2016年03月25日

3/25「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」バッファローウィング

「バッファローウィング」


  

今週は、スパイス&ハーブを使った旬のクッキング。

 
バッファローウィングは、
鶏肉の手羽を素揚げにし、
辛味の強いソースをまぶしたアメリカの料理です。

古典的なバッファローウィングには、
カイエンペッパーと酢を利かせた辛味と酸味の強いソースと
溶かしバターが使用されています。



<材料 (2人分)>

  ・手羽中(半分に切ったもの):16本


  ・レタス:40g
  ・塩:適量
  ・こしょう:適量
  ・油:適量
 
[ソース]
  ・玉ねぎ:1/4個(30g)
  ・クミンパウダー:小さじ1/2
  ・パプリカパウダー:小さじ1/2
  ・黒こしょう(パウダー):小さじ1/2
  ・チリペッパー:小さじ1/4
  ・ガーリックパウダー:小さじ1/4
  ・タバスコ:少量
  ・りんご酢:大さじ1
  ・はちみつ:大さじ1
  ・トマトケチャップ:小さじ1
 

<ウィルのバッファローウィングソース>

<作り方>

  1.手羽中は片側の関節をハサミで切る。


  2.玉ねぎはすりおろし、レタスは5mm幅に切る。


  3.手羽中に塩、こしょうをまぶし、
    フライパンに多めの油を中火で熱して加え、5分火を通して取り出し、
    油をきる。


  4.3のフライパンの火を止め、
    ソースの玉ねぎ、クミンパウダー、パプリカパウダー、
    黒こしょう、チリペッパー、ガーリックパウダー、タバスコ、りんご酢、
    はちみつ、トマトケチャップを入れて中火で煮立て、
    手羽中を戻し入れてからめ、器にレタスと共に盛る。



posted by ぽっぷらいと at 19:32| テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。