2016年06月20日

6/20「あさイチ」夏野菜のテリーヌ:工藤敏之

夏野菜のテリーヌ


  ラ・ロシェルの工藤敏之さんが、 
  野菜を煮汁ごとゼリーで固めて作る
  「夏野菜のテリーヌ」を紹介してくれました。

工藤敏之

ラ・ロシェル

   ・公式サイト: http://www.la-rochelle.co.jp/
   ・南青山: 東京都港区南青山3-14-23
           (TEL:03-3478-5645)
   ・福岡  : 福岡県福岡市中央区大手門1-1-5
          ル・アンジェ教会1階
          (TEL:092-716-5617)
   ・山王  : 東京都千代田区永田町2-10-3
          東急キャピトルタワー1F
          (TEL:03-3500-1031)



<材料(作りやすい分量)>
  ・ほうれんそう:4株
  ・グリーンアスパラガス:5本
  ・オクラ:8本
  ・モロッコいんげん:10本
  ・きゅうり:2本
  ・枝豆(冷凍):500g   
  ・塩:少々
  ・にんにく(つぶす):1片分
  ・昆布(10cm角):1枚
  ・とろろ昆布:2g
 
[ソース]
  ・マヨネーズ:30g
  ・パプリカパウダー:1g
  ・酢:小さじ1
 
[付け合わせ]
  ・サーモン(刺身用):適量
  ・ラディッシュ:適量
  ・バルサミコ酢:適量
 




<作り方>

  1.ほうれんそうはよく洗って土を落とす。
    グリーンアスパラガスは下半分ほど皮をむく。
    きゅうりは縦半分に切る。
    枝豆は解凍しておく。

  2.鍋に湯を沸かし、
    塩少々と潰したにんにく1片を入れる。
    グリーンアスパラガスを2分間ほどゆでたら
    モロッコいんげん、オクラを加える。
    約30秒たったら
    きゅうりとほうれんそうを加えて、
    更に30秒間ゆでる。
    すべての野菜を取り出して氷水に入れ、冷やす。

  3.2の野菜のゆで汁に
    10cm角の昆布を1枚を加え、粗熱を取る。
    ゼリー液を作るときに使うので、
    そこから200mlだけ別の鍋に取り分けておく。

  4.2の野菜を氷水から引き上げ、しっかり水気を絞り、
    粗熱を取った3のゆで汁に加え、
    冷蔵庫で約30分間浸す。

  5.予め取り分けておいた200mlのゆで汁を温める。
    粉ゼラチン20gを加えてよく溶かしたら、粗熱をとる。

  6.4の野菜の水気をしっかり切る。
    ほうれんそうは葉と茎を切り分ける。

  7.容器にラップを敷き、
    ほうれんそうの葉を容器の縁からはみ出るように広げる。
    そこに野菜を重ねていく。
    グリーンアスパラガス → とろろ昆布 →
    ほうれんそうの茎 → ゼリー液 → オクラ →
    枝豆 → とろろ昆布 → モロッコいんげん →
    ゼリー液 → きゅうり → ゼリー液 →
    ほうれんそうの茎の順に重ねる。

  8.はみ出てているほうれんそうの葉で覆い、
    ラップでしっかりくるんで、
    重しをのせ冷蔵庫で約1時間冷やし固める。

  9.[ソース]のマヨネーズ、パプリカパウダー、酢を
    混ぜ合わせてソースを作り、器に塗る。
    食べやすい大きさに切ったテリーヌをのせる。
    サーモン、ラディッシュを添え、
    バルサミコ酢をふったら、完成!




posted by ぽっぷらいと at 16:33| NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。