2017年01月19日

1/19「おびゴハン」やわらか牛ステーキのサラダ:森野熊八

 やわらか牛ステーキのサラダ 
<材料(2人分)>
  ・牛肉
   (ステーキ用)
:2枚
  ・トマト:1個
  ・ニンニク:1片
  ・ベビーリーフ:適量
  ・サニーレタス:適量
  ・ブロッコリー:適量
  ・ルッコラ:適量
  ・ブランデー:大さじ1
  ・赤ワイン:大さじ3
  ・イタリアン
   ドレッシング
:大さじ3〜4   
  ・塩:適量
  ・黒コショウ:適量
  ・オリーブオイル:適量
 

<作り方>

   1.ベビーリーフ、サニーレタス、ルッコラは水洗いをし、
     ザルでよく水切りをし、冷蔵庫で冷やしておく。
     トマトはヘタをとって、1cm程のさいの目切りに、
     ニンニクは縦半分に切る。
     牛肉は、塩、黒コショウをしっかりふる。

   2.フライパンに
     オリーブオイルと、1のニンニクを入れて中火で加熱し、
     牛肉を2枚重ねて側面から焼き、
     焼き色がついたら表面を焼く。
     ( P! 厚みのある肉は
        肉の旨味が逃げないように側面から先に焼くこと!
     余分な脂をペーパで拭き取ったら、
     ブランデーを入れフランベをする。
     (P! ブランデーなどアルコール度数の強い酒で
        フランベをするとカリッとした焼き目がつきます。
     赤ワインを入れたら牛肉を取り出し、
     フライパンに残ったワインを煮詰める。

   3.2のフライパンのワインを煮詰めたら
     1のトマト、イタリアンドレッシングを入れて混ぜ、
     沸騰したら火を止めておく。
     器に、プロッコリー、
     その上に冷蔵庫で冷やしていた1の葉野菜を盛り付け、
     2の牛肉を薄めのそぎ切りにしてサラダの上にのせ、
     ドレッシングをかければ、完成!



posted by ぽっぷらいと at 12:43| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/18「きょうの料理ビギナーズ」れんこんと鶏肉のいり煮

冬野菜たっぷり!フライパンおかず⑦「れんこん」
 れんこんは 切り方や加熱の仕方を変えると、
 シャキッとしたり、モチッとしたり、異なる食感が楽しめます。
 定番メニューをマスターして、れんこんのおいしさを 満喫しましょう。

 れんこんと鶏肉のいり煮 
 炒めてから煮るので、
 コクが出て、れんこんの歯ごたえが残ります。
 しょうがの風味が効いた甘辛味で、お弁当にもおすすめです。
<材料(2人分)>
  ・れんこん
:(小)1節
 (150g)
  ・鶏もも肉
:(大)1/2枚
 (150g)
  ・生しいたけ 
:6枚
 (100g)
  ・しょうが:6g
  ・サラダ油:大さじ1
 
[煮汁]
  ・だし:カップ1
  ・砂糖:小さじ2
  ・みりん:小さじ2
  ・しょうゆ:大さじ1+1/2 
 

<作り方>

   1.れんこんは縦4等分に切り、一口大の乱切りにする。
     たっぷりの水に入れてサッと洗ってアクを抜き、
     ペーパータオルで水気を拭く。
     P! 水で洗うと変色しにくく、味がすっきりします。

   2.鶏肉は余分な脂肪を除き、
     筋の多いところに切り目を入れ、
     2~3cm角に切る。
     しいたけは根元の堅い部分を切り落とす。
     しょうがは薄切りにする。

   3.フライパンにサラダ油(大さじ1)を中火で熱し、
     しょうがを入れて炒める。
     香りがたったら、鶏肉を皮を下にして並べ入れ、
     両面に薄く焼き色をつける。
     れんこんを加え、炒め合わせる。
     P! 豚肉の表面を焼くと、
       アクが出にくく、香ばしさが出ます。
       火が通りやすいれんこんは後から加えましょう。

   4.れんこんに油が回ったら、だしをカップ1入れ、
     煮立ったら弱めの中火にし、フタをして4~5分間煮る。

   5.しいたけを加え、砂糖・みりん、しょうゆを入れる。
     再び煮立ったら、蓋をして3~4分間煮る。
     煮汁が多ければ蓋を取り、中火で少し煮詰めたら、
     完成!

posted by ぽっぷらいと at 12:34| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/18「きょうの料理ビギナーズ」れんこんバーグ

冬野菜たっぷり!フライパンおかず⑦「れんこん」
 れんこんは 切り方や加熱の仕方を変えると、
 シャキッとしたり、モチッとしたり、異なる食感が楽しめます。
 定番メニューをマスターして、れんこんのおいしさを 満喫しましょう。

 れんこんバーグ 
 れんこんは半分を角切りにしてシャキッと、
 残りはすりおろしてモチッと。
 2つの食感を同時に楽しめる一品です
<材料(2人分)>
  ・豚ひき肉:150g
  ・れんこん
:(小)1節
 (150g)
  ・長ねぎ:5cm
  ・しょうが:10g
  ・片栗粉:大さじ1
  ・塩:小さじ1/4    
  ・コショウ:少々
  ・サラダ油:大さじ1
 
[付け合わせ]
  ・大根おろし
   (すりおろす)
:カップ1/2
  ・青じそ:1枚
  ・しょうゆ:少々
  ・レモン
   (くし形に切る)
:2切れ
 

<作り方>

   1.れんこんはピーラーで皮を剥き、長さを半分に切る。
     半量は6~7mm角に切り、
     半量はすりおろしてつなぎに使う。
  れんこんは
  半分を角切りにしてシャキッとした食感を、
  半分はすりおろしてモチッとした
  2つの食感を楽しんで下さい!

   2.長ねぎ、しょうがはみじん切りにする。

   3.ボウルに豚ひき肉を入れ、
     6~7mm角に切ったれんこん、
     すりおろしたれんこん、
     長ねぎ、しょうが、片栗粉、塩、コショウを加え、
     粘りが出るまで手で練り混ぜる。

   4.3のタネを6等分にし、1個ずつ小判形に整える。

   5.フライパンにサラダ油(大さじ1)を入れ、
     4を並べて中火で焼いていく。
     焼き色がついたら裏返し、
     蓋をして弱めの中火で3分間ほど焼いて中まで火を通す。

   6.レンコンバーグを器に盛る。
     大根おろしをザルに上げて軽く水気を切る。
     縦半分に切った青じそを敷いて大根おろしをのせ、
     しょうゆをかけ、レモンを添えたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 12:24| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/18「きょうの料理」世界で2番目においしいラザニア:飯塚宏子

 世界で2番目においしいラザニア 
  飯塚さんが ローマに暮らしていた頃、
  親切にしてくれた隣の家のアドリアーナさんから教わった
  「ラザニア」です。
  同じ様に作っても、彼女の味は超えられないので
  「世界で2番目においしいラザニア」だそうです。
<材料(25×35cmのグラタン皿1個/10~12人分)>
[ラザニア用パスタ(10~12枚分)]
  ・強力粉:200g
  ・薄力粉:200g
  ・卵:3~4個
  ・塩:大さじ1
  ・オリーブオイル:大さじ1+1/2
 
[ミートソース]:余ったら冷凍保存できる
  ・牛ひき肉
   (赤身)
: 600g
  ・にんにく
   (薄切り)
: 2片分
 
  ・たまねぎ: 1個分
   (根を残してくし形に切る)
  ・セロリ: 1本分
   (長さを2等分にする)
 
  ・にんじん
   (すりおろす)
: 1/2本分
 
  ・オリーブオイル:大さじ2~3
  ・トマトの水煮:4缶(1.6kg)
   (缶詰/ホールタイプ)
  ・赤ワイン:カップ1
  ・ローリエ:1枚
 
  ・塩・コショウ:各適量
 
[ホワイトソース]:余ったら冷凍保存できる  
  ・バター:30g
  ・オリーブオイル:大さじ2
  ・小麦粉: 50g
  ・牛乳:カップ3
  ・ナツメグ(粉末):少々
 
  ・塩・コショウ:各少々
 
[トッピング]
  ・バター:少々
 
  ・ゆで卵
   (薄切り)
:4個分
  ・モッツァレラチーズ
   (一口大にちぎる)
:300g
  ・パルメザンチーズ
   (すりおろす)
:カップ1/2
 
 
<作り方>

 1. [ラザニア用パスタ]を作る。
   1.強力粉と薄力粉は台の上に広げて混ぜ合わせる。
     こんもりと山のように盛り、
     中央をドーナツ状にくぼませる。
     そこに卵(3~4個)を割り入れ、
     塩(大さじ1)、オリーブオイル(大さじ1+1/2)を加える。

   2.フォークで卵を溶きほぐしながら、
     塩とオリーブオイルを混ぜ合わせる。
     よく混ざったら、
     粉を内側から
     フォークで少しずつ崩しながら混ぜ込んでいく。

   3.生地がもったりとしとしてきたら、
     手を使って残りの粉を中央にかぶせるようにして混ぜる。

   4.生地を手の平で押すようにしてよくこねる。
     粉が生地に入っていかなくなったら、
     無理に混ぜ込まなくてもよい。

   5.生地が耳たぶくらいの堅さになったら丸め、
     固く絞った濡れ布巾をかぶせて20分間ほど休ませる。

   6.5の生地を直径4~5cmのボール状に丸め、
     1個ずつパスタマシンにかける。
     最初は厚い目盛りにし、
     1回かけるごとに半分に折りたたみ、
     90度に回して更にかける。
     徐々に薄い目盛りにし、
     0.5mm厚さ程度になるまで伸ばす。
 
  パスタマシンがない場合は、麺棒を使って
  伸ばしましょう。
  台に強力粉適量を振り、90度ずつ回しながら
  均一に伸ばしていきます。
  生地の卵の分量を増やすと、伸ばしやすく
  なります。

   7.熱湯に、塩大さじ1とオリーブオイル小さじ1を加え、
     6を1枚ずつゆでる。
     湯に入れて浮いてきたらすぐに引き上げて冷水にとり、
     ペーパータオルの上にのせて水気を取る。
  すぐにゆでない場合は
  強力粉を振り、固く絞った濡れ布巾をかけて
  おきましょう。
  ゆでれば冷凍可能です。長いたままラップで
  包んで、クルクル巻いて、冷凍庫へ。


 2. [ミートソース]を作る。
   1.鍋にオリーブオイル(大さじ2~3)を中火で熱し、
     にんにくの薄切りを入れる。
     香りが立ったら、
     たまねぎ、セロリ、にんじんを加えてサッと炒める。
     牛ひき肉を加え、色が変わるまで炒める。

   2.8にトマト水煮4缶を缶汁ごと加えて木べらで潰し、
     赤ワイン、ローリエを加えて煮る。
     煮立ったら中火にし、
     時々混ぜながら2/3量になるまで煮詰める。
     セロリ、たまねぎ、ローリエを取り出し、
     塩・コショウで味を調える。


 3. [ホワイトソース]を作る。
   1.鍋にバター(30g)、オリーブオイル(大さじ2)を熱し、
     小麦粉を加えて弱火でよく炒める。
     粉っぽさがなくなったら
     牛乳をカップ1ずつ、3回に分けて加え泡立て器で混ぜる。
     滑らかなとろみがついたら
     ナツメグ・塩・コショウで味を調える。


 4. [ラザニア]を作る。
   1.グラタン皿にバター(少々)を塗り、
     7のパスタを底に縦1列に並べる。
     パスタの両端が皿から5~7cm程はみ出すようにする。
     [ミートソース]を大さじ6程度、たっぷり敷き詰め、
     パルメザンチースをかける。

   2.その上にパスタを横1列に並べ、
     [ホワイトソース]を大さじ5程度、たっぷり敷き詰める。
     更にパスタを縦1列に並べ、
     [トッピング]のゆで卵、モッツァレラチーズ、
     パルメザンチーズを散らす。
     P! パスタを縦横交互に並べると、ソースは混ざりません。

   3.容器がいっぱいになるまでこれを繰り返し、
     最後に[ミートソース]、[トッピング]のゆで卵、
     モッツァレラチーズ、パルメザンチーズをのせる。
     はみ出したパスタを中に折り込む。

   4.グラタン皿を台の上に軽く落として空気を抜く。
     240℃に温めたオーブンで20分間焼いて、
     焼き色がついてフツフツとしたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 12:13| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/18「ガッテン」なんちゃってドライトマト

トマトのレッシュさを保ちつつ、うまみを高める
なんちゃってドライトマト
<材料>
       ・ ミニトマト : 適量
       
<作り方>

     1.ミニトマトを半分にカットする。

     2.切り口を上に向けて並べ、
       オーブンで180℃、20分間加熱する。
       ㊟ 火加減は目安です。
         オーブンの機種によっても適温は異なります。
         お好みで調整して下さい。

     3.そのままオーブンの蓋を開けずに、
       1時間を目安に置けば、完成!



ラベル:ガッテン
posted by ぽっぷらいと at 07:25| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。