2016年09月06日

9/6「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」豚ヒレのミックススパイス炒め

今週のテーマは、”スパイス&ハーブ”
 豚ヒレのミックススパイス炒め 
<材料(2人分)>
  ・豚ヒレ肉(塊):140g
  ・れんこん:70g
  ・玉ねぎ:60g
  ・にんにく
   (みじん切り)
:小さじ1
  ・万能ねぎ
   (小口切り)
:2本
  ・ごま油:小さじ1
 
[豚肉の下味]
  ・塩:少量
  ・こしょう:適量
  ・しょうゆ:少量
  ・紹興酒:大さじ1
  ・片栗粉:大さじ1
 
[合わせ調味料]
  ・紹興酒:小さじ1
  ・砂糖:小さじ1
  ・しょうゆ:小さじ2
  ・オイスターソース:小さじ1
 
[ミックススパイス]
  ・黒こしょう
   (粗びき)
:小さじ1/4  
  ・七味唐辛子 :小さじ1/4
  ・クミンパウダー:小さじ1/3
 



<作り方>

   1.豚ヒレ肉は1cm厚さに切り、
     [豚肉の下味]の塩、こしょう、しょうゆ、紹興酒を
     加えて混ぜ、片栗粉を加える。

   2.れんこんは1cm厚さの半月切りにし、
     水に落として水気を取り、玉ねぎは一口大に切る。
     

   3.[合わせ調味料]の紹興酒、砂糖、しょうゆ、
     オイスターソースを合わせる。
     
     [ミックススパイス]の黒こしょう、七味唐辛子、
     クミンパウダーを合わせる。

   4.熱湯にれんこんを入れて1分ゆで、
     玉ねぎを加えて更に30秒ゆで、ザルに上げる。

   5.鍋にごま油を熱し、豚肉を入れて中火で両面焼き、
     にんにくのみじん切りを加えて炒め、
     香りが出たられんこんと玉ねぎを戻し入れて炒める。
     

   6.5に[合わせ調味料]を入れて強火で炒め、
     [ミックススパイス]と万能ねぎの小口切りを加えて
     更に炒め、器に盛る。




posted by ぽっぷらいと at 16:45| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/6「ノンストップ!」スルメイカのスタミナ蒸し:笠原将弘

 スルメイカのスタミナ蒸し 

  笠原流のテクニックを使えば、
  スルメイカがあっという間にふっくら柔らか、ジューシーに!
  イカのうまみが野菜にしみ込み、ご飯がすすむ一品です。

<材料(4人分)>
  ・スルメイカ:2ハイ
  ・ナス:2個
  ・ニンニク:1個
  ・トマト:1個
  ・ワカメ(塩蔵):30g
  ・モヤシ:1袋
  ・ゴマ油:大さじ1
  ・だし汁:200cc
  ・しょうゆ:大さじ1
  ・みりん:大さじ1  
  ・一味唐辛子:適量
 

<作り方>

   1.スルメイカはワタと軟骨を除き、
     胴は一口大に切り、足は食べやすく切り分ける。
     ボウルに入れ、ゴマ油を大さじ1加えて、和える。

   2.ナスはヘタを除き、ピーラーで皮を剝いて細切りにする。
     ニンニクは皮を剝いて、小房に分ける。
     トマトはヘタを除き、くし形に切る。
     ワカメは水で戻し、水気を切ってざく切りにする。
     

   3.フライパンに油をひかないでモヤシを広げ入れ、
     ナス、ニンニク、ワカメ、トマト、イカの順に入れる。

   4.だし汁(200cc)、しょうゆ・みりん(各大さじ1)を混ぜ、
     3のフライパンに注ぐ。

   5.アルミ箔をかぶせて中火にかけ、
     煮立ったら弱火にして、10分ほど蒸し焼きにする。

   6.全体を軽く混ぜて器に盛り、
     一味唐辛子を振ったら、完成!


posted by ぽっぷらいと at 16:28| フジテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/5「きょうの料理ビギナーズ」ロース肉のカレーソテー

 ロース肉のカレーソテー 
 カレー粉を混ぜた小麦粉をまぶすだけで、ワンランクアップ!
 もやしとにらの相性もバッチリ!
<材料(2人分)>
  ・豚ロース肉
   (薄切り)
:6枚
 (150g)
  ・もやし
:1/2袋
 (100g)
  ・にら
:(小)1把
  (50g)
  ・塩:小さじ1/3
  ・コショウ:少々
  ・小麦粉:大さじ2
  ・カレー粉:小さじ1+1/2  
  ・サラダ油:大さじ1+1/2
 

<作り方>

   1.にらは4cm長さに切る。

   2.豚肉はキッチンばさみで脂身と赤身の間の筋を切り、
     塩、コショウを振る。
     バットに小麦粉、カレー粉を混ぜ合わせ、
     豚肉の両面にまぶす。

   3.フライパンにサラダ油大さじ1/2を中火で熱し、
     もやしとにらを入れて1~2分間炒め、
     塩・コショウ各少々を振る。
     火を止め、器に盛る。

   4.3のフライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、
     2の豚肉を広げて入れ、焼き色が付くまで焼く。
     裏返して同様に焼き、
     3の野菜の上に盛り付けたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 16:19| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/5「きょうの料理ビギナーズ」こんにゃく肉巻きのしょうが焼き

 こんにゃく肉巻きのしょうが焼き 

  ご飯がすすむしょうが焼き味!
  薄切り肉をこんにゃくに巻きつけてボリュームもアップ。
  プルンとしたこんにゃくの食感も魅力です。

<材料(2人分)>
  ・豚肩ロース肉
  (薄切り)
:10枚
 (150g)
  ・こんにゃく
:1枚
 (250g)
  ・トマト
:1個
 (150g)
  ・小麦粉:適量
  ・サラダ油:大さじ1
 
[合わせ調味料]
  ・しょうゆ:大さじ2
  ・酒:大さじ1+1/2 
  ・みりん:大さじ1+1/2
  ・しょうが
  (すりおろす)
:小さじ1
 


<作り方>

   1.小さめの鍋に湯を沸かしてこんにゃくを入れ、
     中火で約2分間ゆでてアクを抜く。
     ザルに上げて粗熱を取り、10等分の棒状に切る。

   2.豚肉1枚を縦長に広げ、
     こんにゃく1切れを手前にのせて巻く。
     残りも同様に巻いて10個分作る。

   3.バットに小麦粉を適量入れ、
     2を1切れずつ転がしながら、全体に薄くまぶす。

   4.しょうゆ、酒・みりん、おろししょうがを混ぜ合わせておく。
     トマトはヘタを除き、6等分のくし形に切る。

   5.フライパンにサラダ油を中火で熱し、
     3の豚肉を巻き終わりを下にして並べる。
     焼き色が付いたら裏返し、各面を焼く。

   6.全体に焼き色がついたら、
     ペーパータオルで余分な脂を拭き取る。
     4の[合わせ調味料]を回し入れ、
     強めの中火で絡める。

   7.器に盛り、4のトマトを添えたら、完成!



posted by ぽっぷらいと at 16:11| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/5「きょうの料理」昆布じめさばのしょうがみそ煮:松本忠子

 昆布じめさばのしょうがみそ煮 

 翌日までおいしく食べるなら、いつものさばのみそ煮に、
 ちょっと一工夫を!
 昆布じめにして旨味を移すだけでなく、
 一度焼くことで、さば特有のくせを取り、
 香ばしさを加えるのがおいしさが続く秘けつ!

<材料(2人×2回分)>
  ・さば
   (二枚におろしたもの)
:2枚
 (1匹分)
  ・昆布
  (10×20cm程度)
:2枚
  ・塩:少々
  ・酒:少々
  ・サラダ油:適量
 
[しょうがみそ]
  ・みそ
  (甘口のもの)
:200g
  ・しょうが
  (5mm角に切る)
:30g
  ・酒・みりん:各大さじ3
  ・砂糖:カップ1/3
  ・だし:カップ2
 

<作り方>

   1.さばは半身をそれぞれ半分に切り、4切れにする。
     塩を少々振って5分間程おき、
     ペーパータオルで水気をしっかりと拭く。

   2.昆布は少々の酒で湿らせ、1枚をバットに敷く。
     1のさばを昆布の上に並べて
     もう1枚の昆布をのせ、
     ラップをかけて冷蔵庫で5~6時間おく。

   3.フライパンにサラダ油を中火で熱し、
     2のさばの両面をこんがりと焼く。
     (昆布はみそ汁などに使って下さい。)

   4.[しょうがみそ]で煮る。
     鍋に、みそ、5mm角のしょうが、酒・みりん、
     砂糖、だしを入れて弱火にかけ、5~6分間煮る。
     3のさばを加え、3~4分間煮たら、完成!

 <煮汁ごと保存容器に入れ、
  冷蔵庫で3~4日間保存可能>


posted by ぽっぷらいと at 16:03| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/5「きょうの料理」鶏もも肉とししとうの焼き南蛮:松本忠子

 鶏もも肉とししとうの焼き南蛮 
 漬けておくと、どんどんおいしくなる南蛮漬けは、
 保存おかずの代表格。
 付け合わせの野菜は、翌日も色の変化が少ないものを
 選びましょう。
 調味料を同量ずつ合わせる南蛮酢は、覚えやすくて重宝です!
<材料(2人×2回分)>
  ・鶏もも肉
:2枚
 (500g)
  ・ししとうがらし:10本
  ・ミニトマト:10個
  ・塩・コショウ:各適量
  ・サラダ油:適量
 
[南蛮酢]
  ・しょうゆ・酒・砂糖・酢:各カップ1/4
  ・赤唐辛子:4~6本
 
<作り方>

   1.鶏肉は皮にフォークで穴を開け、
     両面に塩・コショウを軽く振り、5~10分間おく。

   2.ししとうがらしは、包丁の先で縦に浅く切り目を入れる。
     ミニトマトはヘタを取り、十文字に切り目を入れる。
     

   3.[南蛮酢]を作る。
     しょうゆ・酒・砂糖・酢を入れて混ぜ合わせたら、
     バットに移す。
     赤唐辛子に爪で縦に少し傷をつけてから加える。

   4.フライパンにサラダ油を熱し、
     鶏肉を皮を下にして入れ中火で焼く。
     こんがりと焼けたら上下を返し、同様に焼く。
     (脂が多く出る場合は、ペーパータオルで拭き取る)
     熱いうちに3の[南蛮酢]に移し、漬ける。

   5.4のフライパンにししとうを入れ、
     焼き色が付くまで焼いたら、3の[南蛮酢]に加える。
     2のミニトマトも加え、そのまま30分間ほど漬ける。

   6.鶏肉を食べやすい大きさに切り、
     ししとう、ミニトマトと一緒に器に盛ったら、完成!

<保存容器に入れて冷蔵庫で3日間保存可能>

 漬けたては、素材の味がよくわかるあっさり味、
 一晩おくと、味がよくしみたご飯に合う味に!
 違ったおいしさが味わえます。

  


posted by ぽっぷらいと at 15:53| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/5「きょうの料理」やわらか青じそのつくね:松本忠子

 やわらか青じそのつくね 
 青じその清涼感が際立ち鶏つくねです。
 時間が経っても、ふんわり柔らか。
 その秘密は、さりげなく練り込んだマッシュポテト!
 お弁当にもおすすめの一品です。
<材料(2人×2回分)>
  ・鶏ひき肉:300g
  ・じゃがいも:1個
  ・青じそ:40枚
  ・卵:1個
  ・酒:大さじ1
  ・砂糖:小さじ2
  ・塩:小さじ1弱 
  ・コショウ:少々
  ・サラダ油:適量
  ・大根おろし、
   ポン酢しょうゆ
:各適量
 

<作り方>

   1.マッシュポテトを作る。
     じゃがいもは皮をむいて2cm角に切り、
     柔らかくなるまでゆでる。
     熱いうちにフォークなどで潰し、冷ましておく。

   2.青じそは粗みじんに切る。

   3.ボウルにひき肉と1のマッシュポテトを入れて練り混ぜる。
     卵を溶いて少しずつ加え、そのたびによく混ぜる。
     酒、砂糖、塩、コショウを加えて混ぜ、
     更に2の青じそを加えてよく混ぜる。

   4.フライパンにサラダ油を熱し、
     木ベラの先にもサラダ油を塗り、
     3のタネを適量のせ、ヘラで丸く形づくりながら落とす。

   5.両面を中火でこんがり焼き、1/2量を器に盛る。
     大根おろし、ポン酢しょうゆを添えたら、完成!

<保存容器に入れ、冷蔵庫で3日間保存可能>

 翌日は、しょうゆ、みりんなどで味つけした
 あんに、つくねを加えて温め直してもおいしい
 です。


posted by ぽっぷらいと at 15:42| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。