2016年09月29日

9/28「きょうの料理」鶏肉のチーズうま煮:藤田貴子

 鶏肉のチーズうま煮 

  鶏肉と干ししいたけの旨味で、滋味深い味わい。
  お餅のようなモッツァレラチーズが、やさしいアクセントに
  なっています。

<材料(2~3人分)>
  ・モッツッレラ
       チーズ
:1個
 (100g)
  ・鶏もも肉
:1枚
 (250g)
  ・鶏手羽元
:4~6本
 (280~420g) 
  ・干ししいたけ:(大)4枚
  ・昆布
   (5cm四方)
:1枚
  ・れんこん
:1/2節
 (200g)
  ・かぶ
:2~3個
 (160~240g)
  ・青ねぎ
   (小口切り)
:適量
  ・粗塩:大さじ2~3
  ・サラダ油:大さじ1~2
  ・酒:カップ1/2
  ・うす口しょうゆ
   (または塩)
:適量
  ・黒コショウ:適量
 


<作り方>

   1.干ししいたけと昆布は水カップ3につけて
     冷蔵庫で半日間おいて戻す。
     戻したしいたけは軸を切り落とし、
     根元に十文字の切り込みを入れておく。
     (昆布と戻し汁は煮汁に使うので残しておきます。)
     

   2.鶏もも肉は4等分に切り、
     鶏手羽元と一緒にバットに並べる。
     粗塩(大さじ2~3)を振ってまんべんなくすり込み、
     20~30分間おく。
  粗塩をまぶすのは肉のクセを抜いて程よい
  下味をつけるためです。
  塩で代用してもいいのですが、粒子の粗い
  粗塩のほうが程よく味が入ります。

   3.れんこんは皮をむいて1.5cm厚さの輪切りにする。
     かぶは茎を切り落として厚めに皮を剝き、
     茎の反対側に十文字の切り込みを入れる。
     

   4.鍋に湯を沸かして
     2の鶏もも肉と手羽元をサッとくぐらせ(湯通し)、
     手早く流水で洗う。
     手羽元の骨の周りの血合いをしっかりと洗い流す。

   5.鍋にサラダ油(大さじ1~2)を中火で熱し、
     3のれんこんを入れて両面を焼く。

   6.5の鍋に、カップ1/2の酒、4の鶏もも肉と手羽元、
     1のしいたけと昆布を戻し汁ごと加え、強火で煮立てる。
     アクを取って昆布を取り出し、
     蓋をせずに弱めの中火にして40分間煮る。

   7.5に3のかぶを加え、更に10分間煮る。
     味をみて足りなければ、うす口しょうゆか塩少々で調える。
     モッツァレラチーズを2~3等分に切って加え、
     火を止める。
     (㊟ モッツァレラチーズはすぐに溶けやすいので注意!

   8.器に盛り、青ねぎの小口切りをのせ、
     黒コショウを振ったら、完成!




posted by ぽっぷらいと at 16:05| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/28「きょうの料理」チーズとなすの白ごまあえ:藤田貴子

 チーズとなすの白ごまあえ 
 クリームチーズの滑らかさとほのかな酸味で、軽やかな口当たり。
 ワインにも合います。
<材料(2人分)>
  ・クリームチーズ:100g
  ・なす
:3個
 (300g)
  ・サラダ油:大さじ2~3 
 
[あえ衣]
  ・白ごま:カップ1/2
  ・はちみつ:大さじ1
  ・しょうゆ:大さじ1
  ・練りごま
   (白)
:大さじ1
 

<作り方>

   1.クリームチーズは、
     使う30分程前に冷凍庫に入れて半冷凍し、
     切りやすくしておく。

   2.すり鉢で白ごまを半ずりにし、
     はちみつ・しょうゆ・白練りごまを加えて混ぜて、
     [あえ衣]を作る。

   3.なすはヘタを取り、1.5cm厚さの輪切りにする。

   4.フライパンにサラダ油(大さじ2~3)を強火で熱し、
     なすを入れて両面に焼き色をつける。

   5.なすが熱いうちに、2の[あえ衣]に加えてあえ、
     粗熱を取る。

   6.半冷凍にしておいたクリームチーズを1cm角に切り、
     5に加えて和えたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 15:46| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/28「きょうの料理」チーズと栗の秋ごはん:藤田貴子

 チーズと栗の秋ごはん 

  えびと栗の鮮やかな色合いがまるで紅葉と月!
  チーズのまろやかな塩気で、栗の甘みが引き立ちます。

<材料(2~3人分)>
  ・プロセスチーズ:100g
  ・栗の甘露煮
   (市販)
:6~7個
  ・えび
   (無頭/殻付き)
:6匹
 (約70g)
  ・米
:270ml
 (1+1/2合) 
  ・塩:小さじ1
  ・みりん:大さじ2
  ・水:250ml
  ・黒ごま:適量
 
<作り方>

   1.プロセスチーズは1cm角に切る。
     
     栗の甘露煮は水でサッと洗って表面の甘みを落とし、
     縦半分に切る。
     
     えびは背ワタを取り、酒少々をまぶす。
     

   2.米は洗って水気を切り、炊飯器の内釜に入れる。
     塩、みりんを加えて軽く混ぜ、水を加える。

   3.2に、殻付きのままのえび、栗の甘露煮をのせて
     普通に炊く。

   4.米が炊き上がったら10分間蒸らす。
     えびを取り出して殻を剥き、一口大に切って、
     ご飯の上に戻してサックリと混ぜる。

   5.形を残したいので、
     食べる直前に1のチーズを加えて混ぜる。
     茶碗に盛り、黒ごまを振ったら、完成!


posted by ぽっぷらいと at 15:38| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

9/28「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」鶏挽肉のレタス包み

今週のテーマは、”秋の味”
 鶏挽肉のレタス包み 
<材料(2人分)>
  ・鶏ひき肉:120g
  ・さつまいも:40g
  ・しいたけ:3枚
  ・セロリ:30g
  ・万能ねぎ
   (小口切り)
:2本
  ・くるみ
   (ロースト)
:30g
  ・にんにく
   (みじん切り)
:大さじ1
  ・レタス:1/4個
  ・ごま油:適量
  ・油:適量
 
[鶏ひき肉の下味]
  ・塩:小さじ1/5
  ・こしょう:適量
  ・卵:1個
  ・片栗粉:大さじ1
 
[合わせ調味料 ]
  ・甜麺醤:大さじ1
  ・紹興酒:大さじ1
  ・オイスターソース:小さじ2
  ・しょうゆ:小さじ1
  ・砂糖:小さじ1/2 
 




<作り方>

   1.さつまいもは皮をむいて1cmの角切りにし、
     くるみは手で粗く砕き、
     しいたけは1cm角に切り、
     セロリは7mm角に切る。

   2.鶏ひき肉に
     [鶏ひき肉の下味]の塩、こしょう、溶き卵を加えて混ぜ、
     片栗粉を混ぜる。

   3.[合わせ調味料]の
     甜麺醤、紹興酒、オイスターソース、しょうゆ、砂糖を
     合わせる。

   4.鍋にごま油小さじ2を熱し、
     さつまいもとしいたけを強火で炒めて取り出す。

   5.4の鍋に油適量を熱し、
     鶏ひき肉の両面を強火でしっかり焼いて大きめにほぐし、
     にんにくのみじん切りを炒めて香りを出し、
     3を加えて炒め、
     セロリ、くるみ、さつまいも、しいたけを入れて炒める。

   6.5に万能ねぎの小口切りを加えて器に盛り、
     ちぎったレタスを添える。

posted by ぽっぷらいと at 15:15| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/28「キユーピー3分クッキング」中華風刺身サラダ:藤井恵

 中華風刺身サラダ 
<材料(4人分)>
  ・かんぱち
   (刺身用)
:1~2さく
 (200g)
  ・レタス
:1/2個
 (150g)
  ・紫玉ねぎ
:1/2個
 (100g)
  ・かいわれ菜
:1パック
 (40g)
  ・ワンタンの皮:15枚
 
[ソース]
  ・しょうゆ:大さじ1+1/2 
  ・酢:大さじ1
  ・砂糖:小さじ1
  ・塩:少々
  ・しょうがの
    みじん切り
:1かけ分
  ・練り辛子:小さじ1
  ・ごま油:小さじ1
 
  ● 油 
 

<作り方>

   1.レタスは5mm幅の細切り、
     紫玉ねぎは縦に薄切り、
     かいわれ菜は根元を切って半分の長さに切る。
     

   2.ワンタンの皮は5mm幅に切る。
     フライパンに油大さじ4とワンタンの皮を入れて
     中火にかけ、パリッとするまで混ぜながら揚げ焼きにし、
     ペーパータオルに取って、油をしっかり切る。

   3.[ソース]の材料を混ぜ合わせる。

   4.かんぱちは5mm厚さのそぎ切りにする。

   5.器にかんぱちを並べ、
     1の野菜を混ぜて盛り、2のワンタンの皮をのせる。
     [ソース]をかけ、混ぜて食べる。

posted by ぽっぷらいと at 15:04| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/28「ノンストップ!」ちくわとキャベツのコクマヨカレー炒め

 ちくわとキャベツのコクマヨカレー炒め 
<材料(2人分)>
  ・ちくわ:3本
  ・キャベツ
:2枚
 (約200g) 
  ・ゴマ油:適量
  ・カレー粉:小さじ1/2
  ・マヨネーズ:大さじ1~
  ・すりゴマ
   (白)
:大さじ1
  ・塩・コショウ:各適量
 

<作り方>

   1.ちくわは斜め切りにする。
     キャベツは手でちぎる。

   2.フライパンにゴマ油を中火で熱し、ちくわを入れて炒める。

   3.焼き色が付いたら、
     キャベツとカレー粉を加え、
     キャベツがしんなりするまで炒める。

   4.火を止めて、マヨネーズ、白すりゴマを加えて混ぜ、
     塩・コショウで味を調えたら、完成!


posted by ぽっぷらいと at 14:52| フジテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/28「あさイチ」宝具つくね:田村隆

 宝具つくね 
<材料(2人分/2個)>
  ・合いびき肉:160g
  ・焼き豆腐:130g
  ・しょうゆ、
   みりん、
   片栗粉
:各小さじ1
  ・溶き卵:(小)1/2個分 
  ・生パン粉:大さじ1
  ・片栗粉・水:各大さじ1
 
[具の中身]
  ・生しいたけ
:3枚
 (25g)
  ・にんじん:25g
  ・にら:40g
  ・ぎんなん
   (水煮)
:10~12個
  ・ごま油:小さじ1
  ・砂糖、
   酒、
   しょうゆ
:各大さじ1/2
 
[煮汁]
  ・だし:カップ1
  ・酒:大さじ1+1/2
  ・しょうゆ:大さじ1+1/2
  ・みりん:小さじ2
  ・砂糖:小さじ1
 
 
<作り方>

   1.焼き豆腐は熱湯で5分間ほどゆでて湯を切る。
     ペーパータオルで包み、
     水を入れたボウルなどで重しをし、
     約1時間、しっかりと水切りする。

   2.生しいたけは軸を除き、薄切りにする。
     にんじんは4cm長さのせん切りにする。
     にらは根元の堅い部分と葉先を切り分け、
     それぞれ1cm幅に切る。
     (堅い部分は具に、葉先はあんに使う)。
     ぎんなんは水気を切って、指で軽く潰しておく。

   3.フライパンにごま油(小さじ1)を中火で熱し、
     にんじん→にらの堅い部分→しいたけ→ぎんなん
     の順に入れて炒める。
     砂糖・酒・しょうゆを加えてサッと炒め合わせ、
     バットに広げて冷ましておく。

   4.つくねの肉ダネを作る。
     ボウルにひき肉を入れ、
     1の豆腐を手で潰しながら加えて混ぜる。
     粘りが出てきたら、
     しょうゆ・みりん・片栗粉、溶き卵、生パン粉を加え、
     均一になるまでよく混ぜる。

   5.4の肉ダネの半量を手の平に広げ、
     中央に3の具の半量をのせ、
     包み込むようにして平たい円形に整える。
     残りも同様に包む。

   6.表面加工のしてあるフライパンに油をひかないで、
     5を並べて中火にかける。
     焼き色がついたら裏返し、
     反対側にもしっかりと焼き色を付ける。

   7.6に、だし、酒、しょうゆ、みりん、砂糖を加える。
     アルミ箔で落とし蓋をして
     弱めの中火で15分間ほど火を通し、
     つくねを取り出して器に盛る。

   8.残った煮汁に、2のにらの葉先を加えてサッと煮て、
     火を止める。
     片栗粉を同量の水で溶いて回し入れながら混ぜ、
     再び中火で煮立たせてとろみをつけ、
     つくねにかけたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 14:47| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/27「マツコの知らない世界」杏仁汁粉:上野樹里

 杏仁汁粉 
<材料(3人分)>
  ・ココナッツミルク:400ml
  ・低脂肪牛乳:100ml  
  ・三温糖:大さじ3
  ・お餅:3個
  ・ココナッツオイル:2杯
  ・アーモンドエッセンス:20滴
 

<作り方>

   1.鍋にココナッツミルク、牛乳、三温糖を入れて混ぜ温める。
   2.別の鍋でお湯でお餅を煮る。
   3.1ココナッツオイルを2杯入れる。
   4.更に、アーモンドエッセンスを入れ、杏仁の味を再現。
   5.お椀にお餅入れ、4をかければ、完成!




posted by ぽっぷらいと at 14:36| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/27「マツコの知らない世界」トマトと玉子の中華炒め:藤竜也

 トマトと玉子の中華炒め 
<材料(3人分)>
  ・トマト:3個
  ・卵:6個
  ・塩:小さじ2/3   
  ・コショウ:少々
  ・紹興酒:大さじ2
 

<作り方>

   1.お鍋にお湯を沸騰させ、トマトを湯むきする。

   2.トマトを切り、スプーンを使って種を取り除く。

   3.ボウルに卵を割り入れ、
     塩、コショウ、紹興酒を入れて混ぜ合わせる。

   4.フライパンを強火で熱してサラダ油を引き、
     溶き卵を入れたら、
     卵が固まらないようにフライパンが温まったら
     すぐ弱火にする。

   5.切ったトマトを入れて、軽く炒め合わせれば、完成!



 因みに、藤竜也さんおすすめ横浜中華街No.1お土産は
 「翠香園のごま団子」です。
       
 翠香園
    ・公式サイト
    ・住所 : 神奈川県横浜市中区山下町148
    ・電話 : 045-661-1266

posted by ぽっぷらいと at 14:29| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/27「ありえへん∞世界」安いお肉が高級国産黒毛和牛のような味になる裏ワザ

安いお肉が
高級国産黒毛和牛のような味になる裏ワザ!
  

  100g、178円のアメリカ産の安いお肉を
  100g、1,080円の高級国産黒毛和牛のような味にする
  裏ワザです!

  

<作り方>

   1. バットなどに、水250ccと重曹小さじ1を加えて
     よく混ぜる。
     (使うのは、100均などで売られている
      食用の重曹でOKです。)

   2. 1に安い牛肉を入れて30分置く。
   3. あとは焼くだけ。
     これだけで固いお肉が驚くほど柔らかくなります。

 重曹には、アルカリ成分がたくさん含まれ
 ています。
 重曹のアルカリ成分が、肉の固さの
 原因であるタンパク質の強固な結びつきを
 上手にほぐしてくれるので、お肉が柔らかく
 なるのです。

posted by ぽっぷらいと at 14:17| テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。