2016年11月10日

11/10「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」さわらの蕪蒸し

今週のテーマは、”サケとサワラ”
 さわらの蕪蒸し 
 銀あんがとってもおいしいそうです。
 更に、わさびが効いてるのもいいそうです。
<材料(2人分)>
  ・鰆
:2切れ
 (200g)
  ・かぶ:300g
  ・卵白:1/2個分
  ・塩:小さじ1/2
  ・かぶの葉:適量
  ・おろしわさび:適量
  ・塩:適量
 
[銀あん]
  ・だし:200ml
  ・みりん:大さじ1
  ・薄口しょうゆ:大さじ1+1/3 
  ・水溶き片栗粉:適量
 


<作り方>

   1.鰆は薄く塩をふって15分置き、
     サッと洗って水気を拭き取り、
     皮目に1cm幅の切り込みを入れ、皿にのせる。

   2.フライパンにアルミホイルで台を作り、
     熱湯を注いで1をのせ、蓋をして強火で5分蒸す。

   3.かぶは皮をむき、
     すりおろしてザルにのせ、葉は細切りにする。
     卵白を角が立つまで泡立て、塩、おろしたかぶを混ぜる。

   4.2の鰆に3のおろしたかぶをのせて、更に4分蒸す。

   5.鍋に[銀あん]の
     だし、みりん、薄口しょうゆ、かぶの葉を加えて煮立て、
     水溶き片栗粉でとろみをつける。

   6.4のかぶら蒸しを器に盛り、
     5のあんをかけ、おろしわさびをのせる。



posted by ぽっぷらいと at 19:00| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/10「おびゴハン」油揚げピザ:柳澤英子

 油揚げピザ 
ピザを糖質オフ食材の油揚げで簡単アレンジ。
<材料(2人分)>
  ・油揚げ:3枚
  ・ソーセージ:2本
  ・ミニトマト:4個
  ・スライスチーズ:4枚
  ・クレソン:1/2束  
 
<作り方>

   1.油揚げは半分に切り、
     ソーセージは5mm角のあられ切り、
     ミニトマトは縦に4等分、
     クレソンの茎は小口切りにしておく。
     

   2.フライパンにクッキングシートを敷き、
     油揚げを並べ入れ、
     中火で約3分、片面に軽く焼き目がついたら
     裏返して火を止める。

   3.ミニトマト、ソーセージ、クレソンの茎、チーズを
     油揚げにのせ、
     蓋をし、約2〜3分焼く。
     

   4.チーズが溶けたら、器に盛り、クレソンの葉を飾る。

posted by ぽっぷらいと at 18:51| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/10「おびゴハン」鶏もも肉のカレー豆乳煮:柳澤英子

 鶏もも肉のカレー豆乳煮 
  豆乳とキムチとカレー粉は相性抜群!
<材料(2人分)>
  ・鶏もも肉
:1枚
(250g)
  ・白菜キムチ:60g
  ・しめじ:1/2パック 
  ・ニンジン:1/2本
  ・豆乳:180ml
  ・アサツキ:1/6束
  ・カレー粉:小さじ1/2
  ・塩、コショウ:少々
  ・サラダ油:大さじ1/2
 
<作り方>

   1.ニンジンは細切り、
     アサツキは小口切り、
     しめじは小房に分けておく。

   2.皮にフォークで穴を空けた鶏肉を4等分に切り、
     塩、コショウを両面に振る。

   3.冷たいフライパンに油を敷き、
     皮面を下にして並べたら約4分、中火にかける。
     焼き目がついたら裏返し、フタをして約3分蒸し焼きにする。

   4.しめじ、ニンジンを入れ
     カレー粉を加えてさっと炒め合わせ、豆乳を加える。
     ひと煮立ちしてきたら、キムチを加えて火を止める。
     

   5.器に盛り、アサツキを散らす。


posted by ぽっぷらいと at 18:43| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/10「あさイチ」こんにゃくの豚肉ロール:藤野嘉子

 こんにゃくの豚肉ロール 
<材料(8本分)>
  ・豚薄切り肉
   (しゃぶしゃぶ用)
:16枚
 (200g) 
  ・こんにゃく:1枚
  ・青じそ:8枚
  ・サラダ油:大さじ1
  ・酒:大さじ3
  ・しょうゆ:大さじ1
  ・みりん:大さじ1
 
[合わせみそ]
  ・みそ:大さじ2
  ・砂糖:大さじ1
  ・七味唐辛子:少々
 

<作り方>

   1.こんにゃくの下ごしらえをする。
     こんにゃくは、
     両面に2~3mm深さで4~5mm幅の格子状の切れ目を
     入れる。
     P! 切れ目を入れることで、
        食べやすく、調味料と絡みやすい。

   2.こんにゃくを8等分の棒状に切り、水からゆでる。
     煮立ったら取り出して粗熱を取る。

   3.[合わせみそ]を作る。
     ボウルに、みそ、砂糖、七味唐辛子を入れ、
     よく混ぜ合わせる。

   4.豚肉2枚を脂身を手前にして重ねて広げ、
     青じそ1枚をのせる。
     青じその上に3の[合わせみそ]を塗り広げる。
     みその上にこんにゃくをのせ、手前から巻いてく。
     これを8本分作る。

   5.フライパンにサラダ油(大さじ1)を中火で熱し、
     巻き終わりを下にして豚肉を並べる。
     焼き色がついたらひっくり返す。

   6.両面に焼き色がついたら、
     酒、しょうゆ・みりんを加え、
     上下を返しながら煮汁がなくなるまで煮絡めたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 18:37| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/9「ソレダメ!」おでん炊き込みご飯、ゆずのど飴入り!:ギャル曽根

おでん炊き込みご飯、ゆずのど飴入り!
<材料(3合分)>
  ・米:3合
  ・おでんセット:1袋
  ・ゆずのど飴:7個
  ・塩:適量
  ・三つ葉:適量(多め)  
 
<作り方>

   1.炊飯器に米を入れ、
     おでんセットのだしだけを
     3合の目盛りの少し下まで入れる。
     ㊟ 具材からも水分が出るのでだしは少なめにする。

   2.おでんの具(大根、練り物、卵、こんにゃくなど)を
     1cm角に切り、1のお米の上にのせる。

   3.ゆずのど飴を7個入れ、塩を振り、炊飯する。
  本物の柚子と違い、
  「ゆずのど飴」は年中手に入るのでおススメ!

  因みに、
「レモン飴」はNG。

「梅飴」はおススメ!

   4.仕上げに刻んだ三つ葉をたっぷりと入れ、
     かき混ぜたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 18:27| テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/9「ソレダメ!」秋茄子とヨーグルトの炊き込みご飯:「日本橋ゆかり」料理長 野永喜三夫さん

 秋茄子とヨーグルトの炊き込みご飯 
  味噌とヨーグルトは同じ乳酸発酵食品なので、
  味噌が塩分、ヨーグルトの乳製品の脂で旨味になります。
<材料(3合分)>
  ・鶏もも肉:300g  
  ・秋茄子:150g
  ・お米:3カップ
  ・水:400cc
 
[合わせだし]
  ・顆粒だし:3g
  ・味噌:45g
  ・ごま油:大さじ1
  ・ヨーグルト:130g
 
  ・パルメザンチーズ、
   黒コショウ
:適量
 
<作り方>

   1.秋茄子と鶏もも肉を一口大に切る。

   2.ボウルに、
     味噌、顆粒だし、ごま油、ヨーグルトを入れ混ぜる。

   3.炊飯器に米、2の[合わせだし]を加え、
     1の茄子と鶏肉を入れ炊く。

   4.器に盛り、
     パルメザンチーズと黒コショウをかければ、完成!




 料理長 野永喜三夫さん
 日本料理の老舗 「日本橋ゆかり」
   ・公式サイト
   ・住所 : 東京都中央区 日本橋3丁目2−14
   ・電話 : 03-3271-3436

posted by ぽっぷらいと at 18:16| テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/9「ソレダメ!」安い肉を高級和牛に変身させるワザ!

島田精肉店の店主 島田美太郎さんによると、
安い肉を高級和牛に変身させる方法があるといいます。
それは  「生クリーム」
     

安い肉を高級和牛に変身させるワザ!
   <材料>
      ・ 牛肉       : 200g
      ・ 生クリーム   : 30g
   <やり方>

    1.ビニール袋に、
      牛肉と生クリームを入れて軽く揉み込む。

    2.冷蔵庫で30分ほど冷やす。
      後はそのまま焼くだけで、、甘みとコクがUP!

 おいしさの秘密は、
 生クリームに含まれている香り成分
 「ラクトン」。
 「ラクトン」は高級和牛にも含まれており、
 これが甘くて、コクのある、香りの正体
 なのです。

ラベル:ソレダメ!
posted by ぽっぷらいと at 18:03| テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/9「ガッテン」ガッテン流できたて豆腐の作り方

 ガッテン流できたて豆腐の作り方 
  豆腐屋さんしか食べることができないと思っていた
  「できたての豆腐」
  クリーム豆腐と豆乳で作ることができます。
<材料>
  ・クリーム豆腐:500g
   (下記参照)
  ・豆乳
:200ml
   (成分無調整のもの)
  ・塩:ひとつまみ 
  ※塩を入れると
    よりうまく固まります。
  
<作り方>

<こくうま!クリーム豆腐の作り方>
  <材料>
   ・ 豆腐 : 1丁
   P! 絹豆腐の方が滑らかな
     舌触りになるのでオススメです。
<作り方>
  1.水気を切った豆腐を
    フードプロセッサーへ入れる。
    (ミキサーでもよい)
  2.スイッチを入れて約30秒回すだけ!
    全体が十分とろとろになるまで回します。

   1. 豆乳にひとつまみの塩を入れ、沸騰するまで温める。

   2. 火を消してから、クリーム豆腐を入れよく混ぜる。

   3. 弱火で約3分加熱する。
     P! クリーム豆腐に含まれるにがりが溶け出し、
       豆乳のたんぱく質を固めます。

   4. 表面がぷくぷくしたら火を止める。

   5. ふたをして7分放置したら、完成!



posted by ぽっぷらいと at 17:47| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/9「ガッテン」クリーム豆腐のねぎトロリ丼

クリーム豆腐のねぎトロリ丼
<材料>
      ・ クリーム豆腐 : 1丁分
       (作り方は下記参照)
      ・ ごはん
      ・ わさびしょうゆ
      ・ ねぎ
      ・ かつおぶし (お好みの量で)
<作り方>

<こくうま!クリーム豆腐の作り方>
  <材料>
  ・ 豆腐 : 1丁
    
   ( 絹豆腐の方が滑らかな舌触りに
     なるので、オススメです)
 <作り方>
  1.水気を切った豆腐を
    フードプロセッサーへ入れる。
    (ミキサーでもOK!)
  2.スイッチを入れて約30秒回すだけ!
    全体が十分とろとろになるまで回します。

    1. ごはんにクリーム豆腐をたっぷりかける。
    2. わさびじょうゆをかける。
    3.お好みで、ねぎ、かつおぶしをのせる。

posted by ぽっぷらいと at 17:34| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/9「きょうの料理ビギナーズ」フライドポテト

 フライドポテト 
<材料(2人分)>
  ・じゃがいも
   (メークイン)
:2個(350g)
  ・揚げ油:適量
  ・バター:大さじ1+2/3(20g)  
  ・パセリ
   (みじん切り)
:小さじ2
  ・塩:小さじ1/2
  ・コショウ:少々
 
 
<作り方>

   1.じゃがいもはよく洗って皮付きのまま芽を取り、
     縦に8等分くらいに切る。
     ペーパータオルで水分を拭く。
     

   2.フライパンの半分の深さまで揚げ油を入れて
     100℃に熱し、じゃがいもを入れる。
     周りが透き通ってきたらいったん引き上げ、油を切る。
     P! 一度目は低温でじっくり中まで火を通す。

   3.高温で二度揚げになる。
     揚げ油の温度を180℃に上げ、再びじゃがいもを入れる。
     菜箸で時々返しながら、全体が色づくまで揚げる。
     P! 二度目は高温で水分をとばしながら、カリッと揚げる。
     

   4.じゃがいもをボウルに入れ、
     バター大さじ1と2/3(20g)、
     パセリのみじん切り(小さじ2)、
     塩(小さじ1/2)、コショウ(少々)を加え、
     手早く絡めたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 17:25| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/9「きょうの料理ビギナーズ」ポテトコロッケ

 ポテトコロッケ 
 じゃがいもを粉ふきにして、ホクホクのコロッケを作ります。
 細かいパン粉を使うと、口当たりのよい仕上がりに。
<材料(2人分・4個)>
  ・じゃがいも
:2個
 (350g) 
  ・たまねぎ
:1/2個
 (90g)
  ・牛ひき肉:100g
  ・塩:適量
  ・サラダ油:大さじ1
  ・コショウ:少々
  ・小麦粉:適量
  ・溶き卵:適量
  ・パン粉
   (細かいもの)
:適量
  ・揚げ油:適量
 
[付け合わせ]
  ・キャベツ(せん切り):適量
  ・好みのソース:適量
 

<作り方>

   1.じゃがもを粉ふきにする。
     じゃがいもは一口大に切り、柔らかくなるまでゆでる。
     ゆで汁を捨てて中火にかけ、
     時々鍋を揺すりながら粉ふきいもにする。
     塩小さじ1を振ってよく混ぜ、ボウルに移しておく。

   2.タネを作る。
     たまねぎはみじん切りにする。
     フライパンにサラダ油(大さじ1)を中火で熱し、
     ひき肉とたまねぎを入れて炒める。

   3.たまねぎが透き通ってきたら、
     温かいうちに1のボウルに加える。
     じゃがいもが温かいうちに粗く潰しながら
     手早く混ぜ合わせる(冷めると粘りが出てしまう)。
     塩2つまみ、コショウ少々を加えて混ぜ、
     ラップをかけて冷蔵庫に入れ、粗熱を取る。

   4.成形する。
     まな板にラップを敷き、3のタネを4等分にして包み、
     裏返して手で小判形に整える。
     残りの3個も同様にする。

   5.4に小麦粉(適量)をまぶして、
     溶き卵(適量)にくぐらせ、
     目の細かいパン粉(適量)をつける。

   6.フライパンの半分くらいの深さまで揚げ油を入れて
     180℃に熱し、5を入れる。
     すぐに一度裏返し
     (フライパンは浅いため、底が焦げやすい)、
     全体が色づくまで揚げる。

   7.コロッケを器に盛り、
     キャベツのせん切りを添え、
     お好みのソースをかけたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 17:19| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/8「きょうの料理ビギナーズ」ポークハンバーグ

 ポークハンバーグ 
 豚ひき肉だけで作る、あっさり食べやすいハンバーグです。
 しょうがを効かせたソースで、ピリッと味を引き締めます。
<材料(2人分)>
  ・豚ひき肉:200g
  ・たまねぎ
   (みじん切り)
:1+1/2個分(200g)  
  ・溶き卵:1/2個分
  ・塩:小さじ1
  ・コショウ:少々
  ・サラダ油:大さじ1と1/2
  ・ポテトチップス:適量
  ・ベビーリーフ:適量
 
[ジンジャーソース]
  ・しょうが
   (せん切り)
:(大)1片分(20g)
  ・しょうが汁:大さじ1と1/3
  ・にんにく
   (すりおろす)
:1片分
  ・プレーンヨーグルト
         (無糖)
:小さじ1強
  ・はちみつ:小さじ1強
  ・白ワイン:大さじ2と1/2
  ・りんごジュース(果汁100%)
   ※ 透明なタイプがよい
:カップ1/2
  ・しょうゆ:大さじ1と1/3
  ・片栗粉:小さじ1/2
  ・水:小さじ1/2
  ・バター:約大さじ2(25g)
 
 
<作り方>

   1.ボウルに
     ひき肉、たまねぎのみじん切り、溶き卵を入れ、
     氷水を入れたボウルの上に重ねる。
     塩、コショウを振り、
     ボウルの底を冷やしながら、
     肉の繊維が崩れて糸を引くようになるまで
     ゴムベラでよく混ぜ合わせる。

   2.まな板にラップを敷き、
     2等分した1の肉ダネを包み、
     裏返して手で長方形に整える。
     もう1個も同様にする。
     冷蔵庫に入れて30分間以上おく。
     表面に包丁で格子状に筋目を入れ、
     片面に1個につき、塩2つまみ、コショウ少々を振る。

   3.フライパンにサラダ油(大さじ1+1/2)を
     強めの中火で熱し、
     2を筋目を入れた方を下にして入れ、
     上から塩2つまみ、コショウ少々を振る。
     焼き色がついたら裏返して弱めの中火にし、
     竹串で刺して透明な肉汁が出たら、取り出す。

   4.[ジンジャーソース]を作る。
     しょうがのせん切り、しょうが汁、にんにくのすりおろし、
     プレーンヨーグルト(無糖)、はちみつ、白ワイン、
     りんごジュース(果汁100%)、しょうゆを混ぜ合わせる。

   5.3のフライパンをサッと洗って水気を拭き、
     4のソースを入れて強火にかける。
     煮立ったら、
     片栗粉・水(各小さじ1/2)をよく混ぜて加えてサッと混ぜ、
     バター約大さじ2を加える。バターが溶けたら火を止める。

   6.ハンバーグを器に盛り、
     ポテトチップスとベビーリーフを添え、
     5のソースをかけたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 17:10| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/8「きょうの料理ビギナーズ」ハンバーグステーキ

 ハンバーグステーキ 
  肉の食感がしっかり感じられる、
  まるでステーキのようなハンバーグ!
  にんにくが香る和風ソースは、ご飯にもよく合います。
<材料(2人分)>
  ・豚ひき肉:200g
  ・牛ひき肉:200g
  ・たまねぎ:1/2個(90g)
  ・サラダ:油大さじ1
  ・塩:1つまみ
  ・コショウ

:少々
  ・パン粉:カップ1/2(20g)  
  ・牛乳
:大さじ1+1/3(20ml)  
  ・溶き卵:1/2個分
  ・ナツメグ

:少々
  ・レタス
   (食べやすく切る)
:適量
 
[ソース]
  ・赤ワイン
:約カップ3/5
 (125ml)
  ・りんご
   (すりおろす)
:1/2個分
  ・たまねぎ
   (すりおろす)
:1/2個分
  ・にんにく
   (すりおろす)
:1/2片分
  ・しょうゆ:大さじ2+1/3
 
 
<作り方>

   1.下ごしらえ。
     たまねぎはみじん切りにする。
     フライパンにサラダ油(大さじ1)を中火で熱し、
     たまねぎを入れる。
     塩1つまみ、コショウ少々を振り、
     しんなりするまで炒めたら、冷ましておく。

   2.ボウルに、
     パン粉、牛乳、溶き卵、ナツメグを入れて、混ぜ合わせる。
     (これがハンバーグのつなぎになります。)

   3.ボウルにひき肉を入れ、
     1で冷ましたたまねぎ、
     2のつなぎを加え、
     氷水を入れたボウルの上に重ねる。
     ボウルの底を冷やしながら、ゴムべらでよく混ぜ合わせる。
     肉の繊維が崩れて糸を引くようになれば、混ぜ終わり。

   4.まな板にラップを敷き、
     2等分にした3の肉ダネを包み、
     裏返して手で木の葉形に整える。
     もう1個も同様にする。
     冷蔵庫に入れて30分間以上おく。

   5.4の表面に包丁で格子状に筋目を入れ、
     片面に1個につき、塩2つまみ、コショウ少々を振る。

   6.フライパンにサラダ油大さじ1+1/2を強めの中火で熱し、
     筋目を入れた方を下にして5を入れ、
     上から塩2つまみ、コショウ少々を振る。
     焼き色がついたら裏返し、弱めの中火にする。
     竹串で刺して、透明な肉汁が出たら、取り出す。

   7.[ソース]を作る。
     フライパンをサッと洗って水気を拭き、
     赤ワイン、すりおろしたりんご、すりおろしたたまねぎ、
     すりおろしたにんにく、しょうゆを入れて混ぜ合わせる。
     中火にかけて煮立たせ、ワインのアルコール分を飛ばす。

   8.ハンバーグを器に盛り、
     食べやすく切ったレタスを添え、
     7のソースをかけたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 17:01| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/7「きょうの料理ビギナーズ」おうち風昔ながらのカレー

 おうち風昔ながらのカレー 
 カレールーは使わない、
 鶏肉と野菜から出る旨味を生かした素朴なカレーです。
 具はゴロッと大きめに切り、食べごたえを出します。
<材料(2~3人分)>
  ・鶏もも肉:1枚(250g)
  ・塩:小さじ1/2
  ・コショウ:少々
  ・小麦粉:適量
  ・たまねぎ:1個(180g)
  ・じゃがいも:(大)1個(150g)
  ・にんじん:1/2本(80g)
  ・にんにく
   (みじん切り)
:(小)1片分(10g) 
  ・しょうが
   (みじん切り)
:(小)1片分(10g)
  ・サラダ油:大さじ2
  ・ご飯
   (温かいもの)
:適量
  ・グリンピース
   (缶詰)
:少々
 
[煮汁]
  ・小麦粉:大さじ1+1/2
  ・カレー粉:大さじ1+1/2
  ・サラダ油:大さじ1
  ・水
:カップ2+1/2
       ~3
  ・塩:小さじ2
  ・コショウ:適量
 
 
<作り方>

   1.カレー粉と小麦粉を混ぜる。
     ボウルに小麦粉・カレー粉(各大さじ1+1/2)を入れ、
     よく混ぜ合わせる。
     P! カレー粉を混ぜた小麦粉が、
       カレーのとろみになります。

   2.鶏肉は一口大に切り、
     塩とコショウを振り、小麦粉を薄くまぶす。
     たまねぎ、じゃがいも、にんじんは、一口大に切る。
     

   3.フライパンにサラダ油(大さじ2)を中火で熱し、
     鶏肉を皮を下にして並べ、焼き色をつける。
     にんにくとしょうがのみじん切りを加えて炒め、
     香りが出てきたら、
     2で切った野菜を加えて炒め合わせる。

   4.3のフライパンに1のカレー粉を混ぜた小麦粉を加えて
     サラダ油(大さじ1)を足し、全体にカレー粉をまとわせる。
     水(カップ2+1/2~3)を注ぎ、
     塩(小さじ2)を加えて、
     弱火で30分間以上煮る。

   5.途中で水分が少なくなったら、適宜水を足す。
     とろみがついて野菜に火が通ったら、
     コショウで味を調える。
     ご飯を器に盛って、グリンピースをのせ、
     カレーをかけたら、完成!



posted by ぽっぷらいと at 16:51| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/7「きょうの料理ビギナーズ」ハヤシライス

 ハヤシライス 
 ビギナー向けの、
 長く煮込まなくてもおいしく作れるハヤシライスです。
 中濃ソースやチョコレート、トマトジュースなど、
 身近にある食材を使って、奥深い味わいに仕上げます。
<材料(2~3人分)>
  ・たまねぎ:1/2個(90g)
  ・マッシュルーム:3個
  ・牛切り落とし肉:200g
  ・塩・コショウ:各適量
  ・サラダ油:大さじ1
  ・バター:30~40g
  ・ご飯
   (温かいもの)
:適量
  ・グリンピース(缶詰):少々
 
[ドミグラソース]
  ・小麦粉:約大さじ2+2/3(25g)  
  ・バター:約大さじ2(25g)
  ・赤ワイン:カップ1+1/2
  ・トマトジュース
   (食塩不使用)
:カップ1+1/2
  ・中濃ソース:大さじ4(70g)
  ・板チョコレート
   (ビタータイプ
     /細かく刻む)
:5g
 
 
<作り方>

   1.[ドミグラソース]を作る。
     小さめのボウルに
     小麦粉約大さじ2+2/3(25g)と
     常温に戻したバター約大さじ2(25g)を入れ、
     ゴムべらでなめらかになるまで練り混ぜる。
     P! これがソースのとろみになります。

   2.フライパンに
     赤ワインをカップ1+1/2を入れて強火にかけ、
     2/3量になるくらいまで煮詰め、アルコール分を飛ばす。

   3.トマトジュースを加え、
     フツフツとしてきたら中濃ソースを加えて混ぜ、
     半量くらいになるまで煮詰める。

   4.火を止めて1を加え、耐熱のゴムべらで溶きのばす。
     再び中火にかけ、
     細かく刻んだチョコレートを加えて溶かしたら
     [ソース]の完成!

   5.たまねぎは一口大に切り、
     マッシュルームは軸を除いて六つ割りにし、
     バットに並べて塩・コショウ各少々を振る。
     牛肉にも塩小さじ1、コショウ少々を揉み込む。

   6.別のフライパンにサラダ油(大さじ1)を中火で熱して
     牛肉を入れ、全体に焼き色をつける。
     たまねぎとマッシュルームを加え、
     たまねぎが透き通るまで炒める。

   7.6で炒めた具を4のドミグラソースに加える。
     具を炒めたフライパンに水カップ1/2を入れて温め、
     フライパンについた肉と野菜を旨味をこそげ、
     ソースと具の入ったフライパンに加える。

   8.弱火にして軽く煮込み、
     最後にバター(30~40g)を適当な大きさに切って加え、
     溶かしながら混ぜる。
     ご飯を器に盛って、
     ソースと具をかけ、グリーンピースを散らしたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 16:39| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/3「きょうの料理ビギナーズ」野菜のバーニャカウダソース

 野菜のバーニャカウダソース 
 にんにく、アンチョビ、オリーブオイルなどで作った
 温かいソースに野菜をつけて食べる前菜風の一品です。
 好みでゆで野菜や一口大サイズに切ったパンを添えても。
<材料(作りやすい分量)>
  ・好みの野菜
    にんじん、パプリカ、セロリ、
    サニーレタス、ルッコラ、
    カリフラワー など
:各適量
 
[バーニャカウダソース]
  ・にんにく:1個(100g)  
  ・牛乳・水:適量
  ・アンチョビ(フィレ):25~30g
  ・オリーブオイル:カップ1/2
 
 
<作り方>

   1.[バーニャカウダソース] を作る。
     にんにくは縦半分に切って芯を除き、鍋に入れる。
     にんにくがヒタヒタになるまで牛乳と水を同量ずつ加え、
     弱火にかける。
     15分間ほど煮て、
     竹串がスーッと通るようになつたら、ザルに上げる。
     P! 牛乳で柔らかくなるまで煮ると、
       にんにくの独特の香りが抜けてまろやかになる。

   2.1のにんにくをまな板にのせ、包丁をねかせて押し潰し、
     ペースト状にする。
     アンチョビ(フィレ)25~30gを加え、
     包丁で叩くようにして混ぜ合わせる。

   3.2を鍋に入れて
     オリーブオイル(カップ1/2)を加え、
     弱火でフツフツとしてくるまで煮たら、
     [バーニャカウダソース]の完成!

   4.好みの野菜は
     それぞれ食べやすい大きさに切り、器に盛る。
     3の[バーニャカウダソース]を添えたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 16:30| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/3「きょうの料理ビギナーズ」野菜のトマト煮

 野菜のトマト煮 
 トマト味の煮込みは イタリアの代表的な野菜料理の一つ。
 加熱することでトマトの旨味が濃くなり、全体の味がまとまります。
<材料(4人分)>
  ・たまねぎ:1/4個(60g)
  ・セロリ:1/2本(40g)
  ・なす:2個(150g)
  ・ズッキーニ:1本(150g)
  ・パプリカ
   (赤・黄)
:各1/2個(100g)  
  ・しめじ:1/2パック(50g)
  ・マッシュルーム:3~4個
  ・バジルの葉(生):5枚
  ・オリーブオイル:大さじ4
  ・塩:小さじ2/3
  ・トマトジュース
   (食塩不使用)
:カップ1
  ・塩・コショウ:各少々
 
 
<作り方>

   1.たまねぎは2cm長さ、1cm幅に切り、
     セロリは筋を取って、1cm角に切る。
     なす、ズッキーニ、パプリカは1.5cm角に切る。
     しめじは根元を切ってほぐし、
     マッシュールムは軸を除き、四つ割りにする。

   2.フライパンにオリーブオイル(大さじ4)を弱火で熱し、
     たまねぎとセロリを入れて弱めの中火でじっくり炒め、
     油に香りを移す。

   3.中火にして
     ズッキニー、パプリカ、なすを順に加えて
     炒め合わせる。

   4.しめじとマッシュルームを加えて更に炒め、
     塩を加えて混ぜ合わせる。

   5.トマトジュースをカップ1加えて、
     塩・コショウで味を調えて、
     汁気がほとんどなくなるまで弱めの中火で煮込む。

   6.火を止めて
     ちぎったバジルを加えたら、完成!

     できたてより、冷めたほうが味がなじんでおいしいです。

  保存容器に入れ、
  冷蔵庫で3~4日間保存できます。

posted by ぽっぷらいと at 16:23| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/2「きょうの料理ビギナーズ」魚介の煮込み

 魚介の煮込み 
 魚介と野菜の旨味がギュッと詰まった具沢山の煮込み料理。
 桜えびでとった繊細な風味のだしが、味のベースになります。
<材料(2人分)>
  ・えび(無頭/殻付き):4匹
  ・生だら(切り身):2切れ
  ・いか:1/2ぱい
  ・白菜:1枚
  ・大根
   (1cm厚さの輪切り)
:1枚
  ・ほうれんそう:1/2杷(50g)
  ・えのきだけ:1/2パック(50g)
  ・生しいたけ:2枚
  ・塩:適量
  ・オリーブオイル:大さじ1
  ・トマトジュース
   (食塩不使用)
:カップ1と1/4
 
[だし]
  ・桜えび(乾):15g
  ・水:カップ1
 
 
<作り方>

   1.桜えびの[だし] をとる。
     
     桜えび(15g)は粗く刻んで
     表面加工のしてある鍋に入れ、
     弱火で香りが出るまでからいりする。
     水(カップ1)を加えて中火にし、
     2/3の量になるまで煮詰める。

   2.魚介の下ごしらえをする。
    えびは殻を取って背ワタを除き、
    たらといかは食べやすい大きさに切る。
    全て一緒にバットに入れ、塩2つまみふる。
    フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を中火で熱して入れ、
    表面に焼き目をつけて取り出す。

   3.野菜の下ごしらえをする。
     白菜は3~4cm幅のザク切り、
     大根は四つ割りにし、
     ぞれぞれ塩少々を入れた湯で下ゆでする。
     ほうれんそうも同様に下ゆでし、ざく切りにする。
     えのきだけは根元を切ってほぐし、
     しいたけは軸を取ってかさに切り目を入れる。

   4.2のフライパンに
     (食塩不使用)トマトジュースを加え、
     強火で3/4量になるまで煮詰め、塩少々を加える。
     

   5.中火にして、
     白菜の軸、大根、2で焼いたえび、いか、たら、白菜の葉、
     ほうれんそうの順に加える。

   6.5に1でとった桜えびのだしを注ぎ、
     大根が柔らかくなるまで3~4分間ほど煮る。
     途中で煮詰まってきたら少量の水を足す。
     最後に塩少々で味を調えて器に盛り、
     オリーブオイル少々を回しかけたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 16:14| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/2「きょうの料理ビギナーズ」かじきのソテー

 かじきのソテー 
  あっさりしたかじきに、甘酸っぱいトマトソースが相性バツグン!
  焼く前にソースにつけて、味をしみ込ませます。
<材料(2人分)>
  ・かじき(切り身):2切れ(約160g)
  ・塩・コショウ:各少々
  ・オリーブオイル:大さじ1+1/2
 
[フレッシュトマトソース(作りやすい分量)]  
  ・トマト:2個(250g)
  ・塩・コショウ:各少々
  ・にんにく
   (すりおろす)
:1/2片
  ・赤ワインビネガー:小さじ1/2~1
  ・はちみつ:小さじ1
  ・バジルの葉(生):1~2枚
  ・オリーブオイル
:カップ1/2弱
 (80~100ml)
 
 
<作り方>

   1.[フレッシュトマトソース]を作る。
     トマトは包丁でヘタをくり抜き、
     お玉にのせて沸騰した湯に10~20秒間つけ、水にとる。
     包丁の先で引っ張るようにしながらトマトの皮をむく。
     

   2.1を横半分に切ってスプーンの柄で横を取り、
     更に横半分に切って1cm角に切る。
     大きめのボウルに入れ、塩・コショウを振る。

   3.2のボウルに、
     すりおろしたにんにく、赤ワインビネガー、はちみつ、
     細かくちぎったバジルの葉(生)を加えて、混ぜ合わせる。

   4.3にオリーブオイルを3~4回に分けて加え、
     その都度よく混ぜ合わせれば、
     [フレッシュトマトソース]の完成です。
  このかじきのソテーでは、作った半量を
  使用します。
  残ったトマトソースは、色々な料理に万能に
  使えます。
  カリッと焼いたフランスパンにのせて前菜に、
  冷たいパスタのソースにしても美味。
  肉のソテーやカツレツにもよく合います。

   5.かじきの両面に
     塩・コショウを振ってバットに並べ、
     4の[トマトソース]の半量をかけて10分間ほどおく。

   6.フライパンにオリーブオイル(大さじ1+1/2)を中火で熱し、
     [トマトソース]をぬぐってかじきを並べる。
     スプーンで油をかけながら焼き、
     焼き色がついたら裏返して1~2分間ほど焼き、
     八分通り火を通す。

   7.出てきた脂をペーパータオルで拭き取り、
     5のバットに残った[トマトソース]を加えて
     ひと煮立ちさせる。
     かじきを取り出し、
     [トマトソース]を塩・コショウで味を調え、
     オリーブオイル少々を回しかける。

   8.かじきを器に盛り、[トマトソース]をかけたら、完成!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[三浦]<羽床総本店>特上めかじき味噌漬粕漬詰合せ
価格:4536円(税込、送料別) (2016/11/10時点)




posted by ぽっぷらいと at 15:52| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。