2017年01月06日

1/6「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」焼き餅の海鮮あんかけ

今週のテーマは、テーマ”おもちモチモチ”
 焼き餅の海鮮あんかけ 
 トマトがびっくりするほどおいしいです。味のポイントになります。
<材料(2人分)>
  ・シーフードミックス:150g
  ・しいたけ:2枚
  ・青ねぎ:1本
  ・ミニトマト:6個
  ・角もち:3個
  ・油:適量
 
[シーフードの下味]
  ・塩:少量
  ・こしょう:適量
  ・紹興酒:小さじ1/2
  ・片栗粉:小さじ1
 
[あん]
  ・水:200ml
  ・塩:小さじ1/4 
  ・しょうゆ:大さじ1
  ・砂糖:大さじ1
  ・こしょう:適量
  ・酢:大さじ1
  ・水溶き片栗粉:適量
 


<作り方>

   1.シーフードミックスはペーパータオルにのせて解凍し、
     水気を取り、
     [シーフードの下味]の
     塩、こしょう、紹興酒、片栗粉で下味をつける。

   2.角もちは4等分に切り、オーブントースターで焼く。

   3.青ねぎは斜めに1.5cm長さに切り、
     白い部分と青い部分に分け、
     しいたけは6枚に切り、
     ミニトマトは横半分に切る。

   4.鍋に油少量を熱し、
     しいたけ、青ねぎの白い部分を中火から弱火で炒めて
     香りを出し、
     [あん]の水、1を入れて、
     煮立ってきたら塩、しょうゆ、砂糖、こしょう、酢を加える。

   5.4にミニトマトを加え、
     水溶き片栗粉でとろみをつけ、
     青ねぎの青い部分を加え、
     器にもちを盛ってかける。



posted by ぽっぷらいと at 19:40| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/6「キユーピー3分クッキング」かぶと青菜の七草がゆ:小林まさみ

 かぶと青菜の七草がゆ 
 明日は春の七草。
 疲れた胃腸を休めましょう。
 トッピングに「梅のり」や「カリカリじゃこ」などを添えてどうぞ!
<材料(4人分)>
  ・米:1合
  ・水:6カップ
  ・塩:小さじ1/2
 
  ・かぶ:2個(約250g) 
  ・かぶの葉:1個分(30g)
  ・せり:1/2束(35g)
 
  ● 塩
 
[梅のり(作りやすい分量)]
  ・梅干し:4個
  ・焼きのり
   (全形)
:3枚
 
  ・水:1/3カップ
  ・しょうゆ:小さじ1/2
  ・ごま油:小さじ1
 
[カリカリじゃこ(作りやすい分量)]
  ・ちりめんじゃこ:大さじ3
  ・削りがつお:2袋(6g)
  ・炒り白ごま:大さじ1+1/2
  ・砂糖:大さじ1/2
  ・しょうゆ:大さじ1
 



<作り方>

   1.米は洗い、ザルに上げて水気を切って、
     土鍋または厚手の鍋に入れ、
     分量の水を加えて強火にかける。
     ふつふつしてきたら底から全体を混ぜ、
     ごく弱火にし、蓋をずらしてのせ、10分炊く。

   2.かぶは皮つきのまま、1cm角に切る。
     かぶの葉の茎は1cm長さの小口切り、葉先は粗く刻む。
     せりも粗く刻み、かぶの葉とともにボウルに入れ、
     塩小さじ1/3をふって混ぜ、10分ほどおき、
     水気をしっかり絞る。

   3.1にかぶを加えて混ぜ、
     蓋をずらしてのせ、30分ほど炊く。
     蓋をはずし、2のかぶの葉とせりを加え混ぜ、火を強め、
     そのままさっと火を通し、塩で味を調える。

   4.おすすめトッピング 「1. 梅のり」
    ① 梅干しは種を除き、果肉を叩く。
    ② 耐熱ボウルに一口大にちぎった焼きのりを入れ、
      分量の水、しょうゆを加え混ぜる。
      ラップなしで電子レンジ(500W)に2分かける。
      取り出して、ごま油、①の梅干しを加えてざっと混ぜる。

   5.おすすめトッピング 「2. カリカリじゃこ」
    ① 耐熱ボウル(直径約17cm)に全ての材料を入れ、
      よく混ぜて、底全体に広げる。
    ② ラップなしで電子レンジ(500W)に2分かけ、
      取り出して1度混ぜ、再び30秒~1分かける。
      粗熱をとり、指でひねって細かく崩す。

posted by ぽっぷらいと at 19:32| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/6「ノンストップ!」焼きカレードリア:坂本昌行

 焼きカレードリア 
 ミカンの爽やかな酸味がふんわりと香る絶品カレードリアです。
 食欲をそそる、子供も大好きな一品です。
<材料(2人分)>
  ・温かいご飯:300g
  ・卵:2個
 
[カレー]
  ・合いびき肉:100g
  ・ミカン:1個
  ・タマネギ:1/4個
  ・ホウレンソウ:1/2束(100g)
  ・ニンニク
   (みじん切り)
:大さじ1/2
  ・ショウガ
   (みじん切り)
:大さじ1
  ・バター:大さじ2
  ・水:400cc
  ・カレールウ
   (市販品)
:2片(約50g)
  ・ピザ用チーズ:80g
  ・塩・黒コショウ:各適量
 

<作り方>

   1.カレーを作る。
     ミカンは塩でこすって洗い、皮と実を分ける。
     皮は白い部分を少し除いてせん切りにする。
     実は横半分に切って小房に分ける。

   2.タマネギはみじん切りにする。
     ホウレンソウは塩ゆでし、水にさらして水気を絞って
     みじん切りにする。

   3.フライパンにバター(大さじ2)を溶かし、
     ニンニクのみじん切り、ショウガのみじん切りを入れて
     炒める。

   4.香りが立ったらタマネギを加えて炒め、
     タマネギが透き通ってきたら、
     合いびき肉を加え、ほぐしながら炒める。

   5.肉の色が変わったら、
     ミカンの身と皮を入れ、実を潰しながら
     全体をしっかりと炒め合わせる。
  カレーには、ミカンを入れて甘みと爽やかな
  酸味をプラス。
  皮の苦みもアクセントになります。

   6.5に水(400cc)を加え、ひと煮立ちさせる。
     煮立ったら火を止め、
     カレールウ(市販品)2片(約50g)を加えて溶かす。

   7.再び火をつけ、ホウレンソウを加える。
     とろみがついたら、
     ピザ用チーズを1/3量ほど加えて混ぜ合わせ、
     塩・黒コショウで味を調える。

   8.焼きカレードリアを作る。
     耐熱皿にご飯を2等分に分けて入れ、
     カレーをお玉半分くらいずつかける。
     スプーンでカレーとご飯を混ぜて平らにし、
     残りのカレーをかける。
  カレーの半量はご飯と混ぜてリゾット風に。
  耐熱皿の中で混ぜれば、洗い物も少なくて
  ラクチンです。

   9.8に残りのチーズを2等分に分けて散らし、
     卵を1個ずつ割り落とし、
     オーブントースター(1200W)で8~10分、
     チーズが溶けてこんがりするまで焼いたら、完成!


posted by ぽっぷらいと at 19:18| フジテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/6「おびゴハン」ニンジンサラダ:浜内千波

 ニンジンサラダ 
<材料(2人分)>
  ・ニンジン :1本
  ・塩:小さじ1/4   
 
[A]
  ・酢:大さじ2
  ・砂糖:小さじ1
  ・塩:少々
  ・ゴマ油:小さじ1
  ・すりゴマ:大さじ2
 
<作り方>

   1.ニンジンの半分を細切にして塩をふりしんなりさせる。

   2.ボールに[A]を入れ混ぜ、
     残り半分のニンジンを皮ごとすり下ろし混ぜたら
     1のニンジンの水分をしっかり絞って、混ぜ合わせる。


続きを読む
posted by ぽっぷらいと at 19:05| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/6「おびゴハン」豚肉のロール巻き焼き:浜内千波

 豚肉のロール巻き焼き 
  豚肉の巻き終わりをしっかり握るだけ。
  固定させるための爪楊枝も小麦粉も不要です!
<材料(2人分)>
  ・豚ロース薄切り肉:8枚
  ・パプリカ(赤・黄):各1/2個   
  ・セロリ:1/2本
  ・水:大さじ2
  ・酢:大さじ1
  ・しょうゆ:大さじ1
  ・砂糖:大さじ1
  ・塩コショウ:少々
 
<作り方>

   1.パプリカはタネを取り縦の細切りにする。
     セロリも縦の細切りにする。
      

   2.豚肉は塩コショウを振り、
     豚肉の幅が広い方を手前にして1をのせて巻く。
     巻終わりはしっかり握る。

   3.油は引かず、フライパンを温めたら
     2を入れて1分ほど焼いたらひっくり返す。
     蓋をし、1〜2分焼いたらフライパンから取り出しておく。
     肉汁が残ったフライパンに
     しょうゆ、水、砂糖、酢を入れてひと煮立ちさせたら
     豚肉をフライパンに戻し、よく絡めて、完成!

posted by ぽっぷらいと at 18:59| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/6「めざましテレビ 晴れローラの休日」ブリ玉丼:ローラ

 ブリ玉丼 
<材料〈1人分〉>
  ・ブリ切り身:2切
  ・塩:少々
  ・米油:少々
  ・水溶き片栗粉:大さじ1
  ・ご飯:1合(150g) 
  ・カイワレ大根:適量
  ・卵黄:1個
  ・黒ごま:少々
 
[合わせダレ]
  ・ショウガ:7g
  ・しょうゆ:大さじ2
  ・みりん:大さじ1
 

<作り方>

   1.ブリの切り身に塩を少々振って、少しおいておく。
     出てきた水分をペーパータオルで押さえて拭き取り、
     臭みを取る。
  ブリには、脂肪の代謝を促すビタミンB2が
  豊富に含まれています。
  身よりも皮の方に多く含まれているので、
  皮も残さないで食べるのがおすすめです。

   2.ブリを厚めにスライスする。

   3.[合わせダレ]を作る。
     ショウガをすりおろす。
     ボウルに、おろしたショウガ、しょうゆ、みりん入れて
     混ぜ合わせる。
  ショウガには、
  体を温め、血流を促す効果があります。
  更に、魚の臭みを和らげる働きもあります。

   4.フライパンに米油(少々)を熱し、ブリを並べる。
     焼き色がついたらひっくり返し、両面を焼く。

   5.火を止めて、3の[合わせダレ]を加えてなじませる。
     水溶き片栗粉(大さじ1)を加え、
     弱火でタレにとろみをつける。

   6.ご飯をどんぶりに盛り、
     その上にカイワレ大根を敷く。
      ブリをタレごとのせ、
      真ん中に卵黄を1個落とし、黒ごまを振ったら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 18:52| フジテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/5「プレバト!!」蓮根まんじゅう:熊谷真実

 蓮根まんじゅう 
 見事に1位。2種類の食感の蓮根がポイント!
<材料>
[蓮根まんじゅう(4個分)]
  ・蓮根(大):1房(300g)   
  ・くず粉:適量
  ・エビ:3尾
  ・長芋:60g
  ・銀杏:8個
  ・ゆり根:8枚
  ・クコの実:11個
 
[春菊ソース]
  ・春菊:80g
  ・えびの頭:5尾
  ・みりん:大さじ3
  ・くず粉:適量
  ・ダシ:500ml
  ・酒:大さじ1
  ・薄口しょうゆ:大さじ1
 
[ダシ]
  ・昆布:10g
  ・かつお節:20g
  ・水:1リットル
 


<作り方>

   1.蓮根は
     半量をフードプロセッサーで細かくし、
     半量をすりおろしてボウルに入れ、
     長芋、くず粉を加え団子状にする。
     えびは片栗粉をまぶして洗い、食べやすい大きさに切る。
     P! 蓮根は、
       「細かくしたもの」と「すりおろしたもの」で
       食感が楽しめるように仕上げる。

   2.えび、ゆり根、銀杏をのせ、蒸し器で10分蒸す。

   3.[春菊ソース]を作る。
     フードプロセッサーで春菊を細かくし、
     その他のソースの材料を入れた鍋に加えて火にかけ、
     くず粉でとろみをつける。

   4.[春菊ソース]を器に盛り、
     蓮根まんじゅうをのせ、
     クコの実、ゆり根を散らせば、完成!

posted by ぽっぷらいと at 18:40| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/5「プレバト!!」金目鯛の煮付け:野崎洋光

 金目鯛の煮付け 
<材料>
  ・金目鯛:1尾
  ・結び昆布:5個
  ・しょうが(薄切り) :5枚
  ・針しょうが:適量
 
[煮汁]
  ・水:500ml    
  ・酒:500ml
  ・砂糖:45g
  ・薄口しょうゆ:30ml
 
<作り方>

   1.金目鯛は腹の部分に×印で切れ目を入れ、
     お湯につけて霜ぶりしアクを取る。

   2.冷水につけて身をひきしめ、きれいにうろこを取る。

   3.フライパンに冷たい状態の出汁を入れ、
     2の金目鯛を入れる。
     P! 冷たい出汁に入れることで、
       表面のタンパク質がかたまらず、
       味が染み込みやすくなります。

   4.尻尾が焦げないよう
     尻尾の部分にだけアルミホイルを巻き、
     落し蓋をして10分煮る。
     ㊟ 10分以上煮ても身がかたくなるだけ!

   5.魚を取り出し、煮汁を強火で煮詰める。

   6.煮詰めた煮汁に金目鯛を戻し、煮汁を絡めれば、完成!

posted by ぽっぷらいと at 18:29| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/5「プレバト!!」美味しい鯛めし:野崎洋光

 美味しい鯛めし 
  鯛は切り身をのせて!
<材料>
  ・鯛の切り身:1尾
  ・米:450g(3合)   
  ・水:450ml
  ・薄口しょうゆ:45ml
  ・酒:45ml
  ・三つ葉:適量
 
<作り方>

   1.米を土鍋に入れ、水、しょうゆ、酒を加え一煮立ちさせる。

   2.1のお米の上に、焼いた鯛の切り身を並べ炊く。
     炊き上がったら、刻んだ三つ葉を散らす。

posted by ぽっぷらいと at 18:24| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/5「きょうの料理ビギナーズ」豆とパスタのスープ

 豆とパスタのスープ 
 赤いんげんの豆と細かく砕いたパスタが入った
 ボリュームスープです。
 豆の一部を潰して加え、とろみをつけるのがポイントです。
<材料(2人分)>
  ・キドニービーンズ
   (水煮/缶詰)
:1缶(430g)   
  ・たまねぎ:1/4個 (50g)
  ・セロリ:1/4本 (40g)
  ・スパゲッティ(1.4mm):30g
  ・オリーブオイル:大さじ1
  ・トマトジュース
   (食塩無添加)
:大さじ2
  ・水:カップ1+1/4
  ・塩・コショウ:各少々
  ・粉チーズ:20g
   ※あればパルメザンチーズ
 
 
<作り方>

   1.たまねぎとセロリはみじん切りにする。
     鍋にオリーブオイル(大さじ1)を弱火で熱して
     たまねぎとセロリを入れ、
     焦がさないように混ぜながら、
     香りが出るまでじっくりと炒める。

   2.キドニービーンズは豆と缶汁とに分ける。
     缶汁の全量、豆の2/3量を1の鍋に加える。
     トマトジュース(食塩無添加)と水を注ぎ、
     中火にして煮立たせる。
      

   3.残りの1/3量のキドニービーンズの豆をボウルに入れて
     フォークの背で潰し、
     玉じゃくし1杯分の2の煮汁で溶きのばす。
     これを2の鍋に加え、混ぜながら弱火でとろみをつける。
     P! 潰した豆は煮汁で溶きのばして加えると、
        スープになじみやすくなります。

   4.スパゲッティは広げた布巾にのせてクルクルと細長く巻き、
     両端を持ってテーブルの角などでしごいて、細かく砕く。
     3の鍋に加え、塩・コショウ(各少々)で味を調える。
     混ぜながらスパゲッティが柔らかくなるまで煮る。
     P! パスタは、布巾で包んでテーブルの角などでしごくと、
       散らばることなく、砕くことができます。

   5.器に盛って、
     粉チーズをのせ、オリーブオイル適量を回しかけたら
     完成!

posted by ぽっぷらいと at 18:18| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/5「きょうの料理ビギナーズ」ミネストローネ

 ミネストローネ 
  色々な野菜をトマト味で煮込んだ、
  イタリアの家庭的なスープ。
  野菜をじっくり炒めてから煮ることで、
  旨味が倍増します。
<材料(3~4人分)>
  ・たまねぎ:1/4個(50g)
  ・セロリ:1/2本(80g)
  ・にんじん:1/6本(30g)
  ・じゃがいも:1個(150g)
  ・ズッキーニ:1/2本(75g)
  ・白菜:1枚(50g)
  ・しめじ:1/2パック(50g) 
  ・生しいたけ:3枚
  ・オリーブオイル:大さじ3
  ・トマトジューズ
   (食塩無添加)
:カップ1
  ・水:カップ3と3/4
  ・塩:小さじ1/2
  ・コショウ:少々
  ・粉チーズ:30g
   ※あればパルメザンチーズ
 

<作り方>

   1.たまねぎ、セロリ、にんじん、じゃがいも、ズッキーニは
     それぞれ1cm角に切る。
     白菜は葉と軸に分け、1cm四方に切る。
     しめじは根元を切って食べやすくほぐし、
     しいたけは根元の堅い部分を除いて六つ割りにする。

   2.鍋にオリーブオイル(大さじ3)を中火で熱し、
     たまねぎ、セロリを入れて炒め、香りと甘みを出す。
     次ににんじんを入れて、耐熱のゴムベラで混ぜながら、
     じっくり炒める。

   3.水分が飛んで香りが出てきたら、
     じゃがいも、ズッキーニを加えて炒める。
     白菜の軸 → しめじとしいたけ → 白菜の葉の順に加え、
     炒め合わせる。
 ● 野菜をよく炒めて水分を飛ばすと、
   旨味が凝縮され、スープの味わいが
   グンと深まります。
 ● 炒めるときは、火が通りにくい堅いものから
   順に入れるのがコツ!
   こうすることで、どの野菜からも十分に
   旨味を引き出すことができます。

   4.全体に油が回ったら、
     トマトジューズ(食塩無添加)カップ1を加え、強火にする。
     焦げつかないように、ゴムベラで鍋の周りをこそげながら、
     汁気が少なくなるまで煮詰める。

   5.水を加え、
     弱めの中火で野菜が柔らかくなるまで10分間ほど煮る。
     塩、コショウで味を調え、粉チーズを加えて混ぜる。

   6.器に盛り、
     粉チーズ適量をのせ、オリーブオイル少々を回しかけたら
     完成!

posted by ぽっぷらいと at 18:05| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/5「きょうの料理」切り干し大根の卵焼き:土井善晴

土井善晴の満足おかずスペシャル
 切り干し大根の卵焼き 
 切り干し大根の歯ごたえをプラスした卵焼きです。
 卵はしっかり焼き色をつけるとおいしく、
 歯ごたえのある一品になります。
<材料(2人分)>
  ・切り干し大根(乾):20g
  ・卵:3個
  ・しょうゆ:大さじ1/2
  ・塩:小さじ1/3
  ・サラダ油:大さじ2
 
<作り方>


   1.切り干し大根はサッと洗って、
     かぶるくらいの水に2分間ほどつけて、
     ゴワゴワしなくなる程度に戻す。
     水気を絞って横長に1cm長さに刻む。
  切り干し大根の戻し加減は、ゴワゴワしなく
  なればよいです。
  戻し加減で、歯ごたえの生かし方が変わり
  ますので、お好みで加減してください。

   2.卵3個を割りほぐし、しょうゆ、塩を加えて混ぜる。

   3.フライパンにサラダ油(大さじ2)と切り干し大根を入れ、
     中火で熱くなるまでいりつける。

   4.2の溶き卵を加えて大きく混ぜ、半熟に火を通して広げる。
     焼き色がついたらひっくり返し、
     両面からきちんと火を通して焼き上げたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 17:52| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/5「きょうの料理」かきと牛肉の炒め物:土井善晴

土井善晴の満足おかずスペシャル
 かきと牛肉の炒め物 
  一番濃い味をもつ貝。
  一番旨味の濃いお肉。
  主役になる2つの素材を組み合わせたごちそうです。
<材料(4人分)>
  ・牡蠣
   (加熱用)
:12個(220g)
  ・牛切り落とし肉:120g
  ・にんにくの芽:1把(100g)
  ・サラダ油:適量
  ・塩:適量
  ・片栗粉:適量
  ・黒コショウ
   (粗びき)
:適量
 
[下味]
  ・しょうゆ:大さじ2/3
  ・みりん:大さじ2/3
  ・黒コショウ
   (粗びき)
:適量
 
[合わせ調味料]
  ・しょうゆ:大さじ1
  ・みりん:大さじ1
  ・酒:大さじ1
 

<作り方>

   1.牡蠣は薄めの塩水の中でよく洗い、汚れを落とす
     (ひだの周りを念入りに洗いましょう)。
     水を換えて、もう一度サッと洗う。
     ザルに上げ、ペーパータオルで押さえるようにして
     水気を拭き取る。

   2.牡蠣に、[下味]のしょうゆ・みりん、黒コショウ(粗びき)を
     振り、味をなじませる。

   3.にんにくの芽は5cm長さに切る。
     牛肉は食べやすい大きさに切る。

   4.[合わせ調味料]を作る。
     しょうゆ・みりん・酒を混ぜ合わせる。

   5.フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、
     にんにくの芽を入れて重ならないように広げる。
     塩少々を振り、そのまま動かさず、中火で焼き色をつける。
     片面に焼き色がついたら、一旦取り出す。

   6.5のフライパンにサラダ大さじ2を足して、
     2のかきに片栗粉を軽くまぶして並べる。
     余り動かさず中火で両面に焼き色をつけたら、
     一旦取り出す。
 牡蠣は余り触らず、両面にしっかり焼き色が
 つくまで待ちます。
 火の通りが甘ければ、牡蠣の臭いがきつく、
 苦手な人は食べにくいものです。

   7.6のフライパンをサッと拭き、
     サラダ油大さじ1を足して牛肉を入れる。
     塩を少々振り、
     牡蠣と同様に余り動かさず中火で焼き色をつける。

   8.にんにくの芽、かきを戻し入れ、
     4の[合わせ調味料]を加えて炒め合わせ、
     黒コショウ(粗びき)を振ったら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 17:45| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。