2016年09月23日

9/23「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」砂ずりとジャガイモの炒めもの

今週のテーマは、”簡単スピードメニュー”
 砂ずりとジャガイモの炒めもの 
<材料(2人分)>
  ・砂肝:150g
  ・ジャガイモ :100g
  ・青ねぎ:1本
  ・にんにく
   (薄切り)
:5g
  ・しょうが
   (薄切り)
:5g
  ・赤唐辛子
   (輪切り)
:2本
  ・花椒粉:適量
  ・ごま油:小さじ2
 
[砂肝の下味]
  ・塩:小さじ1/5
  ・こしょう:適量
  ・片栗粉:小さじ1+1/2  
 
[合わせ調味料]
  ・砂糖:大さじ1
  ・酢:小さじ2
  ・しょうゆ:大さじ1+1/2
  ・水:大さじ1
  ・こしょう:適量
  ・片栗粉:小さじ1/2
  ・ごま油:適量
 


<作り方>

   1.砂肝は2~3等分に切り、
     [砂肝の下味]の塩、こしょうをして混ぜ、片栗粉をまぶす。

   2.皮をむいたジャガイモは1cm角に切り、
     青ねぎは2cm幅の斜め切りにし、
     青い部分と白い部分に分ける。

   3.[合わせ調味料]の
     砂糖、酢、しょうゆ、水、こしょう、片栗粉を合わせる。

   4.フライパンにごま油小さじ2を熱し、
     ジャガイモを強火で炒め、
     ジャガイモの周りが少し色づいたら、
     砂肝を入れて中火で炒め、ごま油適量を足し、
     にんにくとしょうがの薄切り、赤唐辛子の輪切り、
     青ねぎの白い部分を加え、砂肝に火が通るまで炒める。

   5.4に3を混ぜ、
     青ねぎの青い部分を入れて炒めて絡め、
     器に盛り、花椒粉を振る。



続きを読む


posted by ぽっぷらいと at 20:39| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/23「キユーピー3分クッキング」なすのグラタン:石原洋子

 なすのグラタン 
<材料(4人分)>
  ・なす
:6個
 (600g)
  ・塩:小さじ1/2
  ・こしょう:少々
  ・玉ねぎ
:1/2個
 (100g)
  ・マッシュルーム
   (生)
:1パック
 (150g)
  ・ロースハム
   (薄切り)
:100g
  ・豚ひき肉:100g
  ・塩:小さじ1/2 
  ・こしょう:少々
 
  ・パセリの
     みじん切り
:大さじ2
 
  ・卵:1個
  ・生クリーム:1/2カップ
 
  ・パルメザンチーズ:大さじ4
 
  ● オリーブ油 
 


<作り方>

   1.なすはヘタを除いて縦半分にし、更に横に2cm幅に切る。
     玉ねぎはみじん切りにする。
     マッシュルームは石づきを除き、
     ロースハムとともに5mm角に切る。

   2.フライパンにオリーブ油大さじ4を熱し、
     なすを入れて蓋をし、時々混ぜながら
     なすが柔らかくなるまで6~7分炒め焼きにする。
     塩、こしょうを振って一旦取り出す。

   3.2のフライパンを拭き、
     オリーブ油大さじ1を熱して玉ねぎを炒める。
     しんなりしたら豚ひき肉を加えてほぐしながら炒め、
     肉の色が変わったら
     マッシュルーム、ロースハムの順に加えて炒め合わせる。
     塩、こしょうを振り、2のなすを戻し入れ、
     パセリを加えて混ぜる。

   4.卵を割りほぐし、生クリームを混ぜる。

   5.耐熱容器に3を入れて平らにならし、
     4を全体にかけ、パルメザンチーズを振る。
     230℃のオーブンで15分ほど焼く。

posted by ぽっぷらいと at 20:30| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/23「ノンストップ!」ピリ辛鶏手羽揚げ:坂本昌行

 ピリ辛鶏手羽揚げ 
   
  外はパリッと中はジューシーな、
  名古屋風絶品手羽先唐揚げです。
<材料(2人分)>
  ・鶏手羽先:6本
  ・片栗粉:大さじ1
  ・揚げ油:適量
  ・いりゴマ(白):大さじ1
  ・粗びき黒コショウ:小さじ1
 
[タレ]
  ・みりん:大さじ2
  ・しょうゆ:大さじ1+1/2
  ・酒:大さじ1
  ・砂糖:大さじ1
  ・赤唐辛子
   (種を除いて
       小口切り)
:1本
 

<作り方>

   1.手羽先の水気をペーパータオルで拭いてポリ袋に入れ、
     片栗粉(大さじ1)を加えて全体にまぶす。

   2.揚げ油を180℃に熱し、
     手羽先を入れて表面の色が変わるまで約6分間揚げたら、
     一度取り出す。

   3.フライパンに、[タレ]の
     みりん、しょうゆ、酒・砂糖、小口切りにした赤唐辛子を
     入れて弱火にかける。
     とろみがでるまで弱火で煮詰める。

   4.2の揚げ油を200℃に上げ、
     手羽先を戻し入れて4~5分間揚げる。
  2度揚げすることで、
  外はカリッと中はジュシーな手羽先に!

   5.皮がパリッとしたらすぐに取り出して
     3のフライパンに加え、火を強める。
  手羽先は揚げたら、すぐに熱いタレと
  合わせると、味がよく絡みます。

   6.仕上げに、白いりゴマ、粗びき黒コショウを加えて
     全体に絡めたら、完成!


posted by ぽっぷらいと at 20:18| フジテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/22「きょうの料理」栗の甘露煮:大原千鶴

  栗の甘露煮  
 
つややかな黄色がなんとも美しい甘露煮。
ちょとしたおやつには勿論、
軽くあぶると、ワンランクの上の風味と姿になって、
おせちなどにもぴったりの一品にも!
<材料(作りやすい分量)>
  ・栗:1kg
  ・くちなしの実:2個
 
[みつ]
  ・砂糖:350g
  ・水:カップ3  
  ・塩:少々
 

<作り方>

   1.ボウルに熱湯を入れ、栗を浸す。
     粗熱が取れるまで、約20分間おく。
こうしておくと皮がふやけてむきやすくなる。

   2.水から取り出し、包丁で鬼皮をむく。
     緑の底(ザラザラとした部分)のほうの鬼皮を少し削り取る。

   3.削り取った部分を手がかりにして、
     渋皮に傷がつかないように注意しながら、
     鬼皮をむいていく。

   4.ボウルに水を入れ、栗を浸して軽く汚れを取る。

   5.渋皮は渋が残らないように包丁で厚めにむく。
     縁の部分からむき始め、
     その後に中央の部分をむくとむきやすい。
     水でサッと洗い、鍋に移す。

   6.くちなしの実は半分に切る。
     鍋に栗とヒタヒタの水、くちなしの実を入れて火にかけ、
     沸騰したら弱火にして10分間ゆでる。

   7.火を止め、そのまま冷まし、くちなしの色をしっかり付け、
     くちなしを取り除く。

   8.[みつ]を作る。
     別の鍋に、砂糖、水、塩を入れて弱火にかけ、
     砂糖が溶けるまでかき混ぜる。

   9.[みつ]で煮る。
     7の鍋から栗を優しく取り出し、
     別の平たい鍋(内径26cmが目安)に移す。
     8の[みつ]を注ぎ入れ、
     不織布タイプのペーパータオルで落とし蓋をして
     火にかけ、煮たったら弱火で10分間煮る。
     火を止めてそのまま冷ましたら、完成!

<保存>
  [みつ]と一緒に保存容器にれて、冷蔵庫で
  10日間保存可能です。
  煮沸消毒した保存ビンに、[みつ]に浸った
  状態で入れた場合は、冷蔵庫で約3~4ヶ月
  保存可能です。



<栗の甘露煮を使って>
栗の甘露煮パフェ
<作り方>

   バニラアイスクリーム、コーヒーアイスクリーム、
   ホイップクリーム各適量を器に盛り、
   栗の甘露煮を3~4個(好みの量)のせる。
   大きければ、食べやすい大きさに切る。
 


   
posted by ぽっぷらいと at 20:10| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/22「きょうの料理」栗の渋皮煮:大原千鶴

  栗の渋皮煮  
 
秋の味覚の代表 栗の旬は9~10月と短いもの。
大きな栗が手に入ったら、せひ渋皮煮にしてみましょう。
風味豊かな渋皮煮は丁寧な下ゆでがおいしさの秘けつ!
<材料(作りやすい分量)>
  ・栗:1kg
  ・砂糖:1kg
  ・重曹:小さじ2  
  ・(あれば)
   ブランデー
:大さじ1
 
<作り方>

   1.ボウルに熱湯を入れ、栗を浸す。
     粗熱が取れるまで、約20分間おく。
こうしておくと、皮がふやけてむきやすくなります。

   2.水から取り出し、包丁で鬼皮をむく。
     緑の底(ザラザラとした部分)のほうの鬼皮を少し削り取る。

   3.削り取った部分を手がかりにして、
     渋皮に傷がつかないように注意しながら、
     鬼皮をむいていく。

   4.ボウルに水を入れ、栗を浸して軽く汚れを取る。

   5.アク抜き(1回目)。
     栗の水気を軽く切って鍋に入れ、
     ヒタヒタの水と重曹小さじ1を加えて強火にかける。
     沸騰したら中火にしてアクを取り、
     弱火にして約10分間ゆでる。

   6.鍋ごと流し台に移し、
     水を捨て、鍋に流水を加えながら、水を替える。
     栗に流水が直接当たると渋皮が傷ついてしまうので、
     流水をヘラなどに当てながら水を替える。

   7.渋皮に残っている大きな筋を竹串を使って取る。
     細かな筋は指の腹で優しくこすって取り除く。
  渋皮が残らないように、細かい筋まで
  こすり取りましょう。

   8.アクを抜き(2回目)。
     水と重曹を新しくして、
     5と6のアク抜きの工程をもう一度繰り返す。
     7の作業は一度だけでよい。
     食べてみて渋が抜けているか確認し、
     渋ければもう一度アク抜きをする。
     最後に重曹を抜くために、水だけで5分間煮て、
     6と同様に水を替える。

   9.鍋から栗を優しく手ですくい、
     別の鍋(内径23cmが目安)に並べる。

  10.鍋にヒタヒタの水と砂糖の半量(500g)を入れる。
       味が中まで入るように、
       砂糖は2回に分けて入れる。

  11.不識布タイプのペーパータオルで落とし蓋をして
     火にかけ、煮立ったら弱火にして5分間煮る。
     ペーパータオルを一度外して、
     残りの砂糖(500g)を加えて軽く混ぜ、
     再びペーパータオルで落とし蓋をして、更に10分間煮る。

  12.火を止め、あればブランデー(大さじ1)を加えて混ぜる。
     煮汁ごと冷まし、味を芯まで含ませたら、完成!
     一晩おくと、更においしくなります。

<保存>
 煮汁と一緒に保存容器に入れて、冷蔵庫で
 10日間保存可能です。
 煮沸消毒した保存ビンに煮汁に浸った状態で
 入れた場合は、冷蔵庫で3~4ヶ月間保存可能
 です。



<栗の渋皮煮を使って>
  渋皮煮の白あえ  
 もちろんそのまま食べてもおいしいのですが、
 すっきりとした甘さの渋皮煮なら、おかずにも活用できます。
<材料(作りやすい分量)>
      ・ 栗の渋皮煮  : 5個

   [あえ衣]
      ・ 絹ごし豆腐  : 1/4丁 (約100g)
      ・ 砂糖      : 各大さじ1/2
      ・ 練りごま(白): 各大さじ1/2
      ・ 塩       : 小さじ1/4
      ・ 黒ごま    : 少々

<作り方>

    1.豆腐はパーパータオルで包み、
      重し(約200g)をのせて20分間おく。

    2.絹ごし豆腐、砂糖・白練りごま、塩をよく混ぜて
      滑らかにする。

    3.栗の渋皮煮を手で6~8等分に割り、2で和える。
      器に盛り、黒ごまを振る。




posted by ぽっぷらいと at 19:51| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/22「あのニュースで得する人損する人」ごぼうカフェラテ:奥田政行シェフ

ごぼうカフェラテ
<材料(1人分)>

   ・ ごぼう

    細いごぼうは灰汁が強く、甘くない。
    太い方が柔らかくて、
    砕きやすくカフェオレにしやすいのでおすすめ!

<作り方>

    1.ごぼうにドライバーで穴をあけて麻ひもを通し
      ヌンチャクを作る。

    2.ごぼうをヌンチャクのように回し、
      水分が移動した方のごぼうを切り、
      フードプロセッサーで撹拌、ザル(濾し器)で濾す。

<ご家庭でゴボウのカフェオレを作る場合>

  ヌンチャクを作らなくても、麻糸を通して
  およそ5分振り回せば、先端に水分が
  集まります。
  ご家庭のフードプロセッサーで潰して
  漉せば、完成!

 

posted by ぽっぷらいと at 09:29| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/22「あのニュースで得する人損する人」世界で戦ってきたチャーハン:奥田政行

 辰巳琢郎さん推薦の超一流シェフ「アル・ケッチャーノ」の
 奥田政行シェフが
 「ご飯がパラパラにならない」、「味がワンパターンになる」を
 一気に解決してくれるチャーハンの作り方を紹介してくれました!

  

 奥田政行シェフ
 アル・ケッチャーノ
   ・公式サイト
   ・住所 : 山形県鶴岡市下山添一里塚83
   ・電話 : 0235-78-7230



 世界で戦ってきたチャーハン 
<材料(2人分)>
  ・鶏むね肉:80g
  ・水:200ml
  ・ピュアオリーブオイル:40ml
  ・にんにく:17g
  ・玉ねぎ:62g(1/4)  
  ・生米:200g
  ・塩・コショウ:適量
  ・卵:2個
  ・しょう油:小さじ1/2
  ・アイスコーヒー(無糖):10ml
  ・ブロッコリースプラウト:1/2パック
  ・パクチー:1枝
 
 
<作り方>

   1.鶏むね肉(80g)に塩・コショウで下味をつけ、
     オリーブオイル(分量外)をひいたフラインパンで
     皮目から焼く。

   2.玉ねぎとにんにくをみじん切りにする。
     (小さくてみじん切りできないにんにくの欠片は
      鶏むね肉を焼いているフライパンに入れる。)

   3.鶏むね肉を焼いて出た鶏の脂でにんにくを炒め、
     更に玉ねぎを加えて炒める。
     更にオリーブオイル(40ml)を加える。
<奥田シェフ・チャーハンの得ワザ>
鶏の脂で玉ねぎを炒めて旨味アップ!

   4.米(200g)を入れて透き通るまで炒める。
<奥田シェフ・チャーハンの得ワザ>
ご飯は生米を炒めればパラパラ

 お米を炊く前に玉ねぎと一緒に炒めることで、
 お米の間に玉ねぎが入り、米同士がくっつか
 ないで炊くことができます。
 また、油で米をコーティングされ、炒めた時の
 パラパラ感が増します。

   5.焼いた鶏の生の部分をカットし、半分に切る。
     もう1つのフラインパンにカットした鶏と水を入れて
     ダシを取る。

   6.炒めたお米と玉ねぎを炊飯器に入れる。
     茹でた鶏とダシも一緒に炊飯器に入れて25分炊飯する。
<奥田シェフ・チャーハンの得ワザ>
茹でた鶏をダシと一緒に炊くとブイヨンを
取らなくてもよい!

   7.炊きあがったらバットにあげ、
     あおいで冷ましながらご飯を離す。
     冷ましたごはんに塩・コショウで味付けし、
     フライパンで炒める。
<奥田シェフ・チャーハンの得ワザ>
炊いたお米の水分を飛ばしパラパラに

  チャーハンがべちゃっとなる原因はご飯同士
  の水分。
  炊き上がったご飯をあおぎ表面の水分を
  飛ばすことで、炒めた時に べたつくのを防ぐ
  ことができます。

   8.一緒に炊きあがった鶏を細かく切る。
     フライパンで焼いてた鶏の残りも細かく切り、
     フライパンに加える。
<奥田シェフ・チャーハンの得ワザ>
茹でた鶏&焼いた鶏で2つの食感

   9.フライパンの半分を開け、卵を入れ、
     半分火が入ったところで、混ぜ合わせる。
<奥田シェフ・チャーハンの得ワザ>
白身と黄身はまだらにして味を増やす。

   10.ご飯をフライパンの片側に寄せ、
      空いている面にしょう油(小さじ1/2)を入れ焦がし、
      和える。
<奥田シェフ・チャーハンの得ワザ>
焦がししょう油の香りで食欲アップ!
香りが際立ち、食欲を増進させる。

   11.更にご飯を寄せて、コーヒー(10ml)を入れて
      煮詰めたらご飯と和える。
<奥田シェフ・チャーハンの得ワザ>
コーヒーを入れてプロの香ばしさに!
  「メイラード反応」という、食材を加熱すると
  褐色になり、香ばしさが増します!
  コーヒーも、この「メイラード反応」によって
  色と香ばしさが生まれています。
  プロのチャーハンは、強い火力でご飯に
  メイラード反応を起こすがコーヒーを使えば
  家庭でもプロのような香ばしさを生み出す
  ことができます!

   12.お皿に盛り付け、
      ブロッコリースプラウト、パクチーを散らして、完成!



posted by ぽっぷらいと at 09:15| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/22「あのニュースで得する人損する人」絶品カルボナーラ:サイゲン大介

 絶品カルボナーラ 

  乾麺を1時間水に漬けてモチモチの麺と、
  干し椎茸でトリュフのような風味のソースの
  カルボナーラです!

<材料(1人分)>
[ソース]
  ・卵
:3個 (全卵1、卵黄2)  
  ・パルメザンチーズ:25g
  ・昆布茶:小さじ1/4
  ・オリーブオイル:大さじ1
  ・にんにく:1かけ
   刻まなくてOK
     (包丁の腹でつぶす程度)
  ・ブロックベーコン:50g
  ・スモークチーズ:6g
  ・干し椎茸
:1個 (約5g)
   (水100ccで
   1時間戻した出汁:大さじ2)
 
[パスタ]
  ・1.6mm
   スパゲッティーニ
:100g
   (300ccの水で1時間漬ける)
  ・塩:少々
 
[トッピング]
  ・黒コショウ:適量
 
 
<作り方>

   1.保存袋に、パスタ100g、水300ccを入れ、
     1時間常温で放置。
 
  1.6mmのパスタなら最低1時間、
  1.9mmのパスタなら1時間半を目安に
  漬けておけばOK。
  ♦ 冷蔵庫へ入れておけば、
    3日間は保存が可能。
  ♦ 水気を切って冷凍すれば、
   1ケ月程はおいしく食べられます。

     干し椎茸1個を水100ccに入れ、ラップをしたら、
     こちらも1時間常温で放置。

   2.ボウルに[ソース]の
     卵、パルメザンチーズ、昆布茶を入れ、
     泡立て器でよくかき混ぜる。
 
     チーズと昆布茶で旨味をアップ!

   3.フライパンに、
     オリーブオイル大さじ1、にんにく1かけ、
     ブロックベーコン50gを入れ、中火で炒める。
  ブロックベーコンを使用することで、
  高級店の肉厚な感じに仕上がります!

   4.ベーコンがカリカリになったら弱火にし、
     にんにくをフライパンから取り出す。
     スモークチーズ、干し椎茸の戻し汁大さじ2を
     フライパンに入れ、かき混ぜる。
  スーパーのベーコンを高級店の味に近づける
  ため、スモークチーズで代用!
  スモークチーズを入れることで、
  ベーコンにくん製の香りがプラスされ、
  お安いベーコンが高級店の味に大変身!

  高級店で香りのレベルをグンと引き上げる
  ために使われるトリュフ。

  トリュフのような風味を、干し椎茸で代用!

   5.水漬けしてあるパスタを保存袋から出し、軽く水を切る。
     塩を入れて沸騰したお湯にパスタを投入し、2分ゆでる。
     P! 冷凍したパスタの場合は、
        ゆで時間を30秒プラスでOK!

   6.パスタがゆであがったら火を止め、
     4のフライパンの火も止める。
     火を止めたフライパンにパスタを投入し、
     軽く混ぜ合わせる。

   7.更に、2で混ぜ合わせたソースを、
     火を止めたフライパンに投入し、激しくかき混ぜる。
 <ポイント>
 火を止め、余熱のみで
 麺と卵を合わせることが、重要!

 しいたけの戻し汁の水分と、オリーブオイルや
 ベーコンの油分を、パスタとともに
 激しく混ぜ合わせて‟乳化”させることが重要!
 水分と油分がむらなく混ざり合った途端に、
 グンとおいしくなります。

   8.お皿に盛り付け、
     お好みでブラックペッパーを振りかければ、完成!


posted by ぽっぷらいと at 08:35| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/22「あのニュースで得する人損する人」サイゲン大介考案~絶品!パスタソース

サイゲン大介考案~絶品!パスタソース
「お茶漬けの素 × 梅肉 × オリーブオイル」

 お茶漬けの素には旨味成分がたくさん含まれているので、
 それだけでも十分美味しいのですが、
 そこに梅干しの酸味が加わって、オリーブオイルでまとめると、
 より一層美味に!

<材料(1人分)>
[ソース]
  ・お茶漬けの素:大さじ1/2
  ・梅肉
   種を取り、
   果肉部分を
      刻んでおく。
:1個(約8g) 
  ・オリーブオイル:大さじ1
 
[パスタ]
  ・スパゲッティーニ:80g
  ・塩:少々
 
[トッピング]
  ・大葉(千切り)
:3枚
 
 


<作り方>

   1.パスタを1%の塩水でゆでる。

   2.[ソース]の材料
     全て(お茶漬けの素・梅肉・オリーブオイル)を
     ボウルに混ぜておく。

   3.茹でたてのパスタを2の[ソース]とよく混ぜ合わせる。

   4.お皿に盛り付け、お好みで大葉を添えれば、完成!

posted by ぽっぷらいと at 07:50| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。