2016年03月25日

3/25「キユーピー3分クッキング」エッグミートローフ:小林まさみ

「エッグミートローフ」


  

  イースターのお祝いに。

 
「イースター」は、
サクソン族の春の女神、「エオストレ(Eostre)」に因んで
名付けられた春の訪れを喜び合う祝祭です。
キリスト教では、イエス・キリストが死後3日目に蘇った
「復活」を祝う日として、クリスマスとともに最大の祝日とされています。

2016年は3月27日です。


<材料 (6人分)>

[肉だね]


  ・合びき肉:600g
  ・パン粉:1カップ
  ・牛乳:1/4カップ
  ・塩:小さじ1
  ・こしょう:少々
  ・卵:1個
 
  ・玉ねぎ:1個(200g)
  ・サラダ油:大さじ1
 
  ・卵:4個
  ・グリーン
   アスパラガス
:4本(150~200g)
 
[ソース]
  ・ミートローフの
   焼き汁
:大さじ1/2~1
  ・水:1/4カップ
  ・トマトケチャップ:大さじ3
  ・ウスターソース:小さじ2
  ・しょうゆ:小さじ1/3
 
  ・サニーレタス:適量
 



<作り方>

  1.ゆで卵を作る。
    鍋に卵4個を入れ、かぶるくらいの水、
    酢少々を加え、強火にかける。
    ときどき箸で混ぜながらひと煮立ちさせ、弱火にして10分ゆでる。
    水にとって冷まし、殻をむく。


  2.アスパラガスは固い部分を切り落とし、
    下3cmをピーラーで皮をむく。・アスパラは生のままでOK。


  3.玉ねぎはみじん切りにし、
    耐熱ボウルに入れてサラダ油を混ぜ、
    ラップなしで電子レンジ(500W)に6分かけ、
    とり出して再び混ぜて粗熱をとる。


  4.大きいボウルにパン粉と牛乳を入れて混ぜ、
    パン粉がしっとりしたら、
    ひき肉、塩、こしょう、卵、3の玉ねぎを入れてよく練り混ぜる。


  5.オーブンを220~230℃(電気オーブンなら250℃)に予熱する。


  6.オーブンシートを2枚広げ、
    それぞれに4の肉だねの半量を26×11cmの長方形に、
    残りの肉だねを26×13cmの長方形に広げる。


  7.オーブンの天板に、
    幅の狭いほうの肉だねをオーブンシートごと移し、
    ゆで卵を中央に縦1列に並べ、
    両脇にアスパラガスを2本ずつ、穂先と根元を重ねるように置く。

    幅広のほうの肉だねを、
    下の肉だねの端にくっつけるようにしてかぶせる。
    上下の肉だねを指でつまんでしっかりとじ、
     空気を抜くように押さえてかまぼこ形に整える。
    P! 肉だねと中芯の空気を抜くように閉じるて下さい!
    (しっかりつなぎ目を閉じておかないと割れてしまいます。)


  8.7を予熱したオーブンの上段に入れて10分焼き、
    次に180℃に下げて30~40分焼く。
    とり出して1~2分おいて肉汁を落ち着かせ、食べやすく切り分ける。


  9.ソースを作る。
    天板に出たミートローフの焼き汁を小鍋に入れ、
    分量の水、トマトケチャップ、ウスターソース、しょうゆを加え、
    強火でひと煮立ちさせる。


  10.器にちぎったサニーレタスとともに盛り、ソースを添える。



今日、3/25からディズニーランドでイースターやってます。




posted by ぽっぷらいと at 19:08| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。