2016年09月08日

9/8「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」炙り鰹のからしソース

今週のテーマは、”スパイス&ハーブ”
 炙り鰹のからしソース 
<材料(2人分)>
  ・鰹
  (刺し身用・皮つき)
:300g
  ・にんにく:10g
  ・油:大さじ2
  ・玉ねぎ:1/2個
  ・みょうが:2個
  ・青じそ:5枚
  ・貝割れ菜:1/2パック
  ・いりごま(白):適量
  ・粒マスタード:大さじ1+1/2
  ・練りからし:大さじ2
  ・酢:大さじ4
  ・しょうゆ:大さじ2
  ・卵黄:1個
  ・塩:適量
 

<作り方>

   1.にんにくは2mm厚さに切り、
     みょうがと青じそはせん切りにし、
     玉ねぎは薄切りにして水にさらして絞り、
     貝割れ菜は半分に切る。

   2.ボウルに
     粒マスタード、練りからし、酢、しょうゆを合わせる。

   3.フライパンに油とにんにくを入れて弱火にかけ、
     こんがり色付けて取り出し、
     残った油は2に加え、卵黄を加えて混ぜる。

   4.鰹の皮目に塩を振り、
     3のフライパンで皮目から強火で焼き、2cm厚さに切る。

   5.ボウルに、
     みょうが、青じそ、玉ねぎ、貝割れ菜を入れて
     混ぜて器に盛り、
     鰹をのせ、3をかけ、にんにくを砕いて散らし、
     いりごまを振れば、完成!



posted by ぽっぷらいと at 18:57| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/8「ヒルナンデス!」茂出木シェフ直伝!洋食屋さんのツナ炒飯

茂出木シェフ直伝!洋食屋さんのツナ炒飯
<材料(1人分)>
  ・温かいごはん:150g
  ・卵:1個
  ・玉ねぎ:1/4個
  ・ピーマン:1個
  ・ツナ:1/3缶
  ・塩:適量
  ・コショウ:適量
  ・ニンニク
   (すりおろし)
:小さじ1/2
  ・オリーブ油:適量
  ・ケチャップ:大さじ1
  ・中濃ソース:大さじ1
  ・カレー粉:小さじ1/4  
  ・イタリアンパセリ
   (飾り用)
:適量
 

<作り方>

   1.玉ねぎとピーマンをみじん切りにする。

   2.温かいごはんをボールにとり、ツナを油ごと加え混ぜる。

   3.塩コショウで味つけする。

   4.ニンニクをオリーブ油で炒める。

   5.玉ねぎとピーマンをしんなりするまで炒める。

   6.ツナごはんを加え強火で炒める。

   7.ケチャップ、中濃ソース、カレー粉の合わせ調味料を作る。
     
   8.合わせ調味料をごはんに混ぜ強火で炒める。

   9.フライパンの片側にごはんを寄せ、
     空いているスペースに溶き卵を流し込む。

  10.ご飯と卵をよく混ぜて、完成!

posted by ぽっぷらいと at 18:45| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/8「ヒルナンデス!」簗田シェフ直伝!本格パラパラエビ炒飯

 簗田シェフ直伝!本格パラパラエビ炒飯 
<材料(1人分)>
  ・温かい白ごはん:150g
  ・長ネギ:1/4本
  ・むきエビ(小):8尾
  ・卵:1/2個
  ・サラダ油:小さじ1
  ・塩:小さじ1/3  
  ・鶏ガラスープの素:小さじ1/3
  ・青ネギ(飾り用):適量
 
<作り方>

   1.長ネギをみじん切りにする。

   2.むきエビを下茹でし水気を切る。

   3.卵を溶く。

   4.温かいごはんをボールにとり、
     水を加えてごはんをほぐす。
     (ごはん1膳に対して、水は大さじ2)

   5.ごはんに卵を加え混ぜる。

   6.ごはんに油を加え混ぜる。

   7.フライパンに6のごはんを入れ、
     なるべく触らずに両面約30秒ずつ焼く。
     香ばしさが出てきたらほぐすように混ぜる。

   8.塩と鶏ガラスープの素で味を整え、
     エビと長ネギを加え強火で炒めて、完成!





 総料理長 簗田 圭
 パラダイスダイナシティ
   ・公式サイト
   ・住所 : 東京都中央区銀座 3丁目2−15
         ギンザ グラッセ 1F・B1F
         GINZA GLASSE
   ・電話 : 03-6228-7601

posted by ぽっぷらいと at 18:34| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/8「ヒルナンデス!」鶏のからあげ:大ヨコヤマクッキング

 鶏のからあげ 
 
<材料(2人分)>
  ・鶏もも肉:240g
  ・ハチミツ:小さじ1/2
  ・しょう油:小さじ2
  ・酒:小さじ1
  ・生姜
   (すりおろし)
:小さじ1/4  
  ・塩:小さじ1/4
  ・片栗粉:大さじ2
  ・サラダ油:適量
 
<作り方>

   1.鶏もも肉の皮面にフォークで穴を開ける。

   2.ハチミツを鶏肉に揉み込んでおく。

   3.[合わせ調味料](しょう油・酒・すりおろし生姜・塩)を
     鶏肉に揉み込んだ後、
     余分な水分をキッチンペーパーで拭き取る。

   4.鶏肉に片栗粉をまぶす。

   5.160~170℃の油で、中火で3~4分揚げる。

   6.完全なきつね色になる直前に油から取り出し、
     約3分、余熱で火を通す。

   7.180℃の油で約10秒二度揚げする。

<鶏のから揚げを作るときのポイント>
  1. 余分な水分は拭き取る。
  2. 160℃~170℃で、3~4分揚げる。
  3. 完全に揚げあがる前に油から取出し、
    約3分余熱で火を通す。

posted by ぽっぷらいと at 18:23| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/8「キユーピー3分クッキング」レバにらもやし炒め:小林まさみ

お馴染み定番健康中華
 レバにらもやし炒め 
<材料(4人分)>
  ・鶏レバー:400g
 
  ・おろししょうが:小さじ2
  ・酒:小さじ2
  ・しょうゆ:小さじ2
  ・砂糖:小さじ1/2
  ・片栗粉:大さじ1+1/2 
  ・ごま油:小さじ1
 
  ・もやし
:(大)1袋
 (300g)
  ・にら
:2束
 (200g)
 
 
[合わせ調味料]
  ・オイスターソース:大さじ1
  ・しょうゆ:小さじ2
  ・塩、こしょう:各少々
 ---------------------------------
 
  ● 油、ごま油
 


<作り方>

   1.鶏レバーはたっぷりの氷水に10分つける。
     脂を除き、一口大のそぎ切りにし、
     あれば血の固まりを除き、水気を拭く。
     ボウルに入れ、おろししょうが、酒、しょうゆ、砂糖を
     揉み込んで15分おく。

   2.もやしはひげ根をとり、
     にらは4~5cm長さに切り、葉元と葉先に分ける。

   3.[合わせ調味料]の材料を混ぜ合わせておく。

   4.1の鶏レバーに、片栗粉、ごま油を順に加えて揉み込む。

   5.フライパンに油大さじ1を強めの中火で熱し、
     4の汁気を切りながら並べる。
     蓋をして両面を2分ずつ焼き、
     全体をさっと炒めて、取り出す。

   6.フライパンを拭き、ごま油大さじ1を強火で熱し、
     もやし、にらの葉元を順に加えて
     その都度、油が全体にまわるまで炒める。
     鶏レバーを戻し入れ、[合わせ調味料]を加えて炒め、
     仕上げににらの葉先を加えて炒め合わせる。


posted by ぽっぷらいと at 18:12| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/8「スッキリ!! 」常備菜を組み合わせた簡単ワンプレートメニュー:柚木さとみ

カフェ料理の達人 柚木さとみさんの
常備菜を組み合わせた簡単ワンプレートメニュー
1. 千切り人参のカレーマリネ

   1. にんじんを千切りにする。
   2. オリーブオイル・塩を入れて混ぜる。
   3. カレーパウダーを入れる。
   4. 千鳥酢を入れて混ぜれば、完成!
   


          

2. きのこのオイルコンフィ

   1. 鍋にEXオリーブオイル250~300mlを入れる。

   2. エリンギ・しいたけ・しめじ 各1パック、
     タイム4~5本・にんにく2片を入れ、
     弱火で5分煮込む。

   3. エノキを入れ、弱火で5分ほど煮込めば、完成!
     P! きのこを煮たオイルで鶏肉を焼けば、
       旨味がプラスされます!
   

<冷蔵庫で4~5日保存可能>


         

3. トマトのエスニックピクルス

  湯むきしたプチトマトをナンプラー・白ワイン・千鳥酢を
  煮たてたものに半日以上漬ける。
  

柚木さとみさんオススメ 料理に差が出る!プロこだわりの調味料
1. 創業290年 京都・村山造酢「千鳥酢」
   
2. 「三州三河みりん」
   

posted by ぽっぷらいと at 18:01| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/7「きょうの料理ビギナーズ」くしゅくしゅ肉だんごと野菜のスープ煮

 くしゅくしゅ肉だんごと野菜のスープ煮 

  豚こま肉をクシュッと丸めた肉だんごは、
  口の中でほぐれ、程よい歯ごたえが楽しめます。
  たっぷりの野菜と煮て、軽やかな味わいに。

<材料(2人分)>
  ・ズッキーニ
:1本
 (200g)
  ・ミニトマト
:6個
 (100g)
  ・セロリ
:1本
 (80g)
 
[肉だんご]
  ・豚こま切れ肉:150g
  ・酒:大さじ1
  ・小麦粉:大さじ1
  ・塩・コショウ:各少々
 
[スープ]
  ・水:カップ2+1/2 
  ・固形
  チキンスープの素
  (洋風)
:1/2個
  ・ローリエ:1枚
  ・塩:小さじ1/3
  ・コショウ:少々
 



<作り方>

   1.ズッキーニはピーラーで皮をところどころ剥き、
     1cm厚さの輪切りにする。
     ミニトマトはヘタを除く。
     セロリは葉を摘み、茎は7~8mm幅の斜め切りにする。

   2.[肉だんご]を作る。
     豚肉は丸めやすくするために
     重ねて、3~4cm長さに切る。

   3.ボウルに
     豚肉、酒・小麦粉、塩・コショウを入れ、
     手でよく混ぜ合わせる。

   4.3を1/8ずつ手に取り、握って一口大に丸める。
     残りも同様に丸める。

   5.鍋に水(カップ2と1/2)を入れて中火にかけ、
     煮立ってきたら
     洋風固形チキンスープの素を崩しながら加えて溶かす。
     ローリエ、4の[肉だんご]を加え、煮立ったらアクを除く。

   6.肉の色が変わったら、
     セロリの茎、ズッキーニを加え、蓋をして3~4分間煮る。
     塩、コショウで味を調え、
     ミニトマト、セロリの葉を加えて1~2分間煮たら、完成!



posted by ぽっぷらいと at 17:42| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/7「きょうの料理」キムチ肉じゃが:高城順子

 キムチ肉じゃが 

 定番の肉じゃがを、キムチを使って韓国風にアレンジ。
 キムチのピリ辛味と旨味がじゃがいもに染み込み、
 翌日も味がぼやけません。

<材料(2人×2回分)>
  ・じゃがいも:4個(500g)
  ・牛切り落とし肉(赤身):200g
  ・たまねぎ:1個(200g)
  ・白菜キムチ(市販):120g
  ・ごま油:小さじ2
  ・だし:カップ2と1/2~3  
  ・砂糖・みりん・酒:各大さじ2
  ・しょうゆ:大さじ2強
 
 
<作り方>

   1.じゃがいもは皮をむいて4等分に切り、水にさらす。
     たまねぎは4~6等分のくし形に、
     牛肉、キムチは長ければ5cm幅に切る。
     

   2.鍋にごま油(小さじ2)を中火で熱し、
     たまねぎを入れて炒める。
     半透明になったら水気を切ったじゃがいもを加えて炒める。
     油が回ってツヤツヤしてきたらキムチを加えて炒める。
     

   3.2にだし(カップ2と1/2~3)をヒタヒタに注ぎ、
     強火にかける。
     煮立ったら火を弱めて牛肉を加えてほぐし、アクをすくう。
     

   4.3に砂糖・みりん・酒(各大さじ2)を加えて3~4分間煮て、
     しょうゆ(大さじ2強)を加えて混ぜる。
     蓋をして、途中で全体を混ぜて味を行き渡らせながら、
     弱火で10~15分間煮たら、完成!

  <保存容器に入れ、
   冷蔵庫で2~3日間保存可能>
    翌日は、冷たいまま食べても、
    卵とじにしてもおいしいです。


posted by ぽっぷらいと at 17:32| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/7「きょうの料理」鶏手羽と里芋の甘辛煮:高城順子

 鶏手羽と里芋の甘辛煮 

 具材をカラメルで煮るという、中国料理の手法を使った煮物。
 翌日は冷たいまま、手羽から出たコラーゲンたっぷりの
 煮ごこりが楽しめます。

<材料(2人×2回分)>
  ・鶏手羽先:8本
  ・里芋:8個(500~550g)  
  ・長ねぎ:1本
  ・さやいんげん
  ( ゆでてから
   食べやすい長さに切る )
:4本
  ・塩:大さじ1/2
  ・砂糖:大さじ2強
  ・サラダ油:大さじ2
  ・しょうゆ・酒:各カップ1/4
  ・砂糖:大さじ5
  ・水:カップ1と2/3~2
  ・ごま油:小さじ1/2~1
 
 
<作り方>

   1.里芋は上下を切り落として皮をむき、
     大きければ半分に切る。
     ボウルに入れて塩(大さじ1/2)を加えてよく揉み込み、
     流水でぬめりを洗い、水気を切る。
     

   2.手羽先は関節のところに包丁を入れて半分に切る。
     長ねぎは4cm長さに切る。
     

   3.フライパンに
     砂糖(大さじ2強)とサラダ油(大さじ2)を入れて
     中火にかける。
     カラメル状になったら火を止め、1~2分間おく。

   4.油はねに注意しながら、
     しょうゆ・酒(各カップ1/4)、砂糖(大さじ5)、
     水(カップ1と2/3~2)を入れ、
     1の里芋、手羽先、長ねぎを加え、強火にかける。
     沸騰したら弱火にし、蓋をして30~40分間煮る。

   5.蓋を取り、中火にして4~5分間、時々混ぜながら煮詰め、
     ごま油(小さじ1/2~1)を加えて混ぜる。
     半量を器に盛り、さやいんげんを散らしたら、完成!

 <保存容器に入れ、
  冷蔵庫で3~4日間保存可能>

  翌日は冷たいまま食べると、手羽先から出た
  煮こごりが美味しー!
  ペーパータオルで表面に浮いた油を吸わせて
  取り除くと、おいしく食べられます。



posted by ぽっぷらいと at 17:23| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/7「きょうの料理」豚ときのこのホイコーロー風:高城順子

 豚ときのこのホイコーロー風 

 中国風おかずの定番、ホイコーロー風のみそ炒め。
 明日もおいしく楽しむため、
 水分量の多いキャベツではなく、エリンギを使い、
 豚肉も冷めてもしつこくない、脂の少ない部位にします。

<材料(2人×2回分)>
  ・豚もも肉(薄切り)
  * 脂の少ないもの
:300g
  ・エリンギ:200g
  ・しょうが・にんにく:各1片
  ・長ねぎ:1/2本
  ・しょうゆ・酒:各小さじ2
  ・サラダ油:大さじ1
  ・豆板醤:小さじ1/2~1  
  ・ごま油:小さじ1
 
[合わせ調味料]
  ・赤みそ
  * 普通のみそでもOK
:大さじ1
  ・砂糖:大さじ1
  ・しょうゆ:大さじ1
  ・酒:大さじ1+1/2
 
 
<作り方>

   1.豚肉は長さを3等分に切ってボウルに入れ、
     しょうゆ・酒(各小さじ2)を加えて揉み込む。
     

   2.エリンギは長さを半分に切り、それぞれを四つ割りにする。
     

   3.しょうがとにんにくは薄切りにする。
     長ねぎは斜め薄切りにする。

   4.[合わせ調味料] を作る。
     ボウルに、赤みそ・砂糖・しょうゆ、酒を入れて
     混ぜ合わせる。
     
   5.フライパンにサラダ油(大さじ1)を中火で熱し、
     しょうが、にんにく、長ねぎを入れて炒める。
     香りが出てきたら、
     1の豚肉を加えてほぐすように広げ、強火にして炒める。

   6.肉の色が変わったらエリンギを加えて炒める。
     フライパンの隅を空けて
     豆板醤(小さじ1/2~1)を加え、少し炒めた後、
     全体を混ぜ合わせる。
     P! フライパンに直接豆板醤を加えることで、
       香りをたたせことができます!

   7.4の[合わせ調味料]を加え、
     全体に絡めるように炒め合わせる。
     仕上げにごま油を加え、全体に絡めたら、完成!
 ごま油を加えることで全体がコーティングされ、
 時間が経ってもも水気が出ません。


  <保存容器に入れ、
   冷蔵庫で3~4日間保存可能>
  翌日は、冷たいままでも、レタスで包んで
  食べても、美味しい!
  豆乳と中国風のスープも加えて、
  シチュー風にするのもおすすめです。



posted by ぽっぷらいと at 17:13| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。