2017年01月31日

1/31「白熱ライブ ビビット」奈良のご当地ラーメン天理ラーメン:普通のサラリーマン久保さん

普通のサラリーマン久保さん、
今回は、にんにくのパンチが効いた、
奈良県・天理市のご当地グルメ「天理ラーメン」を作りました。
  
奈良県のご当地ラーメン
  天理ラーメン
<材料(作りやすい分量)>
  ・白菜:1/4個
  ・ニラ:一束
  ・豚こま肉:300g
  ・塩、コショウ:ひとつまみ  
  ・お酒:大さじ2杯
  ・サラダ油:小さじ1杯
  ・長ネギ(白い所):1/3本
  ・ニンニク:5片
  ・鶏ガラスープの素:大さじ1杯
  ・しょう油:大さじ1杯
  ・豆板醤:大さじ1杯
 

<作り方>

   1.白菜の葉っぱはざく切り、
     芯は白菜の繊維にそって4、5cmに細長く切る。
     (P! 白菜は細長く切ることで麺との絡みがよくなります。
     ニラは3、4cmのざく切り、
     ネギは縦に半分に切った物を斜めに細切りにする。
     ニンニクはみじん切りにする。

   2.豚こま肉を食べやすいサイズに切り、
     塩、コショウ、お酒で下味をつけて揉み込む。
     (P! お肉に下地をつける際に、
        汁気が無くなるまで揉み込むと肉がジューシーに!
     最後に、片栗粉をまぶして揉み込む。
     (P! 片栗粉をまぶすことで、お肉の旨味を逃さず
        食感をつるっとさせることができます。
     焼く前にサラダ油を入れる。
     (P! 豚肉にサラダ油を混ぜるとお肉がくっつきません!

   3.熱したフライパンに
     ニンニクを入れて香りが出るまで炒め
     (P! ニンニクは弱火で炒めると、焦げずに香りが出る)、
     香りが出たら豚肉を入れて色が変わるまで炒め
     白菜を半分入れる。

   4.水を白菜が浸るくらいまで入れ、
     煮立ったところで
     鶏ガラスープの素、醤油、豆板醤で味付けをする。
     更に煮立ったところで残りの白菜を入れる。
     (P! 白菜を二回に分けて入れることで
        白菜の食感の違いを楽しむことができます!

   5.市販の麺を表示通りに茹でる。
     麺を湯で始めたタイミングで、スープにニラを入れる。

   6.湯がいた麺を器に盛り、
     スープをかけ、ネギをのせたら、完成!

 ♦ レンジで器を1分間温めておくと、
  スープを最後まで熱々で頂くことが出来ます!



posted by ぽっぷらいと at 15:42| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/31「白熱ライブ ビビット」シャキシャキ白菜ペペロンチーノ:寺田真二郎

 シャキシャキ白菜ペペロンチーノ 
 スピーディー旨み白菜漬けを使ったアレンジレシピです。
 白菜漬けに「さきいか」が入っているので、
 新たに具材を足さなくても、これだけでOK!!
 また、「さきいか」からダシが出るので、味付けも楽々!!
<材料(1人分)>
  ・スピーディー旨み白菜漬け:150g
  ・にんにくのみじん切り:1かけ分
  ・オリーブ油:大さじ2
  ・白ワイン:大さじ2
  ・しょうゆ:小さじ1/4   
  ・塩、黒こしょう:少々
  ・スパゲティ(1.6mm):80g
 
 
<作り方>

   1.スパゲティを袋の表示通りに茹ではじめる。

   2.フライパンにオリーブ油、にんにくを入れ、中火にかけ、
     にんにくが薄く色づいてきたら、
     白菜漬けと白ワイン加える。
     30秒ほど炒めたら、茹で上がったスパゲティを加え、
     しょうゆ、塩、黒こしょうで味を調れば、完成!


posted by ぽっぷらいと at 15:26| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/31「白熱ライブ ビビット」スピーディー旨み白菜漬け:寺田真二郎

 スピーディー旨み白菜漬け 
<材料(作りやすい分量)>
  ・白菜:1/4個
  ・人参:1/3本
  ・さきいか
   (ソフトタイプ)
 
  ・輪切り唐辛子:2つまみ
  ・柚子の皮:1/3個分  
  ・塩:大さじ1/2   
 

<作り方>

   1.白菜の茎を細切りに、葉を手で一口大にちぎる。
     ( 白菜の茎は、味が染み込みにくいので、
      細切りにしておきましょう。)
     人参は千切りに、
     柚子の皮も千切りにしておく。
     さきいかはキッチンバサミでざっくりと切っておく。

   2.ボウル(大)に白菜と人参を入れ、
     塩をまぶし、
     キッチンバサミでざっくりと切ったさきいかと
     輪切り唐辛子を加え混ぜる。
 普通は、昆布などを入れたりしますが、
 昆布だとダシが出るのに時間がかかります。
 さきいかは旨みが濃く、短時間でダシが出て、
 早く白菜になじみます。
 更に風味が増し、適度な食感が楽しい
 白菜漬けになります!

   3.耐熱ボウルに入れ、
     ラップをしてレンジ(600w)で5分加熱する。
 普通は、重石をのせて、4時間ほどおくところ、
 レンジで加熱することで、短時間で水分が抜け、
 早く白菜に味を染み込ませることができます。

   4.粗熱がとれたら、水気を手でギュッと絞り、
     千切りにした柚の皮を和えて、完成!


posted by ぽっぷらいと at 15:20| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/31「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」ブリの黒こしょう炒め

今週のテーマは、”ブリとタラ”
 ブリの黒こしょう炒め 
<材料(2人分)>
  ・ぶり:200g
  ・長ねぎ:1/2本
  ・クレソン:25g
  ・しょうが(薄切り):5g
  ・黒こしょう(粗びき) :小さじ1
  ・油:適量
 
[ぶりの味つけ]
  ・塩:小さじ1/4 
  ・紹興酒:小さじ1/2
  ・片栗粉:小さじ1
 
[合わせ調味料]
  ・砂糖:小さじ1
  ・しょうゆ:小さじ2
  ・酢:小さじ2
 

<作り方>

   1.ぶりは皮を取り、1.5cm幅の一口大に切り、
     [ぶりの味つけ]の塩、紹興酒、片栗粉で下味をつける。

   2.長ねぎは縦半分に切って3mm幅の斜め切りにし、
     クレソンは3cm長さに切り、
     長ねぎとクレソンを混ぜる。

   3.[合わせ調味料]の砂糖、酢、しょうゆを合わせる。

   4.鍋に油適量を熱し、
     ぶりを中火で香ばしく焼いて取り出し、
     鍋を拭いて、しょうがの薄切りを炒め、
     黒こしょうを加えて炒め、香りを出す。

   5.4にぶりを戻し入れ、
     3を少しずつ加えながら炒め、
     火を止めて2を加えて軽く炒め、器に盛って、完成!


posted by ぽっぷらいと at 15:08| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/31「キユーピー3分クッキング」ハーブチキンソテー:小林まさみ

 ハーブチキンソテー 
<材料(4人分)>
  ・鶏もも肉
:(小)3枚
 (600g)
  ・塩:小さじ2/3
  ・こしょう:少々
 
  ・オレガノ
   (ドライ)
:小さじ1+1/2
  ・タイム
   (ドライ)
:小さじ1
 
  ・カリフラワー :1個(350g)
  ・ミニトマト:12個(120g)  
  ・塩、こしょう:各少々
  ・白ワイン:大さじ1
 
  ● オリーブ油 
 

<作り方>

   1.鶏肉は厚い部分に切り込みを入れて開き、
     厚みを均一にし、更に太い筋や余分な脂を取り除く。
     1枚を4等分し、塩、こしょうを振って揉み込み、
     オレガノ、タイムを合わせて指で軽く揉んでまぶし
     15分おく。
     P! ハーブは軽く指で揉んで、香りを立たせてから
       まぶしましょう。

<オレガノ&タイム>
 
 「オレガノ」にはスパイシーな香りがあり、
 「タイム」には独特な爽やかな香りがあります。
 どちらも、乾燥にしても風味が損なわれず、
 加熱しても風味がそのままで、
 煮込み料理やスープにもよく使うハーブです。
 トマトとの相性がよく、肉や魚の臭み消しに
 なります。

   2.カリフラワーは小房に分け、ミニトマトはヘタを取る。

   3.フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、
     カリフラワーを油がまわるまで強火で炒める。
     ミニトマトを加え、塩、こしょうを振ってさっと炒める。
     白ワインを加え、蓋をして、
     弱めの中火で7~8分蒸し焼きにし、
     取り出してアルミ箔をかぶせ、冷めないようにしておく。

   4.フライパンをさっと拭き、オリーブ油大さじ1を足し、
     鶏肉の皮目を下にして、
     シワを作らないように皮をひっぱるようにして、
     フライパンに並べます。
     時々ヘラで押さえながら、強めの中火で5分ほど焼く。
     こんがり焼けたら返し、
     更に3分ほど焼いて火を通し、3とともに器に盛って、
     完成!


posted by ぽっぷらいと at 15:03| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/31「おびゴハン」筑前煮パスタ:マロンさん

 筑前煮パスタ 
<材料(2人分)>
  ・残りの筑前煮:適量
  ・スパゲティ(1.6mm):160g
  ・ニンニクみじん切り:1片
  ・パスタの茹で汁:大さじ4 
  ・オリーブオイル:適量
  ・鷹の爪:適量
  ・パセリのみじん切り:適量
 
<作り方>

   1.筑前煮の具材を食べやすい大きさに切る。
     鍋に湯を沸かし、パスタを茹でる。

   2.フライパンに
     オリーブオイル、鷹の爪、ニンニクを入れ弱火にかけ、
     香りが出てきたら
     1の筑前煮とパスタの茹で汁、パセリ、
     茹で上がったパスタを入れて炒め、
     パセリをかけて、完成!

posted by ぽっぷらいと at 14:49| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/31「おびゴハン」イタリアン筑前煮:マロンさん

 イタリアン筑前煮 
<材料(4人分)>
  ・鶏もも肉:300g
  ・ニンジン:1本
  ・しいたけ:6枚
  ・トマト水煮缶
     (ホール)
:1/2缶    
  ・ごぼう:1/2本
  ・こんにゃく:1/2枚
  ・レンコン:8cm分
  ・大豆水煮缶:60g
  ・ニンニク薄切り:1片分
  ・ショウガ千切り:1片分
  ・和風ダシ:1カップ
  ・水:大さじ3
  ・しょうゆ:大さじ1
  ・バルサミコ酢:大さじ1
  ・オリーブオイル:大さじ1
  ・塩:少々
  ・粗びき黒コショウ:少々
  ・きぬさや:適量
 

<作り方>

   1.ニンジンは乱切り、
     レンコンは小さめのいちょう切り、
     ごぼうは1cm幅の斜め切りにし、
     さっと茹で、ザルに上げ水気をよく切る。
     (P! 野菜の下茹でをすると
        アクが抜け、調味料が野菜に入りやすくなります。
     しいたけは2等分に切る。

   2.フライパンにオリーブオイルを強めの中火で熱し、
     一口大に切った鶏もも肉に焼き色をつけ、
     塩、粗びき黒コショウをする。
     薄切りにしたニンニク、細切りにしたショウガを加え、
     香りが立ったら、1を加え炒める。
     全体に油がまわったら、
     水を入れて蓋をし、沸騰したら中火にし蒸し煮にする。

   3.トマトの水煮缶を加えて軽く煮詰め、
     大豆、下ゆでし一口大に切ったこんにゃく、
     大豆水煮缶、和風ダシを加えて
     弱めの中火で、蓋をしないで7〜8分ほど煮込む。
     しょうゆ、バルサミコ酢を加え、
     強めの中火で水分を飛ばすように炒め、
     ツヤよく仕上げる。

   4.器に盛り付け、筋を取り塩茹でしたきぬさやを添えて、
     完成!

posted by ぽっぷらいと at 14:44| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/31「あさイチ」カキ鍋

 カキ鍋 
<材料(作りやすい分量)>
  ・カキのむき身:250g   
  ・豚バラ肉
   (薄切り)
:150g
 
  ・干ししいたけ:8枚
  ・水:1L
 
  ・酒:100ml
  ・みりん:100ml
  ・うす口しょうゆ  :100ml    
 
  ・白菜:350g
  ・春菊:60g
 

<作り方>

   1.水1Lに干ししいたけを入れ、1晩置く。

   2.カキは、沸騰した湯(分量外)に入れ、軽く下ゆでする。

   3.土鍋に
     干ししいたけの戻し汁1L、水300ml、
     酒、みりん、うす口しょう油、戻した干ししいたけ、
     細切りにした白菜を入れ
     沸騰させない程度の火で15分ほど煮る。
     ㊟ 沸騰させるとアクが出るので注意。

   4.豚バラ肉、下ゆでしたカキ、春菊を入れて
     5分ほど煮れば、カキ鍋の完成です!

posted by ぽっぷらいと at 14:36| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/31「あさイチ」カキグラタン

 カキグラタン 
<材料(作りやすい分量)>
  ・カキのむき身:4コ
  ・ゆでたジャガイモ:60g
  ・ホワイトソース:100g    
  ・ほうれんそう:15g
  ・粉チーズ:3g
  ・とけるチーズ:10g
  ・牛乳:適量
 
<作り方>

   1.牛乳をひと煮立ちさせ、
     カキを入れ、もう一度牛乳が沸いたら取り出す。
     (30秒程度)

   2.お皿にゆでたじゃがいも、ホワイトソースをかける。

   3.その上にゆでたほうれんそう、カキを並べる。

   4.とけるチーズと粉チーズを振って、
     180℃に熱したオーブンで15分焼く。

posted by ぽっぷらいと at 14:28| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/31「あさイチ」さくさくジューシーカキフライ

 さくさくジューシー カキフライ 
<材料(作りやすい分量)>
  ・カキのむき身:12コ
  ・小麦粉:適量
  ・生パン粉:適量
 
[バッター液]
  ・卵:1個
  ・小麦粉:大さじ2
  ・水:大さじ1/2
 
  ・塩
:水1Lに対して
 30g(大さじ2) 
 
  ・油:適量
 
<作り方>

   1.カキを、塩水濃度3%の塩水で洗う。
     P! 水で洗うと浸透圧のため、
       水分を吸収して身ぶくれします。

   2.カキの表面をキッチンペーパーなどで丁寧に拭く。

   3.卵1コ、小麦粉大さじ2を混ぜ合わせ、
     最後に大さじ1/2の水でゆるめて[バッター液]を作る。

   4.カキに
     小麦粉→バッター液→生パン粉の順版で衣をつける。
     P! 小麦粉、バッター液はしっかり付けましょう。
     ㊟ パン粉をつけたら絶対に押さえつけないように!

   5.175℃の油で2分半~3分揚げる。

   6.揚げた後、数分おいて余熱調理する。
  衣をつけてしっかり余熱調理をすることで、
  厚生労働省が推奨している
  カキを安全に食べるための加熱基準
  「中心温度85℃~90℃で、90秒以上」も
  クリアできます。


ラベル:あさイチ 魚介類
posted by ぽっぷらいと at 14:24| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/30「きょうの料理ビギナーズ」簡単!オニオングラタンスープ

素材のうまみで味わいスープ①

 簡単!オニオングラタンスープ 
 電子レンジを活用して、たまねぎを炒める時間を
 短縮していまます。
 仕上げにチーズトーストをのせる簡単レシピです。
<材料(2人分)>
  ・たまねぎ:(大)1個(250g)
  ・バター:20g
  ・水:カップ2と1/2
  ・塩:小さじ2/3
  ・コショウ:少々
 
[チーズトースト]
  ・フランスパン
   (1cm厚さ)
:4枚
  ・ピザ用チーズ:20g
 

<作り方>

   1.たまねぎは縦半分に切り、縦に薄切りにする。
     耐熱皿に広げ、ラップをかけずに
     電子レンジ(600W)で約3分30秒加熱する。
     取り出してペーパータオルで軽く水気を拭く。
     ㊟ 水気が残っていると炒める時間が長くなります。

   2.鍋にバター(20g)を中火で熱し、
     茶色になったら1のたまねぎを入れ、
     たまねぎが茶色になるまで13~15分間炒める。
     ㊟ たまねぎは黒く焦がさないように注意して下さい。

   3.水(カップ2+1/2)を加えて混ぜ、
     煮立ったら塩(小さじ2/3)、コショウ(少々)を振り、
     弱めの中火で2~3分間煮る。

   4.[チーズトースト]を作る。
     フランスパンにピザ用チーズ(20g)を4等分にのせ、
     オーブントスターでチーズが溶けるまで3~4分間焼く。

   5.3のスープを器に盛り、
     4のトーストを2枚ずつのせたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 14:16| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/30「きょうの料理ビギナーズ」クリームシチュー

素材のうまみで味わいスープ①

クリームシチュー
 ルーを使わず、生クリームで仕上げるのでサラリとした口当たりの
 シチューです。上品で濃厚な味わいです。
<材料(2人分)>
  ・鶏むね肉:120g
  ・じゃがいも:1個(150g)
  ・にんじん:1/2本(80g)
  ・たまねぎ:1/2個(100g)
  ・ブロッコリー:50g
  ・マッシュルーム:4個(40g)
  ・塩・コショウ:各少々
  ・小麦粉
:大さじ1
    ~1+1/2
  ・サラダ油:大さじ1
 
[スープ]
  ・水:カップ1+1/2
  ・ローリエ:1枚
  ・塩:小さじ1/2~2/3
  ・コショウ:少々
  ・生クリーム:カップ1
  ※あれば
    乳脂肪分45~47%のものが
       おすすめです。
 


<作り方>

   1.じゃがいもは6等分に切り、水でサッと洗って水気を切る。
     にんじんは1cm厚さの輪切りにする。
     たまねぎは6等分のくし形に切る。
     ブロッコリーは小房に分け、
     マッシュルームは根元の堅い部分や汚れがあれば
     切り落とす。

   2.鶏肉は2cm幅のそぎ切りにする。
     塩・コショウ(各少々)を振り、
     小麦粉(大さじ1~1+1/2)をまぶし、
     軽くはたいてしっかりつける。
     P! この小麦粉で自然なとろみがつきます。

   3.鍋にサラダ油(大さじ1)を中火で少し温め、
     鶏肉を並べ入れる。
     P! 油が熱いと鶏肉が鍋に貼りつくので
       早めに入れましょう。
       貼りついたときは、一旦火から下ろし、
       濡れ布巾にのせて少し冷ませば大丈夫!

   4.薄い焼き色がついたらひっくり返し、
     じゃがいも、にんじん、たまねぎを加え、
     サッと炒め合わせる。

   5.野菜に油が回ったら、
     水(カップ1+1/2)を注ぎ、ローリエ(1枚)を加え、
     木ベラで鍋底をこそげながら加熱する。

   6.煮立ったら弱めの中火にし、蓋をして6~7分間煮る。

   7.ブロッコリーとマッシュルームを加え、
     蓋をして4~5分間煮る。
     塩(小さじ1/2~2/3)、コショウ(少々)で味を調え、
     生クリーム(カップ1)を加えて、2~3分間煮たら、
     完成!


posted by ぽっぷらいと at 14:09| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/30「きょうの料理」春菊と桜えびのペースト:平賀久美子

野菜1日350g 管理栄養士10人のメニュー①
 いつまでも健康でいるためには、
 毎日の食生活が重要で、
 毎日、野菜を350g摂取することが勧められています。
 そこで今回は3日間にわたって10人の管理栄養士さんが、
 1食120g以上の野菜をおいしく食べられるメニューを
 紹介します。

 春菊と桜えびのペースト 
 独特の香りとほろ苦さのある春菊を、
 カルシウム豊富な桜えびと合わせてペーストに。
 旨味たっぷりで、和風にも洋風にも合わせられます。
 肉や魚にたっぷり添えて、手軽におしゃれな一皿が完成です!
<材料(4食分) >

      ・ 春菊               : 2把(約400g)
      ・ 桜えび(乾)          : 30g
      ・ 長ねぎ(白い部分)      : 1本(100g)
      ・ しょうが(すりおろす)     : 1片分(20g)
      ・ オリーブオイル(炒める用) : 大さじ1

      ・ 水         : カップ1/2
      ・ オリーブオイル : 1/2強(100g)
      ・ しょうゆ      : 大さじ1+1/2

<作り方>

  1.春菊は茎と葉に分け、
    茎は3cm幅に切り、葉はざく切りにする。
    長ねぎは斜め薄切りにする。

  2.大きめのフライパンに
    オリーブオイル大さじ1とおろししょうが1片分(20g)を
     入れて中火で熱し、
     香りが立ったら春菊の茎と長ねぎを加えて
     よく炒める。

  3.しんなりしたら桜えびと春菊の葉を加えてサッと炒め、
     水(カップ1/2)を加えて火を強め、
     蓋をして1分間ほど蒸す。
     火を止め、粗熱を取る。

  4.粗熱が取れたらミキサーに入れ、
    オリーブオイル1/2強(100g)、
    しょうゆ(大さじ1+1/2)を加え、
    滑らかになるまでしっかりと混ぜたら、完成!
    P! ミキサーが回りにくい場合は
      オリーブオイルを少し足すか、2回に分けて下さい。

 ♦ 冷蔵庫で1週間保存可能。




<春菊と桜えびのペーストを使った
                アレンジメニュー>
  このペーストはあえ衣やパスタソースとして使ったり、
  肉や魚に添えたりします。
  これがあれば緑黄色野菜を無理なく摂ることができます。


1. 春菊ペーストのポタージュ
<作り方(2人分)>

   1. 鍋に、春菊と桜えびのペースト300gと
     牛乳カップ3/4~1を入れ、弱火で温める。

   2. 器に盛り、
     上に温めて泡立てた牛乳少々をのせ、
     砕いたクラッカーと春菊の葉をを散らして、
     完成!




2. たらのレンジ蒸し・春菊ソース
<作り方(2人分)>

   1. たら2切れは骨を除き、
     白ワイン・塩・コショウ各少々を振る。
     耐熱皿に入れてラップをふんわりかけて
     電子レンジ(600W)で2分30秒間、
     中に火が通るで加熱する。

   2. 器に、春菊と桜えびのペースト150gを敷き、
     たら1切れをのせ、ペースト大さじ1をかける。
     残りリも同様にする。



posted by ぽっぷらいと at 13:57| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/30「きょうの料理」ソルティキャロット大根:島本薫

野菜1日350g 管理栄養士10人のメニュー①
 いつまでも健康でいるためには、
 毎日の食生活が重要で、
 毎日、野菜を350g摂取することが勧められています。
 そこで今回は3日間にわたって10人の管理栄養士さんが、
 1食120g以上の野菜をおいしく食べられるメニューを
 紹介します。

  

 ソルティキャロット大根 
 食物繊維や、消化を助ける酵素を含む大根と、
 免疫力を高め、粘膜を保護するβ-カロテンを含むにんじんを
 塩もみにしました。
 作っておけば、そのままでも、小鉢、サラダ、スープにも、
 日々の食卓の「もう一品」に大助かりです。
<材料(6食分) >

      ・ 大根   (皮付き正味)   : 600g
      ・ にんじん (皮をむいて正味) : 120g
      ・ 塩 : 小さじ1

<作り方>

  1.大根は食べやすい長さに切り、
    5mm幅の細切りにする。
    にんじんは斜め2~3mmの厚さに切り、
    せん切りにする。

  2.1をボウルに入れ、塩(小さじ1)を全体に振り、
    ギュッともんで約10分間おく。
    10分後野菜から出る水分をしっかり絞ったら、
    完成!

 ♦ 冷蔵庫で2~3日間保存可能。




<ソルティキャロット大根を使ったアレンジメニュー>
 島本さんはラタトゥイュ、ポトフ、シチュー、
 具沢山のみそ汁などに入れ、野菜たっぷりの汁物を作って
 食べているそうです。

ソルティキャロット大根のコールスロー風
<作り方(2人分)>

   1. ハム4枚(40g)は1枚を4等分にし、
     5mm幅に切ってボウルに入れる。

   2. ソルティキャロット大根の1/2量を加え、
     マヨネーズ大さじ3、米酢小さじ1/4、
     黒コショウ(粗びき)少々を加えて混ぜ合わせて、
     完成!



posted by ぽっぷらいと at 13:44| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/30「きょうの料理」ミックス野菜のミルフィーユ:本多京子

野菜1日350g 管理栄養士10人のメニュー①
 いつまでも健康でいるためには、
 毎日の食生活が重要で、
 毎日、野菜を350g摂取することが勧められています。
 そこで今回は3日間にわたって10人の管理栄養士さんが、
 1食120g以上の野菜をおいしく食べられるメニューを
 紹介します。

   

 ミックス野菜のミルフィーユ 
 数種類の野菜を組み合わせ、
 電子レンジだけで仕上げた最強のお手軽メニューです。
 ベーコンの塩けとローリエの香りで、風味を加えているので
 そのままでもおいしく、
 更にうす味に仕上げているので、その後の展開も自由自在です。
<材料>

      ・ キャベツ   : 1/4個 (200g)
      ・ かぼちゃ   : 1/8個 (200g)
      ・ ブロッコリー : (小)1/2個 (120g)
      ・ たまねぎ   : 1個 (200g)
      ・ にんにく   : 1片 (10g)

      ・ ベーコン(薄切り) : 3枚 (50g)

      ・ ローリエ      : 1枚
      ・ バター       : 30g
      ・ 固形スープの素 : 1個
      ・ ポン酢しょうゆ  : 適量

<作り方>
  1.キャベツは3~4四方のザク切りにする。
    かぼちゃは所々皮を剥き、6等分に切ってから
    5~6mm幅に切る。
    ブロッコリーは小房に分け、
    たまねぎは薄切りにする。
    にんにくは縦半分に切ってから薄切りにし、
    ベーコンは1~2cm幅に切る。
    ローリエは半分に折り、
    バター(30g)は1cm角に切る。

  2.耐熱ボウルにキャベツを入れ、
    かぼちゃを広げて加える。
    ブロッコリーを重ね、たまねぎを散らす。
    その上にベーコンとにんにくを散らして、
    固形スープの素(1個)を崩しながら加え、
    ローリエとバターをのせる。
    蒸気が全体に回りやすくするため、
    ふんわりとラップをかける。
    P! かぼちゃなど堅い野菜を真ん中にすると、
      上下の柔らかい野菜で蒸されて、
      火の通りがよくなり柔らかくなります。

  3.電子レンジ(600W)で12分間加熱する。
    ラップを外さず、
    電子レンジの中でそのまま5~6分間蒸らす。
    P! 電子レンジの余熱も利用して、
      均一に熱を入れましょう。

  4.ボウルを取り出してラップを外し、
    全体を混ぜ合わせて器に盛る。
    好みでポン酢しょうゆ(適量)を添えたら、完成!
 粗熱が取れたら、保存容器に入れましょう。
冷蔵庫で2~3日間保存可能です。



<野菜のミルフィーユを使ったアレンジメニュー>

1. 野菜のクリームスープ
<作り方(2人分)>

   1. 鍋に野菜のミルフィーユ1/3量と
     牛乳カップ2、クリームチーズ2個(36g)を入れる。
   2. 中火にかけ、温まったら火を止め、器に盛る。
     好みで塩・黒コショウ(粗びき)各少々を振る。


2. スペイン風オムレツ
<作り方(2人分)>

   1. ボウルに野菜のミルフィーユ1/3量と
     卵3個、粉チーズ大さじ1、黒コショウ(粗びき)少々を
     入れて混ぜる。

   2. 小さめのフライパンに
     オリーブ油小さじ1を入れて中火で熱し、
     卵液の半量を流し入れる。
     程よく火が通ったら弱火にし、蓋をする。
     底面に焼き色がついたら裏返し、火を止めて器に盛る。
     残りも同様に焼く。





posted by ぽっぷらいと at 13:35| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/30「きょうの料理」キャラメルオニオンと豚の生姜焼き:村田裕子

野菜1日350g 管理栄養士10人のメニュー①
 いつまでも健康でいるためには、
 毎日の食生活が重要で、
 毎日、野菜を350g摂取することが勧められています。
 そこで今回は3日間にわたって10人の管理栄養士さんが、
 1食120g以上の野菜をおいしく食べられるメニューを
 紹介します。

  

 キャラメルオニオン 
 たまねぎをじっくり蒸らし炒めにし、
 たまねぎの旨味や栄養をギュッと凝縮。
 シンプルながら深みのある味わいに。
 油脂や香辛料を使用しないので、
 どんな料理にも合わせやすいのも魅力です。
<材料(約250g/10食分)>
      ・ たまねぎ : 5~6個(1.2kg)
<作り方>
  1.たまねぎは皮をむき、縦半分に切る。
    繊維に沿って3~4等分にしてから、
    繊維に直角に薄切りにする。
    P! 繊維を断ち切ることで、
      旨味や甘みが出やすくなります。

  2.厚手の鍋にたまねぎを入れて蓋をし、
    弱めの中火で熱する。
    焦がさないように時々木ベラで混ぜながら、
    水分がたっぷりと出るまで、
    20~30分間蒸らし炒めにする。
    P! 厚手の鍋がない場合は、
      表面加工のしてあるフライパンでもOK!

  3.蓋を取って中火にし、
    木ベラでよく混ぜながら水分を少しずつ蒸発させ、
    薄いあめ色になるまで20~30分間炒めたら、
    完成!
    たまねぎの糖分がカラメル化し、
    ほとんど水分がなくなると、
    はっきりとした甘みを感じられるようになります。

  粗熱が取れたら、清潔な保存容器か、
  ジッパー付きの保存袋に移しましょう。
  冷蔵庫で1週間、冷凍庫で3~4か月間
  保存可能です。


<キャラメルオニオンを使ったアレンジメニュー>
 キャラメルオニオンは、
 パンに塗ったり、ハンバーグやカレー、
 照り焼きだれや煮物に使ったりと、
 和洋中何にでも合わせやすく、
 砂糖代わりに使えるから、糖質カットにも
 おすすめです。

豚のしょうが焼き
<作り方(2人分)>

   1. キャベツ3枚(150g)は芯を除き、せん切りにする。

   2. 豚ロース肉(しょうが焼き用)6枚(250g)は
     筋を断ち切るように数ヶ所切り目を入れ、
     両面に塩・コショウ各適量を振り、
     小麦粉を薄くまぶす。

   3. キャラメルオニオン大さじ4(60g)と
     すりおろしたしょうが(大さじ1)、
     しょうゆ(大さじ1+1/2)、みりん(大さじ2)、
     水(カップ1/2)を混ぜてたれを作る。

   4. フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、
     豚肉を1枚ずつ広げて入れる。

   5. 両面を2~3分間ずつ焼き、焼き色をつける。
     2のたれを加えて肉に絡め、ひと煮立ちさせる。

   6. キャベツと一緒に器に盛る。




posted by ぽっぷらいと at 13:19| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/30「趣味どきっ あったかボディーでリラックス」羊肉の生姜焼き

 羊肉の生姜焼き 
<材料(2人分)>
  ・ラム肉
   (しゃぶしゃぶ用)
:300g
  ・ネギ:100g
  ・しょうが:50g
  ・しょうゆ:大さじ2
  ・酒:大さじ2
  ・みりん:大さじ2
  ・きび砂糖:小さじ2
  ・クミン:小さじ1/2
  ・一味唐辛子:小さじ2/3  
  ・ネギ油
   (オリーブ油)
:大さじ2
  ・香菜:適宜
 

<作り方>

   1.生姜をすりおろし、
     しょうゆ、酒、みりん、きび糖、クミン、一味唐辛子と
     合わせておく。
<生姜>
身体を温め発汗を促す

   2.フライパンにネギ油を強火で熱し、
     2cm幅の斜め切りにしていたネギと
     羊肉を入れてよく炒める 。
<羊肉>
内臓や足腰の冷えに良い

   3.出てきた脂をしっかり取り、
     1で合わせておいた調味料を加え、
     汁気を飛ばすように炒める

   4.器に盛り、香菜をたっぷり添えたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 07:35| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/30「趣味どきっ あったかボディーでリラックス」キクラゲとネギの卵スープ

 キクラゲとネギの卵スープ 
<材料>
  ・黒きくらげ(乾):10g
  ・ねぎ:5g
  ・卵:1個
  ・細ねぎ:適量
  ・中国風スープ:カップ2+1/2 
  ・ごま油:小さじ1
  ・塩:小さじ2/3
  ・こしょう:少々
 
<作り方>

   1.耐熱ボウルに乾燥キクラゲとたっぷりの水を入れ、
     ラップをしてレンジに2分かける。
<キクラゲ>
血を補って潤いをもたらす

   2.キクラゲが柔らかくなったら、
     石づきを丁寧に取り除き、一口大にちぎっておく。

   3.鍋に中国風スープ、
     斜め薄切りにしたネギ、きくらげを入れ
     強火で煮立たせる。
<ネギ>
身体を温めて発汗を促す

   4.ネギが柔らかくなったら弱火にし、
     ごま油、塩、こしょうを加え、
     溶き卵を菜箸の先を使って少しずつ流し入れる。
<卵>
血を補って滋養する

   5.卵が浮いて来たら
     優しく混ぜ器に盛り、細ねぎを散らせば、完成!

posted by ぽっぷらいと at 07:25| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/30「趣味どきっ あったかボディーでリラックス」ジンジャーエール

池袋駅から徒歩およそ10分。
話題のカフェ『Ginger & Star Cafe』さんで、
特別にお店のジンジャーエールの作り方を教えてもらいました。

 Ginger & Star Cafe
   ・公式サイト : http://gingerandstar.info/
   ・住所 : 東京都豊島区東池袋2丁目57−2
   ・電話 : 050-1419-3974



ジンジャーエール
<材料>

    ・ 生姜、  ・砂糖、  ・ 水
< 生姜・砂糖・水の分量は1:1:1>  

    ・ スパイス
    (ローリエ、カルダモン、ホワイトペッパー、クローブ)
<作り方>

     1.すりおろしたしょうが(大)に、砂糖と
       冷え性に良いとされるローリエなど、
       血行を促す4種類のスパイスを合わせる。
<しょうが>
   体を温めて発汗させる効果があります。
   生のしょうがには消化を助けるなど、
   腸の働きを高める作用があり、
   更に加熱する事で
   体を温める効果が高くなります。

     2.そこに水を加え、そのまま20分ほど加熱する。

     3.粗熱を取り、丁寧に濾したら、しょうがシロップが完成!

     4.後は、お好みの炭酸で割れば
       自家製ジンジャーエールの出来上がり。

     5.お湯を入れて
       ホットジンジャーとして楽しむのもいいです!

posted by ぽっぷらいと at 07:14| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/30「趣味どきっ あったかボディーでリラックス」黒ゴマと黒豆とアーモンドのお茶

 黒ゴマと黒豆とアーモンドのお茶 
今回は大きなスーパーやドラッグストアなどで手に入る乾燥黒豆茶を使います。
<材料(1人分)>
  ・水:カップ1+1/2
  ・黒ゴマ:小さじ1
  ・黒豆茶:10粒
  ・アーモンドスライス:小さじ1
 
<作り方>

   1.鍋に
     水と黒ゴマと黒豆茶、
     乾煎りしたアーモンドスライスを入れて、
     強火で一度煮立たせる 。
<黒ゴマ>
血流を促し、体を温める

<黒豆>
血流を促し、体を温める

<アーモンド>
気の巡りをよくする

   2.弱火にし5分ほど煮出し、蓋をして
     更に5分ほど蒸らす。

   3.茶こしなどで濾して、器に注いで、どうぞ!

posted by ぽっぷらいと at 06:54| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。