2016年12月13日

12/13「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」ほうれん草のオイスターあん

今週のテーマは、“おいしい菜”
 ほうれん草のオイスターあん 
<材料(2人分)>
  ・ほうれん草:180g
  ・にんにく
   (みじん切り)
:小さじ1
  ・油:小さじ2
  ・紹興酒:大さじ1
  ・塩:ひとつまみ  
  ・塩昆布:3g
  ・油揚げ:1/2枚
 
[オイスターあん]
  ・水:150ml
  ・しょうゆ:小さじ2/3
  ・オイスターソース:小さじ1
  ・砂糖:ひとつまみ
  ・こしょう:適量
  ・水溶き片栗粉:適量
  ・ごま油:小さじ1/2
 


<作り方>

   1.ほうれん草は7~8cm長さに切り、
     根元を縦に3~4等分に切って水洗いする。

   2.塩昆布は粗く刻み、油揚げは4cm長さの細切りにする。

   3.鍋に油を熱し、
     にんにくのみじん切り、ほうれん草の茎、葉の順に炒め、
     紹興酒、塩を入れ、ザルに取り出す。

   4.3の鍋を拭き、
     [オイスターあん]の水、塩昆布、油揚げを入れて
     サッと煮て、
     しょうゆ、オイスターソース、砂糖、こしょうを加える。
     水溶き片栗粉でとろみをつけ、ごま油を加える。

   5.器にほうれん草を盛り、4をかけて、完成!




posted by ぽっぷらいと at 19:55| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/13「キユーピー3分クッキング」豆苗と豆腐のサラダ:石原洋子

 豆苗と豆腐のサラダ 
<材料(4人分)>
  ・豆苗
:1パック
 (正味100g)  
  ・木綿豆腐:1丁(300g)
  ・キユーピー
   テイスティドレッシング
   <和風香味玉葱>
:適量
 
<作り方>

   1.豆苗は根を切り落とし、
     茎は2~3cmに、葉先は3~4cm長さに切る。

   2.豆腐はペーパータオルに包んで10分ほどおき、
     1.5cm角に切る。

   3.1と2を合わせて器に盛り、ドレッシングをかける。



posted by ぽっぷらいと at 19:49| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/13「キユーピー3分クッキング」ハムチーズカツ:石原洋子

 ハムチーズカツ 
<材料(4人分)>
  ・ロースハム
:16枚
 (220g)
  ・プロセスチーズ
   (切れてるタイプ)
:8枚
 (60g)
  ・キャベツ
:3~4枚  
 (200g)
 
[衣]
  ・小麦粉:適量
  ・溶き卵:1個分
  ・パン粉:適量
 
  ● 小麦粉、油
 

<作り方>

   1.ハムは2枚1組にしてバットに並べ、
     片面に小麦粉を茶こしで振る。
     (P! ハムに小麦粉を振っておくとくっつき易くなります。
     ハム8枚それぞれにプロセスチーズを1枚ずつのせる。
     残りのハムも粉を振った面を下にして重ね、
     チーズのまわりを押さえて合わせる。

   2.キャベツはせん切りにする。

   3.1のハムに、衣の小麦粉をたっぷりつけ、しっかり閉じる。
     余分な粉を落とし、溶き卵、パン粉の順につける。
     P! パン粉は細かく揉んでから、使ってください。

   4.フライパン(直径26cm)に
     油を2cm深さに入れて180℃に熱し、
     数回に分けて揚げる。
     3を入れたら1分30秒ほど揚げ、
     返して更に1分30秒ほど揚げ、
     両面にきれいな色がついたら引き上げる。

   5.器に、4のハムカツをキャベツとともに盛り、
     好みでウスターソースをかける。



posted by ぽっぷらいと at 19:43| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/13「おびゴハン」ふわとろ卵のハヤシライス:マロンさん

 ふわとろ卵のハヤシライス 
 デミグラスソースの代わりに
 トマトジュースとお好みソースと使った
 簡単にデミグラス風のソースで作るハヤシライスです。
<材料>
[ハヤシライス(4人分)]
  ・玉ネギ:1/2個
  ・牛こま切れ肉:300g
  ・マッシュルーム
         (缶)
:70g
  ・ニンニク:1片
  ・グリーンピース:適量
  ・パセリ:適量
  ・お湯:200〜300ml
  ・トマトジュース
:小1缶
 (190g)
  ・お好みソース:大さじ5
  ・トマト
     ケチャップ
:大さじ2
  ・しょうゆ:小さじ2
  ・バター:20g
  ・塩コショウ:少々
  ・温かいごはん:適量
  ・サラダ油:適量
 
[ふわとろ卵(1人分)]
  ・卵:2個
  ・牛乳:大さじ2
  ・サラダ油:大さじ1
  ・塩コショウ:適量
 

<作り方>

   1.タマネギは5mm幅に、
     牛肉は食べやすい大きさに、
     ニンニクは薄切りにする。

   2.フライパンにサラダ油を引いたらニンニクを入れ炒める。
     香りが立ってきたらタマネギを炒める。
     タマネギがしんなりするまで炒めたら牛肉を加え炒める。
     牛肉の色が変わってきたら塩・コショウをする。

   3.2にトマトジュースとお好みソースを加えて煮詰めたら、
     お湯、トマトケチャップ、しょうゆを加え、
     とろみとツヤが出てくるまで弱火で煮る。

   4.3にマッシュルーム、グリーンピース、を加え、
     バターを加えたら火を止め、余熱で溶かす。
     塩・コショウで味を調える。

<ふわとろ卵を作ります>
  1.卵に塩コショウをし、牛乳を加えて溶く。
  2.熱したフライパンにサラダ油を引き強火にする。
    1を一気に入れ火を止める。
    予熱で火を入れ、かき混ぜ、
    好みの硬さになったら、ハヤシライスにのせる。

   5.皿にご飯を盛り、
     4をかけ、ふわとろ卵をのせ、
     グリーンピース、パセリを散らして、完成!


posted by ぽっぷらいと at 19:31| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/13「白熱ライブ ビビット」20分でできるチャーシュー:普通のサラリーマン久保さん

久保さん、ほぼ1か月ぶりの御登場です!

 20分でできるチャーシュー 
<材料(1人分)>
  ・豚バラ:600g  
  ・水:300cc
  ・醤油:50cc
  ・酒:50cc
  ・ウスターソース:20cc
  ・山椒:適量
  ・ネギ:1本
  ・かいわれ:1パック
  ・すりごま:適量
  ・七味唐辛子:適量
 
<作り方>

   1.長ネギを斜めに切り、もう一本をみじん切りにする。

   2.豚バラのブロック肉を盾に半分に切り、
     油を敷かずにフライパンで強火で5分、
     (P! フライパンで焼く際は、
        しっかり油を取り除きながら焼くことで
        余計な油がなく肉の味がしみ込んでいきます。
     表面がきつね色になるまで焼いていく。
     (P! 表面を焼き固めることで、肉の味を閉じ込めます。

   3.焼き上がったら、ザルにお肉をあげ、
     お湯を沸かしてお肉にかける。
     P! 焼き上がったお肉にお湯をかけることで、
       油が抜けて、こんがり感を逃がしません!

   4.フライパンに
     お水、醤油、お酒、砂糖、ウスターソースを入れて
     かき混ぜ煮立たせる。
  ウスターソースには、
  香辛料や様々な具材が混ざっているため、
  旨味が増し、お酢も入っているので短時間で
  柔らかく仕上がります。

   5.その上にお肉を戻し、
     アルミホイルで落し蓋をして
     ソースと一緒に中火で15分煮ていく。

   6.煮上がったら、ソースを絡め、山椒を適量振りかける。

   7.一度お肉を冷まして、
     4mmくらいの厚さに切って盛り付ければ、完成!


posted by ぽっぷらいと at 18:11| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/13「白熱ライブ ビビット」からし生姜焼き:食堂もり川 森川大太シェフ

 からし生姜焼き 
<材料(1人分)>
  ・豚バラ:180g
  ・醤油:少々
  ・めんつゆは醤油に対し:1杯
  ・料理酒は醤油に対し:2杯
  ・しょうが:適量
  ・ネギ:1/4本 
  ・からし:適量
 
<作り方>

   1.しょうがをみじん切りにし、長ネギをざく切りにする。

   2.ボールに
     しょうが、醤油、めんつゆ、料理酒を入れてかき混ぜて
     タレを作る。
     P! コクを出すためにめんつゆを入れますが、
       隠し味程度に!

   3.フライパンに油をひき、豚バラ肉を強火で焼いていく。
     P! お肉は煮立つため、強火で加熱していくこと!

   4.肉に火が通ったらネギを入れ、
     タレを入れ味が絡まったら、
     お好みの量でからしを入れて、完成!
     P! からしを最後に入れることで、
       風味を逃さず、ピリッと辛さが残ります!




 森川大太シェフ
 食堂もり川
   ・食べログ
   ・住所 : 東京都文京区本郷5−30−16
   ・電話 : 03-3811-1819

posted by ぽっぷらいと at 17:59| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/13「白熱ライブ ビビット」しゃぶしゃぶ肉を使ったサラダ丼:なすび亭 吉岡英尋シェフ

 しゃぶしゃぶ肉を使ったサラダ丼 
<材料(1人分)>
  ・醤油:大さじ2
  ・みりん:大さじ2
  ・おろし生姜:小さじ1
  ・一味:ひとつまみ
  ・ミックスサラダ:30g
  ・マヨネーズ:大さじ2
  ・豚バラ
   しゃぶしゃぶ用
   スライス
:100g程
  ・ご飯:茶わんに2杯  
  ・ミニトマト:3ヶ
  ・ポン酢:大さじ2
 

<作り方>

   1.醤油、みりん、生姜、一味をボールの中に入れて、
     かき混ぜてお肉用にタレを作る。

   2.80℃くらいのお湯にお肉を浸したら、1のタレにつける。
     P! お肉を柔らかくし、型崩れさせないために
       80℃のお湯で一枚一枚茹で上げること。

   3.お肉をご飯の上に乗せ、
     マヨネーズと醤油を合わせたタレに
     ベビーリーフなどの野菜を漬けて
     丼の上に盛り付けたら、完成!







 吉岡英尋シェフ
 なすび亭
   ・公式サイト
   ・住所 : 東京都渋谷区恵比寿南2丁目13−3
   ・電話 : 080-4622-0730

posted by ぽっぷらいと at 17:49| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/13「白熱ライブ ビビット」塩漬け豚と冬野菜のポトフ:La boucherie Goutons郷卓也シェフ

 塩漬け豚と冬野菜のポトフ 
<材料(4人分)>
  ・豚バラ肉(塊)
:500g
  ・玉ねぎ:1/2個
  ・人参:1/2本
  ・メークイン:小2個
  ・キャベツ:1/6個
  ・大根
:太い部分
 10cm程度   
  ・ベーコン(塊) 
:80g
  ・レンコン:1/2個
  ・しいたけ:4個
  ・ローリエ:1枚
  ・塩・コショウ:適量
 

<作り方>

   1.豚バラブロックを半日塩漬けにする。

   2.ブロック肉を茹で、
     灰汁をしっかり取ったら一度ザルにあげる。
     P! 素材の味を生かすため、
       灰汁はしっかり丁寧に取り除くこと!

   3.大根・じゃがいも・ニンジン・玉ねぎ、メークイン、
     キャベツ、レンコン、しいたけ、ベーコンを
     一口サイズに切る。

   4.豚バラを一緒に1時間半煮込み、
     塩・こしょうで味付けして、完成!

  そのまま食べてももちろん美味しいですが、
  マスタードをつけて食べると、
  更に、さっぱりと食べることができます!





 郷卓也シェフ
 La boucherie Goutons
    (ラ ブーシュリー グートン)
   ・公式サイト : http://goutons.com/
   ・住所 : 東京都中央区日本橋富沢町10−15
   ・電話 : 03-6661-1156

posted by ぽっぷらいと at 17:40| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/13「白熱ライブ ビビット」豚バラキャベツトマトの蒸し煮:俺のイタリアンTOKYO 山浦シェフ

 豚バラ、キャベツ、トマトの蒸し煮 
<材料(1人分)>
  ・豚バラスライス:100g
  ・キャベツ:1/8個 
  ・トマト:適宜
  ・卵:2個
  ・ミックスチーズ:50g
  ・水菜:適宜
  ・にんにくのみじん切り、
   オリーブオイル、
   塩、
   黒こしょう
:少々
 
<作り方>

   1.ニンニクをみじん切りにし、
     キャベツとトマトを一口サイズにカット。

   2.お鍋の上でニンニクにオリーブオイルをかけ、
     キャベツ、トマトの順に乗せる手順を2回繰り返す。

   3.その上にチーズと卵を乗せたら煮立たせる。

   4.最後に
     水菜とコショウ、塩を少々、
     オリーブオイルをふりかければ、完成!







 山浦敏宏シェフ
 俺のイタリアンTOKYO
   ・公式サイト
   ・住所 : 東京都中央区銀座1−8−19
         「KIRARITO GINZA」地下1階
   ・電話 : 03-5579-9915

posted by ぽっぷらいと at 17:28| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/13「白熱ライブ ビビット」ミルフィーユ酢豚:赤坂璃宮 譚澤明シェフ

ミルフィーユ酢豚
<材料(1人分)>
  ・豚バラスライス:200g
  ・玉ねぎ:1cm角1/4 
  ・パプリカ
   (赤・青・黄)
:1cm角1/4
  ・卵:1ヶ
  ・片栗粉:100g
  ・塩:少々
  ・胡椒:少々
  ・胡麻油:少々
  ・水溶き片栗粉:少々
 
[甘酢ダレ]
  ・ケチャップ:30g
  ・酢:30g
  ・水:20g
  ・レモン果汁:15g
  ・砂糖:35g
  ・はちみつ:3g
 
<作り方>

   1.豚バラスライスに塩、胡椒で下味をつける。

   2.野菜を1cm角に切る。

   3.下味をつけた豚バラスライスをキツメに丸める。
     P! 豚バラスライスを巻くときは、
       キツメに巻いていくことで、
       歯ごたえがあり、形が整います。

   4.丸めた肉に片栗粉→卵→片栗粉の順でつける。

   5.[甘酢ダレ] を作る。
     ケチャップ、酢、水、レモン果汁、砂糖、はちみつを
     ボールに入れてよく混ぜる。
       
     P! はちみつを入れることで甘みがより増します。

   6.フライパンに油を入れ、
     中温になったら肉を入れ3~4分揚げる。
     そこに野菜を入れてすぐに取り出す。
     P! 野菜を油に入れる際は、
       カラッと仕上げるために、すぐに取り出す。

   7.フライパンで作った[甘酢ダレ]の3分の1の量を入れて、
     水溶き片栗粉でとろみをつけて、
     そこに揚げた材料と胡麻油を入れて絡めたら、完成!




 譚澤明シェフ
 赤坂璃宮
   ・公式サイト
  <赤坂本店>
   ・住所 : 港区赤坂5−3−1 赤坂Bizタワー
   ・電話 : 03-5570-9323
  <銀座店>
   ・住所 : 銀座6-8-7 交詢ビルディング 5F
   ・電話 : 03-3569-2882

posted by ぽっぷらいと at 17:16| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/13「白熱ライブ ビビット」しゃぶしゃぶ肉を使ったステーキ:たいめいけん茂手木シェフ

 しゃぶしゃぶ肉を使ったステーキ 
<材料(1人分)>
  ・豚バラ肉
  ・にんにく:23g
  ・しいたけ:2ヶ
  ・えのき:40g
  ・しめじ:40g
  ・塩・黒コショウ:少々
  ・オリーブオイル:適量
  ・赤ワイン:30cc
  ・醤油小さじ:1杯
  ・バター:小さじ1かけ 
 
<作り方>

   1.ニンニクとしいたけの石づきをみじん切りにし、
     カサをスライスししいたけを3等分、
     しめじの石づきを切る。

   2.豚バラ肉に塩と黒コショウを振る。

   3.お肉をそのまま巻いていき、
     別の豚バラの上に置いてまた巻く、
     というのをお肉の枚数分繰り返し、
     ばらけないように切れ目を楊枝で止め、両面を軽く潰す。
     P! お肉を巻く際は軽く!

   4.お肉を小麦粉をまぶしていく。
     P! 小麦粉をまぶすことで崩れにくく、
        肉の味を逃がしません!

   5.フライパンにオリーブイルをひき、強火でお肉を焼いていく。
     P! お肉を焼きながら手で表面を押し、薄くしていくと
       火が通りやすくなります。
     全体にこんがり色が付いたら
     蓋を閉めて弱火でじっくり5分蒸し焼きにしていく。

   6.フライパンに残った肉汁を使って、
     (P! フライパンで肉を焼いた際の肉汁は
        捨てずにソースに利用することで、
        お肉の味がソースにも絡まり、旨味が逃げない!
     刻んだニンニクとキノコ類を中火で炒め、
     塩で下味をつける。
     赤ワイン、醤油、バターを入れて炒めソースを作る。
     (P! バターを入れることで、ソースにとろみが加わります。

   7.[ソース]をお肉にかけ、
     バジルやラディッシュなどの緑物を添えたら、完成!




  茂手木浩司シェフ
 たいめいけん
   ・公式サイト
   ・住所 : 東京都中央区日本橋1−12−10

posted by ぽっぷらいと at 16:58| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/12「まる得マガジン」チョコレートレーズンサンド:小山進

小山進 直伝!極上チョコレート菓子
  
 この季節贈り物やパーティーに欠かせないのがチョコレート菓子。
 「おうちでも作りたい!」
 そんな願いをかなえてくれるのが小山進さんです。
 小山さんはフランスで最も権威のあるコンテストで
 6年連続最高位を獲得するなど、世界を代表するショコラティエです。



 パティシエエスコヤマ
   ・公式サイト
   ・Online shop
   ・住所 : 兵庫県三田市ゆりのき台5丁目32-1
   ・電話 : 079-564-3192


 チョコレートレーズンサンド 
 サクッ、ホロリとしたショートブレッドの後に、
 ほろ苦く、程よい甘さで、とろける
 キャラメルガナッシュがガツンと追いかけてくる、
 異なる食感のコラボレーションが斬新です。
<材料(12個分)>
 [漬け込みレーズン(作りやすい分量)]
  ・レーズン:100g
  ・水:50g
  ・グラニュー糖:50g
  ・ラム酒:15g
 
 [ショートブレッドカカオ(直径4.5cm×24枚分)]
  ・バター(食塩不使用):90g
  ・粉砂糖:33g
  ・塩:1つまみ
  ・薄力粉:80g
  ・ココアパウダー:8g
  ・打ち粉(強力粉):適量
  ・カカオバター:適量
 
 [キャラメルガナッシュ]
  ・ビターチョコレート(カカオ分64%):20g
  ・ミルクチョコレート(カカオ分40%):45g
  ・生クリーム(乳酸脂肪40%)
   ※38~42%でもOK
:50~55g   
 
  ・トレハロース:8g
  ・グラニュー糖:25g
  ・バター(食塩不使用):22g
  ・塩:少々
  ・ラム酒:2g
 
 
 
<作り方>

 🍪 2~3日以上前に準備すること
  [漬け込みレーズン]を作っておく。
    1.レーズン(100g)は洗って水気を切り、
      耐熱容器に入れる。
      グラニュー糖から10g(レーズンの1割)を取って
      レーズンにまぶし、
      ラップをして電子レンジ(600W)に40秒間かける。

    2.小鍋に、
      水(50g)と残りのグラニュー糖(49g)を入れて煮立て、
      1を加える。
      中火にし、ゴムベラで混ぜながら、
      水分がほとんどなくなるまで煮る。

    3.粗熱が取れたら
      保存容器に移して、ラム酒(15g)を混ぜる。
      ラップを密着させてかぶせ、
      蓋をして冷蔵庫に2~3日間以上おく。
      (P! ラム酒などがなじんで、柔らかくなります。


 🍪 直前に準備すること
   ♦ [ショートブレッドカカオ]、[キャラメルガナッシュ]の
     バターを共に常温に戻しておく。
   ♦ 薄力粉とココアパウダーは合わせてふるっておく。
   ♦ 絞り出し袋に星型口金をつけておく。
   ♦ コルネを作る。
   ♦ 天板にオーブン用の紙を敷く。
   ♦ オーブンは160℃に温める。


 <チョコレートレーズンサンドの作り方>
   1.[ショートブレッドカカオ]を作る。
     常温に戻して柔らかくしたバター(食塩不使用)を
     ボウルに入れ、ゴムベラで滑らかに練り、
     粉砂糖、塩を加える。
     空気を含ませず、粉砂糖を溶かすようにして、
     ムラなく混ぜる。

   2.ふるい合わせておいた
     薄力粉、ココアパウダーを加える。
     ゴムベラで底からすくって上に折りたたむようにし、
     練らずに、粉気がなくなるまで混ぜる。

   3.ひとまとまりになったら
     大きめに切ったラップの中央にのせ、
     薄めの四角形にしながら包む。
     冷蔵庫に入れて一晩おき、生地を寝かせる。

   4.打ち粉をふった台に
     3に生地のラップを外してのせ、手で軽くほぐして練り直す。
     生地の表面にも打ち粉少量を振り、
     綿棒で厚さに3mmの四角形に伸ばす。

   5.直径4.5cmの丸抜き型で抜き、
     準備しておいた天板に少し間隔をあけて並べる。
     160℃に温めておいたオーブンで約15分間、
     程よい焼き色がつくまで焼く。

   6.カカオバターを小さなボウルに入れ、湯せんで溶かす。
     焼き上がった5が温かいうちに、
     表面にカカオバターを刷毛でひと塗りする。
     (P! これで中に水分がしみ込みにくくなります。

   7.[キャラメルガナッシュ]を作る。
     ボウルに、
     ビターチョコレート(カカオ分64%)20g、
     ミルクチョコレート(カカオ分40%)45gを入れ、
     湯せんで35~40℃に溶かす。
     耐熱容器に、
     生クリーム(乳酸脂肪40%)50~55g、
     トレハロース(8g)を混ぜ、
     ラップをせずに電子レンジ(600W)で30秒間ほどかけ、
     沸騰直前まで温める。

   8.小鍋にグラニュー糖(25g)を入れて強火にかけ、
     混ぜずに鍋を揺り動かすようにして、
     きつね色になるまで熱する。
     7の生クリームの1/3量を加えて色が濃くなるのを止め、
     ゴムベラで混ぜる。

   9.残りの7の生クリームも2回に分けて加え、
     滑らかになるまでゴムベラで混ぜてのばし、
     キャラメルを仕上げる。

   10.7の溶かしたチョコレートに9を4~5回に分けて加え、
      その都度、ゴムベラで混ぜる。
      (P! 途中で冷めてきたら、湯せんで温めて下さい。

   11.9を何度か加えて混ぜていくにつれて、
      モロモロと分離した状態になる。
      (これは乳化する直前の現象です。)
      更に加えて混ぜ続けていくと、
      油脂分と水分が融合して乳化し、
      つやが出て滑らかかな状態になる。
      乳化後は9を多めに入れてもよい。

   12.11を35℃にし、
      常温に戻して柔らかくしたバター
      (ゴムベラで押すとすぐに潰れるくらいにしたもの)
      を加えてムラなく混ぜる。
      塩少々とラム酒も加えて混ぜる。

   13.12の[キャラメルガナッシュ]120gをボウルに移す。
      底を氷水に当てハンドミキサーで泡立てる。
      締まってきたら途中で氷水から外し、
      更に白っぽくなるまで泡立てる。

   14.6のショートブレッドカカオの半量を、
      カカオバターを塗った面を下にして
      滑りにくいところに並べる。
      星形口金を付けた絞り出し袋に13を入れ、
      縁に1周絞り出す。

   15.泡立てていない残りの[キャラメルガナッシュ]を
      コルネに入れ、14の中央に絞り出す。
      その上に[漬け込みレーズン]を4粒ずつのせる。

   16.残りの[ショートブレットカカオ]の、
      カカオバターを塗った面を上にしてのせ、サンドする。
      冷蔵庫で冷やして落ち着かせたら、完成!





posted by ぽっぷらいと at 16:27| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/12「きょうの料理 今どきの軽やかおせち」栗葛餅:高橋拓児

日持ちを重視せず、量もほどほどでおいしい
今どきの「軽やかおせち」

 栗葛餅 
 高橋さんの手にかかれば
 甘露煮ももっちりした上品な蒸し菓子に。
 栗と相性の良いバニラが香り、
 デザート感覚でいただけます。
<材料(13×7.5×4.5cmの流し函1個分)>
  ・栗の甘露煮
   (瓶詰/市販)
:(正味)
 300g
  ・水:カップ2
  ・酒:大さじ3
  ・バニラビーンズ
     (さや付き)
:1/2本
  ※バニラエッセンス数滴でもよい 
  ・白玉粉:12g
  ・葛粉:65g
  ・水:カップ1/2
 
 

<作り方>

   1.鍋に
     栗の甘露煮、水、酒、バニラビーンズ(さや付き)を入れて
     弱火にかけ、10分間ほど煮てアルコール分を飛ばす。
     火から下ろして粗熱を取る。

   2.鍋の栗の甘露煮は1/3量ほどを飾り用に取り出し、
     半分に切っておく。
     フードプロセッサーに残りの栗と煮汁大さじ4を入れ、
     滑らかになるまで撹拌し、ボウルに移す。

   3.別のボウルに
     白玉粉、葛粉を入れ、
     水(カップ1/2)を少しずつ加え、
     ダマにならないように混ぜる。
     ザルなどで漉し、
     2のボウルに2~3回に分けて加え、混ぜる。

   4.飾り用の栗の甘露煮の半量を流し
     函の底に並べ、
     3の生地を流す。
     残りの栗の甘露煮を上に並べて、
     蒸気の上がった蒸し器で中火で40分間ほど蒸す。
     取り出して冷まし、
     食べやすい大きさに切ったら、完成!

  蒸し上がった栗葛餅に砂糖水をサッと塗り、
  バーナーで軽くあぶると、
  香ばしさが加わって、更においしくなります。





 高橋拓児
 京料理 木乃婦
   ・公式サイト
   ・住所 : 京都府京都市下京区
         新町通仏光寺下る岩戸山町416
   ・電話 : 075-352-0001

posted by ぽっぷらいと at 15:59| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/12「きょうの料理 今どきの軽やかおせち」たたきごぼう ごまソースあえ:高橋拓児

日持ちを重視せず、量もほどほどでおいしい
今どきの「軽やかおせち」

 たたきごぼう ごまソースあえ 
 ごぼうの土っぽい香りを生かしつつ、
 まろやかでこくのあるソースを絡めた、
 和え物のような一品です。
 従来のたたきごぼうよりも、軽い食べ心地が喜ばれそう。
<材料(つくりやすい分量)>
  ・ごぼう
:1/2本
 (100g)
  ・だし:カップ1と1/4
  ・しょうゆ:大さじ1+2/3 
  ・みりん:大さじ1+1/3
  ・酒:大さじ1+1/3
  ・砂糖:大さじ1/2
  ・白ごま:適量
 
[ごまソース]
  ・ごぼうを
      煮たもの
:1/3
(取り分ける)
  ・ごぼうの煮汁
:大さじ2
(取り分ける)
  ・豆乳(無調整):大さじ1~2
  ・砂糖:大さじ1/2
  ・たまりしょうゆ:小さじ1
   ※ なければしょうゆでもよい
  ・白ごま:5g
 
 

<作り方>

   1.ごぼうは長さを4cm、太さを2~4等分に切る。
     酢少々を加えた熱湯で、
     竹串がスッと入るくらいまでゆでる。

   2.鍋に、
     だし、しょうゆ、みりん・酒、砂糖とごぼうを入れ、
     弱めの中火にかけて煮る。

   3.10~15分間煮たら、
     [ごまソース]に使う
     ごぼうの1/3量と煮汁大さじ2を取り出し、冷ます。
     鍋に残ったごぼうは、指で潰れるくらいまで柔らかく煮て
     ボウルに取り出し、すりこ木で叩いて繊維を崩す。
     (ソースに絡みやすくするため)。

   4.[ごまソース]を作る。
     フードプロセッサーに、
     3で取り出したごぼうと煮汁、
     豆乳(無調整)、砂糖、たまりしょうゆ、白ごまを入れ、
     滑らかになるまで撹拌する。

   5.3で叩いたごぼうを4の[ごまソース]で和え、
     一口大にまとめて器に盛り付ける。
     白ごまを適量振ったら、完成 !




 高橋拓児
 京料理 木乃婦
   ・公式サイト
   ・住所 : 京都府京都市下京区
         新町通仏光寺下る岩戸山町416
   ・電話 : 075-352-0001

posted by ぽっぷらいと at 15:47| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/12「きょうの料理 今どきの軽やかおせち」紅白の包みなます:高橋拓児

日持ちを重視せず、量もほどほどでおいしい
今どきの「軽やかおせち」

 紅白の包みなます 
 箸休めとして欠かせないなますは、
 取り分けやすく、つい箸でつまみたくなる形に。
 薄切りにしたかぶの、心地よい歯ごたえも特徴です。
<材料(つくりやすい分量)>
  ・かぶ:(小)1個
  ・金時にんじん:1/4本
   ※なければにんじんでもよい  
  ・ゆずの皮:1/8個分
 
[甘酢]
  ・米酢・砂糖:各カップ1/4 
  ・昆布
   (3cm四方)
:2枚
  ・水:160ml
 
 

<作り方>

   1.かぶは皮をむき、横に2~3mm厚さの薄切りにする。
     金時にんじんは細いせん切りにする。
     別々に2%の塩水が入ったボウルに入れ、
     15分間ほど漬けておく。

   2.[甘酢]を作る。
     米酢・砂糖、昆布、水を鍋に入れてひと煮立ちさせる。
     

   3.2の[甘酢]が冷めたら
     半量ずつボウルに入れ、
     水気を絞ったかぶとにんじんを別々に入れ、
     30分間以上漬ける。
     昆布はかぶの方に入れる。

   4.水気を絞ってかぶを広げ、
     水気を絞ったにんじんを適量のせ、
     かぶを半分に折る。
     にんじんが残れば一緒に器に盛り付け、
     松葉の形に切ったゆずの皮をのせたら、完成!





 高橋拓児
 京料理 木乃婦
   ・公式サイト
   ・住所 : 京都府京都市下京区
         新町通仏光寺下る岩戸山町416
   ・電話 : 075-352-0001

posted by ぽっぷらいと at 15:36| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/12「きょうの料理 今どきの軽やかおせち」祝い煮しめ:高橋拓児

日持ちを重視せず量もほどほどでおいしい
今どきの「軽やかおせち」

 祝い煮しめ 
 高橋さんの煮しめは主材料がたったの3品。
 根菜の力強い香りに、春菊とオリーブ油の清涼感が加わり、
 すがすがしい気分を高めます。
<材料(つくりやすい分量)>
  ・干ししいたけ:4枚
  ・里芋
:4個
   (またはえび芋)
  ・にんじん:1/2本
   (あれば金時にんじん)
  ・春菊:1/8杷
  ・米のとぎ汁:適量
 
  ・エクストラ
   バージン
   オリーブ油
:少々
 
[煮汁]
  ・干ししいたけの
   戻し汁
:大さじ5
  ・だし:カップ1+1/4 
  ・しょうゆ:大さじ2
  ・みりん:大さじ2
  ・酒:大さじ1+2/3 
  ・砂糖:小さじ2+1/2
 
 


<作り方>

   1.干ししいたけは洗って、水カップ1に半日以上つけて戻す。
     軸を切り落とす。
     煮汁に使うので、戻し汁大さじ5は取っておく。

   2.里芋は両端を切り落とし、
     切り口が六角形になるよう、亀甲に剥く。
     (側面の一面を剥いたら、
      反対側の面を剥くようにするときれいに剥ける)。
     竹串がスッと入るくらいまで米のとぎ汁でゆでたら、
     水に10分間つけておく。

   3.にんじんは長細い乱切りにし、
     カーブを尖らせるように端を切り落とし、
     細長い四角形のような形に切る。

   4.[煮汁]を作る。
     鍋に、[煮汁]のだし、しょうゆ・みりん、酒砂糖を入れて
     火にかける。

   5.煮立ったら1で取り分けた干ししいたけの戻し汁、
     しいたけ、里芋、にんじんを加える。
     落とし蓋をし、にんじんが柔らかくなるまで
     弱めの中火で10~15分間煮る。

   6.春菊はサッとゆでて水に取り、
     水気を絞って食べやすい大きさに切る。
     春菊を1か所にまとめて鍋に加え、
     エクストラバージンオリーブ油を少々回しかける。
     沸いてきたら火を止め、
     [煮汁]ごと冷ましたら、完成!

※ 冷めていくときに味がよくなじみ、香りが全体に広がります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

和食の道 [ 高橋拓児 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/12/13時点)






 高橋拓児
 京料理 木乃婦
   ・公式サイト
   ・住所 : 京都府京都市下京区
         新町通仏光寺下る岩戸山町416
   ・電話 : 075-352-0001

posted by ぽっぷらいと at 15:24| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/12「趣味どきっ」手羽先と白きくらげ、ハト麦の潤いのスープ:谷口ももよ

「あったかボディーでリラックス」では、
東洋医学の知恵で体を温め、
予防につなげるヒントを紹介しています。
2回目「お肌のトラブル改善」

手羽先と白きくらげ、ハト麦の潤いのスープ
 体を温めお肌しっとりの薬膳料理
<材料>
  ・鶏手羽先:4本
  ・白きくらげ:10g
  ・はと麦:20g
  ・しょうが(薄切り):2~3枚   
  ・塩:小さじ1
 
 
<作り方>

   1.白きくらげは水で5分ほど戻し、
     石づきをとり食べやすい大きさに裂いておく。
     

   2.鍋に、
     手羽先、白きくらげ、はと麦、しょうが、水を入れ、
     中火にかける。

   3.煮立ってきたらアクをとり、
     蓋をして弱火で20~30分煮たら、完成!



posted by ぽっぷらいと at 09:28| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/12「趣味どきっ あったかボディーでリラックス」黒米とさけの紅花チャーハン:谷口ももよ

「あったかボディーでリラックス」では、
東洋医学の知恵で体を温め、
予防につなげるヒントを紹介していています。
2回目「お肌のトラブル改善」。

 黒米とさけの紅花チャーハン 
 体を温めお肌しっとりの薬膳料理です。
<材料>
  ・米:180ml(1合) 
  ・黒米:大さじ4
  ・塩ざけ
   (甘口・切り身)
:1切れ
  ・ねぎ
   (みじん切り)
:大さじ2
  ・紅花:少々
  ・塩、こしょう:少々
  ・しょうゆ:大さじ1
  ・ごま油:大さじ2
 
 

<作り方>

   1.黒米を入れたごはんを炊く。

   2.ごま油を引いたフライパンでネギを炒める。

   3.香ばしい香りがするまでねぎを炒めたら
     炊いておいた黒米入りごはんと
     皮と骨を除いてほぐした焼きざけを加える。

   4.水で戻した紅花を
     戻し汁ごと入れ
     水分を飛ばすように炒め合わせる 。
     

   5.塩、こしょう、しょうゆで味を整えれば、完成!


posted by ぽっぷらいと at 09:20| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/12「趣味どきっ あったかボディーでリラックス」クコの実はちみつ桂花茶:木村容子

「あったかボディーでリラックス」では、
東洋医学の知恵で体を温め、
予防につなげるヒントを紹介しています。
2回目「お肌のトラブル改善」。

 クコの実はちみつ桂花茶
<材料>

   ・ クコの実 : 大さじ1
    
  → クコの実は
    血を補い体を温め目にもよい食材。

   ・ はちみつ : 大さじ1

   ・ 桂花茶  : 小さじ1/2
    
  → 桂花は、
     リラックス効果や体を温める作用がある。

    ・ 熱湯 : カップ1

<作り方>

     クコの、はちみつ、桂花茶を入れて
     熱湯をそそぐだけ!


【肌トラブルチェックリスト】
 ・肌がくすんでいる
 ・肌にシミができやすい
 ・唇の色が暗紫色
 ・アザができやすい
 ・生理前にニキビができやすい
 ・髪の毛が抜けやすい
 ・肌がかさつき、かゆくなる
 ・唇が乾燥してリップクリームが一年中欠かせない
 ・顔の毛穴が目立つようになってきた
 ・爪が割れやすい

posted by ぽっぷらいと at 09:09| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/12「解決スイッチ 博士のレシピ」イワシと豆腐のスープ:溝口徹(新宿溝口クリニック 院長)

脳の老化防止にオススメ!
 イワシと豆腐のスープ 
<材料(4人分)>
  ・マイワシ :8尾
  ・ダイコン :1本
  ・木綿豆腐 :1丁
  ・長ネギ  :2本
  ・梅干し  :中4個    
  ・水    :2カップ
  ・酒    :1カップ
  ・塩    :適宜
  ・シラス干し  :30g
 
 
<作り方>

   1.イワシは頭をとってぶつ切りにする。

   2.鍋に水・酒・イワシを入れ ひと煮立ちさせる。

   3.ダイコンおろしと梅干しを加える。

   4.イワシに火が通ったら 長ネギ・豆腐・シラス干しを加える。





 溝口徹 院長
 新宿溝口クリニック
   ・公式サイト
   ・住所 : 東京都新宿区新宿2丁目3−11
         御苑 前 311F ビル 5F

posted by ぽっぷらいと at 08:55| テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/12「解決スイッチ 博士のレシピ」カキと豆乳のスープ:溝口徹(新宿溝口クリニック 院長)

ダイエットにオススメ
 カキと豆乳のスープ 
<材料(4人分)>
  ・カキ(むき身):400g
  ・ホウレン草  :2束
  ・シメジ    :1株
  ・酒      :大さじ4 
  ・ゴマ油    :大2
  ・ショウガ   :2かけ
  ・鶏ガラスープ :4カップ
  ・豆乳     :4カップ
  ・味噌     :大さじ1 
  ・塩      :少々
 
 
<作り方>

   1.鍋にゴマ油を熱し 切ったホウレン草とシメジを炒める。

   2.鶏ガラスープとショウガを加えて、ひと煮立ちさせる。

   3.豆乳と味噌を加え、
     下茹でしたカキとホウレン草を入れて軽く煮て、完成!





 溝口徹 院長
 新宿溝口クリニック
   ・公式サイト
   ・住所 : 東京都新宿区新宿2丁目3−11
         御苑 前 311F ビル 5F
posted by ぽっぷらいと at 08:49| テレビ東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。