2016年09月07日

9/7「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」海老とバジルのパリパリ揚げ

今週のテーマは、”スパイス&ハーブ”
 海老とバジルのパリパリ揚げ 
<材料(2人分)>
  ・むきえび:12尾
  ・バジル:12枚~18枚 
  ・春巻きの皮:6枚
  ・塩:小さじ1
  ・ガラムマサラ:小さじ1/2
  ・レモン:適量
  ・塩:適量
  ・こしょう :適量
  ・揚げ油:適量
 


<作り方>

   1.むきえびは背わたを取り、腹側に切り込みを入れ、
     上から押さえて筋を伸ばす。
     

   2.バジルは大きいものは半分に切り、
     春巻きの皮は斜め半分に切る。
     

   3.ガラムマサラと分量の塩を混ぜる。

   4.えびに塩、こしょうし、バジルをのせ、
     三角形に切った春巻きの皮の底辺に置いて巻き、
     つま楊枝で止める。

   5.160℃の揚げ油にバジルを6枚入れて揚げ、
     揚げ油を180℃度にして
     春巻きの両端をねじりながら入れて色よく揚げ、
     取り出して、3を好みの量振る。

   6.器に春巻きとバジルを盛り、レモンを添えて、完成!



posted by ぽっぷらいと at 18:06| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/7「キユーピー3分クッキング」かじきとトマトのソテー カリカリパン粉がけ:小林まさみ

かじきとトマトのソテー カリカリパン粉がけ
<材料(4人分)>
  ・めかじき
:4切れ
 (約500g)
    (塩:小さじ2/3)
    (こしょう:少々)
 
  ・トマト
:2個
 (300g)
  ・塩:小さじ1/3
  ・こしょう:少々
  ・レモン汁:大さじ1
 
  ・さやいんげん:200g
 
[カリカリパン粉]
  ・パン粉
:1/2カップ
 (20g)
  ・にんにくの
    みじん切り
:大さじ1
  ・オリーブ油:大さじ1+1/2 
  ・塩、こしょう:各少々
 
  ● 塩、小麦粉、オリーブ油
 


<作り方>

   1.トマトは横に4等分に切り、
     さやいんげんは長さを2~3等分に切る。

   2.[カリカリパン粉]を作る。
     冷たいフライパンに[カリカリパン粉]の材料を入れて混ぜ、
     中火にかけて、きつね色になるまで炒め、とり出す。
     

   3.鍋に湯を沸かし、塩少々を入れてさやいんげんをゆで、
     ザルに上げる。

   4.めかじきは、塩、こしょうを振り、焼く直前に小麦粉を
     薄くまぶす。

   5.2のフライパンを拭き、オリーブ油大さじ1/2を熱し、
     4のめかじきを並べて両面を6~7分こんがりと焼いて
     火を通し、器に盛る。

   6.5のフライパンを拭き、オリーブ油大さじ1を足し、
     トマトを並べて両面を焼き、
     温まったら、塩、こしょう、レモン汁を加えてさっと絡める。

   7.めかじきの上に6のトマトを2枚ずつのせ、
     さやいんげんを盛り合わせ、
     別の器に[カリカリパン粉]を添える。
     食べるときにめかじきにパン粉をかける。


posted by ぽっぷらいと at 17:57| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/7「ノンストップ!」さんまの甘辛焼き 大葉を抱いて

 さんまの甘辛焼き 大葉を抱いて 
<材料(作りやすい分量)>
  ・サンマ:2尾
  ・青ジソ:4枚
  ・片栗粉:適量
  ・サラダ油:適量
  ・カイワレ大根
   (根元を除く)
:適量
 
[合わせ調味料]
  ・みりん:大さじ2
  ・しょうゆ:大さじ1  
  ・ショウガ
   (すりおろす)
:適量
 

<作り方>

   1.サンマは三枚におろす。青ジソは半分に切る。

   2.サンマは皮目を下にして置き、
     青ジソ2切れをのせ、
     クルクルと巻いて爪楊枝でとめる。
     同様に全部で4個作る。全体に片栗粉をまぶす。

   3.みりん、しょうゆ、おろしショウガを混ぜ、
     [合わせ調味料]を作る。
     

   4.フライパンに多めのサラダ油を熱し、
     2のサンマを並べて、3~4分ほど揚げ焼きにする。

   5.余分な脂をペーパータオルで拭き取り、
     3の[合わせ調味料]を入れて、煮絡める。

   6.器に盛り、爪楊枝を外し、
     フライパンに残ったタレをかける。
     カイワレ大根を添えたら、完成!


posted by ぽっぷらいと at 17:49| フジテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/7「ノンストップ!」さんまのポン酢煮

 さんまのポン酢煮 
<材料(2人分) >
  ・さんま:2尾
  ・しょうが:3〜4片
  ・ポン酢:80cc
  ・酒:大さじ2
  ・砂糖:大さじ1+1/2 
  ・水:適量
  ・細ねぎ
   (小口切り)
:適量
 

<作り方>

   1.さんまは内蔵を取って、よく洗う。
     頭、尾を切って、1匹を4〜5等分に切る。
     しょうがは薄切りにする。

   2.鍋に、しょうが、ポン酢、酒、砂糖を入れ、
     1のさんまを加える。
     さんまがひたひたに浸かるくらいの水を注ぎ、
     落とし蓋をして、中弱火で15分ほど煮る。

   3.器に盛り、細ねぎを散らしたら、完成!



posted by ぽっぷらいと at 17:41| フジテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/7「あさイチ」エリンギとチーズの豚肉巻き:堀江ひろ子

 エリンギとチーズの豚肉巻き 
<材料(2人分) >
  ・エリンギ
:2本
 (1パック)
  ・豚薄切り肉
:8枚
 (約150g)
  ・プロセスチーズ
  (5mm幅に切る)
:8枚
  ・片栗粉:大さじ1+1/2 
  ・塩:小さじ1/4
  ・コショウ:少々
 
  ・サラダ油:小さじ2
 
[ソース]
  ・トマトケチャップ:大さじ2
  ・中濃ソース
  (または
   ウスターソース)
:小さじ2
  ・白ワイン
  (または酒)
:大さじ1
 


<作り方>

   1.エリンギは長さを半分に切ってから、
     それぞれを4等分に切る。

   2.トマトケチャップ、中濃ソース(またはウスターソース)、
     白ワイン(または酒)を混ぜて、[ソース]を作る

   3.豚肉の細い方を手前にして広げ、
     2つに折ったプロセスチーズをエリンギ2片で挟み、
     手前から奥へ巻く。
     巻き終わりを軽く握り、肉を密着させる。
     これを8分個作る。

   4.バットに片栗粉、塩、コショウを入れて混ぜ、
     3の肉巻きを加えて全体にまぶす。

   5.フライパンにサラダ油(小さじ2)を熱し、
     肉の巻き終わりを下にして並べ、蓋をして中火で焼く。
     時々転がしながら全体を焼く。

   6.5のフライパンに2の[ソース]を加えて、
     肉巻きを転がしながら煮絡めたら、完成!

    

posted by ぽっぷらいと at 17:34| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/7「あさイチ」エリンギの豚肉巻き 梅風味:堀江ひろ子

 エリンギの豚肉巻き 梅風味 
<材料(2人分) >
  ・エリンギ
:2本
 (1パック)
  ・豚薄切り肉
:8枚
 (約150g) 
  ・青じそ:8枚
  ・片栗粉:適量
 
  ・サラダ油:小さじ2
 
[梅肉ソース]
  ・梅肉
   梅干しを叩いて
   ペースト状にする
:大さじ1/2
  ・しょうゆ:大さじ1/2
  ・砂糖:大さじ1/2
  ・みりん:大さじ1/2
  ・酒:大さじ1/2
 


<作り方>

   1.エリンギは長さを半分に切ってから、
     それぞれを4等分に切る。

   2.梅肉、しょうゆ・砂糖・みりん・酒を混ぜて
     [梅肉ソース]を作る。

   3.豚肉の細い方を手前にして広げる。
     手前に青じそを敷き、
     その上にエリンギを均等な太さになるように
     大きなものと小さなものを1個ずつ組み合わせて置く。

   4.手前から奥へ巻いて、
     軽く握って巻き終わりを密着させる。
     これを8個分作る。全体に軽く片栗粉をまぶす。

   5.フライパンにサラダ油(小さじ2)を熱し、
     肉の巻き終わりを下にして並べ、
     蓋をして中火で焼く。
     時々転がしながら全体を焼く。

   6.余分な油をペーパータオルで拭き取り、
     2の[梅肉ソース]を加えて煮絡めたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 17:28| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/6「きょうの料理ビギナーズ」チーズサンドピカタ

 チーズサンドピカタ 

 「ピカタ」はイタリア料理のひとつ。
 日本では薄切りの肉などに、
 食塩、コショウなどで下味をつけてから小麦粉をつけ、
 パルメザンチーズを混ぜた溶き卵をたっぷりと絡ませて
 ソテーしたものとして知られています。

<材料(2人分) >
  ・豚もも肉
   (薄切り肉)
:4枚
 (120g)  
  ・スライスチーズ:4枚
  ・塩・コショウ:各少々
  ・小麦粉:適量
  ・卵:1個
  ・サラダ油:小さじ2
 
[付け合わせ]
  ・ミニトマト:10個
  ・サラダ油:小さじ1
  ・塩・コショウ:各少々
  ・イタリアンパセリ
   (またはパセリ)
:適量
 


<作り方>

   1.豚肉1枚を横長に広げ、上面に塩・コショウを少々振る。
     スライスチーズ1枚を半分に折って
     肉の片側半分にのせ、肉を二つ折りにする。
     チーズがはみ出さないように縁を折って押さえる。
     肉がはがれないように、全体に小麦粉をまぶす。

   2.[付け合わせ] のミニトマトはヘタを除く。
     フライパンにサラダ油(小さじ1)を中火で熱し、
     ミニトマトを入れてサッと炒める。
     塩・コショウを振り、火を止めて取り出す。

   3.バットに卵を1個溶きほぐし、塩・コショウを加えて混ぜる。
     2のフライパンにサラダ油(小さじ2)を中火で熱し、
     1の豚肉に卵液を絡めて並べ入れ、
     弱めの中火で2~3分間焼く。

   4.焼き色が付いたら返し、2~3分間焼く。
     器に盛り、2のミニトマトとイタリアンパセリを添えたら
     完成!


posted by ぽっぷらいと at 17:19| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/6「きょうの料理」ツナ入りラタトゥイユ:塩田ノア

 ツナ入りラタトゥイユ 

 温かくても、冷やしてもおいしい野菜の蒸し煮です。
 なすは塩もみし、ギュッと絞ってから炒めると、
 油を吸いすぎることなくヘルシーに仕上がります。

<材料(2人×2回分)>
  ・なす
:3~4個
 (300g)
  ・ズッキーニ
:(大)1本
 (300g)
  ・パプリカ(黄)
:(大)1個
 (250g)
  ・トマト
:3個
 (350g)
  ・にんにく:1~2片
  ・ツナ
   (缶詰・油漬け)
:(大)1缶
 (140g)
  ・塩:小さじ1+1/2  
  ・オリーブオイル:大さじ3
  ・タイム
   (乾・あれば)
:1つまみ
  ・バジル
   (生・細切り)
:適量
 

<作り方>

   1.なすはヘタを除き、ピーラーで皮を縦にしまむきにして
     一口大の乱切りにする。
     塩(小さじ1+と1/2)をまぶして6~7分間おき、
     水気が出てきたら、サッと洗って水気をしっかりと絞る。

   2.ズッキニーはヘタを除き、
     なすと同様に皮をむいて1cm厚さの半月形に切る。
     パプリカはヘタと種を取り、1.5~2cm四方に切る。

   3.トマトはヘタの反対側に十文字の切り目を入れ、
     熱湯にくぐらせて冷水にとる。
     皮をむいてヘタを除き、大きめのざく切りする。

   4.にんにくは縦半分に切って芯を除き、叩いて潰す。

   5.鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて中火で熱し、
     なすを入れて炒める。
     全体に油が回ったらツナの缶の油だけを加え、
     ズッキーニとパプリカを加えて、更に炒める。

   6.トマトとタイムを加えて、蓋をして中火で煮る。
     水気が出てきたら蓋を取り、
     野菜が柔らかくなったら、
     ツナをザッとほぐして加える。
     塩少々で味を調え、
     半量を器に盛ってバジルを散らしたら、完成!
     

<保存容器に入れて、冷蔵庫で
3~4日間保存可能>
  パンにのせてオリーブオイルをかけたり、
  温泉卵をのせて食べてもおいしいです。

posted by ぽっぷらいと at 17:09| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/6「きょうの料理」サーモンのエスカベーシュ:塩田ノア

 サーモンのエスカベーシュ 

 「エスカベーシュ」は、魚を空揚げにしてから、酢漬けにしたもの。
 洋風の南蛮漬けです。
 作りたては、薄切りのたまねぎとレモンをふんわりのせていただきます。

<材料(2人×2回分)>
  ・生鮭(切り身)
:3~4切れ
 (450g)
  ・たまねぎ:1個
  ・レモン:1/2個
  ・塩・コショウ:各適量
  ・小麦粉:適量
 
[漬け汁]
  ・白ワインビネガー
   (または酢)
:大さじ4
  ・水:大さじ4
  ・みりん:大さじ1+1/2 
  ・しょうが汁、
   うす口しょうゆ
:各小さじ1
  ・ローリエ:1~2枚
 

<作り方>

   1.たまねぎは縦半分に切り、横に薄切りして水にさらし、
     水気を切る。
     レモンは皮をむいて薄切りにする。

   2.鮭は1切れを3~4等分に切って、
     塩・コショウ(各適量)を振り、小麦粉を薄くまぶす。

   3.揚げ油を180℃に熱して2の鮭を入れ、
     両面がカリッとして火が通るまで3分間ほど揚げる。
     油を切り、バットに並べる。

   4.小鍋に、[漬け汁]の
     白ワインビネガー(または酢)、水、みりん、
     しょうが汁・うす口しょうゆ、ローリエを入れて
     中火で煮立て、3の鮭に回しかける。
     P! 揚げたての鮭に、
       温かい[漬け汁]をかけて味をなじませましょう。

   5.半量を器に盛り、1の半量をのせたら、完成!

 <保存容器に入れて、
  冷蔵庫で2~3日間保存可能>
 たまねぎ、レモンをのせ、漬け汁をかけておくと、
 味がよくしみて、また違ったおいしさになります。

posted by ぽっぷらいと at 16:56| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/6「きょうの料理」ドライカレー:塩田ノア

 ドライカレー 

 肉みそのように活用自在なドライカレーは、
 塩田家の「おふくろの味」だそうです。
 ひき肉と野菜の水気をよく飛ばして炒めるもので、
 蒸し暑い時季でも数日間もち、
 ご飯、パン、麺類、何にでもよく合います。

<材料(2人×2回分)>
  ・牛ひき肉:250g
  ・たまねぎ:1個
  ・にんじん:1本
  ・セロリ(茎):1本分
  ・ピーマン:2個
  ・にんにく
   (みじん切り)
:1片分
  ・しょうが
   (みじん切り)
:1片分
  ・サラダ油:大さじ1
  ・カレー粉:大さじ2
  ・塩:小さじ1/2 
  ・トマトケチャップ:大さじ2
  ・ウスターソース:大さじ1
  ・塩・コショウ:各少々
  ・ガラムマサラ
   (あれば)
:少々
  ・ご飯
   (温かいもの)
:適量
 


<作り方>

   1.たまねぎ、にんじん、セロリはみじん切りにする。
     ピーマンはヘタと種を取り、粗みじん切りにする。
  ピーマン以外は、なるべく細かいみじん切りに
  する。
  フードプロセッサーを使ってOK。

   2.フライパンにサラダ油(大さじ1)を中火で熱し、
     ひき肉を入れて5分ほど炒める。
     そぼろ状にほぐれたら、
     にんにくとしょうがのみじん切り、カレー粉、塩を加え、
     更にしっかりと炒める。
  肉に完全に火が通り、水分が飛んでボロボロ
  になってから、カレー粉の半量を加える。

   3.1のたまねぎ、にんじん、セロリを加え、
     野菜がしんなりとして、水気がなくなるまで
     6~7分間ほど炒める。

   4.ピーマンを加えてサッと炒め、
     トマトケチャップ、ウスターソースとカレー粉を
     加えてよく混ぜ、
     塩・コショウで味を少し濃いめに整える。
     ガラムマサラを振って混ぜたら火を止める。
  保存性をよくするためにも、ここで野菜の水分
  をしっかり飛ばしてから調味する。

   5.器にご飯を盛り、
     4を1/4量ずつをかけたら、完成!
<保存容器に入れ、冷蔵庫で約5日間保存可能>

  翌日は、冷たいまま炊きたてのご飯に混ぜ、
  野菜を添えてピラフ感覚で。
  温かいうどんやラーメンにのせても美味しい!


posted by ぽっぷらいと at 16:42| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。