2016年06月30日

6/30「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」豆腐とちくわのうま煮

今週のテーマは”豆腐料理”
豆腐とちくわのうま煮

見た目は地味で、『隣の晩ご飯』みたいだそうですが、
すき焼きに負けていないおいしさだそうです!

<材料(2人分)>
  ・豆腐(木綿):350g
  ・ちくわ(太):2本(80g)
  ・しいたけ:2枚
  ・豚ひき肉:80g
  ・青ねぎ:1本
  ・卵:1個
  ・ごま油:適量
 
[煮汁] 
  ・だし:50ml
  ・酒:大さじ1
  ・みりん:大さじ2
  ・薄口しょうゆ:大さじ2
 

<作り方>

   1.豆腐は厚みを半分に切り、
     ペーパータオルに挟んで10分置き、水切りする。

   2.ちくわは2cm長さの棒状に切り、
     しいたけは5mm厚さに切り、
     青ねぎは5mm幅に切る。

   3.鍋にごま油適量を熱し、
     豚ひき肉を中火で炒め、
     白くなったら豆腐をちぎりながら入れ、
     水分が飛んで焼き色がつくまで炒める。

   4.3に、
     ちくわ、しいたけを加えて更に炒め、
     [煮汁]のだし、酒、みりん、薄口しょうゆを加え、
     中火で3分ぐらい煮る。

   5.4の煮汁がほとんどなくなったら
     溶き卵を流し入れ、
     余熱で半熟に仕上げ、
     青ねぎを混ぜて器に盛る。


続きを読む
posted by ぽっぷらいと at 18:00| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/30「キユーピー3分クッキング」ゆで豚の辛みだれ:石原洋子

ゆで豚の辛みだれ
しっとり仕上げるポイントは弱火でゆでた後、そのまま冷ますこと!
<材料(4人分)>
  ・豚肩ロース肉
   (塊)
:600g
  ・塩:小さじ1/2
  ・長ねぎ
   (青い部分)
:10cm
  ・しょうがの皮:1かけ分

 [野菜の付け合わせ]
  ・きゅうり:1本
  ・玉ねぎ:1/4個
  ・パプリカ(赤):1/2個
 
[辛みだれ]
  ・長ねぎ
   (みじん切り)
:大さじ1
  ・しょうが
   (みじん切り)
:大さじ1/2
  ・にんにく
   (みじん切り)
:小さじ1
  ・しょうゆ:大さじ2
  ・酢:大さじ1
  ・砂糖:小さじ1
  ・塩:少々
  ・豆板醤:小さじ1/2 
  ・ごま油:小さじ1
 



<作り方>

   1.鍋に豚肉を入れ、
     かぶるくらいの水(約4カップ)を加え、
     塩、長ねぎ、しょうがの皮を加えて火にかける。
     煮立ったらアクをすくいとり、
     弱火にしてふたをずらしてかけ、
     中心に火が通るまで30~40分ゆでる
     (中心に竹串を刺し、澄んだ汁が出れば火が通っている)
     そのまま粗熱がとれるまでおく。

   2.きゅうりは4cm長さの短冊切りにする。
     玉ねぎは縦に薄切りにする。
     パプリカは種を除いて縦に薄切りにする。
     これらを水に5分ほどさらしてパリッとさせ、
     ザルに上げて水気をよくきる。

   3.[辛みだれ]の材料をよく混ぜ合わせる。

   4.1の豚肉を薄切りにして器に盛り、
     2の野菜をつけ合わせ、[辛みだれ]を添える。

posted by ぽっぷらいと at 17:47| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/29「趣味どきっ 私の朝活」ひじきとクレソンの和風じゃこサラダ:井澤由美子

第5回目のテーマは「食欲アップ・夏バテ予防」。

夏は暑さや紫外線から体を守らなければなりません。
体の外側を日焼け止めなどでガードしたら、
体の内側はビタミンやミネラル、ポリフェノールを多く含む野菜を食べて
対抗しましょう。

ひじきとクレソンの和風じゃこサラダ

ひじきは鉄分とカルシウムをたっぷり含むので、貧血予防に役立ちます。

<材料(2人分)>
  ・芽ひじき(乾):大さじ1
  ・紫たまねぎ:(小)1/3個 
  ・クレソン:1把
  ・ごま油:小さじ2
  ・ちりめんじゃこ:大さじ4
  ・白ごま:小さじ2
  ・しょうゆ:小さじ1
 
[ドレッシング]
  ・しょうゆ:小さじ1
  ・りんご酢
   (または酢)
:小さじ1
 

<作り方>

   1.ひじきは水で戻してザルに上げ、水気を切る。
     紫たまねぎは薄切りにし、
     クレソンとともに水をはったボウルに5分間ほど放ち、
     ザルに上げて水気を切る。
     クレソンは堅い部分を切り落とし、長さを2~3等分に切る。
     

   2.ボウルに、
     [ドレッシング]のしょうゆ、りんご酢を入れて混ぜ合わせ、
     1を加えて絡める。
     

   3.フライパンに、
     ごま油小さじ2、ちりめんじゃこ大さじ4を入れ、
     弱めの中火で炒める。

   4.ちりめんじゃこがカリカリしてきたら、
     白ごま小さじ2を加え、
     しょうゆ小さじ1を鍋肌から加えて全体を混ぜ合わせる。

   5.2を器に盛り、
     カリカリに炒めたちりめんじゃこをのせたら、完成!


posted by ぽっぷらいと at 17:23| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/29「趣味どきっ 私の朝活」乳酸キャベツ:井澤由美子

第5回目のテーマは「食欲アップ・夏バテ予防」。

夏は暑さや紫外線から体を守らなければなりません。
体の外側を日焼け止めなどでガードしたら、
体の内側はビタミンやミネラル、ポリフェノールを多く含む
野菜を食べて対抗しましょう。

乳酸キャベツ

井澤さんが作る乳酸キャベツは、
ヨーロッパで昔から親しまれている
「ザワークラフト」や「シュークルート」と呼ばれるキャベツの保存食を、
井澤さん流にアレンジしたものです。
 
<材料(作りやすい分量)>
  ・キャベツ:1個(約1kg)
  ・塩:小さじ2+小さじ2  
  ・きび糖 (または砂糖)
:小さじ1/2
 
 
<作り方>

   1.キャベツはせん切りにし、洗って水気を切る。
     P! キャベツは、細く切れば切るほど、
       キャベツに含まれる乳酸菌が発酵しやすくなります!

   2.ジッパー付きの保存袋(大)に
     切ったキャベツの半分を入れ、塩小さじ2を加える。

   3.残りのキャベツをすべてを入れ、
     塩小さじ2、きび糖(または砂糖)を小さじ1/2加える。

   4.袋の上からよく揉んで、
     全体がしんなりするまでよくなじませ、
     空気をしっかり抜いて袋の口を閉じる。

   5.手で押して袋を平らにならし、バットにのせ、
     水が入った500mlのペットボトル3本を重しにして、
     常温で3~6日間おいて発酵させる。
     P! 3~6日程してキャベツから泡が出てきたら、
       乳酸菌が発酵した目安!

   6.キャベツから泡が出てきたら、
     熱湯で消毒した密閉性のある容器に移し替え、
     冷蔵庫で保存する。

 冷蔵庫で1ヶ月くらい保存可能!
      
  そのままで付け合わせにしたり、
  お味噌汁に入れたり、オムレツに混ぜたりと、
  毎日の朝食に活用して下さい。

posted by ぽっぷらいと at 17:13| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/29「趣味どきっ 私の朝活」ベイクドトマトとライ麦パンのプレート:井澤由美子

第5回目のテーマは「食欲アップ・夏バテ予防」。

夏は暑さや紫外線から体を守らなければなりません。
体の外側を日焼け止めなどでガードしたら、
体の内側はビタミンやミネラル、ポリフェノールを多く含む
野菜を食べて対抗しましょう。

1. ベイクドトマトとライ麦パンのプレート
<材料(2人分)>
  ・ライ麦パン(1.5cm厚さのもの):4枚
  ・トマト    (1.5cm厚さの輪切り):4枚
  ・クリームチーズ:大さじ5~6  
  ・パクチー(みじん切り):4~5本分
  ・塩:少々
  ・オリーブオイル:大さじ2
  ・塩・黒コショウ(粗びき):各少々
  ・パクチー(みじん切り):適量
 
 
<作り方>

   1.小さめの器に、
     クリームチーズ、パクチーのみじん切りを
     入れて混ぜ合わせ、
     塩少々を加えて味をとのえる。
     

   2.1.5cm厚さのライ麦パンの表面に
     1のクリームチーズを塗り、器に盛る。
     

   3.フライパンを中火で熱して
     オリーブオイルを大さじ2入れ、
     1.5cm厚さに切ったトマトを並べ入れる。
     塩・黒コショウを各少々軽くふり、
     両面に焼き色がつくまで焼く。
     

   4.トマトが熱いうちに2のパンにのせ、
     フライパンに残った焼き汁をスプーンでかけ、
     パクチーのみじん切りをのせたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 16:59| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/30「ガッテン」極上大根おろし

      極上大根おろし
   
1. (回しやすいよう)細く切る!

2. 座っておろす!
    自然と余計な力がかからず、
    よりふんわりとした大根おろしができます。

 3. 大根を回しながらおろす!
    まっすぐ上下におろすと、
    一部分だけが削れていきますが、
    回すことで最小限の力で、
    まんべんなくおろすことができます。



ラベル:野菜 ガッテン
posted by ぽっぷらいと at 08:48| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/30「ガッテン」おろしで高級朝食!

おろしで高級朝食!
1. レモンおろしマーマレード
   < 材料(1人分) >
     ・ レモンの皮
      (果汁を搾ったあと薄皮をとり冷凍したもの) : 1/2個
     ・ はちみつ : 大さじ1
     
<作り方>

  レモンの皮をすりおろし、はちみつと混ぜるだけ。
 (レモンの苦みが強い場合ははちみつを少し増やして下さい!)


2. みょうがおろしドレッシング
   < 材料(2人分) >
     ・ みょうが : 1個
     ・ レモン汁 : 大さじ2
     ・ サラダ油 : 大さじ1
     ・ 塩     : 小さじ1/2
     ・ コショウ : 少々
     
<作り方>

      みょうがをすりおろし材料を全部混ぜるだけ。



3. アスパラガスおろしのスープ
   < 材料(2人分) >
     ・ アスパラガス : 3本分の下の部分約4㎝分
     ・ 牛乳      : 300ml
     ・ 片栗粉     : 小さじ1(水小さじ2で溶いたもの)
     ・ 塩        : 小さじ1/2
     ・ コショウ    : 少々
     
<作り方>

    鍋に牛乳を入れ加熱し、
    水溶き片栗粉を入れて薄いとろみがついたら
    すりおろしたアスパラガス、塩、コショウを入れ
    一煮立ちしたら出来上がり!

    (アスパラガスの量はお好みで調整して下さい!)




続きを読む
posted by ぽっぷらいと at 08:41| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/30「ガッテン」夏にぴったり!キュウリおろし料理

夏にぴったり!キュウリおろし料理

6/29の「ガッテン」では、大根おろし以外にもおすすめの
おろし料理が紹介されました。

特に、キュウリおろし料理は目にも鮮やかで、
夏にぴったりのさわやかなメニューです。
    
1. キュウリのおろしかけごはん
   < 材料 (2人分)>
     ・ キュウリ : 2本
     ・ 薄口醤油 : 小さじ2
     ・ おろし生姜 : 少々
     ・ コショウ : 少々
     ・ 温かいご飯 : 2膳分

<作り方>

   キュウリをおろし、
   薄口醤油を入れて、
   味を整え温かいご飯にかけて
   おろし生姜とコショウをかければ、出来上がり!



2. 蒸し鶏の青松酢がけ
   < 材料 >
     ・ 鰹だし   : 大さじ3
     ・ 酢     : 大さじ2
     ・ 薄口醤油 : 大さじ1
     ・ みりん   : 大さじ1
     ・ 片栗粉  : 小さじ1(小さじ2の水で溶いておく)
     ・ キュウリ : 2本分(水分を切ったもの)

<作り方>

  1.鍋に、鰹だし、酢、薄口醤油、みりんを入れて加熱し
    一煮立ちしたら、水溶き片栗粉でとろみを付ける。

  2.あら熱をとり、
    おろしたキュウリ(水分を切ったもの)を混ぜ合わせる。



3. 偽メロンジュース
   < 材料 >
     ・ キュウリの絞り汁 : 200ml
     ・ はちみつ : 大さじ3
     ・ レモンの絞り汁 : 1個分
     ・ 砂糖 : 40g
     ・ 水  : 100ml

<作り方>

         材料をすべて混ぜ出来上がり。


番組では、「おろし」にオススメの野菜&果物として、
以下のものが紹介されていました。

1. レモンおろし
 レモンをよく洗い、皮と実が混ざるように
 丸ごとおろすだけ。
 焼肉との相性ばっちり!

2. ニンジンおろし
 おろしたニンジンは、冷ややっこにのせると
 新しい味わいに。

3. タマネギおろし
 おろしたタマネギを
 ほんの少しマカロニサラダに加えれば、
 大人の味に!

4. ナスおろしポン酢
 ナスを皮ごとおろし、ポン酢を加えれば、
 しゃぶしゃぶにぴったり!


ラベル:ガッテン 野菜
posted by ぽっぷらいと at 08:23| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

6/29「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」ふるふる豆腐

今週のテーマは”豆腐料理”
ふるふる豆腐
<材料(2人分)>
  ・豆腐(絹):200g
  ・豆乳
  (無調整)
:50ml
  ・パルメザンチーズ
  (粉)
:大さじ1
  ・塩:小さじ1/3 
  ・板ゼラチン
:2枚
 (3g)
  ・生クリーム:50ml
  ・いくら:大さじ1
  ・チャービル:適量
  ・バージン
      オリーブ油
:小さじ1
 

<作り方>

   1.豆腐は余分な水分をふき取る。

   2.板ゼラチンは氷水に3~4分つけて戻し、
     軽く絞って水気を切る。
     

   3.耐熱容器に
     豆乳、パルメザンチーズ、塩、板ゼラチンを入れ、
     ラップをして600Wの電子レンジで30秒加熱して
     ゼラチンを溶かす。
     

   4.ミキサーに豆腐を入れて撹拌し、
     ボウルに取り出し、
     3と、六分立てにした生クリームを加えて大きく混ぜ、
     なめらかになったら器に流し、
     冷蔵庫で2時間以上冷やす。
     
   5.4に、いくら、チャービルをのせ、
     バージンオリーブ油をかける。


posted by ぽっぷらいと at 15:38| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/29「キユーピー3分クッキング」ロメインレタスと牛肉のマヨソテー:石原洋子

ロメインレタスと牛肉のマヨソテー
<材料(4人分)>
  ・ロメインレタス
:1個
 (300g)
  ・牛肉
  (切り落とし)
:150g
  ( 酒    :大さじ1/2
   オイスターソース:小さじ2
   片栗粉 :大さじ1/2)


  ・トマト
:(大)1個
 (200g)
  ・マヨネーズ:大さじ4
  ・塩、こしょう:各少々
 

<作り方>

   1.ロメインレタスは一口大のざく切りにする。
     トマトは10等分くらいのくし形に切る。
         <ロメインレタス>
       
 ロメインレタスは、結球しない立ちレタスの一種。 ほのかな甘みと苦みがある。
 シーザーサラダのレタスとして知られている。
 葉が肉厚でしっかりとしていて、
 炒めたり、おひたしにしてもシャキシャキ感が
 失われないので加熱調理にも向いている。
 「ロメイン」は“ローマの”という意味で、
 ローマ時代から食べられているなどの諸説が
 あるが、ヨーロッパからアメリカに広まり、
 アメリカではサラダ野菜の定番。
 葉を1枚ずつ外してから水洗いして調理する。

   2.牛肉は大きいものは食べやすく切り、
     酒、オイスターソースで下味をつけ、
     炒める直前に片栗粉をまぶす。
     

   3.フライパンにマヨネーズ大さじ1を入れて火にかけ、
     牛肉を加えてほぐしながら炒め、
     色が変わったらとり出す。
     

   4.フライパンをきれいにする。
     ㊟ 牛肉を炒めた後、
       フライパンに焼き色が残りやすいので、
       必ずきれいにふきとること!
     マヨネーズ大さじ1を入れて火にかけ、
     ロメインレタスとトマトを加え、
     塩、こしょうをふり、ざっと炒め合わせる。

   5.牛肉を戻し、マヨネーズ大さじ2を加え、
     更に全体に炒め合わせ、
     ロメインレタスがシャキッとしている間に器に盛る。


posted by ぽっぷらいと at 15:25| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする