2017年02月04日

2/4「キユーピー3分クッキング」ショコラフロランタン:小川聖子

 ショコラフロランタン 
 
          ※ 参考画像
<材料(約12個分)>
  ・アーモンドスライス:70g
 
  ・砂糖:50g
  ・はちみつ:20g
  ・生クリーム:30ml
  ・バター:10g
 
  ・ダイジェスティブビスケット
   (直径5cm)
:12枚   
  ・クーベルチュール
   チョコレート
 
 
 
<作り方>

 <下準備>
   ● バットにオーブンシートを敷き、ビスケットを並べておく。
<ダイジェスティブビスケット>
  小麦粉を主材料にした、甘みを抑えた、
  柔らかくて消化のよいビスケットです。
  全粒粉入りのビスケットがこう呼ばれますが、
  「ダイジェスティブ=全粒粉」ではなく、
  重曹が入っているので
  「消化のよい=ダイジェスティブ」で、
  この名前がつけられました。
  穀物の風味が豊かで、
  タルトなどのお菓子の生地にも利用されます。

   ● 塊のチョコレートを使う場合は細かく刻んでおく。
     

🍪 🍪 🍪 🍪 🍪 🍪 🍪 🍪 🍪 🍪 🍪 🍪 🍪

   1.アルミ箔を敷いた天板にアーモンドスライスを広げ、
     160℃のオーブンで薄く色づくまで
     15~20分ローストする。
      

   2.小さめの鍋に砂糖とはちみつを入れて中火にかけ、
     鍋を揺すりながら(㊟ ヘラなどで混ぜない)、
     褐色に色づいて煙が出るまで煮詰める。

   3.生クリームを加え、
     煮立ったらバターを加えて軽く混ぜる。
     火を弱めて、
     1のアーモンド(まだ温かさが残っているくらいがベター)を
     加え、手早く混ぜて絡め、火を止める。

   4.スプーンとゴムべラを使って、
     3をビスケットの上に手早くのせていく。
     途中、3が固くなってきたら弱火にかけて温める。
     (㊟ 冷めているように見えても
        温度はとても高いので要注意です!)
     このまま完全に冷ます(急ぐ場合は冷蔵庫で冷やす)。

   5.4が完全に冷めたら、
     小さめのボウルにチョコレートを入れて
     60℃くらいの湯煎にかけ、
     1/3量ほど溶けたらゴムベラで混ぜながら
     滑らかに溶かし、人肌になるまで熱をとる。

   6.裏返したバットにオーブンシートを敷き、
     5をスプーンで直径5cm大に流す。
     冷蔵庫でさっと冷やして
     チョコレートの表面が少し固まったら、
     4をそっとのせ、
     冷蔵庫で冷やし固める。
     乾燥剤を入れた密閉容器に入れ、
     温度の低いところで保存する。

🍪 🍪 🍪 🍪 🍪 🍪 🍪 🍪 🍪 🍪 🍪 🍪 🍪

 <応用:ビスケットを挟まないバージョン>
   香ばしいアーモンドとチョコレートのより濃厚な味が楽しめます。

   1.上記の作り方1~3と同様にして
     キャラメルアーモンドを作り、
     オーブンシートを敷いたバットにひと塊ずつのせ、
     完全に冷ます。

   2.チョコレートを溶かして直径5cm大に流し、
     表面が少し固まったら、
     キャラメルアーモンドを軽く押しつけるようにしてのせ、
     冷蔵庫で冷やし固める。



posted by ぽっぷらいと at 18:03| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/4「暮らしのレシピ」タイ風カシューナッツスープ:ロバート馬場

 タイ風カシューナッツスープ 
<材料(2人分)>
  ・カシューナッツ :ひとつかみ 
  ・パクチー:1/3束
  ・ナンプラー:少々
  ・生姜:薄切り3枚 
  ・塩:少々
  ・鶏胸肉:100g
  ・水:約400cc
 
<作り方>

   1.パクチーの根と生姜を細かく切り、
     カシューナッツ、水少々(分量外)と一緒に
     ミルサーにかける。

   2.1と水(400g)を鍋に入れ、
     ナンプラーと塩で味付けをし、
     沸騰させないように加熱する。

   3.鶏胸肉を薄くそぎ切りにして入れ、火を通す。

   4.器によそった後、
     刻んだパクチーをたっぷり入れて、完成!

posted by ぽっぷらいと at 17:31| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/4「サタデープラス」水島流「餃子」:水島弘史

水島流「餃子」
<材料(10個分)>
  ・市販の餃子の皮:10枚
  ・豚ひき肉:80g
  ・白菜:70g
  ・ニラ:10g
  ・生姜:4g
  ・ニンニク:2g
  ・ごま油:小さじ1  (5g)
  ・塩:小さじ1/5(1g)
  ・醤油:小さじ1
  ・砂糖:1.6g
  ・コショウ:適量
  ・サラダオイル:10cc
  ・水:20~30g
   ※ 皮の厚みによる。
     皮が厚いものは水を多めに調整。  
 
 
<作り方>

   1.ひき肉に塩1gをして、すりこぎ棒で突いて練る。
     (ひき肉の粒がなくなる程度)

   2.白菜、ニラはみじん切り、
     にんにく、ショウガはすりおろす。

   3.1と2を合わせて
     ごま油、醤油、砂糖、コショウを合わせる。
     (刻んだ白菜は水絞りせず“そのまま使う”)
  餡にはあまり熱を加えないのがポイントです。
  混ぜる時は木べら、ゴムベラなどを使い、
  手を使うのは形を整える時ぐらいにしましょう。
  ひとまとまりになっていれば大丈夫!

   4.スプーンで餡を一口大すくい、皮に乗せて包む。

   5.フライパン(樹脂加工/直径20cm)に
     水とサラダオイルを入れて、円形に餃子を並べる。

   6.油をひいたフライパンに“大さじ1杯半”の水を入れたら、
     弱火で“10分”放置する

   7.水分がなくなってきたら(又は皮に火が通ったら)、
     蓋を取り、火加減を強火にして最終的に水分を飛ばし、
     底に焼き色をつける。(1~1分半が目安です)

   8.逆さにした皿を蓋のようにフライパンにかぶせ、
     フライパンをひっくり返して
     皿に餃子をのせたら、完成!

posted by ぽっぷらいと at 17:24| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/4「サタデープラス」水島流「卵とレタスの炒飯」:水島弘史

水島流「卵とレタスの炒飯」
 
<材料(1人分)>
  ・ご飯
   (炊いたものを使用)
:100g
  ・サラダオイル:小さじ2(10g)
  ・長ネギ:大さじ1(15g)
  ・レタス:20g
  ・卵:1個(50~55g)   
  ・塩:1.4g
  ・コショウ
:ペッパーミル
 2回転
  ・ごま油:小さじ2/5(2g)
  ・ハム(又は焼き豚):30g
 
 
<作り方>

   1.長ネギはみじん切りにし、
     レタスを一口大(2cm×3cm)に切る。
     卵は溶いておき、ハムは短冊切りにしておく。

   2.ご飯を分量とり、ザルに入れて
     上から大さじ3~4杯の水を回しかけて
     よくほぐす。(粘りを洗いとる)
     更にサラダオイルをまわしかけて
     箸でほぐしながら混ぜる。(ほぐしたご飯を“コーティング”)
     余分な油は下に落とす。

   3.テフロンパンに油をひいて、全体に伸ばし、
     溶き卵を入れた後、弱火にかける。
     (油と溶き卵が入ってから火をつけ、
      焦げないように“弱火”でじっくり加熱する。)

   4.卵に半熟で火が通ったらご飯を入れ、
     ほぐして上下を返しながら、
     フライパンを“振らず”に、
     ゴムベラで切るように混ぜる。
     (弱火で3分)

   5.フライパン中央にスペースを作り、
     そこに長ネギを入れ、更に切り混ぜる。
     (熱くなった“フライパンの底”でネギを炒めて香りを出す)
     (弱火で2分)

   6.塩とレタスとハムを加えて、更に切りまぜ炒める。
     (弱火で3分)

   7.火加減を強めて加熱(強火で30秒).

   8.コショウをして、
     フライパンの中央にスペースを作り、
     ごま油を入れてさっと絡める。

   9.盛り付けて、完成!

posted by ぽっぷらいと at 17:11| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/4「サタデープラス」脳梗塞予防に効果的「豆乳味噌汁」

脳梗塞予防に効果的!
 豆乳味噌汁 
豆乳には旨味成分やコクがあり、
余分な塩や味噌、他の調味料を加えなくても
十分な満足感を得られます。
味噌や他の調味料を減らすことで、
カロリーオフも期待でき、
塩分は4割も減らすことができます。
<作り方 (2人分)>

   1. 出汁と豆乳を1:1の同量で、150mlずつ合わせ、
     味噌は小さじ2杯でOKです。




posted by ぽっぷらいと at 16:59| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/4「サタデープラス」福岡県糸島の最上級の塩「またいちの塩」を使ったレシピ「肉巻き」

福岡市から車で30分の「糸島」の西端にある
「工房とったん」で、元料理人の平川さんが作っている天然塩
「またいちの塩」が紹介されました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

志 摩 (焼き塩) 100g  [福岡県]
価格:600円(税込、送料別) (2017/2/4時点)


糸島の海は海藻類が多いので、旨味成分が強く、
また、普通の塩ならすぐに火にかけ1日で作るところを、
平川さんは昔ながらの手法で、海水を循環させながら、
太陽の熱でゆっくりと2週間かけて濃縮させているので、
塩辛さがとがっていない塩になっています。

平川さんのオススメは“プリン”。
甘い中に塩を入れると 味が引き締まり、甘味が際立つそうです。

こちらは「またいちの塩」を使ったスイーツ。

福岡県糸島の最上級の塩「またいちの塩」を使ったレシピ
肉巻き
<作り方>

   1. 角切りにした大根に片栗粉をまぶし焼く。
     表面に少し焦げ目がついたら一度取り出す。
   2. 糸島豚のバラ肉で大根を巻き、
     再び焼き、
     火が通ったら盛り付ける。
   3. 最後に最上級の塩をプラスしたら、完成!




因みに、こちらは(↓)「またいちの塩」から誕生した
天然ミネラルたっぷりの洗顔ソープ!


posted by ぽっぷらいと at 16:50| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/3「その原因、Xにあり!」隠れ貧血を予防!「最強クラムチャウダー」

 隠れ貧血を予防!
 最強クラムチャウダー 
 「アサリ」は、鉄を豊富に含む食材です。
 良質なタンパク質を含む「牛乳」が
 その鉄の吸収をUPさせてくれます。
<材料>
  ・あさり水煮缶:1缶
 
  ・バター:15g
  ・にんにく:1片
  ・じゃがいも:1個
  ・人参:1/2個
  ・玉ねぎ:1/2個
  ・ベーコン:2枚
  ・小麦粉:大さじ2
  ・牛乳:400ml    
  ・スープの素:小さじ2
  ・枝豆
 

<作り方>

   1.バターとぶつ切りにしたにんにくを熱し、
     香りがついたら
     適当な大きさに切ったじゃがいも、人参、玉ねぎ、
     ベーコンを炒め、
     小麦粉、牛乳、スープの素で味を調える。

   2.水煮缶の中のアサリの汁をスープに加える。
  アサリの汁には、身体に酸素を運ぶ
  ヘモグロビンの生成を助ける、
  ビタミンB12が豊富に溶け込んでいるので、
  捨てずに使います。

   3.アサリは固くならないように、最後に加える、

   4.最後に枝豆を入れて、
     「最強クラムチャウダー」の完成!
  枝豆は、鉄の吸収をUPさせるビタミンC、
  タンパク質が含まれているため、
  クラムチャウダーとの相性は抜群です!

posted by ぽっぷらいと at 07:24| フジテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。