2016年11月09日

11/8「きょうの料理」きのこづくしの山かけ:鈴木登紀子

 きのこづくしの山かけ 
 色々なきのこの持ち味を長芋がトロリとやさしくまとめています。
<材料(2人分)>
  ・生しいたけ:3枚
  ・まいたけ:1/3パック
  ・まいたけ:1/3パック
  ・えのきだけ:1/3袋
  ・だし:カップ1/3
  ・みりん:大さじ2
  ・うす口しょうゆ:大さじ2
  ・長芋
:220g
(すりおろしてカップ1)  
  ・塩:小さじ1/5
  ・青のり粉:適量
 
 
<作り方>

   1.しいたけは軸を切り落とし、薄切りにする。
     まいたけは食べやすいように手でちぎる。
     しめじは根元を切り落として小房に分ける
     (長ければ半分に切る)。
     えのきだけは根元を切り落とし、長さを半分に切る。

   2.底の広い浅鍋に、
     まいたけ、しめじ、しいたけ、えのきだけの順に入れ、
     だし、みりん・うす口しょうゆを加えて中火にかける。
     時々菜箸でやさしく混ぜながら、汁気がなくなるまで煮て、
     バットにあける。

   3.長芋は皮をむいてすり鉢ですりおろし、
     塩を加えてよくすり混ぜる。
     (すり鉢がなければおろし金ですって下さい。)

   4.2のきのこを器に盛り、すりおろした長芋をかける。

   5.青のり粉を小さいバットに入れる。
     竹串を太いほうの端から5~6cmのところで
     L字形に折り曲げ、サッと水で濡らして青のり粉をつける。
     4の長芋の上に押しつけて線を描き、
     井桁の模様にして飾り付けたら、完成!




posted by ぽっぷらいと at 21:57| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/8「きょうの料理」きのこの揚げだし:鈴木登紀子

 きのこの揚げだし 
  歯あたりのよいエリンギともんごういかは、
  油との相性がバツグン!
  大根おろしをたっぷりのせて、
  ピリッと赤唐辛子を効かせた出汁をかければ、大人の味に!
<材料(4人分)>
  ・エリンギ:100g
  ・まいたけ:100g
  ・にんじん:2cm
  ・もんごういか
        の胴
:1/2枚(70g)
  ・片栗粉:適量
  ・揚げ油:適量
  ・大根おろし:カップ2/3
 
[だし]
  ・だし:カップ1+1/2
  ・みりん:大さじ3
  ・うす口しょうゆ:大さじ1+1/2 
  ・塩:ひとつまみ
  ・赤唐辛子
   (小口切り)
:少々
 

<作り方>

   1.エリンギは3cm長さに切り、四つ割りにする。
     まいたけは食べやすくほぐす。
     にんじんは皮をむき、5mm厚さの輪切りにする。

   2.もんごういかは縦に3~4cm幅に切り、
     斜めに格子状の切り目を入れて(鹿の子包丁)、
     3~4cm長さに切る。

   3.エリンギ、まいたけ、にんじん、いかを
     バットに広げて並べる。
     ガーゼに片栗粉(適量)を入れて包み、
     ポンポンとはたきつけて、両面にまぶす。

   4.揚げ油を中温(170~180℃)に熱し、
     3の具材を静かに落とす。
     それぞれ30~40秒間ずつ揚げ、油をきる。

   5.鍋にだしを入れてひと煮立ちさせ、
     みりん、うす口しょうゆ、塩を加えて味を調え、
     赤唐辛子の小口切りを加えて、すぐに火を止める。

   6.4を蓋付きの器に盛り、
      大根おろしの汁気を軽く切ってのせる。
      5の熱いだしを注ぎ、
      冷めないように蓋をしたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 21:51| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/7「きょうの料理」長芋と豚バラの炒め煮:鈴木登紀子

 長芋と豚バラの炒め煮 
<材料(4人分)>
  ・長芋:400g
  ・豚バラ肉(塊):300g
  ・サラダ油:大さじ2
  ・だし:カップ3
  ・みりん:大さじ4
  ・うす口しょうゆ:大さじ2
  ・塩:小さじ1/3 
  ・細ねぎ
   (小口切り)
:少々
 
<作り方>

   1.長芋は水で洗い、すべらないように水気を拭き取ってから
     皮をむく。
     縦に半分(太いところは4等分)に切り、
     一口大の乱切りにしてザルに入れる。
     P! 乱切りにすると断面が大きくなって味がしみやすく、
       火の通りも早くなります。

   2.1を流水でよく洗ってから氷水につけ、
     菜箸で混ぜながらぬめりを落とし、ザルに上げる。
     P! 長芋は氷水につけて洗うとねめりが取れ、
       シャキッとした歯ざわりになります。
       (ぬめりがお好きな方は、洗わずそのままで。)

   3.豚肉を1cm厚さに切る。
     フライパンにサラダ油(大さじ2)をひいて中火で熱し、
     火から外して、濡れ布巾の上で冷ましてから
     豚肉を並べる。
     P! 底を濡れ布巾に当てて、
       ジュッという音が静まってから肉を入れれば、
       鍋肌に肉がくっつきません!
     再び中火にかけ、じっくりと焼きつける。

   4.豚肉の両面に焼き色がついたら盆ざるに並べ、
     熱湯を回しかけて脂抜きをする。
     P! このひと手間で、豚肉の脂が落ち、
       すっきりした味に仕上がります。

   5.豚肉を鍋に入れ、長芋をのせ、だし(カップ3)を注ぎ、
     中火にかける。
     煮立ったらみりん(大さじ4)、うす口しょうゆ(大さじ2)、
     塩(小さじ1/3)を加え、落とし蓋をして
     中火で20分間ほど煮る。

   6.器に盛って煮汁を注ぎ、
     細ねぎの小口切りを散らしたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 21:16| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/7「きょうの料理」鶏とれんこんのだんご煮:鈴木登紀子

 鶏とれんこんのだんご煮 
  一口大に整えた鶏肉とれんこんのおだんごを
  しみじみと優しいお味の煮物です。
  年配の方に食べやすく、子供達には見た目も楽しく、
  どなたにも喜ばれること間違いなし!
<材料(3~4人分)>
  ・れんこん:500g
  ・塩:1つまみ
  ・小麦粉:大さじ6
  ・だし:カップ3
  ・みりん:大さじ4
  ・うす口しょうゆ:大さじ2
  ・塩:少々
  ・貝割れ菜:少々
  ・しょうが汁:適量
 
[鶏だんご]
  ・鶏ひき肉:200g
  ・たまねぎ
   (すりおろす)
:大さじ1
  ・溶き卵:1/2個分
  ・酒:大さじ1/2  
  ・うす口しょうゆ:大さじ1/2
  ・砂糖:小さじ1
  ・にんじん
   (みじん切り)
:大さじ2
  ・生しいたけ:大さじ2
   (軸を除いてみじん切り)



<作り方>

   1.れんこんは皮をむいてすりおろし、布巾に包み、
     水気をよく絞る。
     ボウルに移して、塩を1つまみ、小麦粉(大さじ6)を加え、
     まんべんなく混ぜる。
     P! 水気が多いと、ゆでた時に崩れやすくなってしまうので、
       様子をみてある程度しっかり絞りましょう。

   2.鍋にたっぷり湯を沸かす。
     1のタネを一口大の大きさに丸め、
     1つずつ湯に落とし、中火で1~2分間ゆでる。
     浮いたものから網じゃくしですくって水に放つ。
     同様にして全部に水にとったら、ザルに上げる。
     ㊟ 強火は禁物。
     ( 後で煮るので、完全に火が通らなくても
      形がある程度固まればよい。)

   3.[鶏だんご] を作る。
     大きめのボウルに
     鶏ひき肉、たまねぎのすりおろし、溶き卵、
     酒・うす口しょうゆ、砂糖を入れ、
     指先を立てた手でよく混ぜる。
     粘りが出てきたら
     にんじんとしいたけのみじん切りを加え、サックリと混ぜる。
     P! たまねぎのすりおろしを加えると、
       肉のクセが抑えられ、柔らかく仕上がります。

   4.2の鍋の湯を再び沸かす。
     3のタネをスプーンですくい、
     手を添えて丸くまとめながら、1つずつ湯に落とす。
     中火で静かに1分間ほどゆで、
     浮いたものから網じゃくしですくって水に放つ。
     同様にして全部に水にとったら、ザルに上げる。
     ㊟ あまりグラグラと沸かすと
       湯の中でタネが散ってしまうので、優しい火加減で!
     ( 後で煮るので、完全に火が通らなくても
      形がある程度固まればよい。)

   5.鍋に、だし(カップ3)を煮立てて、
     みりん(大さじ4)、うす口しょうゆ(大さじ2)、
     塩(少々)を加え、2と4のだんごを静かに加える。
     クッキングペーパーなどの紙ブタをのせ、
     弱めの中火で6~7分間煮て火を止める。

   6.だんごを器に盛り、
     根元を切り落とした貝割れ菜を煮汁にくぐらせて添える。
     煮汁を注ぎ、好みでしょうが汁をかけたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 21:04| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/3「きょうの料理」五目おから:土井善晴

 五目おから 
<材料(4人分)>
  ・おから:250g
  ・干しえび:20~30g
  ・ごぼう:100g
  ・にんじん:100g
  ・長ねぎ:1本(100g)  
  ・サラダ油:大さじ3
 
[煮汁]
  ・水:カップ2+1/2
  ・砂糖:大さじ3
  ・しょうゆ:大さじ1
  ・塩:小さじ1/2
 

<作り方>

   1.干しえびは細かく刻む。
     ごぼうは皮をこそげ、縦四つ割りにして1cm角に切る。
     にんじんは7~8mm角に切る。
     長ねぎは粗く刻む。

   2.鍋にサラダ油(大さじ3)と干しえびを入れて中火にかけ、
     鍋を傾ける。
     えびの香りがたったら、ごぼうを加えて炒める。
     (えびをいりつけて、油にえびの風味を移す。)

   3.ごぼうの周りが透き通ってきたら、
     にんじん、おからを加え、
     おからをほぐすように炒め合わせる。

   4.全体がなじんだら、
     水(カップ2+1/2)を加え強火で煮立てる。
     煮立ちを保ったまま中火にして、
     砂糖(大さじ3)を加え、時々混ぜながら7~8分間煮る。

   5.しょうゆ(大さじ1)、塩(小さじ1/2)を加え、
     煮汁がほとんどなくなるまで煮詰める。

   6.最後に1の長ねぎを加えて火を止め、
     ひと混ぜしたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 20:44| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/3「きょうの料理」里芋と鶏肉のシチュー:土井善晴

 里芋と鶏肉のシチュー 
<材料(2人分)>
  ・鶏もも肉:600g
   (骨付き・ブツ切り)
  ・里芋:8個(約500g)
  ・にんじん:(小)1本(150g) 
  ・しょうが:50g
  ・煮干し:15g
  ・粗塩:適量
 
[煮汁]
  ・酒:カップ1
  ・水:カップ6
  ・しょうゆ:大さじ3
  ・塩:小さじ1/3
 

<作り方>

   1.里芋は根付きの部分を切り落とし、
     包丁で皮をこそげてむく。
     にんじんは皮をむいて横に四つに切る。
     しょうがはいくつかに切って皮ごと叩いて潰す。
     煮干しは頭と内臓を取り除く。

   2.鍋に、鶏肉、里芋、にんじん、しょうが、煮干しを入れ、
     酒、水を加えて強火にかける。
     煮立ったら丁寧にアクを取り、
     火を弱めてフタを少しずらして、15分間ほど煮る。
     P! 蓋を少しずらすと、鍋ににおいがこもらず、
       水分も飛びにくいです。

   3.アクを丁寧に取り除き、
     しょうゆ、塩を加え、再び蓋をずらして、15分間ほど煮る。

   4.器に3を取り分け、粗塩を添えたら、完成!

   🍵 粗塩をつけて具を食べ、スープを飲みます。
      具は塩をつけて食べるとおいしくなります。

posted by ぽっぷらいと at 20:34| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/2「きょうの料理」めざましコーヒーご飯」:平野レミ

 めざましコーヒーご飯 
  コーヒーの香ばしさと、ココナツオイルの甘い香りが
  ベストマッチ。冷めてもおいしいから、お弁当にも合います!
<材料(2人分)>
  ・卵:2個
  ・ココナッツオイル:小さじ1
  ・黒コショウ:少々
  ・ベビーリーフ:適量
  ・ミニトマト:適量
 
[コーヒーご飯]
  ・しめじ・しいたけ:各50g
  ・ハム:3枚(45g)
  ・ご飯
   (温かいもの)

:400g
  ・インスタントコーヒー
:大さじ1
  ・熱湯

:大さじ2
  ・ココナッツオイル:大さじ2
  ・塩:小さじ1/2
  ・黒コショウ:少々
 


<作り方>

   1.[コーヒーご飯] を作る。
     しめじは根元を取り、1cm長さに切る。
     しいたけは軸を除き、1cm角に切る。
     ハムは粗みじんに切る。
     P! 具は同じ大きさに切り揃えると、
        口当たりがよくなります。

   2.インスタントコーヒーと熱湯を混ぜ、コーヒーを溶かす。

   3.フライパンにココナッツオイル(大さじ2)を中火で熱し、
     しめじ、しいたけを入れて炒める。
     しんなりしたらハムを加えてサッと炒め、
     ご飯を加えて更に炒める。
     塩、黒コショウを振り、2で溶いたコーヒーを入れて
     炒め合わせる。
     P! ココナッツオイルとコーヒーの組み合わせで
       エスニック風の味わいになります。

   4.小さいフライパンに
     ココナッツオイル(小さじ1)を強火で熱し、
     卵(2個)を割り入れて目玉焼きを作る。
     黄身が白っぽくならないように蓋をせずに、
     好みの固さになるまで焼く。

   5.3のコーヒーご飯を器に盛り、4の目玉焼きをのせる。
     黒コショウを振り、
     ベビーリーフと半分に切ったミニトマトを添えたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 20:22| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/2「きょうの料理」おろしで豚トロ煮:平野レミ

 おろしで豚トロ煮 
  豚肉は大根おろしでマリネすると、本当に柔らかくなります。
  おろしだれをたっぷりのせて、食べるとおいしい!
<材料(2人分)>
  ・豚肩ロース肉
   (豚カツ用)
:2枚
 (280g)
  ・塩・黒コショウ:各少々
  ・長ねぎ
:適量
   (残りの青い部分・斜め薄切り) 

[漬けダレ]
  ・大根おろし
   (汁も含む)
:250g
  ・長ねぎ
:1/2本分(50g)
   (白い部分・みじん切り)
  ・しょうが
   (みじん切り)
:小さじ1/2
  ・赤唐辛子
   (種を取る)
:1/2本
  ・しょうゆ:大さじ1+1/2
  ・ごま油:大さじ1
  ・砂糖:小さじ1
 


<作り方>

   1.豚肉は筋を切り、
     ボウルの底で両面を叩いて伸ばし、塩・黒コショウを振る。

   2.[漬けダレ] につける。
     ポリ袋に大根おろしを汁も含めて250g、
     長ねぎのみじん切り、しょうがのみじん切り、
     種を取った赤唐辛子、しょうゆ、ごま油、砂糖を入れて
     混ぜる。
     1の豚肉を加えて揉み込み、30分間おく。
     P! 大根おろしの酵素の働きで、
       豚肉がしっとり柔らかくなります。

   3.豚肉を袋から取り出し、
     [漬けダレ]をぬぐってフライパンに並べ、
     両面を焼きつける。

   4.2のポリ袋の[漬けダレ]を全て3のフライパンに加え、
     蓋をして中火で煮る。
     途中で一度上下を返し、
     計5~6分間煮て中まで火を通す。
     P! 蒸し煮にすることで、中までしっかり火が通り、
       しっとり柔らかく仕上がります。

   5.豚肉を取り出して一口大に切り、器に盛る。
     フライパンに残ったタレを少し煮詰め、上からかける。
     斜め薄切りにした長ねぎの青い部分をのせたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 20:10| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/2「きょうの料理」一度でもサンドシューマイ:平野レミ

 一度でもサンドシューマイ 
  いつものシューマイの皮をレンコンにチェンジ!
  中にもれんこんが入っているので、
  シャキシャキの歯ざわりも楽しめます。
<材料(2人分)>
  ・れんこん:(小)60g
  ※細めのものを選ぶ

  ・片栗粉:適量
  ・香菜:適量
  ・練り辛子、
   酢、
   しょうゆ
:各適量
 
[肉ダネ]
  ・れんこん:100g
  ・たまねぎ
:1/4個
 (50g) 
  ・豚バラ肉
   (薄切り)
:150g
  ・むきえび:100g
  ・しょうが汁:小さじ1/2   
  ・塩:小さじ1/3
 


<作り方>

   1.れんこん(小)60gは皮を剥き、
     スライサーで厚さ2mm程の薄切りにしたものを24枚作る。
     水にさらしてアクを抜き、水気を切る。
     薄くスライスしたれんこんが、シューマイの皮代わりに!

   2.[肉ダネ] を作る。
     れんこん100gはすりおろして、ザルで軽く汁気を切る。
     たまねぎはみじん切りにする。
     豚肉は包丁で叩く。
     えびは粗みじん切りにする。

   3.2をボウルに入れ、
     しょうが汁、塩を加え、よく練ってから、
     だんごを12個を作る。

   4.3のだんごに片栗粉をしっかりまぶし、
     1のれんこん2枚で挟む。
     これを12個分作り、蒸気の上がった蒸し器に入れ、
     6~7分間蒸す。
     P! 片栗粉をしっかりまぶすことで、
       ツルンとした口当たりになります。

   5.器に盛り、好みで香菜を散らし、
     練り辛子・酢・しょうゆを添えたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 19:54| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/9「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」サーモンのタルタルライス

今週のテーマは、”サケとサワラ”
 サーモンのタルタルライス 
<材料(2人分)>
  ・鮭(生食用):100g
  ・しょうがの
   甘酢漬け(ガリ)
:15g
  ・トマト:50g
  ・アボカド:1/2個
  ・青じそ:2枚
  ・マヨネーズ:20g
  ・レモン汁:大さじ1/2 
  ・ナンプラー:小さじ1/2
  ・ご飯:400g
  ・鮭フレーク:20g
  ・バージン
      オリーブ油
:小さじ1
  ・黒こしょう:適量
 

<作り方>

   1.鮭は7~8mm角に切る。

   2.しょうがの甘酢漬けは粗みじん切りにし、
     トマトとアボカドは1cm角に切る。

   3.ボウルに
     鮭、しょうがの甘酢漬け、トマト、アボカド、マヨネーズ、
     レモン汁、ナンプラーをざっくり混ぜ合わせる。

   4.別のボウルに
     ご飯、鮭フレーク、バージンオリーブ油を混ぜ、
     器に盛り、
     青じそ、3をのせ、黒こしょうを振る。

posted by ぽっぷらいと at 19:42| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/9「キユーピー3分クッキング」わかめスープ:田口成子

 わかめスープ 
<材料(4人分)>
  ・わかめ(塩蔵):60g
  ・長ねぎ:10cm
  ・煮干し:20g
  ・干しえびの
   戻し汁
:約4カップ
 
  ・塩:小さじ2/3  
  ・こしょう:少々
  ・しょうゆ:小さじ1
  ・酒:大さじ1
 
<作り方>

   1.わかめは塩を洗って水に10分つけて戻し、
     水気を切ってざく切りにする。
     長ねぎは小口切りにする。煮干しは頭と腹ワタを除く。

   2.鍋に干しえびの戻し汁と煮干しを入れて火にかけ、
     煮立ったら弱火にして10分ほど煮る。

   3.わかめを入れて、
     塩、こしょう、しょうゆ、酒で調味し、
     長ねぎを加えてひと煮する。


posted by ぽっぷらいと at 19:26| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/9「キユーピー3分クッキング」春菊とひき肉の混ぜごはん:田口成子

 春菊とひき肉の混ぜごはん 
  油が控えめなので、
  チャーハンよりもヘルシーな中華風の菜めしです。
<材料(4人分)>
  ・春菊
:1束
 (200g)
  ・合びき肉:200g
  ・ごはん
   (温かいもの)
:600g
  ・干しえび:10g
  ・しょうが:(大)1かけ 
 
  ・塩:小さじ2/3
  ・こしょう:少々
  ・しょうゆ:小さじ2
 
  ● ごま油 
 

<作り方>

   1.春菊は茎は細かく刻み、葉先は1cm幅に切る。
     それぞれ水に5~10分さらしてザルに上げ、水気を拭く。

   2.干しえびは洗い、4カップの水に20~30分つけて戻し、
     粗く刻む。
     (戻し汁は、スープに使うのでとっておく。)

<干しえび>
   小型のえびを乾燥させたもので、
   生のまま干した「素干し」と、
   塩水でゆでた「煮干し」があります。
   地域により、桜えび、芝えび、甘えびなどが
   用いられています。
   今回使ったのは中国料理の干しえびで
   「蝦米(シャーミー)」と呼ばれるものです。
   ビーフンなどの炒めものをはじめ、
   煮物や中華ちまきなどに利用されます。
   戻し汁は特有の旨味があり、だし汁として
   料理に用います。

   3.しょうがはみじん切りにする。

   4.フライパンにごま油大さじ1を熱し、
     しょうが、2の戻した干しえび、合びき肉を入れ、
     中火で炒める。
     合びき肉の色が変わったら、春菊の茎を加え、
     塩、こしょうを振る。
     合びき肉に火が通ったら、
     春菊の葉先を加えて手早く炒め、
     しょうゆを加えて炒め、汁気を飛ばす。

   5.温かいごはんに4を加え、全体を混ぜ合わせる。

posted by ぽっぷらいと at 19:19| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/9「あさイチ」鶏むね肉と春菊のサラダプレート:きじまりゅうた

 鶏むね肉と春菊のサラダプレート 
<材料(2人分)>
  ・鶏むね肉
   (皮なし)
:1枚
  ・塩:小さじ1/4 
  ・コショウ:少々
  ・小麦粉:適量
  ・オリーブオイル:大さじ1
  ・粉チーズ:小さじ1
  ・すりごま(黒):小さじ1
  ・黒コショウ
   (粗びき)
:少々
 
[しめじと春菊のソテー]
  ・春菊
:1束
 (100g)
  ・しめじ:1パック
  ・オリーブオイル:大さじ1/2
  ・塩:少々
 
[ソース]
  ・赤ワイン:大さじ1
  ・しょうゆ:大さじ2
  ・砂糖:大さじ1
  ・酢:大さじ1/2
 


<作り方>

   1.鶏肉のソテーを作る。
     鶏肉は厚みがあるところを切り開いてから、
     4等分のそぎ切りにする。
     両面に塩、コショウを振り、小麦粉をまぶす。

   2.フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を入れて、
     弱めの中火にかける。
     鶏肉を並べ、2分間ほど焼く。
     薄く焼き色がついたら裏返し、弱火にして3分間焼く。
     再び火を強めて、全体がカリッとするまで焼き、取り出す。
     そのまま2分間ほどおいて余熱で火を通す。

   3.[しめじと春菊のソテー]を作る。
     しめじは、石づきを切り落として、手で粗めにほぐす。
     春菊は、柔らかい葉の部分を手でちぎり、
     冷水にサッとさらす。
     シャキッとしたらザルに上げて水気を切り、
     生のまま付け合わせに使う。
     茎は4cm長さに切る。

   4.鶏肉を焼いたフライパンをペーパータオルで拭き取り、
     中火にしてオリーブオイル(大さじ1/2)を熱し、
     しめじを入れて炒める。

   5.しんなりしてきたら春菊の茎を加え、
     サッと炒めたら塩を少々振って、しんなりするまで炒める。
     炒まったら取り出す。

   6.[ソース]をつくる。
     空いたフライパンに赤ワイン(大さじ1)を入れて煮立たせ、
     アルコール分を飛ばす。
     しょうゆ、砂糖を加え、焦がさないように砂糖を溶かし、
     最後に酢を加え、ゆるいとろみがいたら、火から下ろす。

   7.しめじと春菊のソテーを器に敷き、
     食べやすい大きさに切った鶏肉をのせ、
     6の[ソース]をかける。
     3の春菊の葉を生のまま添え、
     鶏肉の上に粉チーズ・黒すりごま、黒コショウ(粗びき)を
     少々トッピングしたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 18:44| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/8「解決!ナイナイアンサー」レンチンショウガの作り方

 - レンチンショウガ -

 「ショウガオール」には、
 脂肪燃焼を促す基礎代謝を上げる効果があると言われています。
         
 但し、100℃を超えた温度で調理を続けると、
 ショウガオールがなくなってしいます。
 ところが、ショウガをレンジでチンすると、
 ショウガオールは生の33倍になり、
 カテキンの数倍ものダイエット効果が期待できるというのです。

レンチンショウガの作り方

   1. すりおろしたショウガを耐熱容器に入れ、
     焦げないようにショウガが浸る程度水を加える。
  チューブショウガでも、
  同じ効果が得られるそうです。

   2. ラップをし、
     500Wの電子レンジで約4分、
     750Wなら約3分加熱する。
  これでショウガオールは
  ベストな状態になりました!

   3. 冷奴の薬味や、しょうが焼きを作る際に、
     火を止めた後に振りかけるなどして使用して下さい!


 - レンチンショウガを効果的にする飲み物 -
  ショウガココア
ココアに小さじ1杯のレンチンショウガを入れるだけ。

 ココアにも血管拡張効果が期待できるカカオポリフェノールが
 たくさん含まれています。
 ショウガオールとカカオポリフェノールを同時に摂取すると
 血流促進効果が約3倍になり、基礎代謝をアップさせ
 高いダイエット効果を生み出します。

  
  
  
 色々あります。お試しあれ!

posted by ぽっぷらいと at 08:15| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/8「解決!ナイナイアンサー」乳酸キャベツ

 乳酸キャベツ 
<材料>
  ・キャベツ:1個
  ・塩:小さじ4
  ・砂糖:小さじ1/2 
 
  ・大きめの密封袋 
  ・空のペットボトル
   (500ml)
:3本
 
<作り方>

   1.キャベツを4等分にし、水でしっかりと洗ったら
     千切りにします。

   2.半分を密封袋に入れ、塩を小さじ2振り入れる。

   3.残りのキャベツと
     塩小さじ2、砂糖小さじ1/2を加えて、
     袋の上から馴染ませるようによく揉む。

   4.水を満タンに入れたペットボトル3本をのせ、
     常温で3日程おけば、完成!

 清潔な環境で冷蔵庫で保存すれば、
 約1ヶ月保存可能。

 酸味が出たり発酵臭がしたら、
 早めに清潔なビンに入れて
 冷蔵庫保存して下さい!

   5.乳酸キャベツを普段の食事と一緒に食べるだけ!

posted by ぽっぷらいと at 07:53| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。