2016年11月28日

11/28「ノンストップ!」鮭のソテー梅干しバターソース:関谷健一朗

東京六本木ヒルズにある
ミシュランガイド東京で2つ星を9年連続獲得している名店
「ラトリエドゥジョエルロブション」の料理長 関谷健一朗 さんに
ロブションのまかない料理「鮭のソテー 梅干しバターソース」を
作ってもらいました。
        

 料理長 関谷健一朗
 ラトリエドゥジョエルロブション
   ・公式サイト
   ・住所 : 東京都港区 六本木6丁目10
         六本木ヒルズ
   ・電話 : 03-5772-7500



 鮭のソテー梅干しバターソース 
<材料(2人分)>
  ・生鮭(切り身)
:2切れ
 (160g) 
  ・塩・コショウ:各適量
  ・オリーブオイル:適量
  ・バター:20g
 
[付け合わせ]
  ・ホウレンソウ:1束
  ・ニンニク:1片
  ・オリーブオイル:適量
 
[ソース]
  ・梅干し
   (種を除いて叩く)
:2~3個
  ・トマトケチャップ:大さじ3
 
[トッピング]
  ・青ジソ
   (せん切り)
:4枚
  ・あられ
  (なければ
   クルトン)
:適量
 

<作り方>

   1.鮭は両面に塩・コショウ(各適量)を振る。
     付け合わせのホウレンソウはざく切りにする。

   2.鮭をソテーを作る。
     火にかける前のフライパンにオリーブオイル(適量)をひき、
     鮭の皮目を下にして並べる。
     中火にかけてこのまま動かさずに5~6分焼く。

   3.鮭の下半分の色が変わってきたら、
     バター(20g)を加える。
     スプーンでバターをかけながら、
     中火で2分ほど焼いて取り出し、皮を取り除く。
     P! 皮目を下にして焼いた鮭は裏返さず、
       バターをスプーンですくいかけながら全体に火を通す。
     (フライパンに残ったバターはソースに使うので
      残しておいて下さい。)

   4.[付け合わせ]を作る。
     別のフライパンにオリーブオイル(適量)を強火で熱し、
     1のホウレンソウを入れ、
     ニンニクを刺したフォークで全体を混ぜながら炒める。
     ホウレンソウが炒まったらザルに上げ、水気を切っておく。
     P! フォークにニンニクを刺して混ぜながら炒めることで、
       手軽に風味づけができ、ニンニクを切る手間も省ける。

   5.[ソース]を作る。
     叩いた梅干しとトマトケチャップを混ぜ合わせて、
     鮭を焼いたフライパンに加え、
     バターと混ぜながら煮詰める。

   6.4のホウレンソウを器に敷き、
     3の鮭をのせ、
     5の[ソース]をかける。
     青ジソのせん切りと
     あられ(なければクルトン)をトッピングしたら、完成!




posted by ぽっぷらいと at 17:04| フジテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。