2017年02月12日

2/11「ジョブチューン」糖尿病予防に!ホットトマトジュース

  血糖値を下げる栄養素「リコピン」
  細胞の中に入っているので、
  生のトマトよりもトマトジュースで摂るのが効果的。


  トマトジュース用のトマトは皮が厚く、
  リコピンは皮に多く含まれているので、
  家庭で作るより市販のものがおすすめです。

  更にオリーブオイルを加えることで、
  リコピンが油に溶けて、吸収しやすくなります。

 ホットトマトジュースの作り方
  オリーブオイルをプラスして温めることで、
  吸収率がアップします。

 ♦ トマトジュース1杯に
   オリーブオイルをスプーン1杯入れ、
   電子レンジで温めればOKです。



・ リコピンの吸収率は時間帯によって違うので、
 1番吸収率の高い朝の食事前に飲むのがおススメ!

・ 食事30分前にコップ1杯飲むと
 リコピンが血糖値の急上昇を防いでくれます。





posted by ぽっぷらいと at 09:10| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/11「ジョブチューン」花粉症対策に!レンコンのポタージュスープ

レンコンに多く含まれる「タンニン」が
IgE抗体ができるのを抑えてくれます。
タンニンは皮の周り集中しているので、
皮を剥かずに丸ごと使うのがポイント!

 レンコンのポタージュスープ 
 なたね油はアレルギー症状を和らげるビタミンEが豊富。
<材料(3人分)>
  ・レンコン:1本
  ・だし:20cc
  ・白だし:大さじ3~4     
  ・酒:大さじ2
  ・豆乳:400㏄
  ・刻みパセリ :少々
  ・黒コショウ:少々
  ・なたね油:適量
 
<作り方>

   1.レンコンは皮を剥かずに、すりおろす。

   2.もう半分レンコンも
     皮を剥かずに、みじん切りにする。

   3.1と2を鍋に入れ、だし、酒を加え2~3分炒める。

   4.豆乳を加え、弱火で10分ほど煮る。

   5.器に盛り、
     輪切りにしたレンコン、パセリ、黒コショウを加える。

   6.なたね油を回しかければ、完成!

  レンコンの絞り汁をめん棒で鼻の中に塗るこで、
  粘膜を保護するムチンという成分が効きます。
  1日に2回程度塗ることで、花粉の吸着を防ぎ、
  炎症も抑えてくれます。


posted by ぽっぷらいと at 08:59| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/11「ジョブチューン」血液サラサラ!サバのトマト煮込み

血液サラサラ効果のあるEPAの目標摂取量は、1日1000mg。
1日1缶で必要なEPAが摂取できます。

 サバのトマト煮込み 
 玉ねぎの涙が出る成分「イソアリイン」も
 血液サラサラ効果が期待できます。
<材料>
  ・サバの水煮缶:1缶
  ・トマト水煮缶:1/2缶
  ・たまねぎ:1/4個
  ・にんにく:1/2片
  ・オリーブオイル :小さじ2  
  ・ケチャップ:大さじ1
  ・塩:少々
 
<作り方>

   1.オリーブオイル、ニンニク、
     タマネギのスライスを鍋に入れ、
     タマネギがしんなりするまで炒める。

   2.汁ごとのサバの水煮缶とトマト水煮缶を入れ、
     5分ほど煮込む。

   3.仕上げにトマトケチャップと塩で味を調えれば、完成!

posted by ぽっぷらいと at 08:45| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/11「ジョブチューン」血液サラサラ!サバの水煮缶

血液サラサラ効果のあるEPAの目標摂取量は、1日1000mg。
1日1缶で必要なEPAが摂取できます。

 サバの水煮缶 
<材料(1人分)>
  ・サバの水煮缶:1缶
  ・大根:100g
  ・レタス:30g
  ・塩:小さじ1/4   
  ・コショウ:少々
  ・レモン汁:大さじ1
  ・オリーブオイル :大さじ1
 
<作り方>

   1.サバの水煮缶を汁ごとボウルに入れ、
     塩、コショウ、レモン汁、オリーブオイルを入れ、
     サバの身をほぐしながら混ぜる。

   2.千切りにした大根を加え、
     味がなじむまでよく混ぜれば、完成!


posted by ぽっぷらいと at 08:40| TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。