2016年05月23日

5/23「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」鯛とレタスのさっと煮

鯛とレタスのさっと煮


 

 今週のテーマは“簡単スピードメニュー”です。
 でも、豪華です!

<材料(2人分)>
  ・鯛
   (皮つき・上身)
:150g
  ・レタス:100g
  ・しいたけ:2枚
  ・みょうが:1個
  ・塩:適量
 
[煮汁]
  ・だし:500ml
  ・みりん:大さじ2  
  ・薄口しょうゆ:大さじ2
  ・水溶き片栗粉:適量
 

<作り方>

  1.鯛は2cm厚さのそぎ切りにし、
    薄く塩をふって10分置き、
    水で洗って水気を取る。

  2.レタスは一口大にちぎり、
    しいたけは5mm幅に切り、
    みょうがは小口切りにする。

  3.鍋に、
    [煮汁]のだし、みりん、薄口しょうゆを合わせて
    中火で煮立て、
    水溶き片栗粉で薄くとろみをつける。

  4.3に
    鯛、しいたけを加えて
    中火で1~1分30秒煮て、
    レタスを加えて器に盛り、
    みょうがをのせる。





posted by ぽっぷらいと at 17:27| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/23「バイキング 超お手軽!マジックレシピ」肉巻きおにぎり:みきママ

肉巻きおにぎり


 
         ※ こちらは宮崎県の名物「肉巻きおにぎり」。

  作業時間は30分、1人前186円です。

<材料(4人分)>
  ・熱々のごはん
:茶碗4杯
 (800g)
  ・豚もも薄切り肉
:15~20枚
 (400g)
  ・片栗粉:大さじ5
  ・サラダ油:大さじ1
 
  ・新ごぼう
:1本
 (80g)
  ・人参
:1/4本
 (45g)
 
 [A]
  ・しょうゆ:大さじ6
  ・砂糖:大さじ4
  ・みりん:大さじ3
  ・ごま油:大さじ1
  ・酒:大さじ1
  ・白いりごま:大さじ1
  ・おろしにんにく:小さじ1と1/2
  ・おろししょうが:小さじ1/2
  ・コチュジャン:小さじ1/2
 


<作り方>

  1.新ごぼうは横半分に切って半月に切り、
    人参は1cm幅の棒状に切って
    更に1cm角の正方形に薄切りする。
    

  2.[A]を合わせて焼き肉のたれを作る。
    

  3.耐熱ボウルに新ごぼう・人参を入れ、
    [A]を混ぜ合わせた2を大さじ1入れて、
    ラップをしないで600wの電子レンジで3分加熱する。

    一度取り出してスプーンでかき混ぜ、
    更に2分加熱してきんぴらごぼうを作る。
    きんぴらごぼうをご飯に混ぜて、
    しゃもじでご飯どうしがしっかりくっつくように
    団子状になるまで、2分ほどよくねり混ぜる。


  4.豚もも肉を広げて、両面に片栗粉をまぶす。
    26cmのフライパンの底に
    側面に3㎝立ち上がるように
    豚もも肉9~10枚を
    1cmずつ重なるようにずらして
    敷きつめる。


  5.4の上に3のごはんをのせて、
    直径21cm×高さ4cmの塊になるように、
    分量外の水をつけながら、
    手でぎゅっと握って整える。
    下の肉をご飯にぴったりとくっつける。


  6.5の上に、
    端から残りのお肉を
    4と同様に1cmずつ重なるようにずらして敷き詰める。
    ご飯がしっかりと隠れるように
    側面は上下のお肉を2cmほど重なるように包みこむ。
    更に、全体をぎゅっと握って形をきれいに整える。


  7.6のフライパンに
    サラダ油(大さじ1/2)を回し入れ、
    強火にしてパチパチ音がしてきたら、
    弱めの中火にして4分ほど焼き色がつくまで焼き、
    同時に側面の肉も
    フライパンの端にくっつけながら側面全体を焼く。

    フライ返しを使ってお皿にスライドさせて取り出し、
    フライパンに皿をかぶせるようにしてひっくり返して、
    残りの油を回しかけて、同様に4分焼く。


  8.7をいったん皿に取り出し、
    フライパンの汚れをふき取ってから
    [A]のタレを入れて
    焦げないように強火で1分煮詰める。

    更に取り出した7を戻し入れて、
    スプーンで上にタレをかけながら
    更に、1分30秒程絡めて火を止める。


  9.お皿に取り出し、フライパンのタレをかける。
    そのまま30分程おいてから
    包丁で8等分に切って食べる。
    P! 30分程おいてから切ると、
      ご飯とお肉がしっかり固まって切りやすくなります。


続きを読む
posted by ぽっぷらいと at 17:17| フジテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/23「キユーピー3分クッキング」かじきとアスパラのオイスターソース炒め:田口成子

かじきとアスパラのオイスターソース炒め


<材料(4人分)>
  ・かじき
:3切れ
 (300g)
(塩、こしょう各少々)
  ・グリーン
   アスパラガス
:2束
 (250g)
  ・新玉ねぎ
:1個
 (250g)
 
[合わせ調味料]
  ・オイスターソース:大さじ1+1/2
  ・しょうゆ:大さじ1/2
  ・酒:大さじ1
  ・水:大さじ1
 
 ● 塩、片栗粉、油、ごま油
 


<作り方>

  1.かじきは1.5cm幅の棒状に切り、
    塩、こしょうで下味をつけ、
    炒める直前に片栗粉を薄くまぶす。

  2.アスパラガスは
    根元側1/3程度の皮をピーラーでむき、
    斜め2cm幅に切る。
    新玉ねぎは縦半分に切り、
    縦に1.5cm幅に切ってほぐす。
     P! 材料は大きさを揃えるように切ることもポイント。

  3.[合わせ調味料] の材料を混ぜておく。

  4.フライパンに油大さじ1+1/2を熱し、
    かじきを入れて中火で炒め、
    火が通ったら取り出す。

  5.フライパンを拭いて油大さじ1/2を熱し、
    アスパラガスを入れてひと炒めし、
    塩少々と水1/4カップを加えて蓋をする。
    ひと蒸ししたら新玉ねぎを加え、
    蓋をして八分通り火を通し、
    ザルに上げて水気を切る。
    P! アスパラは蒸し炒めをしておくと
      ムラなく火が通ります。
      新玉ねぎは火を通し過ぎないこと。

  6.フライパンを拭いてごま油大さじ1を熱し、
    4のかじき、5の野菜を戻し、
    3の[合わせ調味料]を加えて
    手早く炒め合わせる。



posted by ぽっぷらいと at 16:29| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/23「ノンストップ!」ミラノ風トンカツしょうゆバター風味:原田慎次

ミラノ風トンカツしょうゆバター風味


9年連続ミシュラン1つ星を獲得しているイタリアンの名店
「アロマフレスカ」のオーナーシェフ 原田慎次さんです。


原田慎次

アロマフレスカ

   ・公式サイト
   ・住所 : 東京都中央区銀座2−6−5
         銀座トレシャス12F
   ・電話 : 03-3535-6667




<材料(2人分)>
  ・豚肩ロース肉:240g
  ・塩・コショウ:各適量
  ・薄力粉:適量
  ・卵:1個
  ・粉チーズ:大さじ2
  ・パン粉:適量
  ・揚げ油:適量
  ・バター:40g
  ・しょうゆ:小さじ2
 
[付け合わせ]
  ・モヤシ:100g
  ・キャベツ:1/8個
  ・カイワレ大根:適量
 
[ソース]
  ・しょうゆ:小さじ2
  ・レモンの絞り汁:1/4個分 
 


<作り方>

  1.豚肉はラップに包み、
    めん棒で軽くたたき1cmほどの厚さにのばす。

  2.[付け合わせ]の
    モヤシは30秒ほどゆでる。
    キャベツはせん切りにする。
    カイワレ大根は根元を切り落とす。
    

  3.衣の準備をする。
    ボウルに卵1個を割り入れ、
    粉チーズ大さじ2を加えて混ぜる。
    P! 衣の卵に粉チーズを混ぜるのがミラノ風。
      口に入れた時に風味が広がり、コクと旨味も加わる。
       

  4.1の豚肉のラップを外し、
    塩・コショウをふり、
    薄力粉→3の卵→パン粉の順にくぐらせる。

  5.160~170℃の揚げ油に4を入れ、
    2分ほど動かさずに弱火で揚げ、
    ペーパータオルに取り出し油を切る。
    P! 揚げ油に2分ほど入れて火を通しておくことで、
      均一に柔らかく仕上がる。

  6.フライパンにバターを溶かし、
    5で揚げたトンカツを入れ1分ほど中火で焼く。
    トンカツがきつね色になったら裏返す。

  7.6のフライパンに
    しょうゆを鍋肌から回し入れ、
    トンカツの両面に絡めたら火を止める。
    取り出して、食べやすい大きさに切る。

  8.[ソース]を作る。
    7のフライパンを洗わないで、
    しょうゆ、レモンの絞り汁を加えて混ぜ合わせる。

  9.1のモヤシを器に中央に敷き、トンカツをのせる。
    その上にキャベツを盛り、
    カイワレ大根をのせ、
    8のソースをかけたら、完成!


posted by ぽっぷらいと at 16:17| フジテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/23「あさイチ」鶏ささ身のたらこあえ:鈴木弥平

鶏ささ身のたらこあえ


イタリア料理店「ピアット・スズキ」のオーナーシェフ、鈴木弥平さんが
たらこを使った副菜を紹介してくれました。

<材料(2人分)>
  ・鶏ささ身:100g
  ・ズッキーニ:50g
  ・セロリ:50g
  ・塩:少々
  ・白コショウ:少々
  ・白ワイン:適量
 
 [あえ衣]
  ・たらこ:30g
  ・エクストラ
   バージンオリーブ油
:大さじ1と 
    1/3
 

<作り方>

  1.鶏ささ身を耐熱皿にのせ、
    塩・白コショウ、白ワインをふる。
    ラップをかけ電子レンジ(600W)で
    1分30秒間~2分間加熱する。
    粗熱をとってから、手で食べやすい大きさに裂く。

  2.ズッキーニ、セロリは5mm角で
    4~5cm長さの拍子木切りにする。
    湯を沸かし、30秒間ほど下ゆでする。
    氷水で冷ました後、水気を切る。
    

  3.あえ衣を作る。
    たらこは薄皮を取り除き、
    中身を取り出してボウルに入れ、
    エクストラバージンオリーブ油を加えてあえる。

  4.3のボウルに、
    鶏ささ身、ズッキーニー、セロリを加えて、
    和えたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 15:54| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/23「あさイチ」たらこパスタ:鈴木弥平

たらこパスタ




イタリア料理店「ピアット・スズキ」のオーナーシェフ、
鈴木弥平さんが失敗しない「たらこパスタ」の作り方を
紹介してくれました。

鈴木弥平

ピアット・スズキ

   ・食べログ
   ・住所 : 東京都港区麻布十番1丁目7−7
                   ハセベヤビル4F
   ・電話 : 03-5414-2116




<材料(2人分)>
  ・スパゲッティ:140g
  ・たらこ:60g
  ・にんにく:1片
  ・エクストラ
  バージンオリーブ油
:大さじ1
  ・スパゲッティの
   ゆで汁
:90ml
  ・昆布茶:小さじ1/2
  ・バター:15g
 
 [トッピング]
  ・トマト
:小1個
 (80g)
  ・しょうゆ:大さじ1/2強
  ・エクストラ
    バージンオリーブ油
:大さじ1
  ・青じそ:4枚
  ・マスカルポーネ
   チーズ
(またはクリームチーズ)
:20g
 



<作り方>

  1.パスタをゆでる。
    鍋にたっぷりの湯を沸かし、
    塩(1リットルの水に対し10gの割合)を加える。
    スパゲッティを入れて
    くっつかないように最初だけかき混ぜたら、
    袋の表示時間通りにゆでる。

  2.具材の下ごしらえをする。
    火にかける前のフライパンに、
    つぶしたにんにくを入れ、
    エクストラバージンオリーブ油を上にかけ、中火にかける。
    にんにくの香りを油に移し、
    にんにくが薄っすら色づいたら火を止めて、
    粗熱をとる。

  3.たらこは薄皮を取り除き、中身を出す。

  4.トッピングを用意。
    トマトは湯むきし、
    1cm角の角切りにして、ボウルに入れる。
    しょうゆ、エクストラバージンオリーブ油を加えて和える。
    青じそはせん切りにする。

  5.粗熱をとった2の油に
    スパゲッティのゆで汁(90ml)、
    昆布茶を加えて混ぜる。
    3のたらことバターを加えて混ぜ、
    しっかり水気を切った1のスパゲッティを入れて
    よく混ぜる。
    P! たらことパスタは火にかけずに和える。

  6.パスタを器に盛りつけ、4のトマトをのせる。
    マスカルポーネチーズ(またはクリームチーズ)20g、
    せん切りにした青じそをトッピングしたら、完成!
    



posted by ぽっぷらいと at 15:42| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/22「この差って何ですか?」カルピスを美味しく作る!

カルピスを美味しく作るには、
原液「1」に対して、水「4」という
「カルピスの黄金比率」がありました。

 

カルピスを美味しく飲める期間は開封後2週間。
そこで、2週間では使い切れない方向け、
飽きずに使えるいろいろな楽しみ方が紹介されました。


1. カルピス+トマトジュース
  カルピス「1」  :  トマトジュース「5」
<トマトジュースが苦手なお子様でも美味しく味わえます。>


2. カルピス+牛乳
   カルピス「1」  :  牛乳「5」
<カルピスと牛乳は同じ乳製品なのでとても相性が良い!>


3. カルピス+ビール
   
   カルピス「1」 :   ビール「6」


4. カルピスシャーベット


<材料>
  ・カルピス
  ・牛乳
  ・フリーザーパック
  
<作り方>

  1.カルピス1に対して牛乳2の割合で
    フリーザーバッグに入れて混ぜる。

  2.冷凍庫で3~4時間凍らせる。

  3.完全には固まらない状態で
   手で揉んで「特製シャーベット」の完成!

posted by ぽっぷらいと at 08:56| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/22「この差って何ですか?」アスパラの冷製パスタ

6. アスパラの冷製パスタ


  

<材料(4人分)>
  ・オリーブオイル:大さじ4 
  ・レモン汁:大さじ3
  ・ミニトマト(赤・黄):150g
  ・アスパラ:150g
  ・ツナ缶:80g
  ・モッツァレラチーズ:50g
  ・カッペリーニ
:200g
適量
  ・塩:適量
  ・あらびき黒こしょう:適量
  ・ニンニク(チューブ):適量
 

<作り方>

  1.カッペリーニは塩を多めに加えたお湯で2分ほど茹でて、
    アスパラも数秒ほどお湯に通して、
    ざるに上げて冷ます。
    カッペリーニは冷水でしめる。

  2.にんにくはすりおろし、
    ミニトマトはへたをとって1/2~1/4に切る。
    チーズは適宜に切る。

  3.アスパラは穂先を5cm位切り落とし、
    残りはピーラーで薄く切る。

  4.ボールに
    オリーブオイル、レモン汁、トマト、
    にんにく、ツナを合わせて、
    塩、粗びき黒こしょうを加えて味を調えて冷やし、
    水気を切ったパスタ、チーズ、アスパラを和えて、
    塩、こしょうで味を調えて器に盛る。

posted by ぽっぷらいと at 08:35| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/22「この差って何ですか?」アスパラ炊き込みご飯とアスパラ味噌汁

4. アスパラ炊き込みご飯


   

<材料(4人分)>
  ・米:2合
  ・牛乳:1.5カップ 
  ・固形スープ:1個
  ・バター:大さじ1
  ・アスパラ:150g
  ・人参:50g
  ・玉ネギ
:1/2個
 (100g)
  ・スライスベーコン :50g
  ・ボイルほたて:100g
  ・パセリ:少々
  ・塩:少々
  ・粗びき黒こしょう:少々
  ・しょうゆ:小さじ1
 

<作り方>

  1.お米は洗って30分程水に漬けて、
    ざるに上げておく。

  2.人参、玉ネギは5mm角、
    ベーコンは1cmの角切り、
    アスパラは5mm幅の斜め切りにする。

  3.炊飯器の内釜に
    水切りしたお米を入れ、
    牛乳、砕いた固形スープを混ぜて、
    玉ネギ、人参、ほたてを加えて炊く。

  4.炊いている間に
    ベーコン、アスパラを醤油で炒めておく。
    

  5.炊き上がったら
    アスパラベーコン、バターを混ぜて
    塩、こしょう、しょうゆで味をととのえて器に盛り、
    パセリのみじん切りを散らす。
    



5. アスパラ味噌汁


<材料>

  ・アスパラ : 適量
  ・味噌    : 適量
  ・顆粒だし : 適量

<作り方>

  1.アスパラのゆで汁に顆粒だしを入れ、味噌をとく。

  2.アスパラを5mm幅に切り、生のまま味噌汁に入れる。
   


posted by ぽっぷらいと at 08:24| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/22「この差って何ですか?」名産地で作るアスパラガス料理1

5/22の「この差って何ですか?」では、
今が旬のアスパラガスの名産地・北海道 富良野で、
産地・農家ならではの調理法が紹介されていました!


まずは、お弁当のおかずにもなりそうなこの3品から!

1. アスパラベーコン

<作り方>

  1.アスパラの根元を落とす、ハカマは落とさない。

  2.少量のお湯で根元から立てて入れ、
    そこから横にして1分ほど蒸し茹でにし、
    あげて自然に冷ます。

  3.アスパラは切らずに
    そのままベーコンを巻きつける(2、3本まとめても◯)。




2. アスパラのフライ


<材料>

  ・卵 1個
  ・サラダ油
  ・小麦粉
  ・パン粉
  ・粉チーズ 適量

<作り方>

  1.アスパラの根元は切り、ハカマは落とさない。

  2.半分に切ったアスパラを
    小麦粉、サラダ油を入れた溶き卵、
    粉チーズを混ぜたパン粉につける。

  3.アスパラの根元の方が硬いので、
    根元の方から先に揚げる。

  4.すりおろした山ワサビ、マヨネーズ、ヨーグルト、
    「めんみ」というローカル調味料などを混ぜた
    特製ソースをつけて食べる。




3. アスパラの味噌漬け


<材料(4人分)>
  ・味噌:500g
  ・砂糖:70g
  ・みりん:50g
  ・鷹の爪:1本
  ・アスパラ
     (切った根元部分など)
:適量
 
<作り方>

  1.他の料理で、切った根元部分を集め使用する!

  2.味噌・みりん・砂糖・鷹の爪を混ぜる。

  3.生のままのアスパラの切りっぱなしを
    味噌に入れ一晩寝かせる。

  4.簡単味噌漬けの完成!




      
posted by ぽっぷらいと at 08:08| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/22「噂の東京マガジン」あんかけ焼きそば:孫関義

あんかけ焼きそば

     
横浜中華街の老舗の上海料理店「四五六菜館」の孫関義さんに
「あんかけ焼きそば」を教えていただきました。

孫関義

横浜中華街「四五六菜館」

  ・公式サイト:http://www.456saikan.com/
  ・住所 : 神奈川県横浜市中区山下町190
  ・電話 : 045-681-3456



<材料(1人分)>
  ・中華麺:150g
  ・紹興酒:少々
 
[A]
  ・しょうが
   (スライス)
:5g
  ・ネギ:10g
  ・たけのこ
   (ボイル)
:30g
  ・にんじん
   (ボイル)
:30g
  ・きくらげ:30g
  ・キャベツ:60g
  ・チンゲン菜
-------------------
:60g
 
  ・エビ
   (ボイル)
:60g
  ・イカ
   (ボイル)
:50g
  ・貝柱:30g
  ・水:200cc  
  ・塩:少々
  ・旨み調味料:少々
  ・和風だし
   (顆粒)
:少々
  ・こしょう:少々
  ・しょう油:少々
  ・片栗粉:適量
 



<作り方>

  1.中華麺を焼き、
    両面に軽く焼き色がついたら
    麺に紹興酒をかけ、
    取り出して油を切っておく。

  2.食べやすい大きさに切った[A]の具材を炒める。

  3.具材に軽く火が通ったら
    水、塩、旨み調味料、和風だし、しょうゆ、こしょうを入れ、
    炒めながら全体に馴染ませる。

  4.3にエビ、イカ、貝柱を入れ、
    水溶き片栗粉でとろみをつける。

  5.1を皿に盛り、4をかけて完成。

posted by ぽっぷらいと at 07:14| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/22「男子ごはん」三つ葉だれの和風餃子

三つ葉だれの和風餃子


<材料(2人分)>
  ・鶏ももひき肉:250g
  ・万能ねぎ:1/2束    
  ・しいたけ
:3個
 (50g)
  ・しょうが:1片
 
[A]
    ・片栗粉:大さじ1/2
    ・酒、
     しょうゆ、
     みりん
:各大さじ1
    ・塩:小さじ1/3
 
  ・餃子の皮:1袋
  ・片栗粉:適量
  ・サラダ油:適量
  ・水:50㏄
 
[たれ]
  ・ 三つ葉:1束
  ・ 酢、
    めんつゆ、
    白こしょう
:各適量
 


<作り方>

  1.万能ねぎは小口切りにし、
    しょうがはみじん切りにする。
    しいたけはみじん切りにする。

  2.ボウルに1、ひき肉、[A]を合わせて手でよく混ぜる。

  3.餃子の皮の縁にグルリと水(分量外)をつけ、
    2をティースプーン1杯分のせて
    半分に折るようにして包む。
    ひだを寄せながらピッチリと閉じる。

  4.餃子の底に片栗粉をつけながらフライパンに並べ、
    サラダ油を小さじ1回し入れて強火にかける。
    パチパチとしてきたら水を加えて
    蓋をして蒸し焼きにする。
    水分が少なくなってきたら、蓋をとりカリッと仕上げる。

  5.タレを作る。
    めんつゆ、酢を混ぜ合わせ、白こしょうを振り、
    1cm幅に切った三つ葉を添える。

燕三 鉄 餃子鍋 EM-8909 【w01】
価格:2677円(税込、送料別)



posted by ぽっぷらいと at 07:02| テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/22「男子ごはん」和風チャーハン

和風チャーハン


<材料(2人分)>
  ・ごはん
:茶碗2杯分
 (約400g)
 
  ・しめじ:1/2パック
  ・ししとう:10本
  ・ちくわ
:大1/2本
 (50g)
  ・しらす:40g
  ・卵:2個
  ・めんつゆ:大さじ1
  ・しょうが
  (みじん切り)
:1片
  ・塩:小さじ1/2
  ・かつお節、
   紅しょうが、
:各適量
  ・サラダ油:大さじ1.5
  ・黒こしょう:適量
 

<作り方>

  1.ちくわは薄くいちょう切りにする。
    しめじは石づきを落として2㎝幅に切る。
    ししとうはヘタを落として1.5㎝幅に切る。卵は溶く。

  2.フライパンを熱してサラダ油を引き、
    しょうがを中火で炒める。
    香りが出てきたら卵を流し入れて、
    木べらでグルグル混ぜ、
    半熟になったところに
    ごはんを加えてほぐしながら
    焼きつけるように強火で炒める。

  3.ご飯がパラッとしてきたら、
    しめじ、ししとうを加えて炒め、
    ししとうに火が通ったら
    ちくわ、しらすの順に加えて炒め合わせる。
    塩、黒こしょうを加えて炒め合わせる。

  4.木べらでごはんをよせて、
    空いたところにめんつゆを加え、
    軽く汁気を飛ばしてから全体を炒め合わせる。
    器に盛ってかつお節を振りかけ、紅しょうがを添える。


ラベル:男子ごはん 和食
posted by ぽっぷらいと at 06:52| テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。