ・バター:20g
  ・水:50ml
  ・小麦粉:大さじ3
  ・カレー粉:大さじ2 1/2(20g)
  ・ブイヨン:1.2リットル
  ・しょうが:10g
  ・りんご:1/2個(130g)
  ・はちみつ:大さじ1
  ・いちごジャム:大さじ1
  ・タイム:2枝
  ・ローリエ:1枚
  ・塩:小さじ2
  ・ご飯:適量
  ・福神漬け:適量
  ・らっきょう漬け:適量
  ・塩:適量
  ・こしょう:適量
  ・油:適量
 





<作り方>

  1.牛肩ロース肉は3cm角に切り、
    玉ねぎ、にんじん、にんにくはみじん切りにし、
    しょうがは皮をむいてすりおろし、
    りんごは皮ごとすりおろす。


  2.鍋にバターを熱し、
    玉ねぎ、にんじん、にんにく、塩ひとつまみを加え、
    あめ色になるまで弱火で約15分炒める。


  3.牛肉に塩、こしょうしてもみ、
    フライパンに油適量を熱して強火で焼いて取り出し、
    フライパンの油をきる。


  4.3のフライパンに分量の水を入れて火にかけ、
    旨みをこそげ取る。


  5.2に小麦粉を加えて弱火で1~2分炒めて粉気をとばし、
    カレー粉を加えて軽く炒め、
    ブイヨンを少量ずつ加えながら溶きのばし、
    牛肉、4、しょうが、りんご、はちみつ、いちごジャム、タイム、ローリエ、
    分量の塩を加え、
    強火にして煮立ったらアクを取り、
    時々混ぜながら弱火で1時間煮込む

  6.器にご飯とカレーを盛り、福神漬けとらっきょう漬けを添える。





posted by ぽっぷらいと at 15:07| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/8「キユーピー3分クッキング」ミネストローネ:石原洋子

「ミネストローネ」


   

<材料(4人分)>

 
材料(4人分)
  ・玉ねぎ:1/2個(100g)
  ・じゃが芋:1個(150g)
  ・にんじん:2/3本(100g)
  ・さやいんげん:100g
  ・トマト:2個(300g)
  ・ベーコン(1cm厚さ):150g
  ・スパゲティ(1.6mm):40g
  ・塩:小さじ1
  ・こしょう:少々
  ・パルメザンチーズ:大さじ2
●オリーブ油
 



   
【砥部焼 中田窯】ようらくのスープカップ

【砥部焼 中田窯】ようらくのスープカップ
価格:1,707円(税込、送料別)


<作り方>

  1.玉ねぎ、じゃが芋は1cm角に切る。
    にんじんは5mm厚さに切って1cm大に切る。
    さやいんげんは1cm長さに切る。
    トマトは1cm角に、ベーコンも1cm角に切る。


  2.スパゲティは数本ずつ束にして1~2cm長さに折る。
  
  パスタはショートパスタでもいいのですが、
  スパゲティを短く折って使えば手軽です。

  太い束では固くて折りにくいので、
  数本ずつに分けて折って利用しましょう。



  3.鍋にオリーブ油大さじ1を熱し、
    ベーコン、玉ねぎ、にんじん、じゃが芋、さやいんげんの順に加えて
    そのつど炒める。
    (㊟ 野菜は固いものから順に1つずつ炒めること。)

    全体に油がまわったら
    水4カップを注ぎ、煮立ったらアクをとり、ふたをして弱火で1~2分煮る。


  4.3にトマトと2を加えてざっと混ぜ、塩、こしょうで調味し、
    スパゲティがやわらかくなるまで10分ほど煮る。


  5.器に盛り、パルメザンチーズをふる。



posted by ぽっぷらいと at 14:43| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/8「ノンストップ!」新タマネギのスープパスタ

「新タマネギのスープパスタ」


  

新タマネギを10分ほど煮た、甘みたっぷりのスープにパスタを加えた、
やさしい味わいの春ならではのスープパスタです。
ガーリックトーストが食感のアクセントになります!

<材料(2人分)>

  ・フェデリーニ(1.4mm):140g
  ・新タマネギ:2個
  ・ベーコン:2枚
  ・ニンニク:1かけ
  ・バター:大さじ1
  ・顆粒洋風だし:小さじ1/2
  ・水:300ml
 
  ・塩:適量
  ・黒こしょう:適量
  ・粉チーズ:適量
  ・イタリアンパセリ(みじん切り):適量
 
[ガーリックトースト]
  ・バゲット(8mm厚さの輪切り):4枚
  ・にんにく(すりおろす):適量
  ・バター(常温):大さじ1
 




<作り方>

  1.新タマネギを太めの薄切り、
    ベーコンは2㎝幅に切る。
    ニンニクはみじん切りにする。


  2.フライパンに、1と常温に戻したバター、顆粒洋風だし、水を入れて
    フタをし中火にかける。
    沸々してきたら全体を混ぜ、
    再びフタをして時々混ぜながら弱火で10分ほど煮る。
    P! 新タマネギは柔らかく甘いので、煮込むだけの簡単調理でOK!


  3.鍋に湯を沸かして塩を入れ、
    フェデリーニ(1.4mm 140g)を
    袋の表示時間より1分短く茹でる。


  4.ガーリックトーストを作る。
    すりおろしたにんにくとバターを混ぜ合わせ、
    バゲットに塗り、
    オーブントースター(1000W)で2~3分こんがりと焼く。


  5.2の玉ねぎがくったりとしたら、
    3のパスタを水気をきって加えて混ぜ、
    塩、黒コショウで味をととのえる。


  6.器に盛り、
    粉チーズ、黒コショウ、イタリアンパセリをふり、
    4のガーリックトーストを手で割って散らして、
    新タマネギのスープパスタの完成。
    P! ガーリックトーストをクルトンのように使い、
      食感と香ばしい風味をスープと一緒に味わって下さい。






posted by ぽっぷらいと at 14:32| フジテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/7「あのニュースで得する人損する人」サイゲン大介流「紅虎餃子房・鉄鍋棒餃子」

サイゲン大介流「鉄鍋棒餃子」


  
紅虎餃子房 お試しセット2種×各1袋セット

紅虎餃子房 お試しセット2種×各1袋セット
価格:1,220円(税込、送料別)


今回、サイゲン大介が紹介してくれたのは、
有名人気チェーン店、「紅虎餃子房」の看板メニュー「鉄鍋棒餃子」!

あふれんばかりの肉汁がたっぷり詰まった「棒餃子」をご家庭で再現しよー!!

<材料(15本分)>

[棒餃子の餡・皮]
  ・牛ひき肉:150g
  ・豚ひき肉:50g
  ・塩:1つまみ
  ・キャベツ
   (塩1gを加え水抜きしたもの)
:60g
  ・タマネギ
   (みじん切りして、
    サラダ油小さじ1/3と
    水を大さじ1加え
    炒めたもの)
:60g
  ・しょうが
   (みじん切り)
:5g
  ・にら
   (みじん切り)
:20g
  ・ザーサイ:20g
 
  ・サイゲン流甜麺醤:8g
  ・たまり醤油:15ml
  ・黒糖:2.5g
  ・酒:15ml
  ・オイスターソース:4ml
  ・練り中華だし:2g
  ・コショウ:少々
  ・ごま油:2.5ml
  ・砂糖:2g
 
  ・(餡に使用)
   水
:50ml
  ・かたくり粉:3g
 
  ・春雨
   (水で15~20分程度もどして
    1cmくらいに切ったもの)
:15g
  ・四角い餃子の皮
   (12cm×10cm)
:適量
  ・(餃子を焼く用)
   サラダ油
:大さじ1
  ・(餃子を焼く用)
   ごま油
:適量
  ・(餃子を焼くときに使用)
   水
:50ml
 
[サイゲン流甜麺醤]
  ・赤味噌:50g
  ・みりん:30ml
  ・砂糖:15g
  ・ごま油:3ml
  ・酒:10ml
  ・醤油:8ml
 








<作り方>

  1.牛ひき肉と豚ひき肉を3:1の割合で混ぜ、
    塩ひとつまみを加え、更に混ぜる。


  2.塩をまぶして水分を少しだけ抜いたキャベツ、
    サラダ油で飴色になるまで炒めたタマネギ、
    みじん切りにしたしょうが、にら、ザーサイを加え、よく混ぜる。
 

<サイゲン流・ポイント1>

 ザーサイを入れることで、
 食感と本格的なお店で食べる餃子の味を再現できる。 

  スーパーでビンに入って売っているザーサイを、
  1度水に約20分浸けてから使用する。
  それにより、コリコリの食感になり、弾力が強くなる。
  チャーハンなどの炒め物からスープまで、
  家庭で作る中華料理が格段においしくなる!



  3.1,2で作った餡に
    サイゲン甜麺醤を加え、たまり醤油、黒糖、酒、オイスターソース、
    練り中華だし、こしょう、ごま油、砂糖を加え、混ぜる。
 

<サイゲン甜麺醤の作り方>


 フライパンに、

 赤味噌、みりん、砂糖、ごま油、酒、しょうゆを入れ、

 とろみが出るまで火にかければ完成。


 ※ 餃子だけでなく、様々な料理に応用できる万能調味料!
   野菜炒めに入れると回鍋肉に、
   麻婆豆腐に入れるとより本格中華の味に変身!
    湯豆腐にかければ田楽風、
    マヨネーズと混ぜればバーニャカウダ風に!


  4.餡に水、かたくり粉を入れ、握るようによく混ぜる。
 

<サイゲン流・ポイント2>

餡には肉のエキスと油がある。

  このまま火が入った時、肉のエキスと油が溶け出す。
  更に焼いた時、水分が飛び、
  パサつき感が出て少し縮んだ餃子に仕上がる。
  それを防ぐために餡に水を入れ、
  火を通す前に水に肉のエキスを出す。
  また、水だけだと肉のエキスと油が一緒に出ていくため、  
  片くり粉も加える。


  5.15~30分ほど水に戻した春雨を1cm程度に切り、餡に混ぜる。

 

<サイゲン流・ポイント3>

  餃子には豆の春雨を使うのがポイント!  

  市販の春雨は、大きく分けるとジャガイモか豆が原料。
  ジャガイモの春雨だと肉汁を吸いすぎて溶けてしまい、
  餡の食感が変わる場合があるのでご注意を!


  春雨は完全に水で戻してはならない!  
  軽く戻すことにより、まだ水分が入る余地があり、
  よりおいしくできあがる。


  6.春雨に肉汁を吸いこませるため、
    軽くこねた餡にラップをして冷蔵庫で30分冷やす。


  7.冷やした餡を四角い餃子の皮(12cm×10cm)で包み、
    「棒餃子」の形が完成


  8.火をつける前に
    サラダ油をひき、折り目を下に餃子を乗せる。
    そこに水を入れ、
    フタをしてから火をつけ、約4分蒸し焼きにする。
 

<サイゲン流・ポイント4>

先に水を入れてから火をつけ蒸し焼きにする。

  側面の皮が水を吸ってブヨブヨになることを防ぎ、
  フライパンの温度の上がり過ぎも防げ、焦げつきにくくなる。  


  9.残った水分を飛ばし、
    最後にごま油を垂らし、焼き色を付けて完成。
 

<サイゲン流・ポイント5>

油で焼き色をつけることで表面はカリカリに。

  更に余分な水分も飛ばしブヨブヨにならなくなる。        


posted by ぽっぷらいと at 08:58| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/7「あのニュースで得する人損する人」バタコやん流「食パンタコス」

バタコやん流「食パンタコス」


  

食パンを伸ばした後に焼いて、
ひき肉に一味を加えて、「本格タコス」を作りました。

<材料(4個分)>

  ・食パン(6枚切り):4枚
  ・チーズ(細切りシュレッドタイプ):適量
  ・レタス:4枚
  ・トマト:1個
 
[タコミート]
  ・豚ひき肉:200g
  ・トマトケチャップ:大さじ4    
  ・ウスターソース:小さじ2
  ・一味唐辛子:2ふり



<作り方>

  1.食パンは、耳を切り落とし麺棒で薄く伸ばしたら
    表面に軽く焦げ目がつく程度に焼く。
    (ホットプレートの場合…180度 コンロの場合…中火)

  

「 ラップ棒や 」

  自宅に麺棒が無くても

  ラップが付いたままのラップを使えば、  

  麺棒いらずで便利な正義の味方!



  2.耐熱皿に、ひき肉、ケチャップ、ソースを入れ、
    菜箸で、ひき肉がポロポロになるまで混ぜ、
    ボウルに平らに広げる。

    ラップなしで、600Wの電子レンジで5分加熱し、火を通す。
    熱が終わったら一味を2振り加える。

  

「 一味じぃや 」

タコスの辛みを一味で代用!

七味は、唐辛子の他にも色々な材料が含まれているので、

タコスの味からは少し離れてしまう!



  3.ひき肉、トマト、レタス、チーズを盛りつけ完成!
    (トマトは5mm角切り、レタスは細切りにしておく)



posted by ぽっぷらいと at 08:19| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。