2017年01月31日

1/31「白熱ライブ ビビット」奈良のご当地ラーメン天理ラーメン:普通のサラリーマン久保さん

普通のサラリーマン久保さん、
今回は、にんにくのパンチが効いた、
奈良県・天理市のご当地グルメ「天理ラーメン」を作りました。
  
奈良県のご当地ラーメン
  天理ラーメン
<材料(作りやすい分量)>
  ・白菜:1/4個
  ・ニラ:一束
  ・豚こま肉:300g
  ・塩、コショウ:ひとつまみ  
  ・お酒:大さじ2杯
  ・サラダ油:小さじ1杯
  ・長ネギ(白い所):1/3本
  ・ニンニク:5片
  ・鶏ガラスープの素:大さじ1杯
  ・しょう油:大さじ1杯
  ・豆板醤:大さじ1杯
 

<作り方>

   1.白菜の葉っぱはざく切り、
     芯は白菜の繊維にそって4、5cmに細長く切る。
     (P! 白菜は細長く切ることで麺との絡みがよくなります。
     ニラは3、4cmのざく切り、
     ネギは縦に半分に切った物を斜めに細切りにする。
     ニンニクはみじん切りにする。

   2.豚こま肉を食べやすいサイズに切り、
     塩、コショウ、お酒で下味をつけて揉み込む。
     (P! お肉に下地をつける際に、
        汁気が無くなるまで揉み込むと肉がジューシーに!
     最後に、片栗粉をまぶして揉み込む。
     (P! 片栗粉をまぶすことで、お肉の旨味を逃さず
        食感をつるっとさせることができます。
     焼く前にサラダ油を入れる。
     (P! 豚肉にサラダ油を混ぜるとお肉がくっつきません!

   3.熱したフライパンに
     ニンニクを入れて香りが出るまで炒め
     (P! ニンニクは弱火で炒めると、焦げずに香りが出る)、
     香りが出たら豚肉を入れて色が変わるまで炒め
     白菜を半分入れる。

   4.水を白菜が浸るくらいまで入れ、
     煮立ったところで
     鶏ガラスープの素、醤油、豆板醤で味付けをする。
     更に煮立ったところで残りの白菜を入れる。
     (P! 白菜を二回に分けて入れることで
        白菜の食感の違いを楽しむことができます!

   5.市販の麺を表示通りに茹でる。
     麺を湯で始めたタイミングで、スープにニラを入れる。

   6.湯がいた麺を器に盛り、
     スープをかけ、ネギをのせたら、完成!

 ♦ レンジで器を1分間温めておくと、
  スープを最後まで熱々で頂くことが出来ます!

posted by ぽっぷらいと at 15:42| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/31「白熱ライブ ビビット」シャキシャキ白菜ペペロンチーノ:寺田真二郎

 シャキシャキ白菜ペペロンチーノ 
 スピーディー旨み白菜漬けを使ったアレンジレシピです。
 白菜漬けに「さきいか」が入っているので、
 新たに具材を足さなくても、これだけでOK!!
 また、「さきいか」からダシが出るので、味付けも楽々!!
<材料(1人分)>
  ・スピーディー旨み白菜漬け:150g
  ・にんにくのみじん切り:1かけ分
  ・オリーブ油:大さじ2
  ・白ワイン:大さじ2
  ・しょうゆ:小さじ1/4   
  ・塩、黒こしょう:少々
  ・スパゲティ(1.6mm):80g
 
 
<作り方>

   1.スパゲティを袋の表示通りに茹ではじめる。

   2.フライパンにオリーブ油、にんにくを入れ、中火にかけ、
     にんにくが薄く色づいてきたら、
     白菜漬けと白ワイン加える。
     30秒ほど炒めたら、茹で上がったスパゲティを加え、
     しょうゆ、塩、黒こしょうで味を調れば、完成!


posted by ぽっぷらいと at 15:26| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/31「白熱ライブ ビビット」スピーディー旨み白菜漬け:寺田真二郎

 スピーディー旨み白菜漬け 
<材料(作りやすい分量)>
  ・白菜:1/4個
  ・人参:1/3本
  ・さきいか
   (ソフトタイプ)
 
  ・輪切り唐辛子:2つまみ
  ・柚子の皮:1/3個分  
  ・塩:大さじ1/2   
 

<作り方>

   1.白菜の茎を細切りに、葉を手で一口大にちぎる。
     ( 白菜の茎は、味が染み込みにくいので、
      細切りにしておきましょう。)
     人参は千切りに、
     柚子の皮も千切りにしておく。
     さきいかはキッチンバサミでざっくりと切っておく。

   2.ボウル(大)に白菜と人参を入れ、
     塩をまぶし、
     キッチンバサミでざっくりと切ったさきいかと
     輪切り唐辛子を加え混ぜる。
 普通は、昆布などを入れたりしますが、
 昆布だとダシが出るのに時間がかかります。
 さきいかは旨みが濃く、短時間でダシが出て、
 早く白菜になじみます。
 更に風味が増し、適度な食感が楽しい
 白菜漬けになります!

   3.耐熱ボウルに入れ、
     ラップをしてレンジ(600w)で5分加熱する。
 普通は、重石をのせて、4時間ほどおくところ、
 レンジで加熱することで、短時間で水分が抜け、
 早く白菜に味を染み込ませることができます。

   4.粗熱がとれたら、水気を手でギュッと絞り、
     千切りにした柚の皮を和えて、完成!


posted by ぽっぷらいと at 15:20| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/31「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」ブリの黒こしょう炒め

今週のテーマは、”ブリとタラ”
 ブリの黒こしょう炒め 
<材料(2人分)>
  ・ぶり:200g
  ・長ねぎ:1/2本
  ・クレソン:25g
  ・しょうが(薄切り):5g
  ・黒こしょう(粗びき) :小さじ1
  ・油:適量
 
[ぶりの味つけ]
  ・塩:小さじ1/4 
  ・紹興酒:小さじ1/2
  ・片栗粉:小さじ1
 
[合わせ調味料]
  ・砂糖:小さじ1
  ・しょうゆ:小さじ2
  ・酢:小さじ2
 

<作り方>

   1.ぶりは皮を取り、1.5cm幅の一口大に切り、
     [ぶりの味つけ]の塩、紹興酒、片栗粉で下味をつける。

   2.長ねぎは縦半分に切って3mm幅の斜め切りにし、
     クレソンは3cm長さに切り、
     長ねぎとクレソンを混ぜる。

   3.[合わせ調味料]の砂糖、酢、しょうゆを合わせる。

   4.鍋に油適量を熱し、
     ぶりを中火で香ばしく焼いて取り出し、
     鍋を拭いて、しょうがの薄切りを炒め、
     黒こしょうを加えて炒め、香りを出す。

   5.4にぶりを戻し入れ、
     3を少しずつ加えながら炒め、
     火を止めて2を加えて軽く炒め、器に盛って、完成!


posted by ぽっぷらいと at 15:08| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/31「キユーピー3分クッキング」ハーブチキンソテー:小林まさみ

 ハーブチキンソテー 
<材料(4人分)>
  ・鶏もも肉
:(小)3枚
 (600g)
  ・塩:小さじ2/3
  ・こしょう:少々
 
  ・オレガノ
   (ドライ)
:小さじ1+1/2
  ・タイム
   (ドライ)
:小さじ1
 
  ・カリフラワー :1個(350g)
  ・ミニトマト:12個(120g)  
  ・塩、こしょう:各少々
  ・白ワイン:大さじ1
 
  ● オリーブ油 
 

<作り方>

   1.鶏肉は厚い部分に切り込みを入れて開き、
     厚みを均一にし、更に太い筋や余分な脂を取り除く。
     1枚を4等分し、塩、こしょうを振って揉み込み、
     オレガノ、タイムを合わせて指で軽く揉んでまぶし
     15分おく。
     P! ハーブは軽く指で揉んで、香りを立たせてから
       まぶしましょう。

<オレガノ&タイム>
 
 「オレガノ」にはスパイシーな香りがあり、
 「タイム」には独特な爽やかな香りがあります。
 どちらも、乾燥にしても風味が損なわれず、
 加熱しても風味がそのままで、
 煮込み料理やスープにもよく使うハーブです。
 トマトとの相性がよく、肉や魚の臭み消しに
 なります。

   2.カリフラワーは小房に分け、ミニトマトはヘタを取る。

   3.フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、
     カリフラワーを油がまわるまで強火で炒める。
     ミニトマトを加え、塩、こしょうを振ってさっと炒める。
     白ワインを加え、蓋をして、
     弱めの中火で7~8分蒸し焼きにし、
     取り出してアルミ箔をかぶせ、冷めないようにしておく。

   4.フライパンをさっと拭き、オリーブ油大さじ1を足し、
     鶏肉の皮目を下にして、
     シワを作らないように皮をひっぱるようにして、
     フライパンに並べます。
     時々ヘラで押さえながら、強めの中火で5分ほど焼く。
     こんがり焼けたら返し、
     更に3分ほど焼いて火を通し、3とともに器に盛って、
     完成!


posted by ぽっぷらいと at 15:03| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/31「おびゴハン」筑前煮パスタ:マロンさん

 筑前煮パスタ 
<材料(2人分)>
  ・残りの筑前煮:適量
  ・スパゲティ(1.6mm):160g
  ・ニンニクみじん切り:1片
  ・パスタの茹で汁:大さじ4 
  ・オリーブオイル:適量
  ・鷹の爪:適量
  ・パセリのみじん切り:適量
 
<作り方>

   1.筑前煮の具材を食べやすい大きさに切る。
     鍋に湯を沸かし、パスタを茹でる。

   2.フライパンに
     オリーブオイル、鷹の爪、ニンニクを入れ弱火にかけ、
     香りが出てきたら
     1の筑前煮とパスタの茹で汁、パセリ、
     茹で上がったパスタを入れて炒め、
     パセリをかけて、完成!

posted by ぽっぷらいと at 14:49| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/31「おびゴハン」イタリアン筑前煮:マロンさん

 イタリアン筑前煮 
<材料(4人分)>
  ・鶏もも肉:300g
  ・ニンジン:1本
  ・しいたけ:6枚
  ・トマト水煮缶
     (ホール)
:1/2缶    
  ・ごぼう:1/2本
  ・こんにゃく:1/2枚
  ・レンコン:8cm分
  ・大豆水煮缶:60g
  ・ニンニク薄切り:1片分
  ・ショウガ千切り:1片分
  ・和風ダシ:1カップ
  ・水:大さじ3
  ・しょうゆ:大さじ1
  ・バルサミコ酢:大さじ1
  ・オリーブオイル:大さじ1
  ・塩:少々
  ・粗びき黒コショウ:少々
  ・きぬさや:適量
 

<作り方>

   1.ニンジンは乱切り、
     レンコンは小さめのいちょう切り、
     ごぼうは1cm幅の斜め切りにし、
     さっと茹で、ザルに上げ水気をよく切る。
     (P! 野菜の下茹でをすると
        アクが抜け、調味料が野菜に入りやすくなります。
     しいたけは2等分に切る。

   2.フライパンにオリーブオイルを強めの中火で熱し、
     一口大に切った鶏もも肉に焼き色をつけ、
     塩、粗びき黒コショウをする。
     薄切りにしたニンニク、細切りにしたショウガを加え、
     香りが立ったら、1を加え炒める。
     全体に油がまわったら、
     水を入れて蓋をし、沸騰したら中火にし蒸し煮にする。

   3.トマトの水煮缶を加えて軽く煮詰め、
     大豆、下ゆでし一口大に切ったこんにゃく、
     大豆水煮缶、和風ダシを加えて
     弱めの中火で、蓋をしないで7〜8分ほど煮込む。
     しょうゆ、バルサミコ酢を加え、
     強めの中火で水分を飛ばすように炒め、
     ツヤよく仕上げる。

   4.器に盛り付け、筋を取り塩茹でしたきぬさやを添えて、
     完成!

posted by ぽっぷらいと at 14:44| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/31「あさイチ」カキ鍋

 カキ鍋 
<材料(作りやすい分量)>
  ・カキのむき身:250g   
  ・豚バラ肉
   (薄切り)
:150g
 
  ・干ししいたけ:8枚
  ・水:1L
 
  ・酒:100ml
  ・みりん:100ml
  ・うす口しょうゆ  :100ml    
 
  ・白菜:350g
  ・春菊:60g
 

<作り方>

   1.水1Lに干ししいたけを入れ、1晩置く。

   2.カキは、沸騰した湯(分量外)に入れ、軽く下ゆでする。

   3.土鍋に
     干ししいたけの戻し汁1L、水300ml、
     酒、みりん、うす口しょう油、戻した干ししいたけ、
     細切りにした白菜を入れ
     沸騰させない程度の火で15分ほど煮る。
     ㊟ 沸騰させるとアクが出るので注意。

   4.豚バラ肉、下ゆでしたカキ、春菊を入れて
     5分ほど煮れば、カキ鍋の完成です!

posted by ぽっぷらいと at 14:36| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/31「あさイチ」カキグラタン

 カキグラタン 
<材料(作りやすい分量)>
  ・カキのむき身:4コ
  ・ゆでたジャガイモ:60g
  ・ホワイトソース:100g    
  ・ほうれんそう:15g
  ・粉チーズ:3g
  ・とけるチーズ:10g
  ・牛乳:適量
 
<作り方>

   1.牛乳をひと煮立ちさせ、
     カキを入れ、もう一度牛乳が沸いたら取り出す。
     (30秒程度)

   2.お皿にゆでたじゃがいも、ホワイトソースをかける。

   3.その上にゆでたほうれんそう、カキを並べる。

   4.とけるチーズと粉チーズを振って、
     180℃に熱したオーブンで15分焼く。

posted by ぽっぷらいと at 14:28| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/31「あさイチ」さくさくジューシーカキフライ

 さくさくジューシー カキフライ 
<材料(作りやすい分量)>
  ・カキのむき身:12コ
  ・小麦粉:適量
  ・生パン粉:適量
 
[バッター液]
  ・卵:1個
  ・小麦粉:大さじ2
  ・水:大さじ1/2
 
  ・塩
:水1Lに対して
 30g(大さじ2) 
 
  ・油:適量
 
<作り方>

   1.カキを、塩水濃度3%の塩水で洗う。
     P! 水で洗うと浸透圧のため、
       水分を吸収して身ぶくれします。

   2.カキの表面をキッチンペーパーなどで丁寧に拭く。

   3.卵1コ、小麦粉大さじ2を混ぜ合わせ、
     最後に大さじ1/2の水でゆるめて[バッター液]を作る。

   4.カキに
     小麦粉→バッター液→生パン粉の順版で衣をつける。
     P! 小麦粉、バッター液はしっかり付けましょう。
     ㊟ パン粉をつけたら絶対に押さえつけないように!

   5.175℃の油で2分半~3分揚げる。

   6.揚げた後、数分おいて余熱調理する。
  衣をつけてしっかり余熱調理をすることで、
  厚生労働省が推奨している
  カキを安全に食べるための加熱基準
  「中心温度85℃~90℃で、90秒以上」も
  クリアできます。


ラベル:あさイチ 魚介類
posted by ぽっぷらいと at 14:24| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする