2016年09月13日

9/13「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」なすのアラビアータ

今週のテーマは、”秋ナスを味わう”
 なすのアラビアータ 

<材料(2人分)>
  ・なす
:1本
 (80g)
  ・スパゲッティ:160g
  ・にんにく
  (みじん切り)
:小さじ1 
  ・赤唐辛子 :2本
  ・トマトソース:150ml
  ・パスタのゆで汁:50ml
  ・パルメザンチーズ
   (粉)
:大さじ2
  ・塩:適量
  ・こしょう:適量
  ・バージンオリーブ油:大さじ2
 

<作り方>

   1.なすは上下を切って1cm幅の輪切りにし、
     赤唐辛子はへたと種を取る。

   2.熱湯に約1%の塩を加え、スパゲッティをゆでる。

   3.フライパンにバージンオリーブ油大さじ1+1/2を熱し、
     なすを入れて塩、こしょうし、強火で色よく焼き、
     裏返してから火を止めて端に寄せ、
     バージンオリーブ油大さじ1/2を入れ、
     にんにくのみじん切り、赤唐辛子を加え、
     弱火にかけて香りを移すように炒める。

   4.3にトマトソース、パスタのゆで汁を加えて
     弱火で火を通し、塩、こしょうで味を調え、
     スパゲッティを加えて和える。
     

   5.4の火を止めて、
     パルメザンチーズの半量を加えて混ぜ、
     器に盛り、残りのパルメザンチーズを振る。





posted by ぽっぷらいと at 17:58| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/13「キユーピー3分クッキング」チキンソテー 野菜ソース:田口成子

 チキンソテー 野菜ソース 

 熱々で食べるほか、チキンを細かく切ってソースと和えて
 マリネにしてもおいしいです!

<材料(4人分)>
  ・鶏もも肉
:(大)2枚
 (600g)
    (塩:小さじ1)
    (粗びき黒こしょう:少々)
 
  ・玉ねぎ
:1/2個
 (100g)
  ・なす:2個
  ・ズッキーニ
:1本
 (200g)
  ・パプリカ(赤):1個
  ・にんにくの
     みじん切り
:(小)1かけ分
 
  ・塩:小さじ1/2
  ・水:大さじ2
  ・酢:1/3カップ
  ・砂糖:一つまみ
  ・トマトケチャップ:小さじ1
 
  ● 油、オリーブ油 
 


<作り方>

   1.鶏肉は室温に戻し、
     皮目を下にして数本の切り込みを入れて筋を切り、
     厚い部分を切り開いて厚みを均一にする。
     横半分に切り、塩、粗びき黒こしょうをふる。

   2.玉ねぎ、なす、ズッキーニ、パプリカは
     それぞれ7~8mm角に切る。

   3.フライパンに油大さじ1/2を熱し、
     鶏肉の皮目を下にして入れ、
     押さえながら中火で6~7分焼く。
     こんがり焼き色が付いたら返し、
     出てきた脂はペーパータオルで拭き取り、
     5~6分焼いて取り出し、
     アルミ箔を被せて冷めないようにしておく。

   4.フライパンを拭き、
     オリーブ油大さじ2を熱してにんにく、玉ねぎを炒め、
     しんなりしたら、なす、ズッキーニ、パプリカを加えて
     炒める。
     塩を振り、分量の水を加えて蓋をし、3~4分蒸し煮にし、
     酢、砂糖、トマトケチャップを加えてさっと煮る。

   5.器に、4を盛り、3の鶏肉をのせる。

posted by ぽっぷらいと at 17:52| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/13「ノンストップ!」ナスみそあえそうめん:笠原将弘

 ナスみそあえそうめん 
 そうめんが余ってしまって困っている方必見!
 「ナスみそあえそうめん」です。
<材料(4人分)>
  ・そうめん:6束
  ・カイワレ大根
  (根元を除いて刻む)
:1/2パック
  ・いりゴマ(白):大さじ1
  ・一味唐辛子:適量
 
[ナスみそ]
  ・鶏ひき肉:150g
  ・ナス:4個
  ・タマネギ:1/2個
  ・ショウガ:20g
  ・バター:20g
  ・ゴマ油:大さじ2
  ・酒:大さじ5
  ・みそ・水:各大さじ4 
  ・砂糖:大さじ2
  ・しょうゆ:大さじ1
 

<作り方>

   1.[ナスみそ] を作る。
     ナスはヘタを除き、1cm角に切る。
     タマネギも1cm角に切る。
     ショウガはみじん切りにする。

   2.フライパンにバター(20g)とゴマ油(大さじ2)を入れて
     中火で熱し、鶏ひき肉を加えて炒める。

   3.肉の色が変わったら
     1のナス、タマネギ、ショウガを加え、
     しんなりするまで4~5分間炒める。

   4.ボウルに、酒(大さじ5)、みそ・水(各大さじ4)、
     砂糖(大さじ2)、しょうゆ(大さじ1)を入れて、
     みそを溶き混ぜる。

   5.4の合わせ調味料を加え、
     汁気が少なくなるまで5分ほど煮詰める。

   6.そうめんを表示通りにゆでて水で揉み洗いし、
     氷水につけてしめ、水気を切る。

   7.そうめんを器に盛り、
     5の[ナスみそ]をかけ、刻んだカイワレ大根をのせる。
     白いりゴマを散らし、一味唐辛子を振ったら、完成!



posted by ぽっぷらいと at 17:40| フジテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/13「あさイチ」ゴジベリーのシチリア風パスタ:マリオ・フリットリ

 ゴジベリーのシチリア風パスタ 
<材料(2人分)>
カリカリパン粉
  ・パン粉:15g
  ・にんにく:少々
  ・エキストラ
   バージンオリーブ油
:大さじ1
 
[パスタとソース]
  ・あじ:50g
  ・イタリアンパセリ:適量
  ・にんにく:2かけ
  ・赤とうがらし:1本
  ・エキストラ
   バージンオリーブ油
:大さじ2
  ・カペッリーニ:100g
 
[仕上げ]
  ・バター:10g
  ・エキストラ
   バージンオリーブ油
:大さじ1 
  ・塩:少々
  ・白こしょう:少々
  ・イタリアンパセリ:適量
 
  ・ゴジベリー:15g
  ・白ワイン:大さじ2
 


<作り方>

   [下準備]
   ゴジベリーを白ワインに10分ほど漬ける。
 白ワインの酸味で、ゴジベリーにフレッシュさが
 加わり、色落ちも防ぐことができる。


   [トッピング]
   フライパンに、みじん切りにしたにんにく、
   エキストラバージンオリーブ油を入れ、
   黄金色になるまで炒める。


   1.あじは1cm角に切る。

   2.フライパンに、エキストラバージンオリーブ油、
     にんにく・赤とうがらしを入れ、香りが立つまで炒める。

   3.カペッリーニは、水1Lに対して、
     大さじ1の割合の塩水でゆでる。

   4.2のフライパンに、1のあじ・ゴジベリー・白ワインを加えて
     炒める。

   5.4のフライパンに、刻んだイタリアンパセリ、ゆで汁、
     2のゆでたカペッリーニを加え、
     汁気が少なくなるまで軽く煮る。

   6.5のフライパンに、
     バター、エキストラバージンオリーブ油、
     塩・白こしょうを加え、味を調える。

   7.皿に盛り、トッピング用のパン粉を散らす。




 マリオ・フリットリさん
 マリオ・イ・センティエリ
   ・公式サイト
   ・住所 : 東京都港区西麻布4丁目110
         コンフォリア西麻布2F
   ・電話 : 03-6418-7072
posted by ぽっぷらいと at 17:33| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/13「あさイチ」鶏手羽のゴジベリー紹興酒煮込み:井桁良樹

 鶏手羽のゴジベリー紹興酒煮込み 
<材料(2人分)>
[ゴジベリー紹興酒]
  ・ゴジベリー:40g
  ・紹興酒:400ml
 
  ・鶏の手羽中:6本
 
[A]
  ・ねぎ(青い部分)
  ※たたいておく
:1本分
  ・しょうが
  ※たたいておく
:10g
  ・しょうゆ:小さじ1
 
  ・長芋:120g
  ・サラダ油:大さじ1
  ・ゴジベリー
   紹興酒
:80ml
  ・鶏がらスープ:400ml
  ・しょうゆ:大さじ1
  ・水溶き片栗粉:小さじ2
  ・ごま油:小さじ1/2
  ・黒酢:小さじ1/3 


<作り方>

   [下準備]
   ゴジベリーは少量の紹興酒(大さじ2・分量外)で洗い、
   紹興酒(400ml)の中に半日以上漬け込み、
   [ゴジベリー紹興酒]を作る。
  [ゴジベリー紹興酒]は、
  様々な中国料理をプロの味へと
  ランクアップさせてくれる万能調味料として
  使えます。


   1.[A]のねぎ・しょうがを叩く。
     鶏の手羽と、叩いたねぎ・しょうが・しょうゆを揉み、
     10分ほど置く。

   2.長芋は乱切りにする。

   3.中華鍋を熱し、1の下味をつけた鶏の手羽中と
     2の乱切りにした長芋をこげ目がつくまで炒める。
     こげ目が付いたら、長芋は取り出す。

   4.1のねぎとしょうがを加え、軽く炒める。

   5.[ゴジベリー紹興酒]を加えて強火にし、
     アルコール分を飛ばす。

   6.しょうゆ・鶏がらスープ・砂糖を加え、
     弱火にして、煮汁が半分くらいになるまで煮詰める。

   7.ねぎ・しょうがを取り出し、3で取り出した長芋を加える。

   8.強火にして水溶き片栗粉粉を加え、とろみをつける。

   9.ごま油と黒酢を加える。





 井桁良樹さん
 中國菜 老四川 飄香
   ・公式サイト : http://www.piao-xiang.com/
   ・住所 : 東京都港区麻布十番1-3-8 FプラザB1
   ・電話 : 03-6426-5664

posted by ぽっぷらいと at 17:17| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/13「あさイチ」ゴジベリーごはん&みそ汁:橋本幹造

 ゴジベリーごはん&みそ汁 
<材料(2人分)>
[下ごしらえ]
  ・ゴジベリー:30g
  ・塩:大さじ1/2
  ・酢:大さじ1/2
 
[ゴジベリーごはん]
  ・下ごしらえをした
   ゴジベリー(上記)
:大さじ2強 
  ・米:2合
  ・水:360ml
  ・酒:大さじ1
  ・鶏むね肉:100g
  ・塩:小さじ1
 
[ゴジベリーみそ]
  ・だし:400ml
  ・みそ:40g
  ・下ごしらえをした
   ゴジベリー(上記)
:大さじ2弱
  ・なめこ:大さじ2
 


<作り方>

   [下準備]
     ゴジベリーを塩と酢でよく揉み、水洗いする。
     (ゴジベリーの旨味みを引き出すことができます!)

   [ゴジベリーごはん]
     1.鶏むね肉を5mmのさいの目に切る。
       その後、水で洗って、水気を拭く。

     2.1の鶏むね肉に塩を振って揉み、10分置く。

     3.土鍋に、米・水・下ごしらえをしたゴジベリー、
       2の鶏むね肉・酒を入れて炊く。
       P! 炊飯器でも同じ。


   [橋本流土鍋ごはんの炊き方]
     1.沸騰するまで土鍋に蓋をせず強火。
       沸騰してきたら全体を軽く混ぜる。
       その後、蓋をして弱火で6分。
       火を止めて、蓋をしたまま10分蒸らす。


   [ゴジベリーみそ汁]
     1.だしを沸騰させ、
       下ごしらえしたゴジベリーとなめこを入れる。

     2.火を止め、みそを溶き入れる。




 橋本幹造さん
 日本料理屋 一凛
   ・公式サイト
   ・住所 : 東京都渋谷区神宮前2丁目19−5
         AZUMA BUIL
   ・電話 : 03-6410-7355

posted by ぽっぷらいと at 17:06| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/13「あさイチ」ゴジベリーで調味料をグレードアップ:サカイ優佳子

乾物のプロ・サカイ優佳子さんに、
ゴジベリーを使って家庭にある調味料を
グレードアップさせる方法を教えてもらいました。

1. ゴジベリーしょうゆ
    
 しょうゆ1/2カップに、ゴジベリー15gを4時間ほど漬け込みます。
 しょうゆにフルーティーさが加わります。
 おにぎりの具にしたり、焼き魚に合わせるのがオススメだそうです。


2. ゴジマヨ
        
 マヨネーズとゴジベリーを4:1の割合で混ぜて、1時間置けば完成!
 冷蔵庫で1週間は保存できます。
 ふつうのマヨネーズと同じように料理に使えば、味わいがランクUP!

posted by ぽっぷらいと at 16:57| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/13「あさイチ」ゴジベリーライスサラダ:ナターシャ・ダイヤモンドさん

大人気スーパーフードシリーズ。
今回はニューヨーク発の美容食材「ゴジベリー」

その正体は、杏仁豆腐の上にちょこんとのっている
赤い食材「クコの実」。
  

ある大手化粧品メーカーの研究では、
ゴジベリーを食べると、肌のシミができにくくなるという
驚きのパワーが実証されています。

しかも1日5g(28粒)、たった30円分を食べ続けるだけで
期待できるという超優れモノだそうです。

 ゴジベリーライスサラダ 
<材料(2人分)>
  ・炊いた玄米:400g  
  ・ルッコラ:50g
  ・ミニトマト:6コ
  ・チーズ:100g
  ・ゴジベリー:12g
  ・オリーブ油:10ml
  ・レモン:適量
  ・塩:少々
  ・こしょう:少々
 
<作り方>

   1.ゴジベリーは10分ほど水に漬けてふやかす。
     (漬けておいた水を飲むのがナターシャ流)

   2.ルッコラ・ミニトマト・チーズは食べやすい大きさに切る。

   3.ボウルで、玄米・ゴジベリー・2の具材を混ぜ合わせる。

   4.レモンの皮と絞り汁・オリーブ油・塩・こしょうを加えて
     よく混ぜる。

posted by ぽっぷらいと at 16:46| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/12「きょうの料理ビギナーズ」豚肉のソテー 和風きのこのソース

 豚肉のソテー 和風きのこのソース 

 小麦粉をまぶしてじっくり焼くことで、外はこんがり、中はジューシー!
 肉を焼いたフライパンでソースを作って、旨味を味わい尽くします。

<材料(2人分)>
  ・豚ロース肉
  (豚カツ用)
:2枚
 (240g)
  ・塩・コショウ:各少々
  ・薄力粉:適量
  ・サラダ油:大さじ1
 
[和風きのこソース]
  ・しめじ
:1パック
 (100g)
  ・えのきだけ
:1/2袋
 (50g)
  ・みつば:3~4本
  ・サラダ油:大さじ1/3
  ・だし:カップ1/2
  ・みりん:大さじ1/2  
  ・うす口しょうゆ:大さじ1/2
  ・しょうが
  (すりおろす)
:小さじ1
  ・片栗粉:小さじ1
  ・水:小さじ2
 

<作り方>

   1.豚肉は火の通りをよくするために、
     調理する約30分前に冷蔵庫から出して常温に戻す。
     キッチンばさみで脂肪と赤身の間の筋を3~4か所切る。
     両面に塩・コショウを振り、小麦粉を薄くまぶす。

   2.しめじは根元の部分を切り落とし、小房に分ける。
     えのきだけは根元を切り落とし、
     長さを半分に切ってほぐす。
     みつばは葉と茎に分け、茎は2cm長さに切る。
     片栗粉(小さじ1)と水(小さじ2)は混ぜておく。

   3.フライパンにサラダ油(大さじ1)を中火で熱し、
     1の豚肉を入れる。
     強めの中火で約2分間焼き、焼き色が付いたら返す。
     弱めの中火で4~5分間焼き、火を止めて取り出し、
     食べやすい大きさに切って器に盛る。

   4.[和風きのこソース]を作る。
     3のフライパンにサラダ油(大さじ1/3)を足して
     中火で熱し、しめじ、えのきだけを順に入れて炒める。
     だし(カップ1/2)、みりん・うす口しょうゆ(各大さじ1/2)を
     加えて強火にし、
     底をこそげるように混ぜながら火を通す。

   5.2の水溶き片栗粉をもう一度混ぜて少しずつ加え、
     混ぜてとろみをつける。
     おろししょうが(小さじ1)、みつばの茎を加えて混ぜる。

   6.5の[和風きのこソース]を3の豚肉にかけ、
     みつばの葉を散らしたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 16:30| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/12「きょうの料理ビギナーズ」豚肉のにんにくみそ焼き

 豚肉のにんにくみそ焼き 

 魚焼きグリルで7割ほど火を通したら、
 にんにく入りのみそを塗って、香ばしく焼き上げます。

<材料(2人分)>
  ・豚ロース肉
  (または肩ロース
     / 豚カツ用)
:2枚
 (240g)
  ・パプリカ(黄)
:1/2個
 (150g)
 
[にんにくみそ]
  ・長ねぎ
  (白い部分)
:10cm
  ・にんにく:(小)1片
  ・みそ:大さじ1+1/2 
 
<作り方>

   1.豚肉は火の通りをよくするために、
     調理する約30分前に冷蔵庫から出して常温に戻す。
     キッチンばさみで脂肪と赤身の間の筋を3~4か所切る。
     P! 筋を切っておくと、焼いたときに反り返らず、
       火が通りやすくなります!

   2.長ねぎはみじん切りにし、
     にんにくはすりおろし、
     みそ(大さじ1と1/2)と混ぜ合わせて、
     [にんにくみそ]を作る。
     

   3.パプリカはヘタと種を除き、一口大に切る。
     

   4.魚焼きグリルの奥に豚肉を並べ、
     両面焼きの場合は中火で4~5分間焼く。
     片面焼きの場合は、中火で約6~7分間焼いて裏返す。

   5.いったん取り出して、2の[にんにくみそ]を上面に塗る。

   6.パプリカを手前に並べ、
     再び5の豚肉をグリルに入れ、
     両面焼きも片面焼きも3~4分間焼く。
     片面焼きの場合は、途中でパプリカを裏返す。

   7.取り出して、豚肉は食べやすい大きさに切る。
     器に盛り、パプリカを添えたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 16:20| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/12「きょうの料理」さばのみそ煮:松田美智子

 さばのみそ煮 
    
   フライパンでこんがり、焼きつけてから煮ると、
   香ばしさが加わり、さばのクセが和らぎます。
   更に煮崩れもしにくくなるので、一石二鳥!
   芳醇なみその香りにご飯がすすむ一品です。
<材料(2人分)>
  ・さば
   (半身・骨付き)
:1枚
  ・しょうが:約40g  
  ・長ねぎ
   (白い部分)
:1/4本
  ・小麦粉:適量
  ・ごま油:大さじ1
 
[煮汁]
  ・三温糖:大さじ1
  ・水:カップ1
  ・酒:大さじ3
  ・みりん:大さじ1
  ・みそ:大さじ2
  ・しょうゆ:小さじ1
 

<作り方>

   1.しょうがは皮をむき、繊維に沿って薄切りにしてから、
     せん切りにする。
     さばは半分に切り、皮の表面に切り目を1本入れる。

   2.さばに茶こしで小麦粉を全体に薄く振る。
     P! 粉を振っておくと、焼いても身が崩れにくい。

   3.フライパンにごま油(大さじ1)を中火で熱し、
     さばを皮を下にして入れる。
     皮が焼けたら上下を返す。

   4.反対側にもしっかり焼き目をつける。
     さばの上に三温糖(大さじ1)をのせる。
     フライパンに酒(大さじ3)、みりん(大さじ1)、
     水(カップ1)を加えて中火で煮立てる。

   5.さばにスプーンで煮汁をかけて砂糖を溶かし、
     せん切りにしたしょうがをさばの上にのせ、
     フタをして3分間煮る。

   6.みそ(大さじ2)を溶き入れ、時々煮汁を回しかけながら、
     3~4分間煮る。

   7.火を止めてから粗熱が取れるまでフタをしておき、
     再び加熱して煮汁にしょうゆ(小さじ1)を加え、
     味を引き締める。

   8.長ねぎは縦に切り目を入れて芯を除き、
     せん切りにして水にさらし、水気を切る。
     さばのみそ煮を器に盛り、長ねぎをのせたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 16:08| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/12「きょうの料理」いりこんにゃく:松田美智子

 いりこんにゃく 
 ピリリと辛く、お酒のあてにもぴったりな一品です。
 丁寧に下処理することで、独特のクセが消えて
 美味しくいただけます。
<材料(作りやすい分量)>
  ・こんにゃく(黒)
:1枚
 (300g)
  ・赤唐辛子
   (種を除いて
     みじん切り)
:小さじ1/2  
  ・塩:大さじ1
  ・ごま油:大さじ1
  ・みりん:大さじ1
  ・酒:大さじ2
  ・水:カップ1/2
  ・しょうゆ:大さじ1
  ・一味唐辛子:適量
 

<作り方>

   1.こんにゃくに塩(大さじ1)をまぶし、
     水気が出るまで手でよく揉み込む。

   2.鍋にたっぷりの水とこんにゃくを入れて強火にかけ、
     沸騰してから30分間ゆでて、水分とくせを抜く。
     ゆで上がったらサッと水をかけ、
     粗熱が取れたらスプーンなど一口大にちぎる。

   3.フライパンにこんにゃくを入れて乾炒りし、
     キュンキュンとした音がしたら
     ごま油(大さじ1)を加えて炒める。
     

   4.みりん(大さじ1)、酒(大さじ2)を加えて
     こんにゃくに吸わせ、
     水(カップ1/2)、赤唐辛子のみじん切り(小さじ1/2)を
     加え、水分が半量になるまで炒り煮にする。

   5.最後にしょうゆ(大さじ1)を加え、
     汁気がなくなるまで炒ったら、完成!
     器に盛り、お好みで一味唐辛子を振ってどうぞ!
     

posted by ぽっぷらいと at 15:58| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/12「きょうの料理」揚げなす:松田美智子

 揚げなす 
 なすは思いのほか短い揚げ時間で、キレよく仕上げます。
<材料(2人分)>
  ・なす:4個  
  ・塩:少々
  ・揚げ油:適量
  ・削り節:適量
  ・余り物じょうゆ:適量
 
<作り方>

<余り物じょうゆの作り方>

 1. ししとうがらし10本と青とうがらし1~2本を
   それぞれ小口切りにします。

 2. しょうゆカップ1/2、米酢大さじ2と共に
   清潔な保存ビンに入れて冷蔵庫で1週間おく。

 3. ねぎ以外の香味野菜や
   かんずり(唐辛子や麹を発酵させた調味料)、
   柚子こしょう、しょうがの甘煮などを随時加え、
   しょうゆを継ぎ足しながら好みの味にする。
   P! 漬けた香味野菜は途中で取り出して
     薬味にしても。
    (㊟ ねぎと油は不向きなので加えない!

   1.なすは、塩(少々)を加えた水に
     ヘタがピンとするまで約30分間つける。
     ガクを剝いて、ヘタを落とし、四つ割りにして
     ペーパータオルで水気を押さえる。

   2.揚げ油を170℃に熱し、なすを入れて2~3分間揚げる。
     切り口の種の部分が薄くふくらみ、
     皮の下の緑が鮮やかになったら取り出し、
     油を切ったら、完成!

   3.器に盛り、削り節と余り物じょうゆ(上記)かけて
     お召し上がりください。



posted by ぽっぷらいと at 15:49| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。