2016年11月27日

11/26「キユーピー3分クッキング」鶏肉、じゃが芋、きのこのブレゼ:坂田阿希子

 鶏肉、じゃが芋、きのこのブレゼ 
 「ブレゼ」は蒸し煮のこと。
 鶏肉、じゃが芋、舞茸をそれぞれを香ばしく焼きつけてから
 蒸し煮にすることが大切なポイントです。
<材料(4人分)>
  ・鶏骨つき肉
   (ぶつ切り)
:700g
  ・塩:小さじ1/2  
  ・こしょう:少々
 
  ・ベーコン(塊):100g
  ・エシャロット:1個
   または
    玉ねぎ1/4個
  +にんにく1かけでもOK!
  ・じゃが芋:3個
  ・舞茸:2パック
  ・セルフィーユ:1パック
  ・エストラゴン:1パック
 
  ● 塩、こしょう、
   バター、
   オリーブ油
 
<作り方>

   1.鶏肉は塩、こしょうをふっておく。
     ベーコンは1cm角に切る。
     P! 鶏肉は塩、こしょうをして30分から1時間おくこと!

   2.エシャロットはみじん切りにする。
     (玉ねぎとにんにくの場合もみじん切りにする)。
     じゃが芋は皮をむいて大きめの乱切りにする。
     舞茸は大きめの房にほぐす。

   3.セルフィーユとエストラゴンは、それぞれ葉を摘んでおく。
<セルフィーユとエストラゴン>
 「セルフィーユ」は、上品な香りのパセリに似た
 セリ科のハーブで、英名で「チャービル」、
 和名で「ウイキョウゼリ」とも呼ばれます。

 「エストラゴン」は、甘く柔らかな香りと
 ほのかな辛味のフランス料理に欠かせない
 ハーブのひとつで、英名は「タラゴン」。
 日本のよもぎの近種です。

 これらのハーブは、
 肉や魚料理の臭みを和らげて風味をよくし、
 バターやクリームなどの脂肪分をさっぱりさせる
 効果があるので、合わせて使うのがオススメ!
 セルフィーユとエストラゴンは熱に弱いので、
 仕上げに加えて香りを生かしましょう。
 手に入らない場合はパセリのみじん切りを
 使ってもOKです。

   4.厚手の鍋にオリーブ油大さじ1を熱し、
     1の鶏肉の表面をしっかりと焼いて焼き色をつけ、
     いったん取り出す。

   5.鍋の油をざっと拭き取り、
     バター20gを溶かしてじゃが芋を加え、
     表面が色づくまで炒めて塩、こしょう各少々を振る。
     更にエシャロット(または玉ねぎとにんにく)を加えて炒め、
     ベーコンを加えてじっくりと脂が出るまで炒める。

   6.舞茸を加えてさっと炒め合わせ、
     軽く塩、こしょうをし、4の鶏肉を戻し入れる。
     水1/4カップを加えて蓋をし、
     弱火で20分ほど蒸し煮にする。

   7.仕上げに、セルフィーユとエストラゴンの葉を加え、
     全体に混ぜ合わせる。

   8.器に盛り、「カリフラワーのピューレ」をつけ合わせて、
     完成!



posted by ぽっぷらいと at 11:35| 日本テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。